hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

何のために生まれたのか。

回答数回答 3
有り難し有り難し 62

大学四年の就活生です。
私の大学の偏差値は大学群でいいますと、marchレベルでそこまで高くないのですが、就職に強いということで有名です。私が専攻している学科は理系の工学部ということもあり、就職率98.7%で中堅・準大手企業ならそこまで苦労することなく、就職できます。

しかし、就職活動をしていると自分より高学歴の人が沢山いて、大学名を名乗るのも恥ずかしい時もあります。企業から不採用の通知を頂くこともあり、私はもっと頭の良い大学に入学すれば良かったとよく後悔します。

しかし、偏差値の高い大学であればあるほど入学前も入学してからも猛勉強しなければならず、授業についていくのに必死で入学してからも勉強しなければならないとも聞きます。

人間って何でこんなに努力しなければいけないのですか?

生まれてから、良い生活を送るために、良い会社に就職する。良い会社に就職するために、良い大学に入る。良い大学に入学するために必死でやりたくもない受験勉強をする。我慢し続け勉強を頑張れたものほど、理想の生活を手に入れることができる。つまりは、人生は我慢と努力の競争だと思いました。

人生ってひたすら我慢して努力し続ければならないんですか。そんなに、努力するのは私にとっては辛いです。何で、生まれてから、ずっと我慢に我慢を重ね努力しなければならないのですか。一体、人間って何のために生まれてくるんですか。我慢して努力して立派になるために生まれてきたんですか。

私はスポーツ、勉強、芸術の何をやっても不器用で周りから努力家と呼ばれたこともありますが、その努力の割には結果を出せなかった人間です。今の大学に入るのにも一苦労で、それなりに高校生活を勉強に捧げてきました。そんなやっとの事で入ったのに、劣等感が凄くあります。まだ、自分より上がこんなにいるのかとよく思います。

生きてて凄く苦しいです。「どこまで努力すれば良いんだ。」とよく思います。

もちろん、御坊様たちは修行で私とは比べものにならないほど、苦痛に耐え忍耐を重ねて来たと思います。そんな御坊様から見たら、私の努力なんてちっぽけだとおもいます。

楽に生きる方法や考え方などがあれば教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

考え方一つで楽しく生きられます!!

人生を苦しくつらいものだと思っていませんか?すごく否定的な言葉の羅列で悪く悪く考えて
いるように思えますが、私の思い過ごしでしょうか?
何か問題ありますか?人生に無駄はないんです。苦労ではなく、人生という道を歩み、
経験という足跡を一歩一歩と付けただけすよ。
貴方は社会全体からしたら、かなり恵まれています。ハッキリ言って贅沢です。
苦労?そう思っているだけじゃないですか?進学したくともできない方、家庭の事情でね。
貴方は大変恵まれたお方なんですよ。私も最初は自分の不運を嘆いた、けれどもこうさせてくれている黙って許して、お金を出してくださっているご両親さまんことを考えてください。有難いですよ。
有難くて感謝の涙がでます。私の両親は健在ですが、寝る前、朝起きた時、両親のいる方向に向かって一礼しています。感謝の気持ちです。今日もおかげさまでって。このようなことができたのも、すべて、両親のお陰なんです。恵まれた環境にありながら、人生は苦だ!何というたわごとを言ってる暇があるなら、真剣にほどほどそこそこではなく、超一流を目指しなさい。
人生は楽しいんです。明日はどうなるかわからない、自分でかじ取りができる、好きなようにアレンジもできる。こんな自由でいい環境ってないじゃないですか?
楽しんでください。楽しくなくとも楽しいんたと心に言い聞かせること。5年もやっていたら、
そのうち楽しい人生になります。楽しさは作るものです。与えられるものじゃありませんよ。
貴方の幸せと成功を祈っていますよ!!

{{count}}
有り難し
おきもち

浄光寺の三浦康昭です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...
このお坊さんを応援する

何の為に生まれて 何をして生きるのか

自分は自分、他人は他人、とわかっていても比べてしまいますよね。
私もこれといって才能もないので、努力だけはしっかりしようと、日々自分に言い聞かせております。

人生の目標とは何でしょうか?必死に受験勉強して良い大学に入り、必死に就活して良い会社に入り、必死に働いて良い生活を得て、必死に稼いだお金で良い老後を過ごすことでしょうか?

やなせたかしさん作詞の「アンパンマンのマーチ」の一節です。

―――――――――――――――――

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから 君は行くんだ 微笑んで

そうだ 嬉しいんだ生きる喜び
たとえ 胸の傷が痛んでも

―――――――――――――――――

生きていれば理不尽なことも、自分の力ではどうしようもできないこともたくさんあります。
しかし、仏教では人の身に生まれることが、どれほど難しいことであるかが説かれております。我々はこうして生まれることができたわけです。

我慢に我慢を重ねる。それも大事なのかもしれませんが、それ以上に、今の一瞬一瞬を大切にしていただきたいです。どこまで努力をすれば良いのか、それに答えがあるならば、死ぬまで努力をしましょう。いえ、死んでからもお浄土で仏道修行に精進です。
努力ができるということは、大きな強みですよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗の僧侶です。一緒に悩みましょう!
このお坊さんを応援する

立ち止まることもひとつの動きである

 がんばりましたね。すごいです。確かにきちんと努力しないと入れない大学群です。

 さて、15年ほど前、テレビで「僕の生きる道」というドラマを放送していました。
 SMAPの草彅剛クンが主演していました。胃ガンで余命1年を宣告された若い高校教師が、残りの人生をどう生きていくか、という話です。
 その中で、そんなセリフが出てきました。

「例えば、高校生活は、いい大学に入るためにあるとしましょう。
 大学はいい会社に入るため、会社に入ったら、係長になるために仕事をし、係長は課長になるため、出世はたくさんの退職金をもらうため、たくさんの退職金は、老後を豊かに過ごすため、こんな風に将来のために今を犠牲にして一生を過ごしたとしましょう。
 そうやって生きてきた道には、自分の足跡が何も残っていない気がするのです。
 つまり、将来を考えて生きることも大切ですけど、その時その時もしっかりと生きて欲しいのです。
 高校生である君たちが、今歩いている道にしっかりと足跡を付けて欲しいのです。」

 こんなセリフです。私も感銘を受けました。
 「将来のためにがんばる」事ももちろん大事ですが、この「今」を大切に生きることも大事なことだと思います。

 会社は採用するとき、もちろん学歴も見るかもしれませんが、あなたの中身を見ています。だってそうでしょ?もし、あなたが社長さんで誰かを採用する、となったとき、学歴だけで見ますか?やっぱり人柄もなども見ますよね?人事の人は、あなたの人柄、やる気、物事をどのような切り口でみているか、など様々な観点からあなたを見ているはずです。

 ここで、一度立ち止まってみて、あなたの、学歴以外で、あなたの中身にどんなものがあるのか観察してみるのも良いかもしれません。まずは「努力家」というのは挙げられますね。他にはどうかな?芸術やスポーツ、結果は出なかったけど、それをやること自体は楽しかったですか?そこで培った友情なんかもあるんじゃないのかな?大学生活はどうでしたか?どんな研究をして、どれくらいそれに情熱をかけていましたか?アルバイトはしていましたか?どんな風にがんばりましたか?そういうものこそ「あなた」じゃないのでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/50代 平成27年鳳林寺住職。平成28年hasunoh...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる通りです。

自分の悪い点ばかり見ていました。
寝る前はいつもネガティヴに考えてしまいます。

本当に私の家庭は恵まれていると思います。
三浦さんを見習って、両親に一礼することから始めたいと思います。

ありがとうございました。

三谷さんありがとうございます。

今を一生懸命生きる。
一瞬一瞬を大切にすること、楽しむことが大切なのですね。

苦労も楽しむくらいの気持ちで行こうと思いました。

ありがとうございます。

光禪さんありがとうございます。

光禪さんが紹介してくださったドラマのセリフに私も感銘を受けました。

今まで、私は将来の不安が強すぎて、今を楽しむ余裕を持てなくて、不安や恐怖にさいなまれていました。

将来のことを見据えて生きるだけでなく、「今」を楽しむことも大切なんだということを学びました。

それに、不安なのは自分だけでなく、他の同年代の方も進路のことで悩んでいますよね。

勝手に自分だけ苦難が多いと思っていました。

もう一度自分の中身を見つめ直してみようと思いました。ありがとうございます。

「自分の存在価値・生きる価値とは」問答一覧

自分の役割り

自分は技術部門の統括をやらせていただいてるのですが、人の育成は本当に難しい事ですが、生き甲斐を感じています。 その子がその業界なら何処でも 生きていけるスキルを身に付ける事を 念頭に置いて自分が教えられる事を その子の資質に合わせて伝えています。 しかし、自分自身の事としては今まで大きな成果や結果を出した事が無く、自信という意味では全くありません。 そんな自分が指導する立場にいる事が 時には胸が締め付けられるもどかしさが あります。 自分は表舞台でスポットを浴びる人では なく、 裏方で原石を輝かせるきっかけを作る事が 今は使命だと思いこの1年を過ごしてきました。使命だと思うのは自分の観点であってそれが本当に自分に向いているのかは自分にはわかりません。 しかし、誰かの為に何かをする事が自分の幸せであると心から思います。 家族も夢が叶い、家族が幸せに 生きてる事に幸せを感じます。 その為には自分なりにとてつもない 努力はしてきたつもりです。 年齢も40を過ぎこの仕事も 22年目を迎えてました。 今でもこの仕事が大好きです。 裏方にスポットを浴びせる事は ないのはわかっていても、 裏方ってやはり見えにくい存在で 表舞台に立つ人は無常に物事を 自分達が進めていき裏方に対しての 配慮に欠けたり、蔑ろにされたり する事があり、とても辛くなります。 意図的にされてると思う時もあります。 そんな時に相談できるところがなく、 こちらに相談させていただきました。 この先の人生を考えた時、自分の生き方に 迷いと怖さがあります。 今の環境で自分なりにやり切ったら 自分も次のステージに行きたいのですが 裏方が自分で生きてく為のステージを 見つけるにはどうしたら良いでしようか?

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

存在意義がほしい、他者を責めるのやめたい

別垢でだいぶ前に相談させてもらいました。その節はありがとうございました 私は現在一人暮らし(家賃生活費は親が出してくれています)で無職そして引きこもりです。 この状況ができているのは、他県の大学在学時になったからと、私が母(厳しい人で、失敗する度辛辣な文句や悪態をぶつけてくる性格。今はだいぶマイルドになりましたが、根っこの部分では変わってません)が怖くて実家暮らしを拒んでいたからです。 それで、一人暮らしの間に独り立ちしようと決意し、地方の福祉サービスを借りながらボランティア、就活に向けたセミナーや実践的な面談、果てにはバイト研修まで色々やってみました バイトには受かったのですが、実際は厳しくきちんと学べてないまま本番を重ねればならない、体力ないから急いでやってももっと早くとより上を求められてしまう、苦手な会話も適度にこなさなくてはいけない。 そんな新しいことで手一杯の中(まだ厳しかった頃の)母からLINEが来て、お前は何年も遊んでばかりで何もしていない!何も成長していない!と怒られ、メンタルが更に病んでしまいました それら全てが辛くて一度休みをとってみたのですが、後日自分への文句を話している先輩を見かけ そして全てから逃げ出すようにバイトを辞めました。 しばらく休んだ後、今度は就労支援施設を利用してコミュニケーションの勉強ができるようにしよう!と通い始めました。 初めは順調だったのですが、今度は朝起きるのが苦手なことがきっかけで、受けたいカリキュラムが受けられない、担当の方も出来る限りたくさんカリキュラム受けてほしいと言われ、そして受けたかったカリキュラム(SST)は実際に受けてみると怖くて会話術とかはやってみると上手く出来ず恥かいたという気持ちで不安でいっぱいでした。 それからは行きたくないなって気持ちでサボることが多くなり 結局1年のほとんどをろくに通えないまま一時停止しました バイトの件就労支援の件で、自立できると思ってたのにどちらもできずその時点で自分はクソだ。生きるに値しないと理解しました 最近は家族に心配するので実家に帰るのですが、その度に私が苦しんでるのはお前(母)のせいというように責めて傷つけてしまいます。 自分はどうでもいいけど、他人を傷つけたいとまでは思わないのです でも口から出る言葉は酷くて 自分はどうしたらいいのでしょうか

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

自分の存在価値

先日、友人新婦の結婚式に参加してきました。 大学時代、ずっと一緒に過ごしてきた仲の良い大切な友人でした。結婚式に出席の際、友人の席には大学時代は私だけ。あとは社会人になってから仲良くなったご友人たちのようでした。新婦らと思い出話で盛り上がるのは社会人になってからの話ばかり。私は疎外感がありました。大学時代の思い出を新婦としましたが、ほとんど、忘れちゃったと。 社会人のお友達との方が凄く楽しそうに最近の思い出話もしていて、私の知らない話に盛りあがっていて疎外感を感じておりました。 素敵なご友人たちで、新婦の友人は、幸せで良かったなぁと思う反面、寂しさも感じました。 特に悲しかったのは、新婦のお母様とお話した時でした。新婦のお母様とは大学の卒業式でお会いしてお話した事がありました。卒業以来の再会で私も嬉しかったのですが、話の中で、「(私が)結婚して数年たつけど、お子さんは?まだ居ないの?数年たってるのに…」と言われてしまいました。 他の出席したお友人は、お子さんが居る方だそうで、「やっぱりね!結婚して数年したらそりゃ、お母さんになるわよね」と会話していて… それから「(社会人になってから住んでる県)に来て、あなた達と娘と友達になってくれてありがとう」と、私らに話した後に、私に気づいて、少し気まずそうに、「大学でもお世話になったものね~」と、慌てたように言われてしまい、悪気は無いとは思いますが勝手に落ち込んでしまいました。 大学卒業後も、時々会って遊んでいたけれど、私と、他のお友達との熱量の違いにショックを感じてしまいました。 友達って、なんでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ