hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

『とらわれない心』について教えてください。

回答数回答 3
有り難し有り難し 107

3年位前に、お坊様がTVで『とらわれない心が大事』と話されてるのを観てから、ずっと気になっていることがあります。

『とらわれない心』というのは、自分の欲や我を手放して、人と争わずおだやかに生きること、ではないかと私なりに受け止めました。

でもそれで、『私はこうしたい、こうなりたい』という目標があって、人と意見がちがったら、『私はこうしたい』と言うのは『とらわれている』のでしょうか?
意見がちがうときは自分か相手が譲るか、全く別の案を見つけるかだと思うのですが、いつも自分が譲るスタンスなら私はその人のいいなりになってしまいそうです。

自分の欲というのは望みであり、自分のあかしでもあると思います。
その欲=望みがなるべく汚いものではなく、きれいなものであるように願っていますが、他人から見たら『我』でしかないのでしょうか?

とらわれない=思い通りになるようコントロールしない、ということだとしたら、将来に期待はしないでただのぬけがらになってしまわないか疑問です。

私も未熟ながら、人にやさしくありたいと願っています。相手にとって安らげる存在になりたいです。自分と相手をともに大切にして、なおかつ『とらわれない』境地って私にはまだわかりません。

どうか、私に道を説いてくださいますよう、お願い申し上げます。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「とらわれるな!」という言葉に「とらわれるな!」

「とらわれるな!」は坊さんの常套句のようなモノです。('ω')
いまどき、そんな古めかしいベタな言葉を使う坊さんなんかいるんでしょうか?
アイ アム ア ボーイ This is a penぐらい使わないことばでっせ。
使っている坊さんがいたらワハハ出会ってみたいもんですわい。←前フリ
まぁ、いつまでもこだわっていなさんな、という程度にとらえて難しく考えんことです。
あなたは「とらわれちゃいけない」という事に、とらわれてちゃそれこそトラワレ。←今のあなたはまさにこれ。
では「とらわれない事にも、とらわれない、一切のトラワレから自由になった心とはなにか?」
逆に、ずっと、とらわれていたいと思っていても、
この心身というものの本来の働きは、医学的にも目も耳も、さっきまで見たり聞いていたことからトラワれていないことを知ることなのです。
鏡もレンズも、何を映しても残り物がないから、何でも映せるのでしょ?。
心身の本性も何を見ても映しても、残り物がないように出来ているのです。(本来無一物)
とらわれとは、執着の事。
①出会った事実に対して、
その後、目にも耳にも鼻にも口にも心身に何も残っていないのに、
②心の中で、それをいつまでも残しておくことをトラワレ、執着というのです。
厳密には、今思い起こしていることなので執着ですらない。
目や耳や鼻や舌や体の体験は、どんなことも、すべて、その時、その場限り、一生に一度っきりの経験です。
一度っきりの経験のしっぱなしであるから、トラワレがないのが人生の真実であり、だから一期一会、無常なのです。
つまり五感は何もトラワレが無いようにできているということです。
その証拠に何の残り物もないでしょう。それを自覚することが無碍、無著、無執着の心です。
アナタのしたいことは、成し遂げたらよいでしょう。
言葉にだまされてはいけません。
たとえば、自己満足という言葉があります。どんなにいいことでも一生懸命やっても自己満足という言葉で軽く片付けられれば、虚しいでしょう。
そんなものは言葉です、ラベルです。
トラワレるなという言葉に自分がとらわれては、せっかくの薬も使用法を誤って毒と為するに似たり。
だから、もう二度と「とらわれるな」なんて、ことばに…
「とわれるな!」(←あ、使ってるベタな奴がここにいたわ)('ω')

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

とらわれるとはこういう事だと思います

昔、私が聞いた逸話があります。細かい部分は違うかもしれませんがご容赦ください。

昔。あるお寺に老僧と小坊主が住んでおりました。
老僧は煩悩を捨てよと教えていたそうです。

ある日、老僧と小坊主は寺を出て道をあるいていたそうです。
と、道に大きな水たまりがありその前で若いきれいな女性が渡るのを怖がって
水たまりの前で困っている姿に出会います。

小坊主は、着物が汚れる事に囚われずにその娘が水たまりの中を渡って行くように
きっと老僧が説教するであろうと確信していました。

しか〜し! 老僧がとった行動は小坊主の予想を裏切りました。

老僧は若くて綺麗な娘を背負って水たまりを渡ったのです。
娘は喜んで立ち去って行きました。

小坊主は悶々としておりました。
老僧のスケベ!いつも言っている煩悩に従ったに違いない。
なんてとんでもない坊さんだ…。
そんな思いを抱きながら悶々と老僧と道を歩いて行きました。

そして丸一日歩いて寺に戻ったとき、我慢が出来ずに
小坊主は老僧に問いただします。
『なんで女人を背負ったのですか?』
老僧は目を丸くしてから剛胆に笑って言いました。
『おお、今まですっかり忘れておったわ。それにしてもワシは困った人を助けるためにほんのの一瞬女人を背負ったが、しかし、お前は丸一日件の女人を背負い続けておったんだのぅごくろうさん』

お話しはここまでです
この小坊主が一日悶々としていた思考が『とらわれる』ということだと思うのです。

老僧の行動に疑問を持った小坊主はすぐに老僧に聞けば良かったのに
心で老僧を責めて悶々と思いを巡らせる…そんな行為をとらわれるって言うのだと思います。

つまりは、解決に至らない余分な思いをめぐらせる事だと私は思っています。

決し手自分の意見や思いを押し殺す事ではないと思います。

時々、今考えている事はもしかして『とらわれてる?』って思ってみるのは良いと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

「空と縁起」

ちぃち様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「とらわれない境地」・・誠に難しいですよね。

「とらわれない、かたよらない、こだわらない」は、誠に私たちにおいての常套句ながら、真にその内実を理解しきれている者がどれだけいるのかと申しますと・・相当に怪しいと言わざるを得ません・・

はっきり申しますと、「とらわれない、かたよらない、こだわらない」と言われて、じゃあどうするのだとなっても、かなり難しいところがございます。

実は・・このhasunohaの拙回答内でも初期の頃で使ってしまっておりまして・・誠に猛省致しております。

そこで最近では、その代わりに仏教における「空と縁起」という考え方を基として回答をさせて頂くことが多くなっております。その中で最近では下記における拙論をご参照下さいませ。

「 死後について 」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1008841241.html

確かに永久永遠に捉え続けられる、とらわれられる、かたよれる、こだわれるような何か実体的なものがあるわけではないものの、因・縁によりて成り立っているモノ・コト、存在や事象は確かにあるのであります。

その因縁によっての存在や事象のありようの中で、善き因縁には善き結果があり、悪い因縁には、悪い結果があるという因果の理をしっかりと理解することで、しかるべくに善き因縁を集めていくことに努め励むことが大切なことになります。

例えば、人生における幸せや夢を追いかけて頑張ることや、仏教における悟りを目指すことや、修行に励むこと、智慧を育むこと、善徳・利他・慈悲行を実践することまでも、「とらわれるな」、「執着するな」というのは、誠に愚かなことであると存じております。

それらを否定してしまって、じゃあ一体何をするのだということになります。下手に幸せや夢、悟り・涅槃へと向けた善き因縁を集めていくことまでをも否定してしまっては、人生も、仏教も、そのものを根底から否定してしまうことになりかねませんし、何もかも否定してしまい虚無に陥りかねません。このことは十分に気を付けて注意する必要があるかと存じております。

制限字数の関係上ここまでにて失礼致します。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

お言葉をありがとうございます。とても心が軽くなりました。『とらわれない』という言葉にがんじがらめに囚われていた自分に気づきました。心がほっとしすぎて、今すごく泣きたいです。私は何かにこだわったり、こうしたいって思うのがすごくいけないことだと思ってました。心の中に何も残さないってすごく素敵な言葉ですね。私は、言われて傷ついた言葉とか根に持つ方で、しばらく経ってからもその人の顔を見たら、その嫌な場面がじわじわ思い出されてつらくてたまらなかったです。私の心の中で憎悪が、ずっと消化不良してたんですね。私はこれから、過去の憎しみ、悲しみ、他人に対するおごりや、自分に課している重圧になる理想像などを少しずつ解放していきます。何だか自由な気持ちになってきました。 『とらわれない』の解釈を勘違いしていました。気づかせてくださって、本当にありがとうございます。安穏寺様のご発展を陰ながらお祈り申し上げます。

わかりやすい逸話をありがとうございます。とても面白くて、はっとしました。私は3年もの間、とらわれていたのですね。まるでお話の中の小坊主みたいです。気になったことやしたいことは、さっとしてしまった方が良いのですね。その方が、心残りがない生き方ができますね。もしかしたらお礼の順が前後してしまったかもしれませんが、悟東あすか様、素敵なお話をありがとうございました。ご活躍をお祈り申し上げます。

川口様 一緒に考えてくださって、ありがとうございます。仰る通り、私は『とらわれない心』の解釈を間違っていて、あやうく『虚無』に陥る所でした。『空と縁起』って深いお言葉ですね。『空』って、他のお二人が教えてくれた『とらわれない心』の解釈のようなことでしょうか。そして『縁起』は『因果応報』ですよね。壮大なイメージが湧きます。私と言う存在は宇宙にとって『空』の状態で、自分のまごころから出た善い行いは巡り巡って、善いものとなって返ってくるような・・・。その善のエネルギーの風が世界を動かしていてほしいです。私はまだ、邪悪な気持ちが心を行きかうときもあります。だけど、少しでも善の気持ちが心を多く占めてほしいと願って生きて行きます。新たな目標が出来る気付きをくださって、ありがとうございます。ささやかですが、六萬寺様のますますのご繁栄をお祈り申し上げます。

「欲望・欲を抑える」問答一覧

何かを好きになることは、いけないこと?

 僕は絵を描くのが好きなのですが、周りの絵を描く人を見ていると、誰にも見てもらえなくて絵を描くのを止めたり、上手い人に嫉妬して絵を描くのが嫌いになったりしてる人が多いのです。  そういう人たちを見ていると、「他人から見てもらえることや、上手くなることに執着してそれを追い求めても、結局は満たされずに絵が嫌いになってしまう。絵をずっと続けていくには、それらに囚われず、絵そのものを好きになることが大切だ。」と思うようになりました。  そうして色々調べている内に、初期仏教の「感覚に執着しない」という教えに辿り着き、それが様々な教えの中で最も根源的だと思うようになりました。  「○○が欲しい」「○○が快い」と思って追い求めて行っても、それが満たされなかった時に結局苦しみを覚えてしまう。苦しみを覚えないためには、感覚に心を動かされず、静穏な心で物事をありのままに受容すればいいのだということです。  実際その教えを実践していって、絵以外の様々な物事にも影響が出てくるようになりました。今までは自分のマイナス感情に振り回され自己嫌悪に浸っていたのですが、「これはこういう情動なのだ」とありのままに観察し、執着しないことでそれらの悪循環から抜け出せたのです。  しかし、よくよく考えてみれば、「絵を描くのが好きだ」というのも感覚であり、執着です。「これは自分の人生でやりたいことだ」と言ってしまえば、それが果たせなかった時の苦しみの源になります。もしそうだとするならば、絵を描くことを好み、苦しみなくそれを楽しみたいという欲求にも囚われてはいけないのではないでしょうか。  

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

密教における欲、怒りについて。

昔、私が学生だった頃、大学でインド哲学を学んだ人から、こう教えられました。「初期仏教では人に属する欲は全て良くないものと全否定されるが、時代が経てだんだんと欲は肯定されていって、仏教の最終段階である密教では「セックスは菩薩の境地だ!」と教えられるのですよ。そうやって密教では性も含めあらゆる欲が全肯定されるに至るのです!」と。 また同時に、弘法大師を信奉するある僧侶の方が「日本人は怒れないないからダメなんだ!」と仰り、その言葉を持って、先の人からは「(人に対して社会に対して)もっと怒れ!怒れ!」と、私は言われ続けました。 私は{密教では怒りの感情も人間に属する<聖なる属性>として肯定されるのか。。}と思い、それからというもの、私は何かと「怒り」を持って親や世間の人たちに接し、それが故に大きな軋轢を家族や人々との間に作ってきました。 今はそのようなことすべてを後悔しています。 私も老齢を迎えつつある今、お釈迦様の言葉や弘法大師の「四恩十善の教え」を知るなかで、実際のところ、密教では「欲」や「怒り」はどのように扱われるのだろうという疑問が頭から離れません。 彼らが言ったように、欲や怒りは密教では「善きもの」なのでしょうか? そのように肯定されるものなのでしょうか。 お釈迦様の教と密教はそれほど違うものなのでしょうか。 どうぞお教下さい。

有り難し有り難し 43
回答数回答 3

新しい刺激を得たい欲求との付き合い方

ストレスが溜まると新しい刺激が欲しくなります。(週1ぐらい) 同じ毎日に嫌気が刺し新しい楽しいことがないかと考えます。 しかし、それのせいで先日夫と喧嘩をしました。 少し前から私はこの人生を鮮やかにするには新しいことを習慣化し自分の特技を作ろうと語学の勉強をしていました。 勉強をしていくうちにペラペラになりたいと思い、なった方々を調べるとネイティブの方と喋るに尽きるとのことでした。 私は留学はできませんしお金もあまりないので、海外の方と交流できるコミュニケーションアプリの利用を考えました。もちろん女性とだけ関わるつもりでした。 しかし、夫は元々SNSを酷く嫌がるタイプの人間なのでやはりダメでした。 自分からすれば刺激のない日々の対策を自ら見つけ、コツコツ頑張って来たので腹が立ちました。何も男の人と関わるとは言ってないからです。 とはいえ、夫がそう言うだろうとはわかっていました。自分は夫の方が大事なのでそこは自分が諦めました。 しかしながら、じゃあその代わりになる物があるかと言うとそうじゃないです。 今まで散歩や、新しい料理、掃除、読書などをやってましたがどれも物足りなかったです。 また何かを見つけない限り自分は生きてるのが苦痛になると思います。 このストレスを得ると新しい刺激を得たい欲求とどう付き合うのが良いのでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

「欲」との向き合い方が分かりません。

いつもお世話になっています。 タイトルの通り、欲とどう付き合うべきなのか、より正確には「無欲」とどう対峙すれば良いのか悩んでいます。 私は基本的に、様々な物・事に対する欲や執着が薄い傾向にあります。 物欲はもちろん、金銭や名誉への執着も大してなく、娯楽や趣味も没頭するほど興味の強いものが特にありません。 人間である以上、欲が皆無という事は有り得ませんし、あくまで「欲が薄い」のだろうと自身では思っていますが、実際それを周囲から指摘される事がたびたびあります。 例えば物欲ですが、生活必需品(消耗品)以外の物について「どうしても欲しくて堪らない」と感じる事がほとんどなく、自ら買いに出かけるような事はまずありません。 流行に疎く、新しい物・珍しい物への関心も薄いです。 毎年誕生日にプレゼント交換をする友人がいますが、これと言って欲しい物も思いつかず「じゃあこれ適当に使って」と仕方なく現金でもらった経験さえあります。 しかし、そのお金に関しても「欲しい物、したい事があって貯めている」わけではなく、「使う予定がなく必然的に貯金に回っている」状態です。 他にも、人と会ったり遊んだりする際、行きたい場所、したい事がパッと浮かばず、基本的にプランは相手任せです。 (表現が適切か定かでありませんが) 「意見がないに等しい」ので、仮にどこで何をする事になっても、それを苦に感じたり嫌に思ったりは特にありません。 ですが周りからは「それで本当に楽しめてるの?」と逆に疑われる事があります。 また、私はどちらかと言うと「〜したい」より「〜したくない」という欲が強いです。 自身の経験上(※詳細は過去の質問をご参照願います)、常に思考の根本に「周りを巻き込みたくない」考えがあり、結果的に「相手に合わせる」、より正確には「相手任せ」という展開が大半です。 自分自身に関しても、「今以下にはなりたくない」、強いて肯定形にするなら「せめて現状維持でいたい」です。 欲の無さは同時に自信や向上心の無さだと聞きますが、やはり欲が薄いのは総じて良くないのでしょうか。 欲の薄い自分はまともに自己主張すらできない弱い人間という事なのでしょうか。 欲が薄い事は「恥ずべき」事、「改めるべき」事に当たりますか。そうである場合、それを直していくためにどのような事を心がけていくべきか教えて頂きたいです。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺