お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

実の母親に説教してしまいました

先日、久しぶりの帰省で実家に帰りました。
母親との関係は現在、良好でしたが、
(父親は10年前に事業で借金を作り、離婚しています)
会話の中で、父親への非難(私に対して棒で殴る、蹴るの体罰をしていたこと、悪い事をしたから叱る、だけではなくて、当て付け、ストレスの捌け口にされていたこと)また、母親もその場にいながら止めてくれなかったので、その事について話すと、
「でも、その後フォローはしていたよ」等、父親を擁護する発言を取っていたので頭にきて、

「うちは機能不全家庭だった」
「普通の親はそんなことしない」
「親として未熟だったことを反省して下さい」
と、実の母親に立て続けに責めてしまいました。

母親は、ごめんね、と言って泣いていたけれど、反省している様子はあまり感じられず(と言うより、実の娘に説教されたことにショックを受けていたのと、自分の子育ては失敗だった、私は何をやってきたのだろう、と精神的にかなりダメージを受けている様子でした)

私自身は、過去のことは過去のこと、と割り切って、孫もいるんだし、もう昔のことは蒸し返さないから、わかってもらえればそれでいい、今はもう赦している、と伝えましたが、母親は
「私は何もわかっていなかった。貴方とのこれからの付き合い方を考える(気をつかう、距離を置く...?)」などと言ってきます。

正直に自分の気持ちを伝えすぎて、過剰に母を傷付けてしまったこと、これで良かったのか反省しています。
(私自身は今後も母と仲良くしたいし、娘のおばあちゃんとしてももっと沢山関わって欲しいです)

どうか、母が救われる良いアドバイスをお願いいたします。

家族親族
有り難し 9
回答 1

質問投稿日: 2016年5月5日 17:59

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

言い過ぎてごめんなさいと謝ることです。

母娘なんですから、それで許されますよ。お互いに流せませんか?ことの発端や原因は父親にあります。お母さまも被害者なのではないでしょうか?お父さまが棒で叩く、蹴るというのはしつけの領域をはるかに越えて、鬱々とするストレスのはけ口と言えるかもしれません。想像を絶する大変な体験をされましたね。お辛かったでしょう?よくご無事でと思います。なぜ、助けてくれなかったのか?父親はもちろん許せませんが、お母さまに対してもいろいろな想いが走馬燈のようによぎることがあるでしょう。下手に庇い立てしたらこちらに火の粉がかかる。余計に怒りが燃え上がって、これ以上何をしでかすかわからないという想いがお母さまにはあったのですよ。娘であるあなたに申し訳ないと思う反面、そんなお父さまを選んでしまった自分自身を後悔したくないから、いいところもあったのだと、気持ちを繕いたのではないですか?人はそれが失敗の選択であっても言い訳を作って自分自身を許したいんですよ。あなたにはあなたの気持ちの整理の仕方があるように、お母さまにはお母さまの気持ちの整理の仕方があるんですよ。いい人だったんだけど、事業に失敗して心が荒んでしまった。と思いたいんです。思わせてあげてください。あなたがお母さまを責めても、お母さまも責めるあなたも辛くなるだけで何のメリットもありません。
母娘でこれから、親子で旅行に行ったり、お芝居を見たり、花見をしたり楽しいことをいっぱいしていってください。それこそが親子のご縁だと思うのですがいかがですか?
言いすぎてごめんなさい。お詫びは全てを解消する言葉です。どうぞお試しください。
皆様のお幸せを祈念しています。浄光寺

3年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

浄光寺 康昭様
先日はご丁寧に的確なご意見をありがとうございました。電話で母に謝りました。
相手あってのものなので、簡単に気持ちのわだかまりはとけませんが、母娘とはいえ、他人であること、家族を維持する為にお互い気をつかう事、教えられました。

母の気持ちも代弁して下さり、理解できました。(大方、その通りだと思います)
家庭と自我が壊れそうで大変だった頃にこの様なサイトがあれば、と思ってしまいました。
運営者様、僧侶様への御礼を込めて。

「母親のこと」問答一覧

「母親のこと」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ