hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ベランダから見える墓地

回答数回答 3
有り難し有り難し 53

はじめまして。
この度、転職に伴い引越しをするため
先日とあるマンションに内見に行きました。
最寄駅徒歩10分圏内築浅で約30平米、
設備も完璧で家賃も8万ジャストとお得。
内見に行くまでは
即決しようと思っていました。
いざ行ってみると
南向きで日当たりもすごく良く、
思った通り、いやそれ以上のクオリティ
の高さに感動しました。
ですが、ベランダに出ると
安さに納得してしまいました。
目の前に小規模ではありますが
墓地があったのです。
ネットで調べてみると
〇〇家墓地とありました。
お墓の数は約10と少ないものの
全て正面はマンションの向きで
ベランダを出ると自分と向かいあう構図
になります。
ちなみに墓地の奥には神社もあるそうです…。
紹介サイトを見ても
告知事項はなかったのですが、
気になりだすと止まらなくなり
現在友人からも意見を求めている状態です。
墓地を管理されているお坊さん方には
失礼ご承知のうえで
ご相談させていただきますが、
お墓と向かいあって住むことについて
ご意見をいただきたく存じます。
よろしくお願いいたします。

2020年8月7日 12:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私も、お墓と向かいあって住んでいます。

遮断されていないので
日当たりも風通しも良好です。

気になるのなら仕方ありませんが
お墓が災難になることは
決してありませんから大丈夫ですよ!

2020年8月7日 14:10
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

むしろ利点でしょう

こんにちは。

 ご質問のどこに問題があるのかわかりませんが、ベランダから墓地が見えて、その奥に神社がある事を「問題」と考えているようでしたら、全く問題ありません。むしろ利点の方があります。お寺や神社や墓地は、古来、周囲の方の信仰もとに建てましたので地盤も水はけも良い場所に建てたはずです。その近くのマンションなので、とても良い場所だと思います。南に墓地ということは、そこに建物が建つ心配もないので、日当たりも保障されます。良いことばかりですね!

2020年8月7日 12:43
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

気持ち次第です

拝読させて頂きました。
なるほど…あなたのお気持ちもよくわかります。
私もサラリーマンの時は不動産会社に勤めていましたから目の前に墓地のある賃貸物件は賃料を安めに設定していました。

やはり気にする人はいます。
とはいえ気にしなければ全く問題ありません、そもそも全く問題ないですからね。
入居なさる方の気持ち次第です。
あなたが気にならないならばご入居なさっていいのではないでしょうか?あなたがどうしても気になるのならばやめておいてもいいと思います。
何でもご縁ですからね。

まあお寺は皆住んでいる目の前がほとんどお墓ですからね。昔は私もイヤでしたが最近はよかったと思っています。お墓があると多くのご先祖様方が守っていてくださいますからね。

いずれにせよあなたの気持ちや気分次第です。

2020年8月7日 14:28
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...

「お墓」問答一覧

お墓について

こんばんは。いつも拝読しております。 今回はお墓のことについてご質問させてください。 わたしには子供がふたりいるのですが、わたしの両親が自分達の苗字で〇〇の墓と、生前のうちから建ててしまいました。ただここで問題なのは隣におばあちゃんのお墓もあるわけですよ。  うちの親は私たちが死んだらその墓を潰して拝んでもらって私たちの墓を作りなさいと言います。 でも結局、うちの子供達は二つも墓をみないといけないわけなんです。 それよりなら、すこし離れた場所に永年供養墓ができまして、ここなら家族用もあるそうなんです。 合祀墓もあるのですが、合祀墓にはいろんな人が入る墓と聞きました。 私はとても人見知りで、おそらくそんなお墓に入ったらパニック起こしてしまうと思うのです。死んでしまえばかんけないと言う方もいらっしゃいますが、怖いテレビとかで成仏できず墓をかえてくれーって番組みました。人は死んでもこの世に意思はあるといいますが、本当でしょうか? もし本当ならば永代供養墓、関係ないのであれば合祀墓でもいいのかなと考えております。 料金もかなり違いますので、どうかよきアドバイスよろしくお願いします

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

墓じまいについて

母が方のお墓なんですが、母の兄弟が弟と妹で家督は弟が継いでいます。 弟(叔父)は十数年前に他界し叔母(叔父配偶者)と娘(2人)が継ぐことになるでしょうが、 叔母の信仰宗教上、当初から全く墓参りもせず墓守を放棄した状態でした。 ただ、母と叔母(母の妹)が時折、墓参りをして墓の清掃もしていましたが、 このままでは私の世代で墓守がいなくなり無縁仏になってしまいますので ゆくゆくは墓じまいして永代供養にしようと思っておりました。 母方の菩提寺は曹洞宗です。 父方の菩提寺は臨済宗です。 当家は父が次男の分家で特にお寺とお付き合いはなく無宗派状態です。 今年、母が他界し葬儀の時に葬儀屋からの紹介で 菩提寺とは別の臨済宗のご住職をご紹介いただきお付き合いが始まりました。 そのご住職は永代供養にもご熱心で 母方の墓じまい、永代供養と両親と私(妻子無し)の永代供養の相談に乗って頂いております。 これを機に私が先導して母方の墓じまいと永代供養したい旨を親戚一同に説明し了承を頂き 先日、お墓の閉眼供養を終えております。 お墓は土葬で墓石でなく墓標が建てられているだけで6基分ありますが 残っている墓標は1基だけです。 おそらく火葬で骨壺が埋葬されているのは祖父母だけで 遺骨を移せるのも祖父母だけで他は埋葬のままになるかと思われます。 墓地は市が所有する共同墓地でお墓所有者の地区長が管理しています。 先日、とある霊能者の相談で墓じまいの事を聞くと 『長年、供養されてきたお墓を引き払い永代供養するのは「あなた(私)」の勝手な都合で ご先祖はよく思わない、ましてや母方分家のあなたがするのはおかしい。 先ずはあなたがちゃんと墓参りして供養の気持ちを伝えていきなさい。 それから自分自身が体力的や諸事情で墓参りが難しくなったら考えればいい』と叱られました。 確かに自分の勝手な都合で今すぐすることでもないことも理解できます。 親戚にはある程度進めて閉眼供養までしており できればこのまま墓じまいして永代供養したいと思っていますが 自分勝手な事だと思うとと迷ってしまいます。 このまま墓じまいしても先祖供養に差し障りないでしょうか? それとももう少し先延ばしにした方がいいのでしょうか? もし先延ばしするのであれば閉眼供養してしまった事は また開眼供養すればいいのでしょうか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

墓、仏壇選びと四十九日

初めまして。先日母が亡くなりました。母の弟は創価 学会で、母は学会に入ってませんが、小さな手のひらサイズのご本尊をお借りしていつも南無妙法蓮華経と手をあわせていました。ご本尊は母の弟に返しました。 今回葬式をするのに、私の父も弟も私も、無宗派なので母の弟に色々お願いしました。学会の葬式を初めて見たので、お坊様がいないこと、学会の方が普通にスーツでお経を唱えられたこと、戒名がもらえないこと、等を知りました。母の死に私達家族3人は余裕がなく、任せてしまったのですが、 私達が勉強不足だったと反省です。 しかし四十九日にもまた母の弟にお願いするのか、父は位牌に俗名でなく戒名がいいからどこかお寺を決めてお坊様にお願いしたいと言ってます。学会に入っていないけど、母は南無妙法蓮華経といつも唱えていたのであれば、日蓮のお寺にお願いしても間違いではないでしょうか?学会との関係がよくわからないのですが、さすがに母の弟には聞けず悩むところです。仏壇も家が狭いので小さいのを置きたいのですが、仏壇屋さんに、本尊を選ぶ為に宗派を決めて来て下さいと言われました。 それと私と弟は結婚してますが子供はいません。なので私達の代で終わってしまう為に、永代供養墓を考えています。しかし親が10年以上前に墓の土地だけ買ってます。父は土地手放してもいいし、好きにしていいと言ってますが、母はきっとそこにお墓を建ててもらうつもりでいただろうなーと思うと悩みます。 初めての事ばかりだし、周りに相談する人もいなくて、こちらに相談させて頂きました。色々無知で申し訳ありません。母は色々知ってて頼りになる人だったのに、その母がいなくなり私達家族は無知ばかり残って情けないです。母にはきちんとした供養をしたいので何卒アドバイスお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る