hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

死への恐怖を取り除くには

回答数回答 1
有り難し有り難し 19

率直に書くと死にたいです
前を向くとか頑張るとか耳障りで面倒なんです

死ねば全て見ないことにできます、少なくともこの世という地獄は
しかしながら、自殺をするという気分がありながらも死ぬことを考えてしまうと心臓が痛くなります

これをどうにか抑えることができれば自分は1歩死へと進めそうなので、何かそういう手立てはないでしょうか?

2019年11月10日 4:33

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

『出会い』。

『自殺をするという気分がありながらも死ぬことを考えてしまうと心臓が痛くなります』
ちょっと思い当たるような気もします。
同じことかどうかは分からないですけど。

何かやり残したことがあるのではないでしょうか。

やり残したことがあるから
もしかしたら
死にたくなればなるほどますます死にきれない、
のかもしれません。

『これをどうにか抑えることができれば自分は1歩死へと進めそうなので、何かそういう手立てはないでしょうか?』
生きているうちに
もし本当にやり残したことがあるのなら。
たとえば
「これは納得できるな。」
「ああ、こういうのを自分は望んでいたんだけどな。」
と思えるものに出会うのが一番だと思います。
納得できればいつでも死ねますから。

誰しもが簡単に納得できる出会いがあります。

それは「ありがとう」と言うこと。
「ありがとう」と言われること。

これだけです。

出会えば出会うほど
死の恐怖が少しずつ和らいでいきます。

最初は戸惑うかもしれません。

でも慣れていけば、
「ああ、後はいつ死んでもいいなぁ。」

安心して死にゆけるときが来ると思います。

私は必ずしも死を薦める立場ではありません。
一方で思いとどまる方法も理屈も私には分からないのです。

それでも
死に向かって1歩進むことくらいは見てやれます。
キューズさんのそばで
死に向かって生きているのを
せめて見てやることくらいはできるのではないかと思います。

もしその時が来たら。

これから寒くなります。
あったかいお茶でも一緒に飲みましょう。

【追記】
※1既にたくさん成し遂げられているものがありますよ。
それに気づきませんか?

※2私の伝え方の問題だと思います。
ご自身をあまり責めないでほしい、ということだけお伝えしたかったんです。
責める理由がひとつでもあるでしょうか。。
私にはキューズさんを責める理由がなにひとつ見つかりません。

2019年11月10日 17:03
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

常に逃げてきたのでもしかしたら成し遂げたいことがあったかもしれません
しかし、そこに達するまでの苦労などに耐えられないので成し遂げることはもう無理です
なので自殺で終わりにしたいのですが自殺するにも覚悟などがいるようでそれもできずに生き地獄、つらいです

ただの愚痴で申し訳ありません
回答まことにありがとうございました

ごめんなさい、分からないです
自分は書かれた言葉そのままにしか受け取れないので回答を見た後だと何も出来てないと思っています

「死ぬのが怖い」問答一覧

#死ぬ事が怖い

小学生の頃より、ふとした瞬間に"死んだらどうなるのだろう"と考え始めた。 でも、当時は漠然とした考えで 中学生の頃も同じようにふとした瞬間に漠然と考える事はあったが、そこまでの恐怖はなかった。 高校〜大学の時に恐怖へのクオリティ?が上がり、特に両親が去ってしまうと考えた時に押し潰されるような不安に襲われ泣く事もありました。 しかし、泣いて翌日にはケロッと後に引く事はなかったが20代後半になり 1人の時や夜中にふと目が覚めて ・両親がいなくなったら孤独だ ・兄妹はいるけど順番で考えたら  私が最後か… ・結婚もせず独身、死ぬ時も孤独なのか ・どんどんと老化してきて何もできなくなって死ぬのかな、怖い。 ・日々の一瞬一瞬全てが無に戻る&無意味に思える、それが怖い。 色々な不安が頭にぶわぁーっと入り 今までと比べ物にならないぐらいの 死への恐怖の波がきます。 私自身がネガティブな状態で、それが原因なのかと思い携帯で検索してみると 同じような人がおり、安心するが 内容を読むと結婚していて子供がいてetc... いやいや、結婚もしている 子供もいる、"家族"がいる。 生きた証を未来に繋げれる地盤が あるのに…と、卑屈になってしまい 更に不安がこみ上げて泣いたり 不安で寝れなくなったりします。 両親や兄妹が去れば 私も終わりでいいかなって思うし 始まりがあれば終わりもある と理解しているけど グルグルと同じ事を考えてしまいます。 死への恐怖はどうしたら治りますか? とは伺いません…。 ただ、言葉では言い尽くせない この恐怖をどう乗り越えていくべきでしょうか? よろしくお願いします。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る