hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

禅宗とは

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

母親が亡くなってもうすぐ1年になります。
未だに毎日のように母の事を思い出して辛いです。
母親とはずっと前から関係がよくありませんでした。
なので良いことばかりではなく
嫌だったこと、辛かったことを思い出したかと思えば、母も生きづらく辛かったろう寂しかったろうと後悔の念が巡って涙が流れたりと、ずっと複雑な気持ちで考えが堂々巡りして頭がおかしくなりそうです。

よく、忘れる必要はないとか、思い出すことが供養とかと言われますが、思い出さないといけませんか?
思い出したくないのです。

宗教には詳しくないのですが、うちは禅宗という宗派です。
禅宗とは座禅を主にする。という宗派?
のようなのですが、
座禅=心を無にする=座禅の間は亡くなった人の事への思いを無にしてしまうことが供養になりますか?

思い出してしまいそうになったら心を無にしても良いですか?

2020年1月13日 16:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「人と共に養う」

『供養』とは、単に「亡き方を思い出すこと」ではなく、ましてや「思い出さないこと」ではありません。
亡き方に、「ありがとう」と感謝の思いを向けることを『供養』と言います。

お母様の「良い思い出」…
これに対しては、素直に感謝の思いを向けることができると思います。

「嫌だったこと」「辛かったこと」…
これらは、あなたが心安らかに生きて行けるように…『周りの人に対してこの様な思いをさせると、嫌われて生きることが辛くなってしまうので気を付けなさいょ…』という自らが『嫌われ役』をかってまで、あなたを導こうとした『教え』と考えることができないでしょうか?

そして、
「母も生きづらく辛かったろう…寂しかったろう…」と、他人を思いやる『優しさ』も、あなたに残されている…

これら全てを、苦しみに振り回されやすいこの世で、あなたが心安らかに生きて行けるための『お導き』『教え』として受けとめることができたならば、そしてその『お導き』の通り、あなたが心安らかに生きることができたならば、自然と感謝の思いを込めて、手を合わせることができるのではないでしょうか?

『供養』とは、「人と共に養う」と書きます。

あなたが、感謝を胸に心安らけき日暮しを送れることが、あなた自身を養うということであり、同時に、感謝される『仏様』として、あなたの心の中にお母様を養う(思い続ける)ということでもあるのです。

『供養』という言葉…
いま一度、よくお考えになってみて下さい。

尚、蛇足ながら…
禅宗の『座禅』にも解釈の違いがあります。
曹洞宗の坐禅は、『只管打坐(坐禅)=即心是仏(仏)』というものです。
(残り文字数が少なく、今回は詳細に説明できませんので、ご興味があれば改めてご質問下さい)

これを機に、あなたが『坐禅』にも関心を持たれたのであれば、それもお母様の『お導き』…
供養に繋がるとは思いますが…

2020年1月13日 20:38
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


GALUCHAT
曹洞宗寺院の住職です。 GALUCHAT(ガルーシャ)と読みます。 ...

質問者からのお礼

GALUCHAT 様
お返事ありがとうございました。
お返事を頂いてから何度も読み返してよく考えました。
私なりに母への思いについて、心を整理し、母を私にとって複雑な存在から、仏さまへと変えることが出来そうな気がしてきました。

「只管打坐(坐禅)=即心是仏(仏)」について、インターネットでですが調べてみました。難しそうですが興味深いです。

ありがとうございました。

「坐禅について」問答一覧

坐禅接心の警策で師から痛打された理由

接心会で老師が検単に回られた時に警策で痛打されたのですが理由が判りません。 もちろん坐禅における警策について承知しているので打たれた事を云々言うつもりはないです。ただ通常より強く打たれたので意味があるのでは・・と思っています。 30代女。坐禅歴約10年。 臨済宗の某寺の接心会に一日だけ参加させていただきました。 約10年ほど地元のお寺の座禅会に通ってますが、初めての接心坐禅の参加で戸惑い周りを見ながらも何とか一日が終わろうとしてました。 最後に老師が検単に回られた時に出来事が発生しました。 老師が禅堂内を回られる時に一人の若い雲水と私の前に札を置いて行きました。 何??と思っていると、一周回った老師が札を置いた若い雲水の背中に警策を押し当てると思いっ切り振りかぶって背中を何発も激しく痛打しました。通常の警策は左右二発でしたが十発以上は打ってたと思います(正確に数えてません) そして私の元にも歩み寄り「体にさわりが無ければあなたも強く打ちますがいいですね」と確認があり、頷くと私にもおそらく十発以上の強い警策が打ち下ろされました。背中が壊れるかと思うほどの強い連打に声が洩れて早く終わって欲しいと願う程でした。 帰り際に周りの人に聞いても「女性にあんな警策するのは驚いた」と話すばかりで肝心の理由は教えてもらえませんでした。 老師を訪ねて直接聞けば良いのですが勇気がありませんでした。 心当たりは「痛かろうが足はしっかり組みなさい」とお声掛けがあったのに坐禅の足を結跏趺坐にしたり半跏趺坐にしてたこと? しかし、結跏趺坐の指定はなく隣の人はずっと半跏趺坐で坐っていたので違う気がしますが心当たりはこれぐらい。 一般論で構わないので私の状況で強く打たれた理由を教えてください。 厳しい言葉でも構いません。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る