hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

怒りの感情について

回答数回答 1
有り難し有り難し 29

職場の人や友人関係において、言われたことが理不尽だったり納得がいかなかったりすると一気にカーッとなってしまい怒りを溜め込んだ状態になってしまいます。

大体が自分の言いたいことは言えず、一人でイライラとしている事が多いです。「あの時こう言い返せば…」と思うこともあります。(まさに今日がそうでした)

怒ることや悪口は良くない、という事は仏教の本などでも何度か目にし、気持ちを落ち着かせようとは思うのですがどうしても上手くコントロールできません。どうすれば理不尽なことがあっても穏やかにいれるでしょうか?

ご回答お願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

怒りが起きたら負けです

理不尽な事や納得がいかない事にはちゃんと言い返す事が大切です。
先ずはそれから始めましょう。

理不尽な事を言われたら、
「それは理不尽です。」
と言うのです。

納得がいかない事には、
「それは納得がいきません。」
と言うのです。

ただし、怒りの感情は抑えてください。
冷静な顔で、穏やかな顔で言いましょう。
怒りが起きたら、相手に負けたと思ってください。
怒りで冷静さを失っては相手との駆け引きに勝てません。既に負け確定です。
冷静に対応しましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

質問者からのお礼

ありがとうございます!怒ったら負け、なのですね。理不尽な事、納得できないと思ったら冷静に相手に伝えたいと思います。
先日の事も、日はあいてしまいましたが冷静に気持ちを伝えようと思います。

本当にありがとうございました!

「怒りがとまらない・抑えたい」問答一覧

怒りを手放す方法を教えてください

私は、ムカついたことや、嫌なことを言われたことを何年も何十年も思い出しては怒りに満ちて、そのときに言ってやればよかったと思う事を考えてしまいます。何ヵ月、何年も、何十年も前の事を、つい先ほどの事かの様に思い出しては怒りに満ちて、その時言ってやればよかったと思う事を、つい口に出してまで言っている時があるほどです。 恥ずかしながら、眉間に縦ジワも出来て、、、きっと思い出してあーだこーだ考えている時に、眉間にシワを寄せて醜い表情をしてきたから、眉間にシワが出来てしまったんだなと、とても後悔しています。 何度も何十回も、何百回と、、自分でほとほと呆れるくらい、なにかの拍子、 にフッと思い出してはまた、怒りが沸々沸いてきて、腹がたって心の中で(時には口に出てしまう)、そのときに言い返してやればよかった事を考えてしまいます。 でも、、もう、そんな自分が本当に嫌です。 嫌なことばかりじゃなかった。 良いこともたくさんあったし、どうせならそっちを思い出したいのに、なぜ、過去にあった腹の立つ事ばかり思い出してしまうんでしょうか。 怒りにばかり囚われてしまうんでしょうか。 このほど、子供が産まれて幸せなんです。 だけど、こんなあほみたいなことばかり思い出しては怒りに満ちてしまう母親なんかに育てられる我が子が可哀想だと思い、こんな母親嫌だと思い、相談させてください。 どうやったら、怒りの感情を手放す事ができますか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

最近怒りが収まりません

右をみても左を見てもロクでもない人間ばかりでうんざりします 怒りたくもないのにどうして周りは私のことを怒らせたいのでしょうか   性差別だ、セクハラだと言って自治体や企業にイチャモンをつけるクソ女ども 堅物で、神経質なくせに軽率で人を見る目がなく(家族や人間関係でトラブルが多い)めんどくさそうな人間だから距離を置いてこうと思っていた相手に私の名前と学年を教えるくらいアホな友人。(こいつはバカのW杯があれば日の丸を背に君が代歌ってると思います) そいつが私のことを勝手に紹介したせいでずっと束縛し、ガキのように我儘してた腐れ縁 ノリと自己満足と未熟さと自分勝手さでで散々振り回し足を引っ張ったアホども 最近では私も被害にあったウェブ小説家。 知ってる限りでも淫行、ライバルを蹴落とすような行為、周囲への嫌がらせ、盗作、いい年したおっさんなのに挨拶の一つもできない 前から周囲に怨みを買っていたらしく今では囲いを使って印象操作でいまでは悪名も取れすっかり有名人です 強く言ったり、そいつらの悪事をバラしたりして破滅させるチャンスはいくらでもあったのに怖くて何もせず 更生などというまず叶わない望みを託してみすみす見逃した自分が情けなく感じます。(結局、許しても彼らは更生のチャンスだと気づかず『助かったぜ、ラッキー』くらいしか感じてないのだから。余計たちが悪い) 恩師の言う通りバカは同じ過ちを繰り返すからバカなのでしょう 今はもう許しません。当人だけでなくこいつらの身内、子々孫々まで呪ってやりたいくらいです 他人は教師、敵は自分だと言いますが、何を感謝すればいいですか? 『バカは死ななきゃ治らないってことを学びました♪』でしょうか?『自分のことでいっぱいいっぱいなのに厄介ごと増やしてくれてありがと〜』でしょうか? 最近怒りのキャパが限界にきてることがわかります。 いまでは怒らない日がないくらい怒りが出ています 今日も職場の上司と喧嘩してきました。 私はもうダメです。どうしたらいいのでしょう

有り難し有り難し 97
回答数回答 2

無駄な怒りをやめたい。

先日、好きな人(以下、彼女)に彼氏(以下、彼)が出来ました。しかもその彼氏と言うのが私の友達でした。昨年から仲の良いグループで遊んでいた仲でした。その中で彼は私が彼女に対して好意を持っていることを知っていましたし、応援してくれていました。 しかし、今年度になって彼にも好意が出たらしく、焦って告白したそうです。 好意を持つことは素敵なことだと思いますし、全く悪いこととは思いません。 しかし、友達が好意を持っている人に対して、それが分かった上で付き合うという行為に至ろうと思うことに理解に苦しみます。 過去に囚われて生きることは無意味であることはわかっていますし、そういうことはしないようにしています。 が、しかしこちらがどれだけ苦しい思いをしているかも知らずに呑気にいて、目の前で所謂いちゃいちゃしているところを見せられると非常に腹が立ちます。 何回か話し合いもしました。が、全くと言って改善は見られないし、むしろ嫌みったらしくやってくるように感じます。 結局人間は「自分は自分、他人は他人」で自分のことを1番に考えることはわかっています。ですから、もう仕方ないというか、こういう人なんだなと割り切るようにしようと思い、口が悪くなりますが、アホは相手にしないようにしようと思います。が、そんなこと考えてる自分にも腹が立ったりします。 誰が悪いとか、こんなことするなとか、そんなことは思いませんが、 やはり責任感がないというか、自分で言ったことに対して責任を持たなさすぎる彼らに腹が立ってしまいます。 どうすればこんなに腹が立ったり考えたりしないようになるでしょうか。 仏教の教えも交えて教えていただければ幸いです。 まとまりがないですが、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 51
回答数回答 3

怒りを制御できません

特別支援学校勤務の20代です。私のクラスの子どもたちは全員が重度の知的障がいを抱えています。(おおよそ0歳から3歳児程度の知的レベルです。)最近、苛立ちを抑えきれずに彼らに対してキツく当たってしまうことが多くなったのが悩みです。 あまり詳しくは書けませんが気を使わないといけないことが多く、彼らが学校にいる間は常に見守りや指導、介助と一瞬も気が抜けません。 それに、思い通りにならないと暴れたり物を壊したり、他の子に暴力を振るうタイプのお子さんもいます。 そうした彼らの生きづらさを改善するための指導をするのが私の仕事なのですが、振り返ってみるとちょっとしたことで怒鳴りつけたり、教室から引っ張り出して叱責したりとだんだん自分の怒りが抑えられずに暴力的な対応ばかりになってきています。 苛立ちの原因を自分なりに考えてみました。 ・教員間の連携がうまく行っていない ・休み明けで子どもたちの情緒が安定せず、思うように授業ができない ・悩みを理解してくれる家族がいない ・同僚に悩みを相談できない などです。 しかし、1番の原因はうまく行っていないことを全て自分の能力不足だと信じ込んでしまっていることにあると思います。 うまく行かないのは自分のせい、悩みを打ち明けられないのも自分の勇気が足りないせい、など、いつも自分を責め、それに対してまた苛立ちを募らせているような気がします。 この場合なかなか切り替えられず長時間ずっとイライラしていることもあります。 精神科にかかって薬を処方してもらったこともありますが、改善されません。 怒りっぽいのは子供の頃からなのですが、職業柄そんな言い訳は通用しません。 このままだと本当に子どもたちに取り返しのつかない傷をつけてしまいそうで恐ろしいです。 自分の苛立ち、怒りをうまく抑え込む方法はないものでしょうか。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る