hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

意見を言えない性格がつらい

回答数回答 1
有り難し有り難し 11

自分の意見を発言するのが苦手で困っています。

核家族で 仕事中心に生きる父と 父に忠実な母に 兄と2人 共働きしながら育ててもらいました。
父は厳しく 兄は世話好きすぎて 何事にも絶対服従でした。口論になると 自分の意見は否定され 言い訳すら一切させてもらえなかったからか、大人になって 他人と意見の違いで話し合いになる時、萎縮してしまい 全く話し合いが出来ません。

その場では私が悪い気持ちになってしまい うなだれて話を聞き、帰り道 押さえた感情が自分の中で爆発し 自分の思ってる事や相手への文句が溢れる様に出てきて いつまでもストレスになります。

旦那や 今の両親との話し合いでは 思う事を整理してハッキリ言えるのですが、それ以外の人の考え方以外を反論するのは悪い事で 相手の意見だけが正当な気持ちと、でも正しく自分を意見したい気持ちが溢れ出て 頭が整理出来ず だまっている間に相手に押さえ込まれたり 私が悪くなったりして 自己嫌悪になります。

話し合いや言い合いなど ある程度は自分の意見や反論が正しく出来ないと、生きにくいままなので 何とかしたいです。

そんなの言ったら良いと思われるかもしれませんが、どうにも思う様にならず 最近でも困る事があり 自分の中で悶悶と消化出来ないままです。

何か良い方法や 考え方はないものでしょうか。

2016年2月21日 14:31

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏さまの耳で聞き、意見を言ってはいかがですか。

口は1つですが、耳は左右に2つあります。
それゆえ、しゃべるよりも人の意見を良く聞くようにといわれます。
でも自分の考えと違う意見は素直に聞けないですよね。
でしたら、仏の耳で聞かれたらどうでしょうか。
観音菩薩は音を観る仏さまだと言われています。
音は聞くもので観るものではないと言われそうですが、
表面を見ていただけでは、心の奥の声がわかりません。
観音様は心の声を聞く事によって人々を救済されるんです。
仏の耳は自分でもでもない、相手でもない、どちらでもない第三者の耳として聞く事です。
一歩下がって聞く事で自分の意見をまとめられるようになります。
他人の意見を仏さまの耳で良く聞き、落ち着いて発言するようにされてはいかがでしょうか。
きっとうまくいきますよ。

2016年2月22日 15:51
{{count}}
有り難し
おきもち

大阪仏教テレホン相談室の相談員をしています。

質問者からのお礼

貴重な回答をありがとうございます。
第三の耳で聞けるよう意識して練習してみます。それで意見が出来るようになれば良いですよね、やってみます。どうもありがとうございました。

「自分を・性格を変えたい・直したい」問答一覧

自己憐憫、自己中心の直し方

私の欠点を直す方法について、具体的なアドバイスをいただければと思い、質問させていただきました。 恋人に愛想を尽かされました。 カウンセラーである恋人は、6年も私の卑下や悩みに付き合ってくれていました。 でも遂に、「もうあなたは自分では変わる気が無いんだね。真面目にあなたの話を聞くのは止めるよ」と言われました。 自分でも考えましたが、私の欠点は、以下のようなものがあると思います。 ・自分のことしか考えていない (他人と比較して"自分は"劣っている、"自分の"行動が完璧でなくて恥ずかしい、等) ・批判されると、自分が可哀想だと思ってすぐ泣く ・自分自身を客観視できない (今できていること・できていないことだけでなく、今自分が何をしているのかすら、動揺しすぎて直視できない) ・他人の不幸は軽く見て、自分はほんの少し心が動揺しただけで大げさに騒ぐ ・他人の配慮や思いやりを無視するような行動を平気で取る ・改善策を実行する気がない 要約すると、自己憐憫、自己中心、行動する気の無さ…でしょうか。 自分は最低だなぁと思いながら、どう変えていけばいいのか… また悩むだけになるのは本当に嫌なんです。 今できる対処として考えているのは、 ①自己憐憫が湧いてきたら、それを自覚する ②"自分"から目を離す ③できていること・できていないことを自分で認める ④動揺することに慣れる ⑤とにかく行動を起こす 等です。 ただ、いずれも「じゃあ具体的な行動は、何をすればいいの?」という問いに答えられません。 15分くらいの坐禅でもすれば良いのでしょうか。紙に何かを書き出すとか? そのくらい、具体的な行動として、アドバイスをいただけないでしょうか。 具体化を求めるというのは、私の怠慢かもしれませんが… ヒントだけでもいただけたら、後は自分で頑張って考えます。 身勝手なお願いですが、どなたかご回答いただけたら、大変有り難く思います。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

自分を愛することができません。

私はもう26歳にもなるのですが、どうしても自分をあるがまま受け止め、愛することができません。 容姿も大嫌いだし、嫉妬深くて卑屈でネガティブな性格も大嫌いです。 ですが、男性と一度でいいからお付き合いしてみたく、また贅沢を言うなら結婚したくて、自分のことをまず愛せるようになりたいと思いました。 恋愛経験がないためどうすれば恋愛が出来るか勉強するうち、自分を愛せない人は他人からも愛されないということがわかりました。 理由は理解できましたが、人から愛されるためにまず自分を愛そうと思っても、どうしてもできないのです。 自分が好きになれない自分を他人に好きになってもらおうなんて、おかしな話だとは思いますが… 見た目も中身も少しでもまともになるよう、努力はしています。 でもどれも実ることはなく、かえって自己嫌悪に陥ってしまいます。 男性から愛されたいから、という理由が邪であることはわかっていますが、死ぬまでにどうしても経験してみたいのです。 どうすれば自分自身を受け止め、愛することが出来るようになるのか、アドバイスをいただけると幸いです。 纏まりの無い質問で大変申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

自分の性格を変えたいのに変えられない

自分の性格というか生き方が嫌いです。 例えば、部屋を片付けなきゃいけないのに片付けられない。 グループで話している時にそんな事実はないのに、自分が蔑ろにされている様に感じてしまい、相手に冷たい態度を取ってしまう。 毎日英語を勉強すると決めたのにできない。 相手も自分も楽しめる様な会話をしたいと思うのに、人とズレた返答をしてしまったりと上手くいかない。 自分の気持ちを表に出したいがために、伝えたら相手が不愉快な気分になるであろう本音を言ってしまう。などです。 変わりたいなら行動を変えるべきだと分かっており、 個人的な問題である部屋の片付けや英語の勉強はすれば良いと分かっているのですが、向き合おうと思うと辛くなってしまい、布団で寝て過ごしてしまいます。 やればいいことは理解しているのにその行動を取れないことも嫌で、 この性格のまま、あと何十年も生きなければならないのかと思うと事故に巻き込まれてぽっくりいきたいと思ってしまい、 そう思ってしまうところも嫌いです。 こんな性格や考え方を変えるにはどうすればいいでしょうか。 多分怠け癖が付きすぎてしまったのかとも思うので、もっと綺麗な心で生き、人に接することが出来る様になりたいです。 世の中の人の大多数はこんな考えを持って生きていないと思うのに、なんで私はこんななんでしょうか。 はやく人間になりたいです。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

自分が変わる方法

私は普段、明るい友達と過ごすことが多く私も明るく振る舞っています。そしてその時間がとても楽しいとも思っています。でも本当の私は明るくないし、少人数の方が好きだし、むしろ1人でいる時間の方が好きです。でも少し無理してみんなと楽しんでいる自分が偽りの自分であると思っているわけではないです。 なぜ明るく振る舞っているかというと私は常に輪の中に入っていないととても不安に感じてしまいます。話についていけなくなるのが怖く、自分のことでなにか言われているのではないか、という思いが頭の中をグルグルしてそのことが気になり他のことが手につかなくなってしまいます。 このことについて誰かに話したいのですが明るい友人たちにこんなことを相談できず1人で考えこんでしまいます。 始めにも書きましたが私の周りには明るい人が多く、クラスの中でも目立っているグループだと思います。そしてその友達は皆良い人で大切にしてくれていると思います。なのに私は少し自分が輪に入っていないことがあったらそれを気にして距離を置いてしまいます。それが原因で話しにくくなってしまうことも何度もありました。その度に反省して、大人になろうと決意するのに変わることができません。 普段から心配性で気にしいなところがあり、楽観的になりたいと常に思っています。 こんな自分にもう疲れてしまい、どうすれば変われるか分からなくなってしまったのでこちらで相談させていただくことにしました。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る