hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

婚約者の子供がいるという事実の受け入れ方

回答数回答 1
有り難し有り難し 3

婚約者の彼と半年ほど同棲しています。彼には前妻との間に3歳の女の子がおります。
彼とお付き合いをはじめた時は、全て受け入れていく覚悟を持っていたつもりでした。一度彼との子供を流産し、その頃から彼に子供さんがいることがとても受け入れがたく、辛いものになって来てしまいました。
自分と自分の子供だけの彼でないことが悲しく、でも前妻との子供さんにも何も罪はなく、全て受け入れられない自分に自己嫌悪する毎日が続き、心の底から笑うこともできなくなりました。外で子供連れの家族を見るたびに、辛く悲しい気持ちになるようになり、彼との別れさえ意識するようになりました。
彼は私のことを愛してくれていますし、辛いことは初婚同士でもあることだからお互いの愛しているという気持ちを大事にしていこうと言ってくれています。私も彼とは離れたくないし、とても尊敬もしていて、できることなら人生を共に歩んでいきたいのですが、同じような境遇の方の意見を聞くと、その嫉妬心の中で辛い毎日を送っている方もいて、自分もそうなってしまうのではないかと不安でたまりません。
もし他の初婚の方と一緒になれば、こんな思いはしなくても済むのではないかと、器の小さいことを考えてしまい、もうどうしたらいいのかわからなくなってしまいました。

彼への覚悟の持ち方、人生の岐路において、何を基準に、何を大事にすればいいのか、自分が何が大事かさえわからなくなってしまいました。
どちらに転んでも後悔してしまいそうです。どのように考えて、決断すればいいでしょうか?

2019年9月7日 22:13

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今のあなたの気持ちを大切に

らなさん。はじめまして。
海老原と申します。

拝読いたしました。
婚約者と前妻との間にいらっしゃる、お子様が受け入れがたいとのことですが・・・
それは、仕方のないことです。
らなさんでなくとも、何かは思ってしまうのではないでしょうか。

結婚歴がありお子様がおられる方と、初婚の方のカップルなど多数存在し、珍しくもありませんが、何らかの想いはどなたもお持ちです。

確かにお子様には罪はありませんが、あなたが抱いてしまう感情は普通の事なのです。
彼とお付き合いされた時、すべてを受け入れようと覚悟なさいましたね。
しかし、彼との関係が深まるにつれ、気持ちに変化が起こるのは当たり前のことですよ。

今回、流産という悲しい結果がきっかけだとお考えですが、それだけがすべての原因とは考えられません。

まずは、ご自身を責めないで欲しいと思うのです。
当たり前の感情を否定しても、余計に自分が悪人に思えてきます。
彼と付き合った当初の思いが、第三者の意見だと思ってください。

ですので、今は意識せず自分の気持ちを優先するだけでいいと思います。

ですが今後、結婚という運びになれば、ますますお子様の存在は大きくなります。
普通であれば、彼はお子様ともお会いになられるでしょうし、養育費の支払いもあります。
必要に応じては、彼はお子様の事で前妻と連絡を取る必要があります。
そこが覚悟するところです。

お子様を受け入れる受け入れないは別として、彼と結婚されるならば、現実を事実として受け入れなければなりません。

そのためには、自分の気持ちを基準に考えていただきたい。
彼を大事に思えるかどうか。
彼といれば幸せになる、揺らぎない自信があるかどうか。

同じような境遇の方の意見は大変参考になりますが・・・
「辛い毎日を送られている」のは果たしてお子様の問題のみではないと思います。
今パートナーといて幸せでないという現実にも、直面しているのではないでしょうか。

最終的な判断は、彼個人をどこまで好きでいるのか。
そこに尽きます。

あなたが彼という存在と生きていて幸せで仕方ないのなら、これ以上の結婚のパートナーはいません。

2019年9月8日 10:52
{{count}}
有り難し
おきもち

時宗の寺院で住職をしています。 今の時代、お寺の在り方とは、僧侶とはいっ...

質問者からのお礼

海老原様、
お優しいお言葉誠にありがとうございます。当たり前の気持ちだとおっしゃっていただけて、少し気持ちが軽くなり、救われた気持ちになりました。彼のことを好きかどうか、彼と共に歩む人生が幸せかどうか、自分の気持ちをもう一度よく考えてみようと思います。
ありがとうございました。

「子供のこと・子供との関係」問答一覧

子供のケガについて

小1からサッカーを始めて、ケガは多かったのですが、最後になるであろう大学でのサッカー…入学してから6月に骨折で、完治に3ヶ月その前後にも足の痛みがでたり、そしてまた昨日、疲労骨折…もういったい…見えない何かが伝えているのか…もういい加減違う道に行けと。 その違う道に関して回答頂き考えさせられましたが。 一番辛いのは息子なのでしょうけれど、親も血がひくようにショックでした。(本日) 更に私は卵巣で手術入院が必要です。極端な話、ガン細胞はストレスからも増殖する…私はガンではないのですが、不安や心配、ストレスからも状態が悪化しそうな気もします。 良性だとは言われていますが大きさは、やはり何かが原因で大きくはなるので。 更年期の年齢でもあり、気を抜くと鬱状態に陥りそうなのを、ヨガや語学学習…仕事で持ち上げている毎日でもありました。 前回、骨折してからというもの、毎日無事を祈るのは前からですが、心配で、気が休まらない状態でもありました。 それが…また…となってしまいました。 小中高までと違い、大学ではもう先がない、更に以前と違い自分も更年期の精神状態で、更に手術を控え… 祈る気持ちも届かないのか、祈りが足りないのか。 すべてどう考えたらいいのか、心穏やかに過ごせるのか、アドバイス頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 31
回答数回答 1

子供の窃盗について

中学1年の息子がゲームを買いたいためにお金を盗むと言うことをしてしまいました。1回目は妹の財布からお金を盗み私が気づいたため発覚しました。ゲームがしたいがためにしてはいけないことと分かっていても、自分の気持ちを抑えることができずにそのようなことをしてしまったことに対し私自身ショックでした。その時は、盗むという行為は絶対にいけないことであること、それに対して悪かったと反省していることに対して、まだそんな風に思えることに対してママは安心したよ。でも、2度としてはいけないからね。と諭すように話をしました。しかし、本日、ゲームを欲しいために再度、今度はカード決済をしてしまいました。これは、親の落ち度でもありますが、前回支払いをした際、カード決済をおこない、パスワードがないと支払いができないと思い込んでいたためそのままにしておりました。認識不足のため、このようなことになってしまい全てが子供が悪いとは思いませんが、しかし、子供自身ももう中1のため、それを勝手に使用してはいけないことは分かっていました。また、そこを問いただしたところ知らないと初めは嘘をつきました。一度、話し合いをして良くないことと分かっていたにもかかわらず、またも、嘘をつきこのように自分が欲しい、やりたいと言う気持ちを抑えられずにこのようなことをしてしまった子供に対しどの様にしたら良いのでしょうか?このままだと、自分の気持ちを抑えきれずに犯罪を、、、と言うことにつながるのではないかと、今後の不安もあります。まとまりのない文章で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

子どもに会いたい

結婚8年目、4歳になる娘がいます。 妻は育児に熱心ではなく、多くの場面でフォローしてきました。 私が子どものかわいさのあまり、妻の子どもへの接し方に疑問をもつようになりました。 子どもを放置する、遊びに連れていかない、ごはんは適当なものを食べさせる、寝かしつけずにテレビや携帯など わたしに対しても愛情を感じられず、わたしは彼女の負担を背負う藁人形になっていました そんな生活が嫌になり離婚を申し立て、親権を主張してきました。 妻も親権を主張し、それからは意地なのか子どもを匿うように、わたしから遠ざけるようになりました。 お互い親権を主張しているからには、母親優位であること、 また子どもを遠ざけられたり、警察を呼ばれたり、職場に変な噂をたてたり、そんなことをされて苦しい中 優しく接してくれていた女性と親しくなってしまいました もうどうでもいい、親権もとれない、財産もない、だったら好きなことやってしまえ、死にたい気持ちは今も前も変わらないだろう そんな浅はかな思い上がりから、関係をもつまでになってしまいました そのことは妻にもばれていて、向こうにとっては私を責める口実が増えたことになります いま調停が進んでいますが、親権は諦めています。 子どもへの影響や自分の精神的安定を求めて別居もしました。 ただ子どもには会いたいです。 自分が身勝手で浅はかでクソなのは、ある程度受け入れています。 これからの人生は子どものために働きお金の面でサポートしていくことと考えています。 関係をもった女性とも関係は解消します。 ただ子どもに会いたい。 自分が悪いのは明確だけれど、妻には責められるべきことはないのでしょうか。 子どもが近くにいれば乗り越えていけることも多いのだろうと、女性と関係をもつ前に気づけなかったことに、自分の愚かさがあります。 ただこれまで育児に充分関わり妻の負担を肩代わりし、ただただ家族のためにしてきたことを、自分のわがままのために過ちのために子どもに会えなくなるのは辛すぎます。 調停では妻はひと月に3時間を交流権として主張しています。 これまでずっと一緒に過ごしてきた子どもと月に3時間は少なすぎます。 これからのことを考えると死にたくなります。 子どもに会いたい。 会えないなら、会うことがそんなにも限られてしまうのなら死にたい。 そう考えています。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る