hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

仏教の宗教的な面について

回答数回答 4
有り難し有り難し 41

初めて質問させて頂きます。

自分は母が在家ながら熱心な仏教徒で、浄土真宗の幼稚園だったこともあり、小さい頃から仏教に親しんできました。
今も悩み事のある時は、読経したり仏壇に手を合わせたりします。
将来は出家したいなとか密かに考えています。

ですがどうしても腑に落ちない点があります。
それは仏教の宗教的な面です。

お釈迦様の教えは哲学的に素晴らしいと思いますが、その不思議な力とか死後のこととかは本当なのかがよく分かりません。
不思議な体験などはしたことが無く、今まで健康で何も無く過ごせたのはお釈迦様のおかげだよと言われても、信仰の無い人でそのような人はたくさんいますし、いまいち実感が湧かないです。

僧侶の方々はそういった非科学的なものを感じることはあるのでしょうか?
また、修行をすれば分かるようになるのでしょうか?

回答頂ければ幸いです。

2014年10月14日 2:07

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

哲学と宗教

みっつんさん、こんにちは。
浄土真宗大谷派の釈理薫と申します。

仏教の哲学的側面と宗教的側面とをどのように受け取ったらいいかとのことですね。

人生に役立つ哲学的側面だけでもいいのですが、世の中には言葉では説明できないことが多くあります。
親しい人との突然の別れをどのように受け取ったらいいのか。
正しいことをしてきたはずなのに、どうしてこのようなひどい目にあうのか。
どこまで思い通りになって、どこから諦めなければならないのか。
そもそもどうしてそうなったのか。
などなど、言葉にできないことを言葉で説明しようとしてもいろいろでてきます。
この言葉にできないことまで扱うことが宗教的側面だと思います。

お釈迦さまは、死後どうなるのか質問されても返事をしませんでした。『無記(むき)』
有るとも無いとも言わず、返事をしないことが答えなのです。

このように言葉にできないことにも向きあってきたのが、仏教が哲学ではなくて宗教であるゆえんなのかもしれません。

他の宗教ではそれを「〜である」と説明したりしますが、仏教は「分からない」として「不可称 不可説 不可思議」とそのままにしておく態度をとったりします。
その態度を決めることが宗教的なのです。

不思議な神秘的な体験をしたり、恍惚の状態になるのが宗教ではありません。
言葉にできないことにどういう態度でのぞむのか。
それが個々人の宗教的な側面ではないでしょうか。

『宗教』は「宗(むね)となる教え」として、仏教では「量(りょう・はかり)」といいます。
ものごとの判断をするさいの判断基準という意味です。
みっつんさんは、どのような判断基準のもとにどのような決断をし行動していくのでしょう。
その判断基準を、何千年と人びとの指針となってきたものに習うのが、修行なのかもしれません。

2014年10月14日 11:01
{{count}}
有り難し
おきもち

平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

リアル仏教派 ファンタジー仏教派

神話の世界にも、象徴的な話が色々できてきますね。
昔の方々は、宗教が一番伝えんとする心の在り方、大事な精神を面白さを持たせて説いている部分があると感じています。
これは私個人の考えですが、死後の世界を体験した人は人類史上、誰一人としていませんし、立証できません。それが大前提です。筑波大学で死後の世界を研究する取り組みもありましたが、実証はできません。
死後の世界を作り出した人たちは生きている人たちです。
だからこそ、色々な思想が生まれました。それが世の中に蔓延している❝あの世思想❞です。
あなたが眼にした、耳にしたのも❝あの世思想 文化❞の一つであるということです。
「死んだことのある人で帰ってきた人はいない」
「生まれ変わるのは細胞レベルで瞬時刻々。心もいつも生まれ変わっている。」
「この世でベター、ベストな生き方をするために生まれた道徳的な教訓」
として捉えると、迷いは消えます。
死後の世界を語る人は、そういう人間の心理を知っていたり、死後の世界が立証が誰もできないことを知っているからこそ、いかようにでも説ける、ということを知っている人だと思います。
ですが、こういう理知的な話をしても死後の世界を信じる方は信じるのです。それでいいのです。
死というのは人間誰にとっても一大事なことです。
人間は死後の世界に対して、生きている間に①何らかの納得ができる理由付けをするか、②仏(覚者)の教えによって正しい認識をした時、私への恐怖は滅します。
お釈迦様は、科学的に対して宗教的なものの見方を勧められた方ではなく、非常に科学的で、根拠のあるものの見方を勧められた方でもあります。それが受け入れられない方には、方便としてそういう教えも残されたのです。
理系の人には理系仏教、文系の人には文系仏教があるということです(^

2014年10月20日 8:12
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

様々な道

みっつんさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
面白いご質問だな、と思い、遅まきながらお答えさせて頂きます。

「仏教を学ぶ」という言葉があるとします。
これには、「仏教の歴史を学ぶ」ことや、「インドの古代仏教を学ぶ」こと、「中国での仏教の変遷」、「戒律についての研究」、「他の宗教との比較」などなど、無数のアプローチの仕方があります。

さらに「仏教に学ぶ」というスタンスもあります(仏教を、ではなく仏教に、です)。これは学問や知識としてではなく、自分の人生と仏教を、どう寄り添わせていくか、という立場です。しかもこの道にも、様々な道があります。

その様々な道が、宗派と呼ばれるものです。人間は一元的ではないからこそ、様々な宗派があるのだと思います。私は浄土真宗の僧侶で、自分自身は浄土真宗の教えでなければ救われないと思っています。この教えに出逢えて良かったと思っています。

でも、全ての人にそれが当てはまるとも思いません。坐禅によって救われる人、お題目によって気づきを得る人、様々です。
また、一見非科学的に見えるアプローチが性に合う、という人ももちろんいらっしゃるでしょう。理性で割り切れない問題には、「不可思議な力」が効力を発揮する場合もあると思います。

みっつんさんはすでに仏教に興味を抱いています。
色々なお寺を尋ね、本を読み、僧侶と接して頂ければ幸いです。その経験から、これだと思える道を歩める可能性が開かれています。

2014年10月22日 0:26
{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

学びと実践

みっつん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

みっつん様の仏教とのご縁、誠に有り難しでございます。

これまでに仏教に関しましては、拙くにも初期・根本(テーラワーダ)仏教からチベット密教まで全般的な概観を幅広く学ばせて頂いており、更に少しずつではございますが実践と併せての学びも進めさせて頂いております。仏教は、もちろん宗教的な信仰を扱う側面もあるものの、これまでの拙私見として、実践思想哲学的な要素が強くあると実感致しております。

その中で、学び修したことを実際に実践(修行)も併せて慎重に修習を進めることで、心底から納得したこと、できたことを受け入れていくことが肝要であるのではないかと存じております。

もちろん、一応、仏説として、不可思議なこと、非科学的なこと、到底(今は)納得できないようなことであっても、お悟りを開かれた仏陀・如来様であれば、方便的なものとしてもそれらのことが可能であり、説明できることもあるにはあるでしょうが・・とにかく、十分に自分自身が納得していない、できていない以上は安易に受け入れずに判断保留、更に検証が必要なものとして慎重に扱っておくのが妥当ではないかと存じております。

また、下記各問いの拙回答も色々とご参照頂けましたらと存じます。

問い「なぜか一つに決められないんですが・・・・」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002969128.html

問い「宗派にとらわれない仏教思想の学び方について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002944760.html

問い「貴方が「この教えは現代に合わない」と思った事を教えて下さい」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002902054.html

拙回答カテゴリー「各宗派の教えについて」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_319881.html

是非、共にこれからも頑張って仏教を学び進めて、実践にも努めて参りましょう。

川口英俊 合掌

2014年11月9日 8:56
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

これまでの自分の宗教観は勝手なイメージにすぎなかったことに気付かされました。
ますます仏教に対しての興味が湧きました。

また疑問があれば質問させて頂きます。

「宗教について」問答一覧

宗教、神道、スピリチュアル

今の世の中は情報で溢れています。 スマホって簡単にいろいろ調べることができて、情報で溢れかえっています。 心がツライときや精神的にしんどいときに、 精神的に弱く強くなりたいなぁ 傷つきやすい性格を変えたいなぁと思い、 検索魔になって検索すると、 あれやこれやいろいろ出てきて、 何が良くて何が悪いわけではないと理解していますが、情報が多すぎて、よくわからなくなってきます。 何がホントなのか?何を信じていいのか? きっと私意外にも藁をもすがる思いで、いろいろ検索する人もいると思います。 (確固たる宗教など崇拝してる方は、このような迷いはないかと思いますが…) 信じたいことだけ信じてればいいのでしょうか? 仏教的な目線は下記のことはどのように思われますか? 全ての出来事は引き寄せ? 出会う人や出来事は偶然?必然? 自分に起こる出来事は必ず必要? 乗り越えられない試練はない? 健康に問題があるときは暗示? 仏様にお願い?神様にお願い? 宇宙に任せる? 自分の胸にすーっと収まった言葉こそがご縁があり、その時に、ん?なんか腑に落ちないなって思う言葉は受け入れなければいいのでしょうか? そのような言葉でも後から受け入れるようになるかもしれませんが… 私自身、家に仏壇もあり仏教ですが、正直、意識するときはお墓まいりや法事の時だけです。ですが、今度はお墓があるお寺に仏教講座があるので、参加しようと思っています。 自分勝手な考え、散文、お許し下さい。 お手数お掛けします。よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

信仰ってなんだろう

私は、信仰するということの概念について悩んでいます。何故なら、私は、神様や仏様の存在を信じてはいるのですが、それは人間の心の内にある概念に過ぎず、形而下で捕捉できるものではないと思っており、この考え方が取っ払えない以上は心底から神仏を信仰することは叶わないのではという疑念を抱いているからです。 私がこのような考え方をもったきっかけは、遠藤周作さんによる著書「沈黙」を読んだことです。ご存知でない方に簡単にあらすじを説明しますと、キリスト教の弾圧があった江戸時代に、ある宣教師が拷問の末に棄教したという報を受けてその弟子が真相を求めて来日し、救いを求める弱い隠れキリシタンや彼らを拷問にかける大名と出会いながら、仏教との相違や絶対神の是非について考え、葛藤するというものです。 私がこの小説で衝撃を受けたのは、諸行無常の考えを礎とした仏教を信仰しているはずの大名が、キリシタンだというだけで農民の魔女狩りを行い、キリスト教の弾圧に執心していたことです。 宗教というのは、固まった思想を提示することで人々の心を安定させたり、民衆を統制させる側面があるとは思うのですが、劇中のように政の道具としての扱いにとどまったり、科学が普及した現在において金稼ぎのダシに成り下がってしまったりする宗教文化を多々見ると、もしかして心の底から神仏の存在を信仰することは最早なり得ないのではないか、という疑念を感じずにはいられません。 こうした疑念に輪をかけるのが、自然の脅威です。現在猛威を振るうコロナウイルスや、台風、地震などといった災害は、私たちにとっては害悪でしかなく、早期の収束や撲滅を願われるばかりですが、それらの現象は我々の嘆願とは関係なくただ事実として存在するのみであり、これらを既成の宗教概念によって説明するには限界が生じるのではないかと思います。それを考慮すると、我々に都合の良い神仏への疑念が益々助長されるばかりです。 私は、目的によっては多少の方便は許されても良いと思っていますが、神仏を本気で現実のものと信じている方々のことを考えるとどうしても後ろめたいものを感じます。こうしたことについて、僧侶の皆様はどう思われるのでしょうか。冒涜と思われるのでしょうか。それとも、これも信仰と思われるのでしょうか。 大変無礼な質問であると承知しておりますが、何卒宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 27
回答数回答 3

神を信じているはずなのに~相談します。

私は神の実在を信じています。でも、各宗教の説く信仰の世界になじめず、ひとりでさまよっています。 私の煩悩は「自殺したい」とか「神よ私を速やかに殺してください」と願うことです。 自殺すると仏教で言う「無間地獄」に堕ちると信じるので、具体的にはあの世で自殺霊・地縛霊になり、救われることはないと信じるため、怖くて実行できません。 そんな人生否定の感情や死後の恐怖から生きるとしたら、なんと消極的で暗い、マイナスの人生観・生活観でしょうか? 私は人生の初期に親から新興宗教の経典を読まされ、神棚の前に正座して「人生は苦悩なり」という経文を唱えさせられていたことが、そもそもの間違いの始まりだったのではないか?と思います。 小学生のころから「人生は苦悩なり」と権威をもって教え込まれるのではなく、夢や希望や「わくわくすること」を追いかけてがんばり、その夢をつかむよう教えられるべきだったのでは?と思います。 小中学校時代、その新興宗教の夏季合宿に必ず参加させられていました。 中学に進学したとき無意識に友達の前で「あ~死にたい!」と口にして嫌われました。そのころそんなことを言う子は一人もいませんでした。 高校時代は「自分は不幸だ」と友達に告げて「じゃあ、なぜ自殺しないのか?」と問われました。 大学時代、変な宗教に強引に勧誘され「早く過ぎ去れ、青春よ~!」という歌を歌わされました。 大学卒業後は自殺未遂をして精神科に入院することになり、絶望のどん底でした。 3年後、父の死をきっかけに退院して新聞配達や肖像画制作をしてがんばり、登山までするようになったのですが、15年ほどで体力が衰え、失職してひきこもりになり、医師の診断通り「統合失調症」ということを受け入れざるを得なくなりました。幻覚も妄想もない統合失調症患者もいるということですが、私もそのひとりなのだと思います。 症状は「疲れやすさ」「意欲の低下」「睡眠障害」の3つです。 神への信仰、医療に頼っていますが、仏教文化も私には必要で、多くの影響を色濃く受けています。「般若心経」「観音経」「白隠禅師和讃」を仏前であげることもあります。CD集『ひろさちやの感動するお経』全8巻も繰り返し聴いています。 障害年金で暮らし、身近に相談相手もいない私は母亡き後果たして生きて行けるのか心配と不安で夜も眠れないほど悩んでいます。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

キリスト教か仏教か。

いつも、相談にのっていただきありがとうございます。 ストレートで申し訳ないのですが、キリスト教を信仰するか、仏教を信仰するか、迷っています。 キリスト教の教会は10年ほど前ですが、通っていました。信仰告白もして、あとは洗礼を受けるだけ…という所までいったのですが、別れた主人が浄土真宗のお寺の孫でキリスト教なんてとんでもない!と激怒され、そこから疎遠になってしまいました。 仏教はお経を今、私なりの言葉でわかりやすく訳していて、お釈迦様や阿弥陀如来の智慧に向き合う度に泣くほど感動することもあって、とても心を惹かれています。 幸い、わからないことがあったら聞いてくださいねと言っていただける僧侶の方とも出会うことが出来て、何度か質問もしました。 その僧侶の方の人となりだと思うのですが、終始、仏様を信じられたらいいですね。と言ってくれます。 私は仏様を信じたいと思っていますし、お経から導かれたこのご縁を大事にしたいとも考えています。 ただ、どうしたらいいのかわからないのです。キリスト教の時は日曜日の礼拝から始まり、聖書の勉強会を定期的にすることで 信仰を深めて行くことが出来たのですが、仏教は敷居が高いと言うか、私の住んでいる地域では勉強会もないですし、法話会もこのご時世なのでやっていない所も多く、やっていても都合が合わなかったりでなかなか信仰が深められません。 そんな時にクリスチャンの友人からまた、教会に行かない?と誘われました。 私の気持ちは仏教に傾いているので、教会に行く気持ちはないのですが、正直揺らいでいるのも事実です。 どうしたら、今ご縁がある僧侶の方に仏教を信じたい!仏教の勉強がしたい!という私の気持ちが伝わるのでしょうか? 仏教の勉強が出来るサイトや学校みたいな所も見つけたのですが、お金がそこそこかかるようでカツカツで暮らしている今の現状では厳しく…。 内容が前後して申し訳ないのですが、ご縁があった僧侶の方には信じたいということも、もっと勉強したいということも伝えています。それでも、返ってくる言葉は「信じられたらいいですね〜」という感じで、最近は私と関わってしまったことを面倒臭く感じているのでは?と思うことしきりです。 長文駄文失礼しました。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 30
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る