hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

娘の死

回答数回答 2
有り難し有り難し 24

以前も質問させていただきました。
娘を亡くしましてから、もうすぐ四十九日を迎えます。
まだまだ深い悲しみと会いたいと言う気持ちといろいろな事を思い出すと胸が張り裂けそうで、夜はなかなか眠れません。
私に今出来ることはお花とお経と朝昼晩の食事を作ること。
娘は食べることが大好きだったので、一緒に3食、遺影に話かけながら、食べています。
2年近くの闘病でしたので、いつも一緒に過ごしていました。思い出す事がいっぱいで、家のどこに行っても娘の姿を思い出し泣けて泣けて会いたくて会いたくて仕方がありません。
後悔している事もいっぱいあります。
娘は最後あまり意識のない中、アイスクリームを欲しがったのですが、夜中ということもあり、ひどい下痢もしていましたので、朝まで待つように言ってしまったのです。
朝になり、アイス食べてもいいよと言うと、やったー!って。
私は自分の眠たさも理由にしていたのだと今になってものすごく可愛そうな思いをさせた事が毎日毎日考えてしまいます。
そして、最後の顎から呼吸するようになって3日ほど経った時、もう天国へ逝かせてやりたいと思ってしまいました
看護師さんの話しでは顎呼吸になると間もなくなのに、娘さん頑張って見えますと言われたのに、楽にしてやってほしいと。
尿の量を毎日計ってノートにつけて、あれだけ気にしてなんとか尿が出ますようにと必死になっていたのに、尿が出なくなってももう諦めた私がいました。
こんなに最後まで頑張ったのに、こんな私を娘は許してくれるでしょうか?
いつも目が閉じられなく空いたままの状態は何か言いたかったのでしょうか?
亡くなるほんの5秒くらいは目を閉じれましたが、亡くなってから次の日のお化粧をしてもらうまでは亡くなっても目を空いていました。
これは何を意味するのでしょうか?
そして、私は娘の思い出を処分することも見ることも辛いのですが、どうしたら良いでしょうか?
とにかく元気で明るい娘で弱音も吐かず頑張りました。
最後の2週間は主人と3人で一緒に24時間過ごす事ができました。
娘は幸せだったと思ってくれているでしょうか?
他にもっと出来ることがあったのではと、悔やまれてなりません。

2022年6月21日 11:47

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

感謝の気持ちを伝えている

ちーたん 様

まずは、お嬢様のこと、お悔やみ申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。合掌礼拝

お亡くなりになった後、目が開いたままというのは珍しいことではないようです。瞳孔が開き、水分が抜けていくと開くことがあるそうなので、気になさらない方がよいと思います。
お嬢様は、顎呼吸で頑張っておられたのですね。おそらく感謝の気持ちを伝えようとしたのではと思います。「お母さん、お父さん、ありがとう。お母さんとお父さんの娘で良かったよ」って。「アイスクリームもとってもおいしかったよ、嬉しかったよ」って。
色々後悔をされているようですが、お嬢様は、ご両親の愛と優しさと思いやりを受け取って、今は笑顔でいらっしゃるんじゃないかなと思います。目には見えませんがおそらく、傍にいるんじゃないかなと思います。笑顔で手を振っているかもしれませんね。
思い出は、たくさん思い出してあげてください。心の負担にならない程度に。そして泣きたいときは思いっきり泣き、楽しい思い出の時は笑い、感情をご主人とともに出し合ってください。感情に蓋をするより出し合って、出し切ったら、なぜか「娘でいてくれてありがとう」という気持ちにが増していくと私は思っています。
ですので、思い出の処分は、気持ちが揺れているときには判断しない方がよいと思います。時間がかかるかもしれませんが、そのうちどうするのか出来る時が来ると思います。

そして、出来なかったことに目を向けるのではなく、些細なことでもいいので出来たことに目を向けて、お母様やお父様から優しさや思いやりや温かさや愛情を受け取り精一杯生ききって命を輝かせたお嬢様から、こんどはあなたが笑顔や優しさを受け取ってください。家族で伝わる心の温かさや優しさや愛情は、今は目に見えなくても続くものだと私は思っています。
四十九日が近いとのこと、気持ちの整理がつかなくても構いません、それでも感謝や「ありがとう」は響いていくでしょう。
私にはお嬢様が家族の愛で輝いているように思います。
再拝
追伸:お礼メッセージありがとうございました。自分を駄目な親と責めないでください。誰だって親として娘さんに先立たれると、狼狽えます。それでいいんです。字数制限でこれ以上応えられませんが、本当の優しさは、あなたの中にあるのですから。どうぞ遠慮なくメールでもお気持ちをお話しください。再礼

2022年6月21日 16:39
{{count}}
有り難し
おきもち


お寺の法務(法事などのご先祖の供養)と 唱題行・写経・法話・カウンセリン...
このお坊さんを応援する

娘さんのご説法 向かう先、導き先がどこか。あなたが目を開く。

人間は誰もが説法をしているものです。
その説法とは生きざまであり、生きている姿そのものであり、死にゆく姿も説法。
苦しむ姿も説法。アイスが欲しいと申し出る姿も説法。そして、死して目を開かんとする姿もみな説法なのです。
悟りを得んでも得なくとも人は人の生きざま。それがそれ。
たとえお嬢さんが死んでしまわれたと言っても最後の死にざまにだけが用があるというわけではないはずです。共に過ごした100万ページの思い出は取り残されていていいのか。彼女の眼は自分が死んだという所だけ見ているのか。お嬢さんの方が立派ではないですか。人間は貴女もお嬢さんもご家族も私も誰も生まれを選べない。
昨日は私は熱中症で死を覚悟しました。
死ぬということは死ぬということなのです。
そして、死ぬということとあなたの迷い、お嬢さんの願いとはまるで別の事なのです。
死は死としてきちんと讃えてあげることです。
49日とは魂の開眼供養。仏の眼をひらく開眼供養。これから先向かうべき方向に目をひらく開眼の儀式です。
あなたが迷い苦しみの中にある様子をお嬢さんが見ればそれは死んでも死にきれないものがあるでしょう。
お嬢さんはすでに安穏の地、浄土、大宝楼閣、彼岸におられるわけです。
仏教の説く理想の地とは死んでから行くところというわけではありません。
あなたも共に向かうべき心の境地・境涯です。
あなたがいつまでも娘が死んでしまった死んでしまったと後ろ向きな心のままであれば、それはもうこれ以上先にも後にも進むことのできない大きな停滞である。逸れこそ生きながらの死でしょう。命とはそんなことの為に使ってはならないのです。もっと長生きしたかったお嬢さんが望んだ命と言うものをあなたも今、そこで授かっている。その限られた命であなたがやっていることは何ですか!そんな命の使い方をいつまでもやっていたらお嬢さんに申し訳がないと思いませんか。
だからこそ、仏教行事とは儀式形式ではなく、きちんと菩提心を誓願して供養塔をたてるということを通して大誓願をたてるのであります。
あなたが迷いを超えて、煩悩を断ち切り、仏の教えを学び、共に成仏せんと願うのが菩提心です。
あなたがあなたの中のお嬢さんを救いへと導くためにはあなたがお嬢さんとこれからも共に前に進んでいこうという志が必要です。あなたの中のお嬢さんの導きに目を向け耳を傾けるべきでしょう。合掌

2022年6月21日 16:48
{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございました。
私にはお嬢様が家族で輝いていると思いますと言って下さって、涙がボロボロと出ました。
娘はキラキラと輝いて、空からみていてくれるように感じます。

少しづつ、前向きに明るく頑張っていこうと思います。
ありがとうございました。

娘さんの方がりっぱじゃないですか?と言われましたが、本当にその通りなのです。
私は医者からの説明の時もいつも娘より先に倒れてしまったり、泣いたりで本当に駄目な親なのです。
でも、天国で会った時、お母さん成長したね、頑張ったねといってもらえるよう、少しづつ頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

「親・家族・恋人・大切な人の死が悲しい・乗り越え・立ち直る」問答一覧

父の死がつらいです

こんにちは。こちらで相談させて頂くのは3度目になります。 父親が亡くなり、非常につらいです。 現在私は県外に嫁いでおり、臨月の妊婦です。 親戚よりは「あなたが無事に元気な赤ちゃんを産むことをお父さんも願ってるよ」と言って頂き、大事をとって葬儀などは欠席し、お腹の子に障るといけないとなんとか気を紛らわせて過ごしている状態です。 私と父はどちらかと言うとそこまで良好な関係ではなかったかもしれません。 楽しかった記憶も多いですが、学生時代は父に不快な言葉をぶつけ、激しい言い合いになることが多かったです。 私が大人になり、進学や結婚で実家を出てからは冷静になれ、少しずつ上手く父と関わる事ができるようになっていきました。過去に父と衝突した時の事を今思い出しても、「あれは子供に言う言葉じゃなかったな」などと思う事もあり、父に腹を立てたり恨みもした事もありましたが、 私は母を早くに亡くしており、推測ではありますが父も父親としての自覚が芽生える前に1人で父になったような形で、私との関わり方がわからなかったのかな?父も1人の人間だし、限界があったのだろうと今では思います。 そんな父ですが、同居する両親(私から見て祖父母)との折り合いが悪く、かなりストレスを抱えておりました。 以前相談させて頂きましたが祖父が特にひどい気性の持ち主でよく父と激しい言い争いをしておりました。 父がつらいのをわかっていながら、私はそんな環境に父を残し県外に嫁ぎました。 父にすべてを任せて自分だけ幸せになったのが申し訳なかった。でも父は「自分の居場所が見つかって良かった」と言ってくれました。 父が病気で入院した時、怖くなり過去に酷いことを言ってしまった事を謝り、もっとお父さんと色々話しておけば良かったと謝った時も「そう思ったなら自分の子どもができたらそうしてあげればいいの」と笑っていました。 これから産まれてくる子、夫や親戚、友人に対し後悔のないように感謝をしたりして繋がりを大切に生きていく事が大切なのかなと思います。 ほとんどの人が親と納得のいく別れができるわけではないとは理解していますが、どうしても、「もっと父と話したかった、もっと会いに行けばよかった」と後悔や悲しさが襲ってきます。 今更後悔しても遅すぎる事ですが…。 こんな親不孝な者に対し恐れ入りますが、何かお言葉を頂けますとありがたいです。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

父の死

いつもありがとうございます。 春に弟が亡くなり、なんどもお話を聞いてくださりありがとうございます。 先日疎遠だった父が亡くなったと連絡がありました。 なにしろ40年以上疎遠だったので、亡くなったといわれても心が動かない現実がありました。 弟がなくなった際に、書類の手続きをお願いすることも代理人を通しての連絡だったので直接会うことはありませんでした。何か言われる、ゴネられる。。。と警戒していたのですが、あまりにもスピーディーに動いてくれたことにとても感謝しています。 それが親として最後に見せてくれた誠意だったと信じています。 私をこの世に生んでくれた父ではありますが、悲しみという感情がわきません。 感謝はしています。子供のころの父との写真が少し残っているので眺めた時には涙が流れましたが、すでに私の日常は何もなかったように過ぎていきます。 確かに父親として、娘としての数年間の時間はあったのです。 代理人の方によると、亡くなる何年か前に大病をしたと聞きました。 けれども、別れてからすでに40年以上経過しています。 いつか訪れる父の死を知っても、心が動かなかった自分の冷たさ、冷静さに少しだけショックでした。 弟が亡くなったときの私はまさに半狂乱、母も夫も私がどうにかなるのではないかと心配されました。あれから半年たち、どうにか私も表面上はいつも通りの生活を取り戻しています。 父への感謝は弟の死亡手続きの協力してくれたこと。 それを手紙に託しておいてよかった。。。と悔いはありません。 今は父が安らかに眠ってくれることを願っています。 こうしたことで供養が伝わるでしょうか? 答え合わせをお願いいたします。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

大好きなお母さんの自死

大好きなお母さんが自殺をして1ヶ月経ちます。 私も母のようなお母さんになりたいと思えるような存在で、時には親友のような存在で、沢山お出かけしたり相談し合ったり笑う時も泣く時もいつも母がそばにいて支えてくれていた生活でした。 22歳ですが、実家暮らしで家に帰ればお母さんがおかえりと言ってくれるお家が大好きでした。 昔から姉との揉め事が多い事から精神病を患っていました。 自殺の決め手となってしまったのは、姉と姉の旦那からの暴言です。 毎日のように2人から死ね、生きている価値がない、やり直せ、と言われていました。 それでも自分の娘だから。と向き合おうと精一杯頑張ってくれていました。 でも限界を迎えました。 母が家を出る前私に、自殺はそんなに悪い事なのか。皆自分の責任から逃れる為に肯定も否定もしない。最期は家で迎えてもいい?と言いました。 私は悪いことではない。ママの好きな場所にいてくれたらいいと伝えました。 覚悟が決まったら家を出るから。と言い時間が経つと家を出ていきました。 生きているさいごの姿も、さいごの電話も、私で、亡くなった母を見つけたのも私です。 鮮明に覚えていて頭から離れません。 あの時私は行かないで死なないでと手を取る事も声を掛けてあげることも出来ませんでした。 本当に後悔ばかりです。たらればばかりです。 私達をおいていくはずない。帰ってきてくれると信じていたけど、今までずっと苦しんでいる母を見ていたから、この現実から離れたら楽になるのかもと思うこともありました。 だからこそ生きてと言えなかった。 でも、今となれば死を選ばず一緒に居て欲しかった。お母さんに会いたい。声が聞きたい。抱きしめて欲しい。母が居ない未来なんて… ここまで追い詰めた姉が憎い。 母を助けられなかった自分が情けない。 私が声をかけていれば。支えてあげてれば。手を取ってあげてれば。と後悔ばかり。私が止めなかったから、最終的に死を選ばせてしまったのかも。自分のせいかもと… 凄く辛いしまだ帰ってくるような気がする。 でもちゃんと成仏されて欲しいと思います。 四十九日があと少しで来ます。 四十九日がきてしまったらお母さんが近くからいなくなってしまう…寂しくて仕方ないです。 お母さんの死を受け入れたようなまだのような… お母さんに会いたい。 お母さんが居ない日々を生きていくのが辛い。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

死別して辛い

こんにちは 6月30日に母をガンでなくしました。 私と母は変な話ですが共依存なところがありました。 母を亡くして、私の半分も死にました。 母の分まで生きる いつまでも悲しんでいると母も悲しむ などなど そんな綺麗事なんていらない 私はお母さんに会いたい それだけ なぜお母さんが死ななければならなかったのか なぜ母の財産目当てのクズばかり生き残っているのか お母さんが死んでから、親戚中が揉めています 母は家族のめんどくさいことを笑顔でこなしていた人でした 両親の介護、家の書類、幼稚な父の相手… 母が死んで家が崩壊しています 母が余命宣告されてから、夫のことも嫌いになりました 母のために死ぬ5日前に安心させたくて入籍しました 今はもう別れても構わないとおもっています 私も死にたい 自殺未遂を何度も繰り返していますが蘇生されます 私もガンでいい なんでもいいからお母さんに会いたい あいたいんです 月命日なんて、なんてしょうもない風習なんでしょう 坊さんのお布施に何十万も払ってばかばかしい そんなことで儲けている坊さんも憎い なにもかもにくい このまましんで、いろんな人を呪い殺したい 私は神や仏なんて信じていません こんな思いをさせて、生きたかったお母さんを殺したやつらを許さない 殺してやる。私が死んだらつまらない金儲けで生きている奴ら、クズなやつら、みんなみんな呪い殺してやる。 お母さん私をひとりにしないで 私も連れてって

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

夫が急死 その後の心の持ち方は正しいのか

夫が先月末、47歳で急死しました。 大動脈解離で倒れてそのまま。 私は36歳、年の差婚です。 6歳の娘がおります。 この2年ほど夫とは育児や家事のことで喧嘩が絶えず、別居もしましたが、亡くなる直前、ようやく二人の歯車が少しずつあって、あーこのまま幸せに暮らしていけるんじゃないか、と思った矢先のことでした。 倒れた瞬間、夫は私を呼びました。 助かりこそしませんでしたが、出先で同じ空間にいたので、倒れてすぐ娘と駆けつけ、救急車で祈る気持ちで付き添えました。 色々な奇跡が重なって、誰もが助かったと思いましたが、助かりませんでした。 そんな夫の通夜葬儀は、喪主として立派に務めることができたと思います。 その後の手続きなども、なんとか頑張ってこれたのも、周りの支え合ってこそです。 ある日、夫の携帯電話を整理していたところ、とあるSNSに通知があり、夫の友人かな?と開いたところ、それは夫が鍵をかけて私の愚痴をつぶやくアカウントでした。 それはもう、目を塞ぎたくなるほど、頭が真っ白になるほど、ひどい言われようで。 一瞬、体中の血の気が引くほど落ち込みましたが、急に、あれ?でも私も夫のこと悪く言ってた、お互い様なのでは?と思え、それまで、夫の命を奪ったのが自分がストレスをかけたせいだと罪悪感で潰されそうだったので、お互いに苦しんでいたから、もういいじゃないか、と思えました。 それから、なんというか、心にあった黒い靄が全部晴れて、清々しく、娘と一緒に第二の人生を歩もうとすら思えています。 ただ、そんな自分が怖くもあります。 またこんな気持ちでいて、夫の供養にならないのでは、という思いもあります。 私のこの感覚は、不謹慎でしょうか? それとも、生きるということは、こういうものなのでしょうか? 今までは、人のことも自分に対しても、お天道様は見てるから立派であらねば、と思って生きてきました。 でもなんというか、人間はみんな愚かなんだ、だから毎日自分が幸せで、自分の愛する人が幸せなら、なんでもいいか、と思えています。 すごく生きやすくなった気がしますが、これは人の道に外れた生き方か教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

娘の死

前回、5月に亡くなった娘の夢について質問させていただきました。 まだまだ悲しみが深く、娘がいなくなった事が受け止められない時と、もうどうしようもない、元には戻れないと言う現実を諦めると言いますかなんとも表現できない感情の繰り返しです。 最近は自分の悲しみ、辛さより娘が一人で寂しく泣いていないかという心配で泣けて泣けて仕方がありません。 娘の為にも明るく前向きにとは思っているのですが、そんな日ばかりではありません。 友達や兄弟も心配してくれて、会いに来てくれる、そんな日は一日がとても早く過ぎて嬉しいのですが、何をしていても娘の闘病中の事が思い出して胸が張り裂けそうです。 今回、前回と同じ質問なのですが、娘の夢を又見ました。 夢の中でも娘は死んでしまう夢です。 これで3回目です。 どうしてこんなに悲しい夢ばかり見てしまうのでしょう? 私が泣いてばかりなのでしょうか。 楽しく笑っている夢が見たいです 娘にも申し訳なくなります。 私が生きる事の意味がわからず、いつまでも悲しんでるからでしょうか? 寝るのも怖くなってしまいます。 主人に話たら、なるべく楽しい思い出を思い出したら?と言います。 ご回答宜しくお願いします

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ