hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

霊の影響を受けやすい体質です

回答数回答 2
有り難し有り難し 19

小さいころから、霊の影響を受けやすい体質らしくて困っています。
たとえば、心霊写真などを見ると、そこにうつっている霊が映像を見せてきます。自分の精神に異常があるのかと悩んで、精神科に診察に行きましたが、異常はありませんでした。
知り合いにたのまれて、いわくつきと言われている物件を見たときは、やはりそこには霊がいましたが、自分なりにお払いをすると、その物件には霊が出なくなり、人が住めるようになったりします。
姉が憑依体質らしく、いつもなにかをくっつけてくるので、はらうのがしんどいです。外出すると、たくさん霊が寄ってくるので、外に出るのがめんどうです。
霊能者として活動をしていくつもりはないので、ふつうに生活していくには、どうすればいいですか?

2023年3月6日 10:37

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏様にお願いなさって下さいね

拝読させて頂きました。
あなたがその様な体質でお悩みなさっておられることを読ませて頂きました。あなたがお困りなさることもわかる様に感じます。あなたのそのお気持ち心よりお察しします。
あなたがその様についてこられるのをお困りなさるのであれば、仏様にお願いなさって下さい。仏様は全てのものをお導きなさって下さいます、迷い悩んでいるものを全てお救いなさって下さいます。
ですからあなたに近づいてくる方々やものを仏様にお導き下さいます様にお救いなさって下さいます様にとお願いなさって下さい。
南無阿弥陀仏なむあみだぶつ、どうか仏様心からお願い申し上げますとおとなえなされば必ずお導き下さりお救いなさって下さいます。
あなたが毎日を安心なさって生きていかれます様にと心より仏様にお祈りさせて頂きます。至心合掌 南無阿弥陀仏なむあみだぶつ

2023年3月6日 21:09
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

あなたしかできないことがある

なつさん、はじめまして。質問を拝読しました。

なつさんは霊の影響を受けやすい体質のようで困っているのですね。また、霊能者として活動をしていくつもりがなく普通に生活するにはどうすれば良いのか困っているのですね。

普通に生活していくには2つの道があると思います。
1、霊を見て見ぬふりをする
自分に降りかかってくる霊障だけ追い払い、それ以外は見て見ぬふりをする。

2、自分でなければできないことと腹を据えて霊と向き合う
霊能者として生きる方法もありますが、どうしても霊障で困っている人だけこっそり手を差し伸べていくという方法もあります。

どちらを選択するかはなつさんが決めてください。
どちらも善悪はありませんから。

ちなみにお坊さんは2、の腹を据えて向き合っている方が多いものです。霊障が見える方は少ないですが、分かった上で向き合っている人もいます。神仏に向き合っていると、どうしても霊に対して敏感になるようです。職業病のようなものです。霊感がなくとも見えない世界と対峙するのがお坊さんの役目ですから。

合掌

2023年3月8日 13:05
{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お忙しいなか、返事を書いていただいて、ありがとうごさいます。
悩んでいる気持ちを察していただけて、とても感謝しています。
悩んでどうしようもなくなったときは、仏様にお祈りをささげてみたいと思います。

お忙しいなか、返信していただきありがとうごさいます。
私は普段から、ほっておくとまずいと思ったものだけ対処するようにはしていますが、素人なので見分けができないことも多く、手当たり次第に対処しているのが現状です。それが自分を疲れさせている原因かもしれません。
対処法を見直して、疲れないようにしていきたいと思います。
話をきいていただけて、気持ちがとても楽になりました。ありがとうごさいました。

「霊・霊感」問答一覧

霊に狙われている時の対処法

昔から兄と私は霊感が強く、ふたりで同じ霊をみたり、私が憑依された時に兄が祓ってくれていました。 しかし兄は他界し、今は頼れません。 (見守ってくれていると信じていますが) 1週間前の夜、寝ようとしていた体の左側の襟足から足まで撫でるように触られた感覚がありました。 その後、トイレに行ったのですが、陰部を触られている感じでとても気持ちが悪かったです。 寝室の電気を消していたのでスマホをみたところ、ライトがふすまに当たり、斜め45度の人の顔がありました。 50-60代の男性だと直感で思いました。 翌朝、左腕に三本の爪?で引っかかれたような赤い跡がありました。 夜、歯磨きをしていたら、奥歯とその手間の歯の間から5センチ位の硬い白髪のようなものがでてきました。 昨日、エレベーター内で50-60代くらいの男性に左胸を触られました。 たまたま痴漢にあったのか、男性の霊?の影響もあるのか?わかりません。 毎回、左側なのも不思議です。 さっきも夜道を自転車で帰宅途中、誰もいないコインパーキングの精算機が急に反応しました。 合間にお祓いのようなことをしたり、有名な方の動画をみましたが効果ありません。 これはやはり霊障でしょうか? どうしたらなくなりますか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

子どもの頃から同じ霊が見えます

先日、妹が全く現象を体験していたことを知り、相談しようと思いました(ちなみに妹に一度も話したことはありませんでした)。 私が初めて見たのは小学生、その後はっきり覚えているのは大学生時代に数回、そして社会人になっても数回見ました。 見た目は白いワンピースで長い黒髪、貞子のような見た目です。 寝ている時に近くに立っていて見下ろしています。 時々、体の脇の布団を押して、上にも乗られます。 妹も同じ現象を幼少期から体験しており、たまにその方が赤ちゃんを連れてきて顔に押し当てられることもあるようです。 私達は何度か住む場所も変え、今は別々に暮らしていますが同じ霊を見ます。 この間就寝中、久しぶりに私のところに来ました。 私はある部屋の中にいる場面を見ていて、中年女性がその女の人の名前を言いました。 突然、寝ている場面に切り替わり、「トン、トン、ドドドド」と2回聞こえた後に布団を押さえられました。冷たい手に少し触れてしまいました。 やめてくださいと心の中で訴えると離れていきました。その後はその方が成仏できるよう祈り、合掌していました。 しかし、長年にもわたって出てくるのは何か訴えているのでしょうか。 私は手を合わせて祈るしかないですが、やはりお祓いなどすると良いのでしょうか。 体に乗られるなど良くないこともあるので、どうしたら良いか悩んでいます。 まとまりのない文章で申し訳ないですが、ご教授いただけると幸いです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

憑依体質を改善する為には

恐れ入ります。 明確な理由は分かりませんが、何か憑いてしまったようです。 我が家には犬と猫が複数いますが、何か察しているようで、しきりに自分の首周りを気にしたり、目を丸くして驚いた表情をしたり、目で追う仕草を頻繁にします。 自分は霊的なものには鈍感な方ですが、嫌な雰囲気を少し感じています。 普段から読経や写経、祝詞奏上が自然な日課になっていて、その目的は自分の精神を整える為と字の練習に繋がるので行っている事ですが、般若心経を写経しようとしたり、大祓詞を奏上しようとすると邪魔が入るような空気になったり、自分自身が神仏に対して怯えているような心境になっています。 憑いてしまったものが真言やお経や祝詞を嫌がっているような感じがします。 その嫌な雰囲気を意地でも払拭しようとすると、先日仏壇の花瓶が落ちてきました。 供え花が傷むのも早く、花瓶を丁寧に洗っても、新しい花を生けてもすぐに腐ったような嫌な匂いを発します。 以前までは、花が長持ちする方でした。 こんなに早く傷むなんて今まで無い事でした。 原因不明の体調不良も続き、寝込んで一週間になります。 近日中に、お寺にて厄除けをして頂こうと考えていますが、以前にも似た事があって、その時に「憑きてきやすい人。同情心が強いから、無意識に集まってしまう。」と言われた事がありました。 そうならない為には、どのような事に気を付けて生きていけば良いでしょうか。 何でも霊的な事と結びつけたくはありませんが、この頃の奇妙な現象を省みると、自分の行動を変える事で防げたり改善出来るのではないかと思い、ご相談させて頂きました。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

霊体について

信じてもらえないかも知れないのですが、時々霊体が見えます。 初めて見たのは高校生の頃で、朝4時半頃から地響きのような低い叫び声のようなもの別室から聞こえ、その場所へ行こうと走って行きふと振り返ると、戦時中の日本の軍服を着た首から上がない男性がいました。 次に見たのは首から上だけの落武者で、利用された、悔しい、と言っていました。 私の首の辺がじりじり痺れて纏わりついて離れてくれず、最初は般若心経を唱えていたのですが全然消えてくれませんでした。 落武者も一緒に唱えているのですが、彼がどうしたいのか分からずに考えた末に、愛してる。と言ってみました。 そうしたら痺れがピタっと止まって10秒程したらまた痺れ始めました。 そういったことが何回かあり、今は何も感じませんが、私が見た霊体は皆苦しんでいるように見えました。 私は魂や神様や心や霊体を信じますが、科学的には証明できないことで、人それぞれの考えがあるのでほとんど他人には話しません。 人は輪廻転生していると信じています。 そして、この世に生まれてきて亡くなり、亡くなった後も天国に行けずに苦しみ続けている者を見て、人間の一生て何だろう。輪廻転生し続ける理由は何だろう。と考えるようになりました。 ある人から行き着く所は皆一緒、源。だと教わりました。 何故何度も輪廻転生して源を目指すのか、何故私は私だという意識は変わらないのか、今肉体があるこの世界を離れて天国か地獄へ行っても私は私なのか。 何故殺人や戦争が起こることが許された世界に転生してくるのか。 そこで何を学ぶのか。 自分で望んで生まれてきた、自分が選んだ人生、自分がした選択、全て自分の選んだことだと思います。 ただこの世には、肉体のある人間や動物以外に霊体がいて、この世に止まっているのは何故か分かりません。 まとまらなくてすみません。

有り難し有り難し 27
回答数回答 2

霊視や占いのコールドリーディングって?

以前  近所に霊能者を名乗る人物がいることを知り会ってみようかどうかどうか迷っている 知人に話したところ「霊能者が本物かどうか試すために最初は嘘をついてそれがバレるかどうか確かめたほうが良い」 とアドバイスされた という内容の質問した者です。 前の相談ですが、現在に至るまでその霊能者には会っていません。 霊能者に相談する価値があるのかネットで色々調べました そして行く気が失せました 他の霊能者の霊視鑑定について口コミを見ると否定的なものがあまりにも多いからです ・具体的な話は何もなかった 一般論しか返してもらえなかった ・説教されただけ、罵詈雑言を浴びただけ ・悩み相談してるのに「あなたはどう思いますか?」と逆に質問されただけだった ・行方不明のペットや遺失物について何一つ答えてくれなかった などなど 霊能者を名乗る人は金だけとって煙に巻く人ばかりなんだろうなぁ という思いになり 今まで相談に行っていません このhasunohaで 電話占いの相談が多いことに気がついて 読みましたが 総じて否定的で 課金させるために コールドリーディングという技術を使って相手を信用させているだけ という見解が圧倒的です。 私が霊能者に嘘をつくようにアドバイスされたのも 事情を知っている人で 霊能者や占い師はそんな人のほうが99%なんだろうなぁ と思っています。 それで・・・霊能者や占い師に嘘の身の上話をして実験したケースがあったのか 探しているうちにこんなものが出てきました https://www.youtube.com/watch?v=4EzguZYvdSg 彼氏がいないのに彼氏がいると嘘をついて電話占いをしたという話です この動画の7分以降の話ですが、「彼氏がいないのでは?」嘘を見破られ 更に亡くなった母方の祖父の話も出てきています。 もしこれが ヤラセではないと仮定した場合 口調から見破ることってできるものなのでしょうか? それもコールドリーディングの範囲に入るのでしょうか? それとも本当に見える人がいるのでしょうか? 過去にはhasunohaでも占い依存症の相談が何度もありますので この話に詳しい方がいたら この動画についてどんな感想を持つのか 聞いてみたいと思いました よろしくお願いいたします

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

いないかもしれない霊能者を探してみたい

私もそうなのですが hasunohaでは「亡くなった人に会いたい」と言う相談も多数あるようです。 たとえば 忠臣蔵 (ここでは史実はどうかより 歌舞伎に基づいた話をします) 浅野内匠頭が吉良上野介に苛められてた結果、松の廊下で斬りかかって 内匠頭は切腹、浅野家取り潰し、上野介はお咎めなし そして城代家老、大石内蔵助を始めとする遺臣(赤穂義士)たちが吉良上野介を討ち果たし 泉岳寺の墓前に吉良の首を添えて感泣する。江戸の町民は拍手喝采。そして最後は義士達も切腹。 切腹の時に 大石内蔵助は言います「一足先に殿のもとに参る。あちらで皆を待っておるぞ」 これは、霊魂が存在し、内匠頭の霊魂の思いがどこにあるか明確になってこそ成立する話で この前提なければ虚しい話になります。 「ばかみたい。喜んでくれる人もいないのに妄想に凝り固まったあげくに多くのもの(命も家族も)を喪っただけじゃねーか」 ともなりかねません。 松の廊下の事件直後も紆余曲折があり 赤穂城では すぐ上野介を討てと言う者、弟を擁立した浅野家再興の活動を主張する者、幕府に抗議して城で皆で切腹を主張する者、籠城抗戦を主張する者、おとなしく開城して新たな生活を考える者 いろいろ割れました 割れた原因は内匠頭の霊魂と対話できる人が誰もいなかったから。 もし本物の霊能者が存在して 内匠頭の霊と対話できていれば赤穂藩家臣で新たな対立や憎しみを生むことはなかったはず。 たとえば 今でこそフグ料理はある程度確立されており調理には特別な免許が必要で飲食店で死亡事故は聞きませんが 昔の試行錯誤をしていた時代に「おいしいフグ料理を作るぞ」と意欲を燃やして毒にあたって死んだ料理人がいて遺言も何も残さなかったとします。 もしあの世や霊魂があるならばその人は子や弟子に遺志を継いでほしいと思っているのか、危ないからやめろと思っているのか? 親 又は師匠の意向に沿いたいと思っているならば、霊魂やあの世の存在を知りたいと思うことは当然だと思います。 人によって動機はいろいろだと思います 能力もないのに金をだまし取るニセ霊能者・詐欺師だらけなのも分かっているつもりです。 そのため なかなか行動に移せないのですが 自分の生き方を探すために 慎重に、本物の霊能者を探してみたいというのはおかしな発想でしょうか?

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

霊魂や命の見解について

お坊さんは霊魂や命の見解についてどこまで確信や信念を持っていますか? いろいろ疑問に思うところあり質問します。 たとえば女性の妊娠の場合 いつから魂が宿っている と明言できるのでしょうか? 法的には  中絶手術ができるのは 21週6日目まで だそうですが その法律を作ったのは 神仏でもなんてもないただの人間です。 「21週6日目までの中絶は 赤ちゃんの命を奪ったことにはならない」と断言できないはずです。 その前から魂が宿っていて「殺さないで」と声にならない叫びをしているかもしれない。 「どんなことがあっても中絶は絶対にダメ」とアドバイスするなら話は別ですが 単に法令に基づいて「中絶していいよ」とアドバイスする人がいたとしたら  後々「自分は人を殺めたかもしれない」と恐怖にかられることはないのでしょうか? 逆に亡くなってしまった人の霊魂の有無についても 自信を持って見解を言えるでしょうか? 私は 仏壇や神棚に祭っている霊魂は ミカンとかお酒とか 何か欲しがっているのに その声を聞き取ることができないために無視している可能性を考えたりします。 また、霊魂(ご先祖様)はこの世の自分に対して 金持ちにさえなれば目的のためには手段を選ばずでよいと願っているのか? あるいは貧困でもいいから人の役に立つ生き方をしてほしいと思っているのか? それもわかりません。 そもそも霊魂なんて存在しないという人もいます。 メディアで取り上げる霊能者を ボロクソに叩く人もいますが 自称霊能者を否定することと霊魂を否定することは違うはずです。 霊魂の有無について何の根拠もなく言及することは 私には 既に魂が宿っているかもしれない状態で中絶を容認することと同様、とても恐ろしいことに思えます。 胎児にしても 既に亡くなった人についても どこまでが命なのか? 霊魂はあるのか 分からないから それが分かる人を知りたい 見つけたい と感じている人は少なからずいると思うのですが 仏教もそれ以外の宗教関係者も、現在生きている人の人生相談に乗る人は多い一方、ここまで私が書いたような内容については考えていない人ばかりに思えてなりません。 私が書いたような内容を追求している人物で信頼できる人がいれば教えてほしいです (金儲け目的のニセ霊能者には引っかかりたくないので)

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ