hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お坊さんとの恋愛、結婚

回答数回答 2
有り難し有り難し 30

はじめまして。上手に書く事ができませんが…聞いてください。
好きな人がいます。
その人とは、初めは挨拶程度、その後数名でお食事、連絡先交換し、2人で食事やお出かけするようになりました。彼は、とても真面目で大人しく、恋愛経験もないような今まで出会った事ない程純粋な人です。
なので、私と…周りの人も驚いています。
何と言えば良いのかわかりませんが、相性や波長はすごく良いです。
でも、近づくにつれ、お互い先々を考えてしまい…2人で会うのをやめる事になりました。
彼はお寺の後継です。
現在も兼業でお寺の仕事もしています。彼は自分はお坊さんには向いてないと思っているけど、お寺に産まれた運命を受け入れています。後継としての責任を背負っていく覚悟はしているものの、今後の仕事と自分に自信がなく、色々悩んでいます。
そして私はお寺好きなのですが…親、友人は否定的。反対です。
お寺に嫁ぐには覚悟が必要なのはわかりますが、私が気にしているのはそこよりも、相手への引け目です。
彼の周囲から許されないだろうと思っています。田舎で檀家さんとの関係も密なようで…
やはり厳しいかな…と思います。

彼は自分が未熟で、私と子供の責任を持つ自信がない。
私も子持ちの立場で遠慮してしまう。
私はこのまま、彼の相談相手として支えられたら…そして、彼が結婚でも決まれば諦める。それまでの間で良いから支えられたら…とも思いますが、彼はこれ以上付き合うと辛くなる。と言っています。
職場で顔を会わせる事があり、声を掛け合ったり。差入れを渡したり、もらったり…
彼の優しさを感じる度に悲しくなります。顔を見ると…嬉しかったのが、今は辛いです。
変わりなく笑顔で接したいのですが、できる時とできない時があります。彼も時々悲しい顔をします。
彼も同じらしく…メールでお互い謝ったりしています。
彼と結ばれる事はありませんか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自信、責任、覚悟

りょうさま、はじめまして。
お子様がいる身でありながらお寺に嫁ぐことは難しのでは・・・
そんなことはありません。
私は、結果的には離婚しましたが、最初の結婚はいわゆるシングルマザーとの結婚でした。
失敗の理由は書きませんが、両親やお檀家様とのいざこざではないということだけは書いておきます。
その女性も最初は引け目を感じていたようで、いろいろと私に質問してきました。初めて家に挨拶に来た時も、母が少し待たせただけで「やっぱり良く思われてないのでは」と涙を流したくらいです。
世間体を気にしてのことなんでしょうが、結果的に両親にもお檀家様にも快く迎えていただきましたので、決してうまくいかないという結論ばかりではないということです。
お寺の嫁とは?ということについては別のスレでお坊様がお答えされていますのでそちらを参考にしてください。
彼が「これ以上付き合うと辛くなる」と言うのは後戻りできないほどりょう様を愛されているのでしょう。中途半端に一緒にいるくらいなら一緒になるか離れるかの結論を出し、きっちりとしたいということかなと思いました。今のままだと先に進むこともできないということです。
要は彼の自信と責任、りょう様の覚悟です。
子持ちの立場で遠慮するというのは相手がお寺の後継者ということもあるのでしょうが、たまたま好きになった相手がお寺の後継者だったということです。お寺の方が相手じゃなくても相手が初婚ならきっと遠慮するんじゃないですか?
地域性や周囲の人間関係などいろいろあると思いますが、彼と結ばれる可能性はゼロではありません。
応援しています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


お寺もそれぞれなので断言できませんが、

可能性はゼロではありません。
ただ、未婚同士ではないので、
外野の反対は多いでしょうね。

それを乗り越えるだけの覚悟がお二人にあるのか、
そこをしっかり話し合ってみてください。

お寺に関係なく、
結婚は現実ですから。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

この気持ちは諦めるほか無いのでしょうか

私は訳あってシングルマザーですが、 今は8歳年下の真言宗のお坊さんと数ヶ月前からお付き合いさせて頂いています。 出会いは宗教は全く関係のない、趣味の場でした。 彼はこの春から就職で600kmほど離れた土地に移住しました。 元々お寺の息子さんで後を継ぐため大学在学中に休学し、高野山で修行も済ませており、後々はおうちを継がれると言うことで伺っております。 遠距離恋愛となって数週間、電話やLINEで会話をする日々ですがやはりさみしく、彼も慣れない土地、新しい仕事で悩みやイラつきもあるのでしょう…先日喧嘩になってしまいました。 もとより、私がバツイチ子持ちである事を理由に両親には紹介できないと言われてはいたのですが、彼のことが好きでしたので、それでも一緒に居れるならとお付き合いをしていただくことになりました。 先日の電話で、同期や移住先の方達にも秘密にすると言われ、なぜそこまで隠されないといけないのかと悲しみと怒りを覚えました。 個人的にバツイチ子持ちが悪いとは全く思ってないが、家族は違う、どこから家族の耳に入るかわからない、大切に思っているけどバレてしまうのが怖い、と。 その言い合いの果て「個人としての自分はあってないようなもので、家族への依存というより寺の存在が大きい」というような事を仰っており、わたしには理解が及ばず戸惑っています。 恋愛にのめり込むまいとわざとそっけないような態度をとっているようにも見えます。 将来のことを考えられないから、愛情を伝えるのは私のことを騙しているようで気が引ける、と落ち込んだ様子で伝えられたこともあります。 それでも彼のことが好きで一緒にいれば、元気をもらえるので、できることなら離れたく無いのですが、彼のことを考えたときに、やはり離れた方がいいのだろうか、とも思います。 兎にも角にも悔しく、さみしく。 仏教とは寺とは個人としての人生を奪ってしまえるほどのものなのか、と真言宗に嫉妬しております。 私は無知な俗世の人間ですが真言宗の家系の人間です。 今まで仏壇に手を合わせお経を唱えたり、現代では信仰心の厚い方だと思っておりました。 仏教とは迷い苦しむ人たちの拠り所、救いではないのですか。 まさかこんな形で仏教に裏切られるとは思ってもみませんでした。 この気持ちはどうしたらいいのでしょうか。 苦しいです。 ご教授いただければ幸いです。

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

お寺の服装について

私は今、お坊さんと真剣にお付き合いさせて頂いています。 彼の家がお寺で、遊びに行った事もあり、その際に私の見た目が派手だと言われました。 明るめの茶髪で、よくミニスカートにタイツなど履いてお邪魔していました。 彼のご両親から髪の色や服装について、もっと落ち着いた髪色で地味な服を着なさいと言われ、私は凄く嫌な気持ちになりました。 洋服が好きで、彼の前ですしオシャレもしたいし、まだ彼女という立場から、見た目全部をお寺に合わせなくても、いいんじゃないかと思っています。 「お檀家さんの目もあるし、お檀家さんから攻撃されないように、なるべく言われることを少なくしなさい」 「将来お寺に入るときに、その住職さんにもこの2人なら任せられるとアピールしなきゃいけないから、今のうちに誰に見られてもいいようにしなさい」 ご両親の言うことも分かりますが、どうも自分の中で納得できないのです。 後でも先でも、やらなければならない事は承知しているのですが、自分らしさを抑えて、好きでもない服を着ることに抵抗があるのです… これはワガママなのでしょうか? どうしたら気持ちを落ち着かせて、前向きになれるのでしょうか?

有り難し有り難し 41
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る