hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

朝の通勤ラッシュで空席までダッシュする人に腹がたつ

回答数回答 2
有り難し有り難し 98

毎朝、満員の通勤電車に乗っています。 
乗り換えの駅があって、その駅のホームの向かいに乗り換え電車(始発)が止まっているのですが、満員の通勤電車のドアが開いたとたん、向かいの乗り換え電車の席に座ろうと猛ダッシュで走って行く人がいます。
自分も疲れてるので、空いてる席があればもちろん座りたいですが、走ってまで席を取りに行きたいとは思いません。まわりを蹴散らしてまで必死になる人を見ると腹が立つのですが、本心は座りたいのに座れない自分を正当化しているだけなのでしょうか。
毎朝のイヤな気分から逃れたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人は礼儀や礼節を失うと、動物に戻ってしまいます。

はじめまして、日蓮宗の赤澤と申します。

まわりを蹴散らしてまで必死になる人を見ると腹が立つ、確かにそうですよね。私も同じです。いらっときます。
そして毎朝の嫌な気分から逃れたい、というあなたのお心はとても普通だと思います。

こう思われたらいかがでしょうか。
人間は頂いた命はお返ししなくてはなりません。では亡くなったらどうなるのか。また別の生命体として生まれ変わります。
そして、それが人間とも限りません。動物かもしれません。

そう考えると、走って席をとりにいく人は「ひょっとしたらこの間まで動物だったのかな。たぶん今回人間するのは初めてなんだな」と。

そう考えると許せませんか?

反対になんでもできてしまう、独り占めせず、自分のものは分けてあげる、強い心を持つ方は何度も人間をしているのだと思います。人は礼儀や礼節を失うと、動物に戻ってしまいます。

そして、そういう方は周りから愛されます。数多くのご先祖様から頂戴したこの命、自分は人から愛され、大切に使わせていただきたいものです。

明日から良い通勤となりますように。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


サラリーマン家庭で育った私が作った小さなお寺。目指すは「アットホームテンプ...

見方を変えてみる!?

私も僧侶ではありますが、通勤電車に乗っております。衣の姿ではなく、スーツ姿ではありますが。
takさんのように私も乗り換えの人や電車内でのマナーなど気になります。
ただそのような人は、自分の中では、走って席を取りたかったりする行為は「あたりまえ」になってしまっているのだと思います。電車という乗り物が「自分の物」になってしまうといろいろ欲、煩悩が出てきます。「席に座りたい」などたくさん出てくると思います。私自身もたくさん煩悩が出てきます。けれどもその「自分のもの」という視点から少し離れて、「目的地まで運ぶための共有手段、乗り物」と思えば少しその欲、煩悩は変わってくるのではないでしょうか?仏様は「あなたの苦しみはわたしの苦しみ、あなたの楽しみは私の楽しみ」と思って下さいますが人間の私たちにはなかなか難しいです。なので少し自分の「ものさし」をのばして物事を考えると少しイヤな気持ちも晴れるのではないかと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


質問者からのお礼

回答ありがとうございます。
いいか悪いかは置いといて、走っていく人を見て、シマウマやネズミを想像すると確かに楽になったので助かりましたw
また、自分のものではない共有手段だと一段上の視点から見てみると、小さいことでイライラするなと自分に言うことができそうです。
とはいえ、また怒るときもあるのですが、そのときはまた相談します!

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

犯罪者はいつまでも犯罪者なのでしょうか?

芸能人や有名人が事件を起こし大きなニュースとなり新聞に載ったりニュースで報道されたりすることが度々あります。謹慎処分を受けたり引退したりする方もみえれば、一生懸命乗り越えて再復帰された方も大勢みえると思います。当時はあんなに大きなニュースになり大きく取り上げられた方でも月日が経ち世の中の人々の記憶からは薄れ、「そういえばそんな事件あったな」と思い出すことも皆さん多々あると思います。私自身が起こした事件もいつの日か周りの皆の記憶から薄れてくれるようなそんな日が訪れるのでしょうか?今の私は人目が気になり、私を知っている人と出会うのが怖く帽子やマスクを付け、うつ向いて下を見ながら出歩いています。誰かに出会ったらどういう顔をすればいいのか、そんな心配ばかりしています。今まで住んでいた所からそんなに遠くにいるわけではなく、私のことを知っている人にばったりと出会ってしまうそんな可能性はいつもあります。する気はありませんが、整形でも出来たらいいのにな、なんて思ったりもします。知り合いに会い白い目で見られ何も話しかけられず避けられる、そんな辛い思いをしたらまた絶望に落ち悲しい思いするのが怖いです。全てを失い自信もない状態で、これ以上傷つきたくありません。いつの日か帽子をとって前を向いて歩くことができる日が来るのでしょうか?いつまでも皆の記憶に犯罪者としての記憶が残り続けていくようなそんな気がして仕方ありません。うつ向いて歩かず、早く帽子を脱いで前を向いて歩きたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る