hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

愛情が重い自分が恥ずかしい

回答数回答 1
有り難し有り難し 8

こんにちは。
私は心の問題で休職をしています。症状も落ち着いてきているためもう少ししたら復職の予定です。詳しい原因は伏せますが、職場にはありがたいことに会いたいと思える人もいる状態ではあります。

私は人に対しての気持ちや愛が深くなりやすいタイプで、仕事をしに行く場にも関わらず人への気持ちが強くなりすぎていました。
今回心が参ってしまった原因のひとつにも人に対しての愛を持ちすぎ、人間関係に深入りしすぎたこともあります。だからまた深入りして病気になってしまうのが怖いです。

また、職場に恋をしてるかのように好きだと思える方もいて、その方には好きを押し付けてしまったのかな…と反省しています。同性ということもありかなり積極的にしてしまいました。1人の人を好きになるとのめり込んでしまうところも悪いところだと思います。

そもそも、職場ではただの仕事仲間と割り切って付き合ってる人が多い中で私がこんなにも一生懸命になってしまうことも虚しく恥ずかしく感じます。休職中に冷静になったとき、ひとり愛が重い自分をみんながどう思ってたかな、温度差あったな、おかしいと思われてたかな、と夢中だった自分を恥じてしまいました。

人に対しての愛が深くなってしまうことや気持ちが大きくなりやすいことは悪いことなのでしょうか。好きだと思うときは勿論幸せな気持ちで、でも不安になってしまいます。
自分の愛の深さのコントロールはどうすればできるのでしょうか。自分の長所として昇華するにはどうしたらいいのでしょうか。
もう大人なのにこんな性格のせいもあり仕事に行けなくなってしまう自分が情けないです。

今後のためにもこんな私に何かお言葉をいただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

2021年8月15日 0:58

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人間関係には距離間が大切ですよ

質問読ませていただきました。

愛情の深さ故に悩まれておられるのですね。
「かわいさ余って憎さ百倍」なんて言葉もありますが、相手と真剣に接するが故に思い悩んでしまうのが人間であります。
心中お察しいたします。

さて、愛情が深いことは決して悪いことではありません。自分のことを大切に思ってもらえば、誰でも嬉しいでしょう。それに愛が深ければ、それだけたくさんの人を救うことも出来ます。

しかし気をつけなければならないことが1つあります。それは愛情の表現の仕方です。人には適切な距離間というものがあります。そこを飛び越えてしまうと、相手は不快に感じます。
一番わかりやすいのがストーカーの事例ではないでしょうか。
相手が自分を好きでいてくれる、それ自体は最初は嬉しいものです。しかし必要以上に距離間を縮めてきたり、過度なアクションを起こしてみたり、そういうことが続けば不快ですし気持ち悪くなりますよね。そのうち、相手が自分を好きでいてくれること自体がイヤになってしまいます。

また、愛情が深すぎる人は、相手との心の距離間に気をつけなければなりません。
なぜなら、自分の愛情が深すぎる故に相手にも同じものを求めてしまいがちになるからです。その深すぎる愛情の見返りが得られなければ「私がこれほど気にかけているのに、なんであなたは・・」といって相手を恨んだり、苛立ったりしませんか?

他人の心は、自分の思い通りになりません。そこをしっかりと理解し、自分の心を納得させることが大切なのです。しかしそれが難しければ、相手との心の距離間を上手にとることで深入りすることが避けられるでしょう。
そうすれば、愛情の深さ故に自分を傷つけることは減ってくると思いますよ。

このように距離間に気をつけながら、自分の感情を上手にコントロールしてみてくださいね。

何か少しでも参考にしてみて下さい。
必要ならばプロフィールを参照いただき、メールにてご連絡くださいね。

2021年8月16日 9:50
{{count}}
有り難し
おきもち


京都府・大阪府・奈良県の県境に当たる、京都府京田辺市の自然に囲まれたお寺で...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

私は夢中になると人との距離感を測るのが苦手ということがあり、それによって自身のことも時には相手のことも傷つけてしまうことがあったのではないかと思います。

人との距離感を大切に生きていきたいと思います。

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る