hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

亡くなった主人に会いたくてたまらない

回答数回答 3
有り難し有り難し 174

二度目の投稿です、以前、主人が亡くなって26日目ですというタイトルで相談させていただきお二人のお坊さんから、目には見えなくても、あなたが想うとき必ずご主人は優しい眼差しであなたを見守ってくれています四十九日が過ぎても、ずっとそばにいてくれますよと回答いただき涙が溢れ心から嬉しくありがたく思いました、でもまた私の心は揺れています、毎日、時間ごとに分刻みに揺れ動きます、大変失礼な言い方だとわかっているのですが、お坊さんだって生きている人間なのにどうして亡くなった人がそばにいるとわかるのでしょうか?大切な人を亡くしてしまったらそのようにおもわなければ生きていけないから、そういう考え方をするんでしょうか?わからないんです、いくらそばにいてくれると思っても私には見えないし声も聞こえない何も感じない主人と出会って30年以上、今年の6月は結婚28年目でした、今思えば不思議なことに去年の結婚記念日には私が初めて手作りのケーキを作り、その前の年は主人が初めて、いつもありがとうと書いたケーキを買ってきてくれました
そして娘がお腹にいる時の日記を読み返していたらなんの記念日でもないのに3月13日パパがママにピンクの花を買ってきてくれましたと書いてあり3月13日は主人の命日です、それと私はブラックなコーヒーが大好きだったのに主人がいなくなってからそれが突然飲めなくなり主人の好きだった甘い缶コーヒーを毎日飲んでいます、出会ってからずっと会えない日もあったけど声を聞かない日はなかったので亡くなってからずっと声が聞こえない手を握れないのがたまらない毎日作っていたお弁当はキッチンに置いたままです、失礼な質問かもしれませんがどうか教えて下さい。

2020年4月13日 5:50

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

亡き人に「遇う」

ご相談拝読しました。長年連れ添った最愛のご主人のご命終に謹んでお悔やみ申し上げます。

あなたの疑問に思う気持ちは失礼なものではありません。当然の疑問です。そしてその疑問をごまかさずに問い続けることを通して、本当に亡き人と「出遇う」とはどういうことかを明らかにしてほしいと願います。

夢に出るとか、見えないけど霊や魂がそばにいるとか、そういうなんとでも言えるもので自分を無理に納得させなくてよいのです。

おっしゃる通りお坊さんも人間ですから、人が死後にどうなっているかは実際には分かりません。確認もできません。

ならばお坊さんが「亡き人はずっとそばにいますよ」とはどういう意味か。それは

①亡き人本人が死後どうなっているのか
②亡き人を今生きる私たちがどのように見出していくのか

この②の問いから確かめられるものです。そして②を通した時にはじめて①についても確かなものとして見出され得るものであると私は考えます。

亡き人にはもう生前同様に触れる事も、話すこともできません。しかしはからずも遇うことがあるのだと思います。

最初の方に亡き人に「出遇う」と書きましたが、「会う」と「遇う」は違います。

「会う」とは、約束して会う。会おうと思って会えるもの。
「遇う」とは、はからず、思いがけず遇う。

亡き人には「遇う」のです。亡き人の願いや、亡き人からのはたらきかけに遇うのです。
願いやはたらきかけとは、超常現象や夢ではありません。具体的にはあなたの今感じている寂しさや不安や悲しみです。時にはご主人との思い出により温かな気持ちになることもあるでしょう。

それらは全てご主人から、そしてご主人の死からあなたがいただいたものです。もうあなたにとってのご主人はあなたの感じるものを離れてはいないのです。それがそばにいるということ。

それだけではありません。「死んだらどうなるのか?」この問いもご主人からいただいたもの。そして「人は必ず死ぬ」この厳しい事実もご主人からの投げかけです。
ここにご主人の成仏があります。成仏とは仏様に成ることですが、仏様とは本当のことを教えてくれる存在のことです。

あなたにとってご主人が仏様と見出された時、①の問いについてもけして暗いイメージや虚無論は導かれないでしょう。

すぐには受け入れられないと思います。何度でもご質問ください。

2020年4月13日 8:55
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

遇えますよ!大丈夫。

ご質問拝読しました。
おっしゃることは、
ごもっともだと思います。
愚僧は阿弥陀さまを
お祀りしていますが、
阿弥陀さまのお姿は、
本当はどんな御姿なのか?
わかりません。
悟ったかた、如来さまですから、
色もなく姿もなく形もない、
光の集まりが本当の姿かも
しれません。
しかし、
愚僧にはそんな姿を、
拝んでも誰だかわかりませんから、
後ろに後光を引っ提げて、
お立ちになった御姿を、
御仏像にしています。
こちらさまを目当てとして、
苦しい時も、
悲しい時も、
嬉しい時も、
幸せな時も、
報恩感謝のお勤めをしてから、
愚僧は心で語りかけていますよ。
語りかけていると、
何だから御返事を返して、
いただいているように感じ、
特に何かを望んでもいませんが、
本当に心穏やかになります。

あなたには、
御目当てとなるご主人さまの、
御写真があるじゃないですか?
毎日毎日、
おはよう!
お休みなさい!
今日はこんなことがあったのよ。
と語りかけてみてください。

心の中にご主人さまの
声なき声が沁み入ってきますよ。
少しづつ、少しづつ、
甘いコーヒーはご主人の嗜好
ですよね?
あなたの中に
ご主人さまの気持ちが、
沁み入って
きているじゃないですか?

御供養とは、
おもてなしのこころです。
ご主人さまがして欲しいと、
思うことをして差し上げる。
その時には、
あなたの心の中に、
ご主人さまが
生きていらっしゃるのです。

そして、
ご主人さまの分まで、
長生きされて、
ご主人さまの分まで、
幸せに生きる。

これがご主人さまのお望み
のように愚僧には思えます。

どうかご自愛されて、
お幸せにお過ごしくださいませ。

ご多幸をお祈りしています。

2020年4月13日 11:21
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

妻を看取り、彼女を失った出来事から。

お早う御座います。

私の母も、祖母も感じ取れるものがあります。私も同様です。目に見える事は信じられ、目に見えない出来事は信じたくない・・と思うのが人は当然だと思います。

妻を病気により看取り失いました。生前、夢にでも現れたらパパは必ず私を追ってしまう。だからどんな事があっても夢にもお化けにでも私は現れないと言っていました。その数年後、登録派遣の職場で出会った方が過去に生きる私を取り戻させたい!と子ども達をだけでなく、答えが出せない私を必死に支えてくれましたが、それでも良ければ・・と答えを出した数日後に震災で失いました。その彼女は夢にも幻かと思う程、現れました。そして、私だけでなくご家族の夢や前にも現れました。彼女の母は、私が気が狂ったのか・・と思っていたそうですが、妹様の前にも現れ、夢にも出てきたそうです。私ならきっと・・そうお母様方は思ったそうです。私が空に舞った場所だろうその地にお母様と妹様行って、大きな気づきを与えて頂け、心から彼女にお詫びをしてもう過去に生きず前を向くと約束をしました。それから・・その様な事は私を含めて一切起こらなくなりました。

こう言う出来事もあるのです。人は亡くなられたら終わりではなく、さらにその先があります。共に泣いて想いに寄り添い・・思い切り泣いて。そしてそれぞれが新たなストーリーを歩み出すのです。それぞれがその描いたストーリーを歩んでいても、心から手を合せれば側に来てその姿に微笑んでくれます。思い続けることは良い事です。ですが、未練という綱をいつまでも繋いだままだと新たなストーリーを歩み出せません。愛しているのであればこそ、心の整理がついた時に解き放って上げて欲しいです。そして、生まれ変わりはあると思います。お会いする方々は全て繋がりがあります。私たちは、念前年と続く先人方や父母の願いや想い、生きた証なのです。そして未来に繋げていくのです。純粋な心や想いは時空をも超えて届きます。目には見えなくても、姿や形はないけれども・・側にいるのです。

辛い時、苦しい時はいつでもここに来てください。

旦那様に心から・・南無大師遍照金剛

合掌 礼拝

2020年4月13日 7:28
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


永寛
皆様、初めまして。ストレスの多い現代・・お寺とはご葬儀や法事のみではなく、...

「亡くなった・死んだ人に会いたい」問答一覧

主人に会いたくてたまらない

いつもお世話になっております、先月四十九日の法要が終わりとてもほっとした自分がいました、四十九日の法要がいかに大切かということがわかり素晴らしい1日になったと思っています。その後から仕事に復帰しました朝晩読んだことのなかったお経をあげることで1日がはじまり1日が終わります、朝お仏壇に行ってきますと言い帰ってきたらただいまという毎日、ふと思うんです最愛の主人はいつもどこにいるんだろうと、毎日うちで可愛がっていたペットたちと留守番をしてくれているのか、仕事中もずっと私のそばにいてくれるのか?今どこにいるのと毎日何度も思います、仕事の帰りは運転しながら毎日号泣してしまうのですが、そんなとき私の前を走っている車が主人と同じ車だったり信号待ちをしてるとびっくりするくらい大きくてきれいな雲をみたり飛行機雲がみえたりします、そんな時は主人が合図してくれてるんだと思うのですが、夕べは主人が生きててよかったって主人に抱きついている夢をみて目覚めるとやっぱりいないんです、たまらないです、すぐにお仏壇の前に座り私からは行くことはできないから、あなたが迎えに来て私の手を引っ張って連れて行ってと泣いてました、いま主人はどこにいますか?私の姿は主人から見えているんでしょうか?教えて下さい。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

母と会いたいです。中々立ち直れません。

先月母が癌で亡くなりました。 私は学生で一人暮らしのため、両親とは離れ離れで過ごしていました。 母の病気については夏の帰省でおおまかに知らされており、「頑張って治すから勉強頑張ってね」と言われその言葉を信じてました。でも年末年始や2月の帰省と日が経つにつれ、母の状態が悪くなってるのは多少私も気付いていました。でも母は私の前では一切キツそうな姿は見せず、いつも笑顔で振る舞っていました。 そして3月下旬に父から「長くないかもしれないから帰ってきて欲しい」と言われすぐ地元に帰ると母は入院しており、いままでの姿とは変わり、とても辛そうでした。 それでも治ることを母も私達家族も信じていました。そして数日が経ち、いつも通り面会時間ギリギリまで一緒にいて「また明日ねーっ!」と笑顔で大きな声でハイタッチしてくれました。しかし、その数時間後に母は息を引き取りました。 母は、いつも私と姉のことを心配してくれて、私達のことをとても大切にしてくれました。そのため末っ子でまだまだ未熟である私には病気のことをあまりくわしく話さず、心配かけまいと母はしてくれていたと後日聞きました。医師から聞いた母の病も 自分が想像してた以上でした。それらを聞いて以降私はとても後悔して毎日涙が止まりません。ごめんねやありがとうも言えず、何にもしてあげれなかったし、ひとり暮らしで迷惑ばかりをかけて、ましてや母が病気と闘っているのに自分勝手になってしまい母の気持ちを傷つけたときもありました。 可能なら過去に時間が戻って、ずっと母と過ごしたいです。 泣いてばかりでたくさんの迷惑をかけたので母に合わせる顔が無いかもしれませんが、また会って笑顔でお話したいです。

有り難し有り難し 43
回答数回答 3

4年前に亡くなった親友

まだ20代前半だった頃、学生時代の同級生が急死しました。急性の病気でした。 わたしの学生生活は彼女がいなければ、つまらなかっただろうなぁと思うくらい、思い出がたくさんあります。 一緒に旅行にたくさん行きました。お互いいろんなことで悩んで、泣いて、励まし合いました。 夜中でも長電話に付き合ってくれました。 そんな彼女は大学卒業後まもなく結婚し、子どもを出産しました。幸せそうな親友を見られてとっても嬉しかったです。 それからたった1ヶ月後に亡くなってしまいました。 告別式後もしばらくは現実が受け入れられませんでしたが、それでも時間はたっていき、あっという間に30歳目前です。 わたし自身、幸いなことに身近な人が亡くなるという経験がそれまでありませんでしたので、どういう心持ちでいることが彼女の供養になるか、この4年間はっきりとわからずに過ごしてしまいました。 ふとしたときに、会いたいなぁ、話聞いてほしいなぁと思います。 遊びにいった場所など楽しかったこともよく思い出します。 わたしが仕事でストレスを抱えて精神的にきつくなったとき、たまに夢に彼女が出てきます。夢なので、気のせいかもしれませんが、それでもなんとなく元気になれます。会えた気がするので… 故人との思い出を思い返したり、また会いたいなと思うだけでも、伝わるのでしょうか。 今は苦しみのない世界で過ごしていてほしいなと願っています。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

会いにきてる?主人に会いたい、、

お世話になります。 主人が亡くなり、まだまだ気持ちの整理がつきません。未だ、仏壇の前に座れないでいます。 子どもがいるので、笑顔でパパの事を話したりしています、子供達も仏壇、お骨の前で挨拶したり語りかけたりしています。 フッとした時に、線香でもない、なんともいえないにおいがしたり、ん?と気をつけてにおおうとすると、においがなくなってたり… 亡くなった時のにおいといいますか… これは、主人が会いにきてるんですか? 子どもも、いきなり、ん?なんかパパのにおいがしたー!と言います。 私がまだ、くよくよしてるから、安心して成仏できてないでここにさまよっているとか?… 後は、お盆や、命日には、私達の1番近い場所にきてくれてるといいます。 ですが、亡くなったら、私達の近くにいる、そばで見守っているといいます。 亡くなったらいつでもそばにいてくれるものではないのですか? 亡くなったら、あちこち、好きなとこに行けるものなのですか? 自死でなくなっただけに、今頃後悔だらけで、笑顔で過ごしてる子ども達を見て、たまらなくなって、まだまだ安心どころか、ウロウロ、なってしまってるのではないか…と考えています… 主人の死を、まだまだ整理できません…

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る