hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

今回は猫を保護しましたが・・・

回答数回答 2
有り難し有り難し 11

度々の質問、申し訳ありません・・・
3週間前に、屋根裏で野良猫が出産をしました。
4匹ぐらい生まれたみたいなのですが、母猫が独り立ちをさせています。
そのうちの一匹が、突然、私の寝室の窓を叩いていました。
ずっとノックするので手を伸ばすと自然に抱っこされました。
とりあえず食事をと思い、ミルクを与えてみましたが、まだ自力で排尿や、ミルクも飲めない状態でした。
一旦保護し、昨夜の3時ごろ、啼いて起こされましたが、ようやく少し自分でミルクをお皿から飲んだところです。
正直言って、途方にくれています。私は、最後まで猫のお世話をすることは恐らくできないと思います。
前回は保護せず後悔しましたが、保護をした今も、自分のしたことの重大さに、後悔しています。
この国は野良猫が多く、また多産です。
そして、生まれたばかりの猫が次々死んでいっています。。
恐らく、猫だけではなくて、人間もそうなのでしょう。
発展途上国とは、そのような場所なのだと思います。
私は、基本的には自然の生態系に関わらない方針です。食事もヴィーガンで、できるだけ、生命体の大切な場所(根菜)を避け、再生可能な実(果物など)を、非加熱で可能な限り少量だけ食べて暮らすようにしています。
それは、私の生命を維持するために、犠牲をできるだけ少なくしたいという気持ちからなのです。
猫を助けるということは、他の生物(魚)を消費させることです。どちらの命が尊いということはなく、私が関わるべき事ではないと思うのです。
私はどうしたらいいのでしょうか?
今後、どのように生きていったら良いのでしょうか・・・


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

同情だけでは生きていけません。

 ある水族館の経営に携わった方が「水族館は悪行である」といいまいした。これは海の生き物は生態系が明らかなものが少なく、水槽に放すといくら海に近づけても短命な生き物が多いそうです。
 あなたがこの猫たちを飼いたいというなら最後まで責任を持つというならいいかもしれません。しかし、野良犬、野良猫という概念は人間が作ったエゴではないでしょうか?ヘビやトカゲに野良は付けますか?犬や猫も人間に飼われるために生きているわけではありません。
 ワシはいわゆる田舎に住んでおりました。子供のころは朝になると靴の中には虫や陸蟹(雨の日)がおりました。小学生のころは野良犬に追いかけられ、草刈りするとヘビがいました。夜になると毒虫や害虫が家を這いずり回り、猫の鳴き声がうるさく夜も寝られないこともありました(そのお蔭か今ではちょっとした騒音ではびくともしません)。蜂の巣もどこかにありました。蜘蛛の巣にも良く引っかかりました。今では開発が進み、ほとんど見かけなくなりました。
 個人の見解になりますが、あなたのように自問自答するのは大切なことですので、このことに悩まないで下さい。もっと生命に関して悩み正解を求めないでその都度判断するのが良いと思います。ワシはどんな判断をしようが責めたりはしません。お釈迦様の教えを引用すれば「自も他も害さない。」判断が究極の判断ですので、そのことを踏まえて、ワシも状況が分からないとその時には判断できません。あなたの生き方は続けてもいいと思います。ただ、このようなこともあるとアドバイスをさせて抱きました。
 余談になりますが、日本では狂犬病、猫ひっかき病、オウム病はほぼ絶滅しており馴染みのない病気ですが海外では流行っております。うかつに可愛いからといって触りに行かない方がいいですよ。
 野良猫に餌を与えると飼っていることと同じと思われ、その猫が近所のお宅に侵入しものを倒して壊したりすると莫大な慰謝料をとられる場合がありますので、気を付けて下さい。日本やアメリカでは訴訟になっているそうです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

いのちの願いに立ち返る

まりかさん

本当に深く深くいのちと向き合って
おられるという印象を持ちました。

いのちの尊さと向き合うということは

正しい答えを出すことではなく

命を尊ぶとは一体いかなることなのか

問を見出し、迷い悩みながら歩んでいく

分かったことにせず、私はどうすべきなのかと

いのちの願いに絶えず立ち返っていく姿勢に
あるのではないかと思います。

起きた事実と向き合い、歩んでいただければと思います。

まりかさんの生き方から
いのちへの問を見出す人が生まれるのでは
ないかと思います。

また恵心僧都という方の
お話を思い出したので紹介します。

昔恵心僧都、一日庭前に草を食する鹿を人をして打ちおはしむ。時に人有リ、問ウテ云ク、「師、慈悲なきに似たり。草を惜シンで畜生を悩マす。」僧都云ク、「我れ若シ是レを打タずんば、この鹿、人に馴れて悪人に近づかん時、必ず殺されん。この故に打つなり。」ト。鹿を打ツは慈悲なきに似タれども、内心の道理、慈悲余れる事是のごとし。 『正法眼蔵随聞記』

私訳
(昔恵心僧都が、庭で草を食べている鹿を叩いて追い払った
弟子「師匠、思いやりがないように見えますが?草を食べられるのを惜しんで鹿を叩くなんて」
恵心僧都「私が叩かなければ、この鹿は人になれて、誰とも構わず近づいて、結局殺されてしまうだろう。生きてほしいから叩いているのだ」
鹿を叩くことは思いやりがないように見える、ただその行動の真意は思いやりなのだ。)

正解を求めるのでなく
絶えずいのちの願いに立ち返って、
考えていただければと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


質問者からのお礼

大鐵様

ご返答有難うございます。おっしゃるとおり、私も野良犬や野良猫などという呼び方は人間のエゴだとかんじていました。
コメント投稿後に知ったのですが、こちらでは猫の出産で、親猫が間引きをするのは普通のことなのだそうです。
生後三週間ではやはり独り立ちするのには不十分で、親猫は無理を承知で、しかし、全部の猫を生かし育てぬくことは無理だと判断して、三匹捨てました。
今、屋根には兄弟の猫が一匹だけ残り、親猫に大切に育てられています。それと同時に、屋根で、また生まれたばかりらしい猫の赤ちゃんの鳴き声が聞こえ始めました。

私は、積極的には自然の動物には関わりません。
自分自身が、「土」とか「空気」とか、そういう地球の一部として存在していたいのです。
ですから、自然の摂理を乱すような「思い」や「想念」による行動を起こしたくないのです。

動物を飼いたくはないのです。猫はやはり自然の中で生きるべきだという思いがあります。
しかし、確実に死んでいくであろう猫を見捨てられませんでした。

私の気持ちとしては、屋根の仔猫が親猫に保護されているのと同じ期間は保護してあげたいのです。
そして、巣立っていくのと同じ時期に、自然にかえしてあげたいのです。それは無責任なことですか?猫にとっては不幸なことなのでしょうか?

どうしたらいいのか、結局今もわからないのですけれど、「どんな判断をしようが責めたりはしません。」とおっしゃっていただいて、もう一度、思ったようにしてみる勇気が出てきました。
ありがとうございました。

中根信雄
ご返答有難うございます。恵心僧都のお話を読んで、改めて、自分の稚拙さを感じました。「情に流されず、冷静に判断する」ことをずっと意識していて、でも、8月に自分で出した「冷静な判断」の結果を受け入れられず、「諸行無常、今を生きよう」そう思いながらも、気がつけば罪の意識に心が囚われていました。
仏教の教えに沿っているかどうかは勉強不足でわからないのですが、私は意識は形として具象化するという実感を持っています。そしてまた、自分の周囲は、潜在下の自分を映し出す鏡のような気がしています。
なので、これではいけないと思い、頭の中を空っぽにしたくて真言を唱えたり、瞑想をしたりしていました。
しかし、神様に祈りを捧げていると、気がつくと8月に出会った猫に会いたい、という思いが沸いてきてしまいました。
今回の猫に会ったとき、本当に顔も模様も8月の猫にそっくりで、笑われるかもしれませんが、祈りが通じたと感じたのです。それで、転生させてしまった責任を取らなきゃ、と感じてしまいました。

行動してみて、浅はかだったと反省しています。放っておけば淘汰される命だったかもしれないけれど、それが神様の作られた法であるなら、従うべきだったのかもしれません。
助けたくて何か行動を起こすのですが、しかし、自分が助けることができる、という思いこそエゴなのだと思います。
失敗ばかりですが、「悩む」という経験を大切に積み上げていこうと思います。
ありがとうございました。

中根信雄様

すみません、お名前に「様」が消えてしまっていたことに気がつかず投稿してしまいました。コメントの文字数が多くなってしまい、文章を削除しているときに、うっかり消してしまいました。大変失礼いたしました。

「動物・ペットについて」問答一覧

亡くなった愛犬への後悔の気持ち

1週間前、16歳1ヶ月の愛犬が旅立ちました。私が昨年妊娠し、産まれる1ヶ月前に愛犬の脳腫瘍がわかり、それから毎日実家に通って介護をしました。お腹の赤ちゃんより、愛犬第一でした。里帰りしましたが、実家にはフルタイムの仕事をしている母しかおらず、日中は愛犬1人なので、赤ちゃんと愛犬のお世話をしていました。初めての育児、介護、いつ起きるかわからない痙攣発作、想像以上に辛く、上手くいかず、追い詰められ適応障害になりました。心療内科に通い、服薬して4ヶ月間自宅療養しました。 療養中は月に3.4回ほどしか愛犬に会いに行けませんでした。今、痙攣が起きていたらどうしよう、1人で逝かせてしまったらと考え、病状が悪化しました。心を入れ替え、今は自分と子どもを大切にしようと決めました。今までどこか子どもを疎ましく思っていました。でも子どもと向き合ったことで、子どもが可愛くて仕方なくなりました。 そして6月、何時間もの痙攣の末、寝たきりになりました。私の体調も良くなり、それから毎日子どもを連れて実家に通いました。午前は子どもを支援センターで思いっきり遊ばせ、午後から愛犬と子どものお世話をしました。 脳腫瘍の痛み、自力で排便できないので悲鳴をあげ、その度にマッサージをしました。痙攣が起きたら座薬をさし、調子がいい時は抱っこして散歩しました。でも、子どもはハイハイをするようになり、目が離せません。だから、愛犬が鳴いていてもすぐに駆けつけられなかったし、あまり構ってあげられなかった。でも、何故か弱っていく愛犬を目の当たりにしているのに、育児は楽しくて、介護は辛かったけど私らしくできました。 亡くなる前日、たくさん抱っこして、感謝の気持ちと大好きを伝えました。亡くなる数時間前、意識もなく、一切何も口にしなかった愛犬が水を飲みました。母と私は大喜びで頭を撫でました。そしたらもう見えていない目で私の方をチラッとみたんです。信じられませんでした。 亡くなる時はみんなが寝ている部屋で、母の隣で亡くなりました。とても穏やかで優しい顔をしていました。全く苦しんだ様子がありませんでした。 でも、後悔ばかりです。今まで愛犬第一だったのに、病気でいきなり私が会いに来なくなり、育児優先で必要最低限の介護しかできなかった。見捨てられた、僕への愛情が薄れてきた、と思いながら亡くなったのではないか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

命の期限…とは。

吐き出させて下さい。今、原因不明で治療をしている猫(相方)がいます。多頭飼いのボスであり、亡くなった父の生まれ変わりのタイミングで現れました。私も沢山、看取ってきた経験はあります。ほとんどの子が老衰でした。獣医師も私も、どうにも出来ないもどかしさ、そしてあまり一緒に過ごせる時間が無いことも分かり、やりきれない気持ちです。私達人も、いつかは来る最期の日。。。治療の止めどきも相談はしています。毎日一緒に介護して表情が落ち着くと私も安心し、、、でも、こうやって介護の限界もあり。あとは投薬の効果、検査の結果…でも、彼にも身体の限界と時間もありません。生まれ変わりが本当かは分かりませんが、私は多々、猫が度々新しく会いに来て誕生日に亡くなります。まるで近況を確認しに来て帰って行くように…今の猫も父の他界後に左利きの父、左手が悪い猫。今では結婚もし子供も幼稚園、3歳にもなりました。まだまだ報告しないと行けない事もあります。なので、父のように任務完了!で呼ばれているのか…と思わずにはいられません。割り切ると言う感じなのか分かりませんが、どのような気持ちの持ちようが出来るでしょうか。沢山居ても1人1匹ずつ性格も違います。。。少しだけお別れの日が早く来ているだけなのでしょうか。。。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

動物虐待や虐殺について

今この瞬間も日本や世界の至る所で動物たちが虐待や虐殺されているのに、何も出来ず、普通に生活しているのがすごくすごくやるせないです。 毎年6月21日から30日まで中国でユーリン祭というものが開催されていて、そこで犬肉にされる犬や猫たちが、生きたまま鉈などで四肢を切断されたり 火で炙られたり 鍋で茹でられたり 鈍器で何度も何度も殴られたりして虐殺されていることをSNSで知り、まさに今そのような非人道的極まりない最悪な行為が隣の国で行われていると思うと本当にずっと辛いです。 上記そのような事が行われていると分かっていても 自分はその子たちのために何もししてあげられなくて 祭りを廃止するための署名に賛同することぐらいしかできず本当にもどかしいです。 (中国の法律で禁止されていますが)食べることは百歩譲っていいとしてもわざわざ痛めつけて殺すということが本当に許せません。彼らがどれだけ苦しくて辛いことか…。 犬猫は食べちゃダメで牛豚鶏などは食べ物という考えな訳ではなく、屠殺の方法が残虐すぎてどう考えてもおかしいのでそこが納得できません。(牛豚鶏の屠殺方法が必ずしも一番いい方法かは分かりませんが…) この中国の祭りに限らず、ペットの虐待や殺処分、家畜の虐待 などもとても心が痛いです。 なぜ全く罪のない動物たちがこのような目に遭わなければならないのでしょうか?できることなら変わってあげたい。 わたしにできることってなんでしょうか? 昨日からずっとこのことでモヤモヤしていて辛い気持ちです…。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

愛犬の治療

愛犬が糖尿病と診断されました。今後の治療について現実と自分の想いとの間で悩んでいます。治療には毎月、最低でも15,000円、更に診察や検査が必要な場合は別途費用がかかります。現在、共働きではありますが日々の生活費や子供の保育料などで手元に残るお金は月2万円程度。また、雑費に関してはこの2万円からの捻出になります。愛犬はペット保険に加入しており治療費に関しては半額まで保証されますが、それでも毎月7,500円がかかり、窓口清算は出来ないので一旦は15,000円が出ていくという部分は変わりはありません。治療はしてあげたい、でも現実的に今の生活を考えると毎月その額、もしくはそれ以上の額を捻出となれば自分達の生活がギリギリかもしくは貯金を切り崩さなければ生活していけない、子供にも十分お金をかけてあげられなくなるかもしれない…そんな状況で、現実的は無理だけれども、でも治療もしてあげたいし、一体どうしたら良いのか全く自分の中で答えが出せずにずっと考え込んでしまっています。主人には、元々は君が飼ったペットなんだし君の判断に任せるよ、と言われています。この子は私が主人とお付き合いをする何年か前に実家に住んでいる時に飼った子です。 私はどうすべきなのか、自分の考えがまとまらずこちらに質問させて頂きました。どうすべき、と言うことは出来ないかもしれませんが…なんでも良いのでアドバイスや、こう考えてみたらどうだろうか、など頂けると嬉しいです。文章がまとまらず申し訳ありません。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

子猫を手放すかどうか

はじめまして。 2週間前にペットショップから生後3ヶ月の子猫をお迎えしました。 私には1人娘がいて20歳です。 私は幼少期から猫を飼ってました。 子育てもひと段落したし、一人っ子でかねてからペットが欲しいと言っていたので、思い切って飼い始めました。 猫はとてもいい子で夜泣きなどもないにも関わらず、私の不安がどんどん大きくなり、食欲不振、寝てもすぐドキドキして目が覚めてしまいます。 1週間が過ぎた頃からパニック状態になり、なんで飼ってしまったのか?この先ちゃんと育てれるのか?などの不安が押し寄せてきます。 昔飼ってた、数匹の猫たちの嫌な事が蘇ってきたりします。 娘は猫が可愛いらしく、私のようになぜなるのか理解できず、私を見るとストレス感じるみたいです。 気を取り直して、明るく考えても、少ししか食べれず、娘が嫌そうです。 少ししんどいから、実家に預けてもいいか聞いたら、もう手放したいと言われました。 なぜ、ここまで猫に対して不安でしんどいのか自分でもわからないです。 私の精神的な弱さが原因だと思いますが今は正直に申しますと手放したいと思ってます。 こんな私は最低でしょうか? 考えて行動したつもりでしたが、自己嫌悪でいっぱいで反省しかないです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

愛犬の死への恐怖

愛犬が末期の腎不全を患っており、余命も長くない状態です。 昨年12月に腎不全となり、様々な治療をしていますが、他の病気も見つかったりと、中々進行が抑えられず辛そうにしていることが多くなりました。 愛犬は、職場で迷子の所を保護し飼い主が現れなかった為そのまま里親となった子です。 いつどこで産まれたのかもわからないのですが、本当に優しくて聡い子です。 一日でも長く生きて欲しいと思う半面、苦しい日を送らせることへの申し訳なさもあり、毎日泣いてばかりです。 今の私にとって彼女は生きるすべてであり、彼女がいなくなった先の事を考えるだけで、いっそ一緒に死んでしまいたいと思ってしまいます。 頭では彼女は十分頑張っているし、人も犬もいつかは命が終わることは避けられないとわかっています。 けれど、彼女がいない日々を思うと、不安で死にたくなります。 彼女の前で泣かずに、笑顔で頑張っていることを褒めてあげたいのですが彼女を見ると涙がとまりません。 どうしたら、彼女の今の状態を受け入れられるようになりますか? やがてくる彼女の死に接したときにどうしたら、死にたい気持ちを乗り越えられるのでしょうか。 まとまりがなく、長々となってしまい申し訳ありません。 宜しくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

愛犬の病などで私の心のが崩れています

7歳にて、愛犬が心臓病と診断され苦しい思いをさせてしまっているにも関わらず、口のケアをしようとして、今、私の不注意により、頭をぶつけ、1時間後に吐き、その後は普通にしていますが、先が心配で仕方ありません。 自分の事も、血圧や心臓。脳の事でいっぱいで、ちょっとの不注意ですが、以前に居たペットも、最後は私の不注意が原因で虹の橋を渡りました。家にきたペットに酷い事をしてしまいました。今回の愛犬は、口のケアです。前はフェレットをご飯を食べれなくなり、ご飯をすりつぶしペーストにして注射器で看病するうちに、多く出してしまい、肺に入って、肺炎で亡くし、その前のフェレットは、目一杯甘えん坊でも、膵炎で体がパンパンに腫れてしまい直ぐに病院の先生を迷惑でも、夜中に叩き起こして見てもらうも、手がつけれず、亡くなり、その前は、ウサギを子宮癌で何度も薬の辛い思いをして、安定した時に散歩の際に少し逃げ出そうとしたので、お腹を強く抱えたら、負傷したのでしょう。その後に弱り、亡くした者です。全て私の不注意から、苦しませてしまった子達。 今の愛犬は、私が小さい頃から犬を飼いたいとの念願が青年期になって、やっっと叶って飼えた愛犬。楽しい事もたくさんありました。私の不注意から、苦しめてしまっている。懺悔しても、しきれず、見るたびに涙です。せめて、居るうち楽しくゆっくりと過ごしていってほしいのですが、、、。ごめんなさい。もう、酷く心が乱れすぎて混乱し過ぎてどうしようもありません。そちらの世界へ旅達前の飼い主の心の持ち方。旅たった後の子達への懺悔の心の持ち方など、聞かせて下さい。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

ペットを捨てた

去年の秋頃、犬を拾いました。 夜道を車で走っている際、不自然な歩きかたをしている犬を発見。 体中の毛がボロボロで、また怪我をしているようだったので、動物病院にて処置してもらい、そのまま持ち帰りました。 家に持ち帰ると、母は困ったような反応をしていましたが、 結局、翌日には名前をつけて可愛がっていました。 私は仕事でほとんど家にいないので、世話は母が行ってくれていました。 初日から、犬は異様に私達に懐き、依存的と感じるほどの振る舞いをしていました。その様子から、きっと捨てられた飼い犬なのだろうと予想していました。 半年経ったくらいに、母が円形脱毛症になっていることを発見しました。 犬は年老いており、過去の手術かなにかで下顎を失くしているため口が開きっぱなしで、部屋に染み付くほどの異臭を口から放ちます。 母は異臭や世話疲れから十分な睡眠がとれず、ストレスが溜まっていたようでした。 仕事で忙しい私に気を使い、文句を一つ言わず世話を続け、 症状が体に出るほどストレスを溜め込んでいた母に申し訳なく思い、 犬を捨てることにしました。 動物愛護団体に持っていけば殺処分になってしまうため、 悩んだ末、林に捨てようと考えました。 犬の異常な懐きかたが、「もう誰も僕を捨てないで」と言っているように感じていた私たちにとって、その犬を捨てることはとても残酷でした。 また、年老いて下顎が無く、本来は人間のもとでしか生きていけないであろう犬を林へ放ることは、殺すことと同じだと思います。 捨てる日、母は「ごめんね」とずっと泣いていました。 犬は、林に着くまでの車内で、ずっと私の膝の上から私の顔を見上げていました。 犬を林に放つも、犬はしばらく私についてきていました。 「最後まで面倒見れなくてごめん。幸せに生きてね。」 泣きながらそう伝えると、犬は草むらのほうに入っていき、私についてこなくなりました。 自分が拾ってきて、自分は何もせず、 母と犬に迷惑やら悲しさだけを味あわせ、結局犬を捨てたこと。 悲しい、切ない、罪悪、苛立ちなど 色んな感情や想いがとっ散らかっています。 まとまらない文章でつらつらと長文に仕上げてしまい申し訳ありません。 この出来事を、どう捉え、何をすべきなんでしょうか。 お言葉をいただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 161
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る