hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

大切な存在を失い、生きる糧をなくした

回答数回答 1
有り難し有り難し 15

大切な存在とは、約13年間ともに生きてきた猫です。
たくさんペット関連の相談がありますが、愛猫が亡くなってから約一週間かけほぼ全ての投稿を読み、お坊さん方のご回答も閲覧した上で、意を決し投稿させていただきます。

愛猫が亡くなってからと書きましたが、未だに受け入れられず、そばにいてくれていた頃と同じように一緒に寝、遺骨を片時も離せず、一日なにもできないで空虚な時間を過ごし、主人に全てを任せ、ろくに食事も摂らず、心が堕ちていく日々です。

約13年前、保護された姉妹猫の片ほうだった愛猫を里親さんから譲り受け、それ以後、度重なる転居やモラハラだった元夫との荒んだ生活、離婚前後の不安定な私をずっとずっと支えてくれました。

猫は環境に住まうというのに、何度お部屋が変わっても同居する人間が変わっても、私を信用し、頼り、すぐに新しい環境に適応してくれる、本当に賢く優しい猫でした。

今年の二月に悪性腫瘍がみつかり、手術をしました。

もう遅いのに、亡くなってからも毎日病気や治療のことを調べ、手術が実はよくなかったこと、別な治療法を選択すべきだったこと、セカンドオピニオンや転院も考えるべきだったことがみえてきました。

先月再発が発覚し、今月3日に二回目の手術をしましたが、この手術後の麻酔から覚めず、亡くなりました。

病院から連絡を受けた時は頭が真っ白で、急いで駆けつけ手術台に目を見開いて横たわっている姿をみても、その現実が信じられませんでした。先生は心臓マッサージを、私は手を握り泣きながら名前をよび続け戻ってきてと懇願しましたが、だめでした。

あの時の光景、術中もそばにいてやれなかったこと、これまでの治療や病院へ連れて行くタイミング、病院の選択、若い頃与えていた安価なご飯…これまでの猫との人生で考えうる私の失態、誤った判断が次々と思い浮かび、後悔といった簡単な二文字では処理しきれない大きな喪失感と、謝っても謝りきれない謝罪の念に襲われています。

夫には「◯(猫)が私の一番大切なもので、◯(夫)は永遠に二位だからね」と冗談混りに伝えていましたが、それが冗談ではなかったことを夫は知っていて、それでも俺は永遠に二位でいいと言ってくれるほど、私と猫の関係は唯一無二で、誰も割って入ることのできないものでした。

そんな存在を失い、この先どう生きていけばいいかわかりません。

2022年6月9日 21:09

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

必ず仏様になられるでしょう

さばかん 様

愛猫ちゃんのこと、お悔やみ申し上げます。ご冥福をお祈り申し上げます。
合掌礼拝
仏教では「一切衆生悉有仏性」(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)と言って、
生きとし生けるものすべてに仏様になる種が備わっていると説かれています。
さばかん様の愛猫ちゃんも必ず仏様になられるでしょう。
あなたの一心なる愛情を受けて。優しさと温かさに包まれて、仏様になられるでしょう。
いまは受け入れられず、混乱して、そんなことは信じられないかもしれませんが、
必ず仏様になって、目には見えなくても、あなたの傍にいてあなたをお守りするでしょう。ご主人も一緒に愛猫ちゃんがお守りするでしょう。
後悔もしておられるようですが、愛猫ちゃんを愛したことを誇りに思い、愛猫ちゃんが喜んだ、してあげたことを思い出してみましょう。できる範囲で構ません。与え与えられした、優しさや温かさ楽しさを思い出してください。
きっとあなたを責めることなく、愛猫ちゃんが今でもそれを喜び、あなたに「ありがとう」を伝えてくれるでしょう。泣くだけ泣いて構いません。それは優しさに溢れる涙だと思います。私はそう思い仏様になられることを信じています。
合掌礼拝

追伸:早速に返信メッセージありがとうございます。
あなたのその苦しい胸の内を、どうぞもっと吐き出して下さい。泣いて泣いて吐き出すことも、哀しみには必要です。
また、こうも考えてください。愛猫ちゃんは、あなたの傍にいてそれを聞いてます。姿は見えなくても。そして愛猫ちゃんは仏様として、もっとも供養をしてほしい人はあなたです。あなたは生ききってその供養を続けることが、あなたにとって必要だと語りかけていると、私は思います。
そうしてやがて、愛猫ちゃんが本当に、心の底から笑顔になり、あなたも本当にそれを感じることが出来るようになると私は信じています。再礼

追追伸:初7日忌の供養、愛猫ちゃんは喜んでおられます。間違いありません。受け入れられなくてもいいんですよ、葛藤しててもいいんです。あなたが愛猫ちゃんを心から愛していたことの顕れです。癌はにくいですが、ご自分を責めるのは減らしていきましょう。自分を責めても愛猫ちゃんは喜びませんから。
字数制限で、ここまで。ご縁に感謝申し上げます。相談の続き、よろしければ、メールででもお問い合わせください。合掌礼拝。

2022年6月9日 22:47
{{count}}
有り難し
おきもち


お寺の法務(法事などのご先祖の供養)と 唱題行・写経・法話・カウンセリン...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございます
すこし、心に灯りがともったような、ほわっとした気持ちになれました
ですが「ずっといっしょだよ」と毎晩いいきかせ約束した愛猫のもとに、はやくいきたいと思う気持ちが消えないのも事実です
くるしいこの胸の内を、いつかどうにかできる日がくるのでしょうか…

お優しいことばをわざわざ追記してくださりありがとうございます
顔もみえない、かつ他人である自分とその愛猫に、こんなにも寄り添っていただけていることにとても感謝です
おっしゃるように、きっと猫はそばにいる…だけど、それをみとめて弔うと、死んだことを受け入れてしまうことになる…まだ認めたくない…納得できていないのに…
そんな思いとの葛藤です
昨日は初七日でしたので、大好きなものをたくさんあげました
痛みや苦しみから解き放たれて、おいしいおいしいと喜んでくれているといいのですが…
こうなった原因の種をまきつづけた己と癌が憎いです

ありがとうございました

時間はかかりそうですが、おしえていただいたことは、心に大切に留めておきます。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

ペットが祖父の後を追うように虹の橋を渡る

2020年12月25日に長年病と闘っていた母方の祖父が永遠の眠りにつきました。 悲しみに暮れていた折、年明けの1月11日に最愛のペットであるハムスターの男の子が虹の橋を渡りました。 齢で言えば3歳ほどと平均寿命に近く、我が家では2年半以上を共に過ごしてくれました。 私が通院している間をずっと共に過ごしてくれていた光のような存在でした。 身近な大切な存在を同時に失った空虚感にどうしても耐えられず、再び不眠と抑うつ状態になってしまいました。 家族からの助言もあり、初代の子が亡くなった翌々日に、二代目のハムスターの女の子を我が家へ迎えました。 同じ毛色の子を迎えるのは本当に身代わりにするようで、2匹に対して失礼で可哀想なので、まったく異なる毛色の子をお迎えすることにしました。 しばらく経つと、父方の祖父に重篤な病が見つかり、手術と入院を繰り返すも、ほどなくして眠りにつきました。 悲しむ私の心に灯りをともしてくれたのが、二代目の女の子です。 奇しくも母方の祖父の命日の前日である、2022年12月24日に虹の橋を渡りました。 2歳になったばかりで、我が家で過ごしたのは11ヶ月半でした。 前日晩も元気にご飯を食べて動き回っていたのに、原因不明の急死でした。 苦しみにもだえながらではありましたが、私の掌の中で家族と見守りながらお別れできたことだけが唯一の救いです。 その日の夜、泣きながら眠りにつくと先代の男の子が夢に出てきました。私の指に静かに撫でられているので「2代目の子は?」と聞きましたが、静かに私を見つめるだけで、気がつくと消えていました。 母は「2代目の子はあなたを支えてきて、もう大丈夫だと思ったから役目を終えて眠りについた。 初代の子は、2代目の子をちゃんと導くからねとあなたに言いに来たんだよ。次はあちらにいるじいちゃん2人を見守るために行くんだよ」と言っていました。 「ペットは飼い主を選んで生まれてくる」「役目を果たすと命を終える」という話もみかけたのですが、流石に人間に対して都合が良すぎると感じてしまいました。 何か運命的なもので定められた出来事なのでしょうか。 また、最期に苦しませてしまってずっと後悔と申し訳なさを感じています。 家の都合でペット葬ではなく、共同墓地のようなところに入れざるを得ず、彼らが見捨てられたと思っていないか不安です。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

ペットの死

飼っていた小動物を亡くしてしまいました。 私は子供の頃から動物を飼ったことがなく その子が私にとって初めてのペットでした。 飼い始めてから数年がたち 自分の中でその子がいる生活が当たり前になってきて 今思えば少し慣れや油断、過信があったように思います。 体重も初めの頃は定期的に量っていましたが だんだんと量らなくなり体重が急激に減っているのにも気づいてあげられませんでした。 ある日出先から帰ると具合が悪そうにしていて 動物病院に連れていくと、年齢の割に体重が軽すぎることと体調があまり良くないことを言われ栄養の薬をもらいました。 薬を飲ませたら次の日は元気にしていたので 安心してしまい 私は次の日に一日外出してしまいました。 帰ってくるとペットが横たわって亡くなっていました。 私が不在の間に部屋の温度が下がっていたのと それに対応する脂肪が体に蓄えられていなかったのが原因だと思います。 シニアではありましたがまだ寿命ではありませんでした。 私は可愛い可愛いと毎日可愛がるだけで それがひとつの命だということ 小さなその命は簡単になくなってしまうことに気づいておらず いなくなってしまってからその子がいた生活は当たり前じゃなかったことに気付き 心が引き裂かれるようで 天寿を全うさせてあげられなかった事 毎日後悔して泣いて、ごめんねって。 私が死んでしまえばよかったと悔やんでも悔やみきれません。 あの子の短い人生は幸せだったでしょうか。 私のことをどう思っているんでしょうか。 私が死んだ時、またいつか必ずあの子に会えますか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

ペットの死がつらいです。

先日、飼っていたハムスターが亡くなりました。今思えば数日前若干調子悪かったのかな?と思うことはありましたが、本当についこの前まで元気に駆け回っていた子です。急に亡くなり悲しくて悲しくて感情の整理が出来ません。 供養は、迷いましたがペットの葬儀上で火葬してもらい、今は先祖と同じ家の棚にお骨を置いています。 生きていたときは、愛情をもってお世話をしていたつもりだし、可愛がっていました。でも、亡くなってからはもっとこうできたのでは、亡くなったのは私が体調不良に気付かなかったからだと後悔や自分を責めてばかりです。 頭では、悪いことばかりではなかったとわかっているし、後悔じゃなく感謝の気持ちで送り出してあげたいと思っています。しかし、今は寂しさと後悔でいっぱいです。 ハムスターの寿命は、2〜3年と言われていますが、亡くなったのは1年10ヶ月でした。少し早く亡くなってしまい私のお世話が悪かったのかなと思ってしまいます。 拙い文になってしまいましたが、このペットを失くなった悲しみをどう乗り越え、整理したらよいのかわかりません。もしよろしければアドバイスをお願いいたします。 毎日亡くなったペットの為にできることなどもありましたら、ご教示いただげすと幸いです。 長々と失礼いたしました。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

ペットを殺してしまった

#ペット・大切なものの死 恋人と2人で小動物を飼いだしました。 ですが遠距離になってしまったため、私が預かりお世話をしていました。 飼いだした頃は常に人がいたので、寝る時以外はゲージから出していました。 運動量の多い動物だったためゲージ内はストレスになる子も多いと聞き、飼い始めからゲージで過ごすことが少ない子でしたので、本格的に放し飼いを始めようと思い、経験者の記事などで調べ危険にならないように対策しました。 放し飼い3ヶ月ほどは毎日家にいたので様子を見ることができ、危ない事もなく安心しきっていました。 ですが先日、私がいたにも関わらず昼寝をしてしまい、チャイムで目を覚まし宅配便を受け取りました。その後部屋に戻ると姿が見えず、寝ぼけて居たため部屋のドアを締め切れてなく、外に出てしまったのかとも思い、家中、そして外まで探しにいきました。 1時間ほど探し、また部屋を探しました。そしてマットレスの中で動かなくなっているその子を発見しました。 その子は冬眠の準備の本能のためか、よくマットレスに穴をあけ中のクッションを出し掘り進めながら探索していました。 しかし、見つけた場所はまだ掘られてない狭いマットレスの生地とクッションの間でした。少し生地にハサミを入れただけでは、人間の力でも手が届かない様な所で慌てて周りの生地を切り、その子を抱き上げました。 マットレスの生地を噛み切ろうとしたのか歯が絡まっていました。まだほんのり体温が残っており、私が探すために必死に名前を呼んだから、出てこようとそんな所に行ってしまったのではと…。 ゲージ内で飼っていれば、多少ストレスはあったかもしれませんが、命を奪う結果にはならなかったと悔いても悔やみきれません。 今年生まれたばかりの子を、平均寿命であと6~10年生きられた命を私の慢心で奪ってしまいました。 世間的にはペットかもしれませんが、恋人と2人で我が子のように大事にしていたのに、殺してしまったで許される訳がありません。もし人の子だったら、不注意で死なせてしまったではすまされないのです。 同じくらい大切な命なのですから。 彼にもすぐ伝えましたが、私への怒りが収まらない感じでした、当然です。彼は会えてもないのに知らぬ間に命を奪われ、その子と彼の事を思うとやり切れないのです。辛いという言葉すら吐いてはいけない気がします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

本日愛猫を亡くしました

本日13時頃4歳の猫を亡くしました 私はたくさんの猫と暮らしています 完全室内飼いですが、猫風邪が出たようでみんなに感染してしまい 人間の風邪のような症状が出ていました。 冒頭に記載した通り、たくさんの猫と暮らしていますので みんなを病院に連れていくことが出来ず その時1番体調が悪そうな子を連れていき注射をし、薬を処方していただきました。 それにより、私もみんな風邪だろうと思い込んでしまい 薬をあげていればそのうち良くなると思ってしまいましたが、 内1匹が、風邪ではなく尿路に異常があり 膀胱内に尿が溜まってしまっていました。 その為、身体の毒素を排出することが出来ず体温が異常に下がってしまい、翌日病院に連れて行った時には極めて危険な状態と告げられました。 それから1日半が経ち、今朝病院から連絡をいただき 体温は上がったがまだ危険な状態にはあるとの事でもう1日様子を診ますとの連絡の後 再度連絡があった時には先程亡くなりましたとのことでした。 お迎えに行き箱に入れられている姿を見て涙が止まりませんでした。 獣医からは、もう1日早ければ助かったかもしれないと言われ 異変に気付けなかったこと、救急で病院に連れて行かなかったことを総じて 私のせいでこの子は4歳という若さで、病院で1人苦しみ痛さに耐え息を引き取っていったと考えると胸が引き裂かれる思いです。 以前12歳で亡くなった子の時にも同じような思いをしたはずなのに 私はなにもわかっていないじゃないかと 自責の念でいっぱいです。 動かなくなってしまった子を目の前にし、ごめんなさいしか出てきません。 もっと早く気付き、病院に連れて行ってればこの子は死なずに済んだと思ってしまいます。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

最愛の猫を亡くしました。

機能不全家族の中で育ち、母の自死をきっかけに十代から一人暮らしをしています。 突然、母を失い、悲しみや喪失感を感じる間もなく生きる私の心の支えとなってくれたのが愛猫でした。 とても甘えん坊で居場所はいつも私のお腹や膝の上。抱っこが大好きで、目に入れても痛くない愛しい子でした。 そんな愛猫も十三歳になり、病気を患いながらもこの数か月は毎週の通院と投薬、点滴でなんとか命を繋いでいました。 お腹が床につきそうなほどふっくらしていた姿がいつのまにか2kgにも満たないやせ細った姿になり、この子はもう長くないかもしれないと思ったその矢先のことでした。 吐き気のせいでごはんが食べられず、水も飲めず、寝たきりになった愛猫を病院に連れていこうと予約をいれた直後に、荒い呼吸が始まり、それが落ち着いたかと思えば、すーっと眠るように息を引き取りました。すぐそばにいたのに一瞬気づかなかったほど、静かな最期だったと思います。 その日から、一日中泣き暮らしています。 後悔や反省も尽きません。私の努力が、配慮が足りなかったせいであの子を失ってしまったと、もっと早く病院に行っておけば、もっと早く異変に気づいていたら、と考えては苦しくなり、自分は飼い主失格だと申し訳なくなります。 あの子が病気で苦しかった日々から解放されて良かったと前向きに捉えようと試みてはいるのですが、どうしても、ずっとそばにいてほしかった、もっと一緒に生きたかったと涙が溢れてしまいます。 これまで何度も希死念慮が襲ってきた私の人生ですが、この子がいるから生きないとダメだといつも引き止めてくれた存在です。 家族もなく、頼れる人もいない私にとって最も大切でかけがえのない存在でした。 間違いなく、私が今世を生きる理由でした。 そんな子がいなくなった今、どうやって生きていけばいいのか分からなくなっています。 どうかもう一度、同じ姿で私の目の前に現れてほしいと願ってしまいます。 そこでお聞きしたいです。 死後の世界はどうなっていますか。 愛猫は本当に苦しみから解放されたのでしょうか。 不自由のない健康な体で天国にいますか。 また、私は愛猫の死をどのように捉えたら悲しみから解放されますか。 輪廻転生を信じて、いつか愛猫が姿を変えてでも帰ってきてくれると信じていいですか。 この先私は何を希望に生きていけばいいでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

愛猫を看取れなかった

家族で大切にしていた愛猫が家から出てしまい、ずっと見つかることを信じて皆で探し続けましたが、先日、車との事故でこの世からいなくなってしまったことを知りました。 役所に収容されてしばらく経ってしまったためなのか、亡骸を引き取れませんでした。亡くなった場所の詳細も教えてもらえませんでした。 特徴や場所から間違いないだろうとのことでした。 今もいなくなってしまったことが信じられずにいます。 愛猫のことを想うと、痛かったよね。 苦しかったよね。怖かったよね。早く見つけてあげられなくて本当にごめんね。 最期に会えなくて、どこで亡くなったのかも分からなくて、供養も出来なくて、どんなふうに亡骸を対応されたのかも分からなくて、本当にごめんねと、何度も何度も悔やみ、悲しみ、その子のことを考えてしまいます。 最期を看取れなくても、遺体に会うことが出来なくても、どんな風な亡骸でも、事故に合ったとき痛くて苦しい思いをして亡くなったとしても、この子は今、幸せな場所にいますか? 痛みや苦しみではなく、安らかで幸せな気持ちでしょうか? 本当は天寿を全うして、最後まで側で看取りたかった、しっかりと供養してあげたかった。 それが出来ず、愛猫を想うと苦しいのです。 どうか、お坊様教えてください。 このようにこの世から去ってしまっても幸せな場所に行けますか? またいつか生まれ変わって会うことができますか? 愛猫がどうか痛みや苦しみから開放されて幸せ楽しく過ごせるように、一緒に祈って頂けませんでしょうか。 長々申し訳ありません。心のままに書いてしまいました。 どうぞお力をお貸しいただけますと幸いです。 最後まで読んで頂いてありがとうございました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

恋人の大切なペットを殺してしまいました

初めてこちら利用いたします。 カテゴリーが分からず、「後悔」が1番近いため、「後悔」で相談させていただきます。 3日前、恋人が14年間と10ヶ月大切にしてきた愛犬を殺してしまいました。 私はその子と6年間の付き合いでしたが、あまり犬が好きではなく、最後までずっと毛嫌し、最後はいつも使っている座布団で押さえ付けて殺してしまいました。 今回ばかりでなく1年前から、恋人がいない隙を狙い、愛犬に虐待をしてきました。 冷たい態度をしたり、無視したり、痛みつけたり、とても酷いことをしてきました。 なんて酷いことをしてしまったんだと後悔しており、殺してしまった日からずっと愛犬の名前を呼び心の中でたくさんごめんね、酷いことしてごめんね、と後悔し続けています。 恋人には私が帰ってきたときにはもう動かなかったと嘘をつきました。 2人でたくさんたくさん泣きました。 今日で愛犬が亡くなってから3日目になりますが、今でも悲しくなって2人とも大泣きします。 昨日夜、愛犬を火葬し供養しました。 毎日ごめんねごめんねと心の中で悔やみ、また会いたい、大好きだったと愛犬に伝え続けています。 愛犬はとても懐っこく、私が帰ってくるのを待ち続けたり、喧嘩している2人の間に入ってきたりと、大変心の優しい、賢い子でした。 なんであんな酷いことをしたんだと、なんでやめてあげなかったんだと、あの日から毎日毎日後悔し、今も心が張り裂けそうです。 恋人に事実は伝えず、このまま一生涯共に生きて行きたいと心から思っています。 私の命に替えても守りたい、最後まで愛したい大切な人です。 でも罪悪感で胸が押しつぶされそうです。 恋人には事実を告げたほうがよいのでしょうか? こんなに酷く惨い彼女と別れた方が良いでしょうか? でも、事実を告げ別れるのも勇気がなくて出来ません。 愛犬と恋人には生涯償って行きます。 愛犬を殺した罪を償いたいです。 正しい行いをしたいです。 私はどうすれば良いのでしょうか? どうか助言をお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

ペット オカメインコの死 戻せない時間

長年共に過ごしたオカメインコが亡くなりました。よく喋り遊ぶとても大切な家族でした。 今回、私のミスで病気になり亡くなりました。完全な知識不足でした。 本来なら後悔すべきところはここなんだと思います。 でも、このこと以上に愛情の注ぎ方に後悔しています。 私はこの一年以上家にいましたが、自分が嫌になるくらいだらけた生活を送っていました。 毎日「遊ぼう」と元気に鳴き呼んでくれていたこの子に「ちょっと待っててね」とこちらの用事ばかりを優先したりテレビを見ながらの ながら遊びをしたり。 可愛がり方も朝晩の掃除の時間も人間都合でした。  体調が悪くなり、最後の数日は朝から夜まで付きっきりでみていました。最期は私の手の上で息を引き取りました。頑張り抜いたこの子を看取れて幸せだったと思う反面、一緒に過ごそうと思えばこんなにも時間があったじゃないかという感情が湧きました。 家族は悲しみの中からも後悔が少なく楽しかったねと話します。その後もこれまで通り頑張っています。 いわゆる健全なペットロスのようです。 私は、罪悪感と自己嫌悪でなんとも言えない気持ちから抜け出せません。 一緒に過ごせる最高の時間を台無しにしてしまった。全身で愛情表現してくれるこの子に甘えていました。 後悔先に立たず。 ペットロスのことを調べれば調べるほど色んな情報が載っていて、どう捉えて良いものか分からなくなってしまいました。 酷いことをした私が泣くのは違うのではないか?と思ったり。 静かな部屋で水とご飯を替え写真に向かって話しかける。 私は今更何をしているんだろう。なぜ生きているこの子に合わせた生活を送らなかったんだろう。真っ直ぐな愛情を注がなかったんだろうと、戻らない時間を悔やみ続けています。 それなのに、お願いだから私を忘れないで。もしも生まれ変われるのなら、もう一度私の前に現れてほしいと、勝手なことを願ってしまいます。 今のこの気持ちをどのようにもっていけば良いのか。 この思いが後悔だけでなく執着になるのなら、この子が苦しんでいるのではないかということも心配になりました。 本当に素晴らしい子だったので、幸せになって欲しいと願っています。 そもそもこの子は幸せだったのか、私のことを残念に思い怒っているのか正直そこも気になっています。 どうかお言葉をいただけたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ