hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

子ども、子宝?について

回答数回答 2
有り難し有り難し 22

夫以外に誰にも相談できない重たい相談です…。

第一子が二年前に産まれ、すぐに皮膚の難病だとわかりました。遺伝病です。
ただ、私や主人の家系には誰一人としてその病気の人はいません。
たまたま、私と主人の遺伝子の悪い物同士が引っ付きあってできてしまったのが第一子です。
運がいいことにこの子は訪問看護の力を借りながらも健常者と同じ生活が送れています。
ただ、これは兄弟(性別かかわらず)でも症状は違うらしく、一生車イス、一生流動食等、生まれてみて育たないことにはわかりません。
そして、遺伝病の為1/4の確率でこの病気になり3/4はこの病気にはならないそうです。
どうしても兄弟をつくってあげたい、やっぱり子どもが好き等で、第二子を望みました。
結果すぐに妊娠しましたが、羊水検査でこの病気、まさかのまた1/4に入ってしまいました…。
この病気だとわかって産む勇気がなく、中絶の道を選びました…。
こんなことはしたくなかったので、子どもを作る前に遺伝子専門の病院に行き、体外受精、着床前診断で判断できないのかと訪ねたところ…倫理的問題が発生するのでできないとのことでした。おかしなことに妊娠→羊水検査→中絶ならばできると…。
3/4にかけましたが、ダメでした…。
せっかく授かった命だったのに…。
こんなことを思いながらも、どうしても兄弟を諦められず、しかしまた1/4に入ってしまったら…。
ほとんどの人が健康な子ども(途中病気や障害、事故らは除いて)を授かるのになんで我が家だけなんで…。
次こそは…。そう考えてしまいます。
体力的、精神的、金銭的に今度の子作りが最後…。
子どもは欲しいけれど、この遺伝病だったら育てられない…作りたいけどまた中絶…。どうしたらいいのかわかりません…。
何度考えても、病気が判明したら育て上げる自信はありません、産めません…。しかし、自分の子どもがもう一人欲しい(もともた、第一子が産まれる前から夫婦とも二人の子どもを希望していました)。わがままなんでしょうか?主人も同じ気持ちです。

悩み事を簡潔に書けなくてすみません…。
お忙しい中読んでいただきありがとうございました。

2014年10月16日 22:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

生まれ来たる命に親の善悪のラベルはついていない

禅宗の祖師の一人、達磨大師から3番目の鑑智僧璨カンチ・ソウサンという和尚は重い皮膚病を患っておられました。その事が本人にとっても大問題でしたが、それがきっかけで悟りを開きました。
親にとって、本人にとって、不幸だ不運だと騒ぎを起こすことでも、それがまるで問題とならなくなるということや悟りすら得られるきっかけとなることが実証されているという訳です。
生まれてくる命に親の評価はついていませんよ。(^<^)
倫理上の問題というのはまさに、このことです。
可哀想だ、生まれてくるべきではなかった、一生苦労するであろうから、というのは子供の心の声ではなく親の心の声、厳密にはあなたの声です。
仮に私が難病で生まれてきたにせよ、母親がこんな子に産んでしまってごめんね、あんた不憫な子や、かわいそうに、なんて言われ続けていたら逆にそれこそ苦しみのタネ、親を恨みますね。
そういう親の評価事こそ、子供をいかに苦しめているかを見つめるべきです。
親のネガティブな評価がどれほど子供を苦しめる事か。
私も妻も子供も100%健康優良児というほどではありませんがピンピンしてます。
体の悪い一つのところにスポットライトを当てて、ああ、これがダメだ、ダメだ、といえばただ単にそこが浮かび上がって問題にされる、ということはいくらでもあります。

「人間が問題にする問題というものは、本人が心に問題を起こした時にだけ、問題となり、その問題が忘れ去られている時には問題であっても、心には問題とならない」 
※7回 声に出して 意味を熟考しながら 読んでみてください。

2014年10月17日 15:22
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 坐禅会 法話・提唱会 毎週...

ホモ・サピエンスの生存戦略

えりぃ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず下記問いの拙回答をご参照下さいませ。

問い「子供の産めない女性」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002973768.html

病気や障がいの有無に拘らず、私たちは本当に儚く弱い存在でございます。でも、私たち人間は、互いに支え合い、助け合い、分かち合うことにより、「種」の保存に成功して参りました。

そこで、最近注目のYahoo!知恵袋の問答をご紹介させて頂きます。是非、ご参考にして下さい。

「弱者を抹殺する。 不謹慎な質問ですが、疑問に思ったのでお答え頂ければと思い...」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1463546664

ベストアンサーから抜粋・・

『・・「優秀な遺伝子」ってものは無いんですよ。あるのは「ある特定の環境において、有効であるかもしれない遺伝子」です。遺伝子によって発現されるどういう"形質"が、どういう環境で生存に有利に働くかは計算不可能です。例えば、現代社会の人類にとって「障害」としかみなされない形質も、将来は「有効な形質」になってるかもしれません。だから、可能であるならばできる限り多くのパターンの「障害(=つまるところ形質的イレギュラーですが)」を抱えておく方が、生存戦略上の「保険」となるんです。・・中略・・アマゾンのジャングルに一人で放置されて生き延びられる現代人はいませんね。ということは、「社会」というものが無い生の自然状態に置かれるなら、人間は全員「弱者」だということです。その「弱者」たちが集まって、出来るだけ多くの「弱者」を生かすようにしたのが人間の生存戦略なんです。だから社会科学では、「闘争」も「協働」も人間社会の構成要素だが、どちらがより「人間社会」の本質かといえば「協働」である、と答えるんです。「闘争」がどれほど活発化しようが、最後は「協働」しないと人間は生き延びられないからです。我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです。・・』

川口英俊 合掌

2014年11月9日 10:17
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

子ども?子宝で質問した者です。
仏の世界にも重たい病気を持っておられた方がいらっしゃったなんて、驚きました。

確かに第一子は、病気だと知らずに生んでいるので特にラベルをはったりだとかはありません。可愛そうなことをした、可愛そう。と思ったことはありません。
嫌な目に合ったり、なんで自分だけ?と思ったりすることは生きていく中であるだろうけれど、そんなことで心折れるな!頑張れ!と思ってました。
しかし、二人目が産む前から病気だとわかり…第一子とは違う感情が沸きました。
それが、前回投稿したものです。
そのラベル貼ってたんですね。可愛そうウンヌン…。
第一子と同じ気持ちでいたのなら良かったですよね…。
もっと早くにこのサイトを見つけていたのなら…。
悔やみきれません…。悔やんだところであの子が帰ってくるわけはないのですが…。本当に申し訳ないことをしてしまいました。

最後のお言葉心に響きました。本当にその通りですよね。
心にしみました。心の支えの言葉として今後も残しておきたいお言葉です。

「不妊・流産・子供が欲しい」問答一覧

不妊の時の心のもちかた

こんにちは。 久しぶりに相談させて下さい。 2年程前、母親になりきれない、むいていないと相談させていただきました。 あれから息子は4才、幼稚園年少になり、周りよりはゆっくりですが、息子なりに成長。私もだいぶ楽になりました。 そして二人目を考え始め、専門病院を受診したところ、不妊が発覚。自然妊娠は難しいと言われました。 私がまず思ったのは神様からの罰だなと。息子が赤ちゃんの時に心から愛せなかったことへの罰だなと思いました。 でも今なら愛せる自信があるのに。 みんなより二人目が欲しいと思うまでに時間はかかったけど、今なら心から子どもがほしいと思えるのです。なのに、、、。 周りは既に兄弟がいたり、今妊娠していたり。正直、辛くてなりません。不妊治療のことは誰にも相談できず(周りに気を遣わせてしまいそう)、ただ悶々とする日々。 大好きな友達のおめでたいニュースすら、心から祝うことができない。 二人目を産んだ友達に会う気すらなれない。嫉妬です。 私は本当に心が狭いし、真っ暗な感情ばかりが湧き上がってきます。本当に最低です。だから赤ちゃんもきてくれないんだと思います。 でもどうやったらその感情が無くせるのか、何をどのように思えば、黒い感情がなくなり、楽になれるのかわからないんです。 趣味など他に没頭できるものはありません。 心の持ち方を知りたいです。

有り難し有り難し 39
回答数回答 1

幸せとは何でしょうか?

以前相談させて頂きました。 あれから初めて流産をしました。 まだ人として形成されていない魂のない袋のままでの流産でした。 それを聞いた時悲しくもありましたが、ホッとした自分がいたのは間違いなくいて、またそんな自分を情けなくもなりました。 こんな気持ちで私のもとで産まれた子供は、ただただ可哀そうだと思うからです。 今はまた毎日一人で朝から過ごす中、 私は出会って直ぐに結婚してカナダに来て幸せなのだろうか、、、と思う日々です。 夫は相変わらず激務で、 私はただご飯を作って待つだけの毎日に虚しさを覚え、これで良かったのか?と自問自答しても答えが見つからないです。 元彼と夫を比べても仕方なく、 元彼を振った私が自業自得ですが、元彼に感じていた好きの度合いが夫にはそこまで感じなく、結婚をしたのに今さら元彼を思い出します。 なぜあの時もっと我慢しなかったんだろう なぜもっと理解してあげれなかったんだろう と元彼に対して申し訳ない気持ちです。 元彼とは6年経っても仕事を優先する彼←サラリーマンとレストランオーナーなのでいつも忙しい人です、にほとほと疲れてしまい、私から別れを切り出しました。 彼はずっと一緒にいたいからと言って、真剣にきちんと両親にも会っていてくれていたのに。 まだ彼といたら私はどうだったんだろうと思うこともあります。 本当に今さらこんなことを思っても仕方のないことだとわかってます。 私は幸せになる道を間違ったのでしょうか、、?? どうか教えて下さい。 苦しい毎日です。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

父の癌と私の流産

実の父がが2ヶ月前に胃ガンであることがわかりました。66歳で、まさにこれから老後を楽しもう!としていた矢先の出来事でした。 あまりにも珍しい癌でとても予後が悪いものでした。胃を全摘しましたが、その直後に多臓器転移、播種がわかり痛みが出てきて食事も取れなくなってきて、日に日に衰えていくのがわかります。麻薬系の痛み止めが手放せないほどです。2ヶ月の間にまさかそんなことになるとは思っておらず家族みんなは、あっという間の状況についていけず、ただただ落ち込むばかりです。 家族構成は父、母、娘二人(私、妹)と祖母です。父は婿養子です。 娘二人は結婚して、実家から30分弱のところに住んでいますので週末や時間があるときは二人とも実家に帰ってそばにいますが、なにもしてあげれません。3歳の孫を連れて行ったりするのですが反応も薄く。元気な頃は猫可愛がりしていたほどだったのに今はあまり反応をしなくなってしまいました。なんだかふさぎこんでいるというか、諦めているというか、遠くに行ってしまったような、近寄りがたい感じがして話かける言葉が見つかりません。気分が少しでも紛れればと思いマンガ本を差し入れしたところ、それは読んでくれてるようでした。 この質問から2日後に入院し、抗がん剤治療が始まります。私はこの治療が功を奏するかもしれないからまだ悲しむのは早い!と思うのですが、落ち込んで塞ぎ込んでしまってる父はもうすでに気持ちの部分で負けてしまってる気がします。かといって、私も母も今の父を見てると覚悟せざる得ない状況なので最悪の事態にも一応備えて居ります。父は高卒から65歳まで同じところに勤めて、真面目に働き家のために尽くし娘二人を何不自由なく育ててくれました。いつも穏やかで優しい父です。しかし無口な為普段からほとんど会話はしません。なので父の気持ちがよくわからないのです。それでも父の事は大好きなので毎日父の事を考えては涙が出ます。そして父の癌告知のすぐあと私が二人目の赤ちゃんを流産してしまいました。 それを聞いた父もすごく残念がっていました。私も心と体がボロボロになりました。どうしてこんなに苦しい事が一気に重なるのでしょうか。毎朝起きると辛くて涙が出ます。嫌な夢を見て朝に泣いて起きることもあります。 気持ちの持ち方がわかりません。どうか心のお薬をいただければと思います。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

稽留流産、祖母の死

辛くて悲しい事が続いてしまったのでお話を聞いて頂きたいです。よろしくお願い致します。 去年の秋頃から、2人目の不妊治療を始め、今年の6月に体外受精の移植をして妊娠でき本当に嬉しかったです。7月半ばからつわりも始まり、赤ちゃんも順調だったのですが、7月30日に、8週目で不妊治療の病院の卒業の日心拍が止まっている事が分かりました。信じられない気持ちと悲しさで、もうこんな辛い事したくないと思い、娘1人いるだけで十分じゃないかと思いしばらくお休みするか諦めようと考えていました。 その3日後、施設に入っている祖母につわりが無くなった為、母、夫、娘で会いに行くことにしました。 母が少し前に、祖母に私が体外受精で妊娠して、もうつわりが始まっているから、中々会いに来れない事を伝えたら、パーキンソン病であまり話せないのに、「よく頑張ったね」と言ってくれたようです。 会いに行くと、少し前から肺炎になってしまったり、食べれなくなってしまい凄く痩せていて呼吸も苦しそうだったけど、手を凄く握ってくれたり、帰る時は頑張って声を出して、「またね」と言ってくれました。なのに私達が帰った三時間後、呼吸が止まったと施設から連絡がありました。 まさか、さっき会いに行ったのが最後になるなんて思わなかったし、祖母が亡くなってしまった事、流産と知ってからまだ三日しかたっていない、なんでこんなに立て続けに悲しい事が続くんだと本当に辛いです。 悲しさを比べるものではありませんが、祖母の事が悲しくて辛すぎて、流産の事を考えずに済み、あの日もう2人目を諦めようと思った気持ちが消えました。 偶然だとは思いますが、流産からの、祖母の死に意味はあるのでしょうか。 また、私の赤ちゃんは今祖母と一緒にいますでしょうか。いると思うと、とても安心できます。 私が赤ちゃん、祖母に出来ることがあれば教えて頂きたいです。 祖母は浄土真宗です。 長く、まとまりのない文章になってしまい申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

流産後の心の弱さ

今年の初めに稽留流産をしました。 胎嚢も心拍も確認されエコーで手足がわかるくらいで、9週目でした。 とても悲しくて毎日泣いて、ごはんも食べれず何もやる気がしないのに眠れない…外で小さな子供を見ることも嫌で心が苦しい、そんな日々が1ヶ月ほど続きました。 しばらくして気持ちも落ち着き、少し前からは妊活に前向きになってきました。 妊婦さんや小さな赤ちゃんを見ても、前ほど嫌な気持ちにならず「その妊娠力分けて〜」と思えるようにもなりました。 しかし不妊治療のために病院と漢方薬局に通っていますが、最近漢方の先生からの言葉が胸に突き刺さるのです。 最初は私が多嚢胞性卵巣症候群という体質があるため「多嚢胞の人は流産しやすい。妊娠前の血液検査の結果の数値が悪かったから流産することは予想していたが、ガッカリさせたくなくて言わなかった」というようなことを言われました。 先生には全く悪気はなかったと思いますが、そんなことわざわざ伝えてなくても良いのに…と気持ちが下がってしまいました。 また寝つきが悪いという話をすると「流産したことをまだ引きずっているのかも。あなたは心が弱いから。心が強くないとお母さんにはなれない」と言われました。 私自身は心が弱いと思ったことはあまりありません。 確かに流産した時は悲しくて苦しくてとても心が弱っていましたが、今はそこまで引きずってはいないつもりです。 今まで生きてきた人生の中でも、どちらかというと強く生きてきたほうだと思います。 確かに嫌な思い出や、人から言われて傷ついたことを思い出して気分が落ち込んでしまうことがあります。 人より無駄にあれこれ考え過ぎてしまう癖や、些細なことがずっと頭から離れずにいることもあります。 気持ちの浮き沈みが激しいときもあります。 全て1日経てば立ち直りますが… それが心が弱いということなのでしょうか? 心が弱いとお母さんにはなれないのでしょうか? こんな些細なことで頭を悩ませたくないのですが、どうすれば心を強く保てるでしょうか?

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る