hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

他者との差について考えると怖くなります

回答数回答 2
有り難し有り難し 14

私は今まで逃げたり堕落したりして努力を怠り人生を送ってきました。何度か頑張ったこともあったけど、心の底から本気で取り組んでおらず何処か手を抜いていました。心や体の強度、対人能力、人脈、人生経験、読書量…今まで頑張ってきた人達とは人間的成長度にかなりの差が付いていると思います。何をしても気分が晴れず何度も自殺を考えました。

そんな私でも、今の自分を変えたいと思い1ヶ月前ほど前から頑張り始めたところです。毎日散歩をして、週に何度かジョギングをして、ダンベルで筋トレをして、身体に悪いものを控えて栄養状態を改善して、夜更かしせず睡眠を8時間取って、自慰行為を控えて、ネット上の娯楽を制限して、実家から独立のため一人暮らしの物件に申し込んで引っ越し日が来月に決まりました。

でもここまで遅れを取った自分が他の人達に追いつくまでどれだけの時間がかかるんだろう、と就寝前など静かな時間にふと空虚な気分になったりします。気持ちは20代前半のままだったのに実際は近いうちに28歳を迎えます。貴重な20代が一瞬で過ぎ去り30代になるのに、年齢に見合った能力や経験が身に付いていないことがどれだけまずいことか、思考がクリアになったことで実感が湧いてきました。

おそらく他人は他人で自分は自分、と分けて考えた方が良いのでしょうが、何故かこういった思考が浮かんできます。この悩みにどう対処すればよいのか分かりません。何かお言葉を頂きたいです。

2024年2月21日 12:51

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

ただ目標が高すぎるのです。

拝読させていただきました。
よくよく自身をエネルギーを与え、頑張っておられます。
他人と比べているだけで恐らく周囲の一般的な同年齢の方々よりは、健全的かつ努力家、向上心をもっています。
しかし、これは他人の比較することで永遠のテーマとなり、永遠に追い越すことはできないことです。また、他人はその人の環境で自己レベルを上げるために努力なりしているのであり、その人の環境に適した能力をいかに最大限に発揮できているかを思念していることです。
一番になることより、ベストを尽くすことが大切であり、自己の目標レベルにゴールを決めることも必要です。
ダイエットでもたった一週間食事や炭水化物などを減らしても、体重が減少するだけで、リバウンドは倍増することは分かると思います。
そうすると自身でやった一週間は、後々に後悔となり「意味がなかった。やらなければよかった」などと、自身に否定感や虚無感を生み出してしまいます。
大切なのは、自身の気持ち(心)と"共に"向上していくことが否定感を作り出さないことでもあります。
私は真言宗という宗派です。
この宗派の考え方は、「顕密両輪の如く」ともいい、実践と勉学を平行して進行していくことが大切であるとします。
いわゆる人格を伴っていないのに、知識だけつけても、周囲は承認しにくくなります。経験という実践をしてこそ、そしてそこに伴う知識の両方を共に保持することで、自身を納得させ、また他人からも信頼・信用にも連動・連結させていくのです。
他人と比べているうちは、自信が付くことは天才といわれる人たちでも難しいことです。
釈迦はこのように真理を説きます。
「大きな岩が風に揺るがないように、非難と称賛には動じない」
と、します。
これは色々な角度から取れるものでもありますが、他人からの評価を気にするのではなく、自己に徹したときに自分らしくなれることを説いています。
要は「腹を括れば、迷いは消える」という不動明王の信念です。
不動明王を携帯電話の待ち受けにでもされ、揺るがない自身をつくるという克己心をはじめにもってみてください。
仏教では、「頑張る」という言葉もなければ、誰かに「勝ち負け」という言葉もありません。
自己にうち勝つという「克己心」の意志をもつことから始めてみませんか?
何をするにも遅いということは年齢には絶対に関係のないことだけは断言しておきます。

2024年2月21日 14:12
{{count}}
有り難し
おきもち

祈るこころに佛心が宿る。 変化多き時代を生きる私たちにできること、それは...
このお坊さんを応援する

いつの間にか見えてくると思います

拝読させて頂きました。
あなたが今までの生活や心がけを改めて人として生きる道を正面に向き合い精進なさっていこうと思わていることを読ませて頂きました。あなたがこれから取り組んでいこうとなさる志はとても尊いと私は思います。私はあなたを心から応援させえ頂きたいと思います。
あなたが今まで人からすると遅れを取っていて、いつになったら人と差が縮まって追いついていくだろうと思っているのですね。あなたがふとそう思ってむなしく感じてしまうお気持ちもわかる様に感じます。お気持ちを心よりお察しします。
今あなたはあなたの道を見つめて歩み始めたばかりです。富士山の様な山々に登山なさっていることに例えたらあなたは今1合目でしょうか、上を見ると高々と山の峰がそびえていて圧倒されてしまったり、遥かかなたに先に登っている方々の姿が遠くに小さく見える様な状況ではないかと思います。どうしてもものごとに向き合っていく時にはその大きさやハードルの高さによって気圧されてしまって委縮していまったりやる気をそがれてしまうこともありますからね。それは致し方ないことかとも思います。
とはいえあなたの足元にはしっかりと地面があって一歩また一歩と歩みを進めていけばその道は広がっていくでしょうし、進んでいくあなたの目の前には様々な景色が飛び込んでくるでしょう、そして美しい緑や花々に出会い清々しい風や鳥の鳴き声を耳にすることになるでしょう。合間にゆっくりと一息お休みなさるととても清らかな美味しい水や新鮮な空気をいっぱいに吸い込み、豊かな果実や命を頂くことができるでしょう。
激しい雨も降ってくるかもしれません強い風にあおられるかもしれません、或いは吹雪に直面して立ち止まったり迂回しなければいけないことにも遭遇するでしょう。
それでもいつかあたたかい光が降り注いであなたの歩みを後押しして下さることでしょう。そうして一歩一歩歩みを進めていくといつの間にかあなたは行程の半ばを過ぎて頂き近くにきているかもしれません。よく見渡してみると先に行かれた方々の背中は見えるところまで来ているかもしれません、或いはもう既に追い越してしまっているかもしれません。そしてあなたが目指す頂きはもう目の前に広がっているかもしれません。
どうか決してあわてることなくあせらずにあなたのペースで己の道をしっかりと歩んでいって下さいね。心より応援してます。

2024年2月21日 18:32
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

素晴らしいご回答をありがとうございました。
どれも非常にためになる暖かいお言葉です。
顕密両輪の如く、勉強になりました。勉学と実践をバランスよく並行して行う。
他人がどうとあれこれ悩まず、自分のことに集中します。
克己心の意思を持って毎日を積み重ねていこうと思います。

ハイキング程度ですがこれまで何度も山に登ったことがあるため、私にぴったりのお話でした。
富士山という日本一の山、遠景ですら殆ど見たことが無いためどれほどの大きさや高さなのか想像もつきませんが、長い道のりとなるのでしょうね。
人によって登るペースが異なり、出発時刻も装備も重量も異なります。大事なのは自分の歩みを着実に進めることなのですね。
自然の美しさが表現された文章で、読んでいて心が洗われるようでした。
美しさや傍らの小さな喜び、突然訪れる厳しさ…確かに人生とよく似ています。
これから挫けそうになった時は、今回いただけたお言葉を読み返して頑張ろうと思います。とても暖かなお言葉をくださり、本当にありがとうございました。

「自分・人生に絶望しています」問答一覧

習い事を辞めるか悩んでます

10年以上同じ習い事をしています。 ですが4年前不登校になったことにより途中行けなくなり、ここ数年いやいや行ってはいますが毎回のように親ともめてしまいます。 行く日が不定期なので日にちが覚えられず、言われてもメモすることを忘れる事もありそれで"行きたくない""行きなさい"の口論を毎回してしまいます。 でも、なんだかんだ行きたくなく泣いても行ってました それはだいたい行かなかったら何千円払えよと言われてたからです。 そのような言葉が出るのは払ってもらってる以上当たり前ですし行かない・覚えられない私が悪いので仕方ないことなのですが、毎回このくだりをやっていると疲れてきちゃってほんとに体調悪くていけない時もあるのに行かされてどんどん完璧を求められてるんじゃないかと感じ始めちゃって、なんで完璧な人間じゃなきゃ続けちゃいけないの?なんで完璧な人間じゃなきゃ挑戦しちゃいけないの?と悲しくなっちゃって… 今日その習い事ホントに無理で休んじゃって… 家族も怒っちゃって謝っても話しかけないでも言われてしまって… もうこの感情どうしようもなくて、悪いのは私だけど話を聞いてもらえないし私の頑張ってる(行ってる時)は見てくれないと感じてしまっています… だからこんな数年完璧を求められて泣くなら辞めようかなって思っちゃって… でも、いやいや行ってると行ったのですが行くのが嫌なだけで習い事自体は好きで10年以上も同じ先生に習っていることもあり辞めにくく…一時な気持ちの悩みもあると思いますし、やっぱこんなに引きずるならパって辞めたほうが良いものなのですかね…親には申し訳ないんですけどこんな私でもやっぱ続けててもいいのですかね…

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

どこで働いてもうまくいかないです

福祉施設で働いていましたが責任の重圧から辞めてしまい、今はまったく違うアルバイトをしていますが、要領が悪くバカにされているように感じます。 うわべだけはうまく行くのですが、深く人と関わることになると避けてしまいます。 以前の職場では雑談が苦手で人の顔色ばかり気にして自分の意見がないイエスマンでした。 福祉の相談員をしていたときも資格をいくつか取り自分なりに頑張ったのですが、仕事を一生懸命しても人とフランクに関わらず、ういてしまっていた気がします。 なのに相談員の仕事をしていたのは向いていなかったのかな、とも感じています。「ありがとう」と言われることはありましたが… その反面、私はできるはず、人に尊重されるはず、という身勝手な思いもあって自分にダメ出しをしてしまいます。 まず他の人のことを思いやれる人に幸運はやってくると思うのですが、自分の利ばかり考えてしまい、汚い人間だなとも思います。 この生きづらさは私の生育歴によるものだと思い、アダルトチルドレン のセミナーやカウンセリングも受け、変わりたいと切望しています。 後輩や孫がいるような年齢でそんなことを言っている自分が情けないです。 経済的な面からも次の仕事をきちんと探さなければならないのですが、今の自分ではどこに行ってもうまくいかないだろうと思い、不安でしかたありません。 年齢を重ねてしまった焦りもあるし、私の人生は失敗だった、と情けなく感じています。 家もわけあって叔父叔母などの親族といろいろあり心安らげません。 交際中の彼がおり、叱咤激励してくれますし、ありがたいとも思っています。けれども迷惑をかけそうですし、こんな自分では見合わないとも感じています。 わたしの生きている意味もわからず、いなくなってもいいかな…とさえ思います。 けれども生きなくてはいけない。 どうしたら明るくのびのびと人と関わり、仕事や人間関係がうまくいき、晴れやかに生きることができるのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

絶望から立ち直る術を知りたい

昨年10年以上付かず離れずお付き合いしていた方とお互い再婚同士で結婚しました。 子供も成人し、これから一緒に住む家を購入しようとした矢先、夫が突然行方不明になりました。お互いの夢を詰め込んだ家は住宅ローンが中途半端なまま連帯保証人の私に請求がきています。1人でローンを組み直すにも収入が足りず弁護士さんに売却の方向で話を進めて頂いている状態です。 行方不明のまま数ヶ月経っており、安否も分かりません。 結婚を熱望していた彼が何故いなくなったのか。いなくなってから分かったのは私にたくさんの嘘をついていた事。変わっている人だとは認識していましたが、個性だと思い納得するようにしていました。優しく良いところもあったからこそ長く続いていたと思いますが、10年近く自宅アパートに入れてもらえなかった事や、引越し予定だった自室には鍵を付けたいなど理解できない事も多く、最後にこのような多くの人を巻き込んだ裏切りをされ、再婚を心から喜んでくれていた両親を傷つけ、恨みや怒りというよりただただ困惑して心の整理がつかず鬱状態から抜け出せません。 自宅が思うように売却出来ない場合には自己破産することになります。これまで結婚後や老後の為に貯めていた貯金はほとんどなくなり、社会的信用も失います。年齢的にも若い訳ではないので、絶望感に苛まれており毎日何のために働いているのか、何のために生きているのか分かりません。 心配してくれる周りからは、好きな事や趣味で気晴ししたらとも言われますが、インテリアに関する事が趣味だった為、虚しくて苦しくなります。 老後1人で生きていくのが不安だったから決断した再婚が、自分を窮地に陥れる事になってしまった私の間違った判断力、スピリチュアルな事に傾倒してしまいそうなこころの弱さ、ただでさえ精神的に繊細でストレスを抱えやすい私が今後女1人で強く生きていく為に、どういった心待ちでいれば良いかお教えください。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

病む人は嫌がられ…私のこと?

 いつもお世話になっております。朝からネットで法話を聴いて いました。 「老いた人は邪魔にされ、病む人は嫌がられ。これが人生。 仏教の教えに通じる」 とお坊さんが言っていました。  老いることは止められない。病むこともどうしようもない。  私は発達障害があり、体にも影響が出てしまうので、ヘルプ マークを付けています。満員電車など、「座らせていただけませんか」 とお願いすることも多々あります。  私の主治医の先生や支援者さんは、 「差別的、排除的な考えを持つ人は、世の中でも一部だよ」 「障害、病気だからみんなから攻撃されるという考え方は、 とても損」 と言います。  私が尊敬するくられ先生も、 「人は、不健康な人を見ると恐怖を感じるように進化してきた」 と言っていました。  しかし、 「障害を負っている人たち。確かに、周りの人は違和感を抱く。 でも、勉強している人や知っている人は、理解してくれる」 と続けました。  くられ先生は、毒物学や生化学に詳しい科学ライターの先生です。  しかし、お坊さんはその法話で、 「檀家の90歳のおばあさんは、いつも笑顔で『おかげさま』『ありが とう』が口癖の人。そのため、町内でも人気」 と言っていました。  私も、席を譲ってくださった方には、飴玉を勧めるように しています。断られてしまいますが、お礼の気持ちです。  私は、周りの人を怖がらせている、不快にさせているの でしょうか?どうすれば、病んでいても老いていても、邪魔にされない 嫌がられない存在でいられるでしょうか?

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ