お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

どうしたら

私は一人っ子で母子家庭育ちです。
親元を離れてるのですが、親は小さい頃からお金にずさんで、働かず、自分の親(私からだと、祖父母)の年金でギャンブルをする生活をして、貯金もなく、先の事を考えずの人です。
私が20歳過ぎても毎月のようにお金を貸してと言われ、毒親だったのもあり、逆らえず貸してました。なかなか貯金もたまらず、あげく、そういうストレスで体調を崩し一年療養しました。その時に貯金も底がつき、それでもお金を貸してと言ってくる親。
そして、親の弟(叔父)からもお金を貸してと言われる始末。

そして母は隠れて借金もしてました。
(この時は親族が助けてくれました。)

親にお金を貸してるのは、産んでくれた恩があるからです。

母と叔父は体調は健康で働けば良いのに、何故私に頼るのか。働いても、タバコ、ギャンブルにお金を使うから、何故それを止めないのか。
親は年金も保険も入ってません。
金が無いから介護になると思うと、介護をしたくありません。

20歳の頃までは色々と親族が助けてくれましたが、それぞれ家庭もあり、老後のこともありますから、そういう助けを言えなくなりました。

私は自分だけで手一杯で、これから先があるのに、そういう生活で貯金もなかなか出来ず、先の事を考えると生きていくのが辛くなってきています。

結婚をしたい願望がありましたが、相手に親を紹介も出来ない、金も無く、そういう人が相手をするわけはないだろうと、恋愛する気も起きません。。

親に振り回される人生に吐き気がしてきました。
幸せそうな家庭を見てると嫉妬してしまう自分に嫌気がさします。

何のために生まれてきたか、よく分かりません。

お金を貸さず、縁を切ると、もし親、叔父が死んだ場合、怨みが来るんじゃないか、隠れて多額の借金をしてるんじゃと恐怖に襲われます。

大きいものは求めません。
普通の人生を送りたいです。

どうしたら、私の人生はいいものになるのでしょうか。

生きる意味
有り難し 21
回答 2

質問投稿日: 2016年5月16日 5:49

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

これからのあなた人生が豊かであれと願います

拝読させて頂きました。さぞや今までおつらかったでしょうね・・・。お察し申し上げます。親子関係でもやはり金銭的物的依存関係があるとどうしてもそれぞれの生活が頼り頼られてしまい独立した個人としては生きていけない様に感じます。
親子関係ですから他人がとやかく申し上げるのもはばかられますが、やはりあなたのお気持ちを素直にお母様や叔父様にお伝えなさった方が宜しいと思います。
あなたにはこらからも長い人生の道のりがあります。お母様も叔父様もまだそれほど高い年齢ではないと思いますので、ご自分でご生活できるのではないかと思います。できるならばそれぞれの人生ですからお互いの為にもある程度自活して頂く道を見出して頂きたいと思いました。
もし直接お話し聴いて頂けないようであれば身近で信頼のおける自活なさったご親族の方からお話しなさって頂いても良いのではないでしょうか。最初は難航するでしょうがじっくりとお話しなさって頂き、それぞれの人生に向き直って頂きたいと存じます。
あなたのとってもお母様にとっても叔父様にとってもそして皆様にとってもかけがえのない人生です。物怖じすることなく後悔することなく人生を送って頂きたいと心から思います。
あなたの人生がこれから開けていきそして豊な日々であることを、同様にお母様を始め皆様にとっても豊かな人生であることを切に祈っております。

3年3ヶ月前
回答僧

けんじゅ

他人は変わらない。自分を変える勇気

こんにちは。拝見いたしました。

ご両親の現状や老後を考えておられとても優しい心を持った誠実な方なのだなという印象を受けました。ただ、「恩をかえす」「親を大事にする」という世間的な「しなければ」という価値観に縛られてしまってつらくなってしまっているのかなと思います。

「こうしなければならない」の前に感情があるはずです「嫌だ」「好き」「したくない」「したい」などです。その気持ちに自分で「フタ」をしているために苦しくなる。仏教では、苦しみの原因を「外側」に求め外側を解決する(自分の思い通りにする)のではなく、「こうでなければならない」と思い込んでいる自分自身の価値観に気づき、受け入れ少しずつ緩めていくことによって心を楽にしていく方向性を持っています。

お金を貸すことが親にとって「良いこと」とは限りません。時には苦しいこともまた人生です。親の幸せは親が責任を持って解決するしかありません。さぶみんとさんも「はいこれがあなたの幸せね」と言われても、自分で納得していなければ幸せでもなんでもないでしょう。幸せとは自分の中にしかないものです。他人に対しては応援できても人生を代わってあげることはできません。

まずは自分自身の心が安らかになる道を歩みましょう。親を捨てるのではないのです。距離をもって「一時撤退」するのです。長期的な視野で考えてください。人は自分自身が安らかになってこそ初めて人に安らぎをあたえられます。そうでないと「見返り」ばかりを求めることになります。

あなたがあなたの人生を歩き始めると、不思議と近い人にも影響を与えます。人に変われ変われと思っている間は自分が変わらないので何も変わりません。自分の人生を歩む。その姿がきっと親様にも響きます。まずは連絡をとるのをやめるなどから一歩踏み出しましょう。まさしく「嫌われる勇気」です。でも心配しないでください。あなたの思いはちゃんといつか親に届きます。いや、親様も変わりたいと思っているのです。そのきっかけにあなた自身がなってあげましょう。

合掌

3年3ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

一向寺/kousyo Kuuyo Azuma様

お忙しい中、回答有難うございます。
まだ親とお話は出来てませんが、言うとあちらがカッとなって起こるのが目に見えてますので、信頼してる親族に相談をしてみて、自分なりに考え、最良の答えを見つけ、長くなっても、それぞれが良い方向になるよう精進していきます。
有難うございました。

健樹 様
お忙しい中、回答有難うございます。
色々とハッとさせられました。
「一時撤退」と思えば、気持ちが軽くなりました。自分の思いにフタをせず、自分を優先して「嫌われる勇気」を持ってみようと思います。長くはなるかもしれませんが、精進していきます。
有難うございました。

お二方、回答していただき、本当に有難うございました。

関連する問答
このページの先頭へ