hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

信仰と不安

回答数回答 2
有り難し有り難し 9

 妻は今まで信仰してきた人の教えもあり、何か自分の体調が悪かったり、子どもの様子が少しおかしいと、自分が間違ったことを神仏にしているのでないか、先祖の因縁ではないかと不安がります。
 また、電波にのって自宅に先祖の重い因縁や魂が入ってくると困るのでと、私や妻の両親からの電話を一切取らず、また電話もかけず、また物が届いても悪いものが憑いてくると困ると家の中にもいれず人にあげるか捨ててしまいます。また、私が妻を触ろうとすると、仕事をして外から持って帰る悪いものが憑いてしんどくなると言って拒否されます。家の中にもいたるところに塩を置いて何とか悪いものを祓い清めようとしています。妻の様子を見ているとある意味強迫的であり不安に包まれている状況であるのですが、私が言っても妻は「霊感もなく信仰していない人には分からない。」と返されてしまいます。信仰とは己の不安を少しでも解消するためにするものでないかと個人的に思っているのですが、妻を見ていると信仰しているのに不安に陥っている状況です。
 不安を解消するための信仰のあり方について教えていただけると幸いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

祟る先祖などいません!

MKさま

奥さまの信仰について、深く悩んでおられ、数件ご質問を頂いていますね。

http://hasunoha.jp/questions/67
こちらで川口師が答えられていますが、今回のMKさんの書き込みをみる限り、奥さまの今の状況は「信仰が深い方」ではなく「カルトの被害者」だと私は思います。
一刻も早く、カルト対策や心療内科にかかるべきです。(以下川口師からの引用)

日本脱カルト協会
http://www.jscpr.org/advise.htm

「カルトからの脱会と回復のための手引き」
http://www.jscpr.org/book.htm

紀藤正樹弁護士のサイト
http://homepage1.nifty.com/kito/

「マインド・コントロール」紀藤正樹弁護士著・アスコム
http://t.co/ccP9zAjq

http://hasunoha.jp/questions/68
こちらでは密富師が「何れからの宗教者から其の様に言われた事なのでしょうか」と書かれていますが、奥さまが信仰しているのは残念ながら宗教者ではないように私は感じます。距離をとるべきです。

http://hasunoha.jp/questions/83
こちらでは赤澤師がお答えになっていますが、先祖が祟って不幸になるなど、荒唐無稽、何の根拠もない事です。気になさってはいけません。

破壊的カルトは大きく7種に分類されます。
1:悪霊憑依型(供養型)
2:悪霊憑依型(祈祷型)
3:極限修業型
4:反現代医学型
5:闘争的教説型
6:終末論型
7:再生観念型

奥さまが信仰しているのは1と2が合わさったもののように感じます。

もう一度申します。祟る先祖などおりません。
奥さまに必要なのは、カルト対策専門家と心療内科での適切な治療です。
恐れず、勇気をもって進めて下さい。
MKさんの家族が壊れてしまう前に。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

盲目的・妄信的・狂信的な信仰は危険と再認識

MK 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

MK様のこれまでの一連のご質問、御礼のメッセージの内容もお読みさせて頂きまして、盲目的・妄信的・狂信的な信仰は、やはり危険であると改めて再認識させて頂いております。

このことは仏教、宗教・信仰について少なからず携わらせて頂いている者と致しましても十分に気をつけなければならないと実感致しております。何事も批判的・合理的に検証していくことが必要であると存じております。

MK様の奥様のマインドコントロールを解かすことがなかなか容易ではないであろうことは、色々な事例からも想像できる次第ではあります。

浦上哲也様に再掲して頂いております中で紹介させて頂きました「カルトからの脱会と回復のための手引き」日本脱カルト協会編集・遠見書房と「マインド・コントロール」紀藤正樹弁護士著・アスコムをあれから実は拙生もすぐに購入して読み進めているところではあります。

もちろん、MK様の奥様のことについての解決へと繋がる手立てとなるかもしれない例もいくつかあるようには思われますので、MK様も是非ご参考頂きたいとも存じますが、とにかくそれぞれのケース・バイ・ケースもあり、具体的な方法については、やはり専門家、被害があれば弁護士に依頼なさられるのが良いのではないかとは存じます。もちろん、お忙しいお方ですが弁護士の中でもこの件に関して特に専門として取り組まれて、様々なノウハウも持っておられる紀藤正樹先生にご相談なさられるのが良いのではないかとは存じております。もしくは、お近くで頼りとなる弁護士をご紹介頂くようにお願いするのも良いかとも存じます。

まだまだ解決へ向けては時間が掛かるかとは存じますが、焦らずに、様々な協力も得ながら、善処へと向かうことを願っております。

とにかくMK様が、「これは何かおかしい」、「これは何か変だ」と気づかれて、その思いをこの「Hasunoha」ででも打ち明けることができたのは誠に不幸中の幸いであったのではないだろうかと存じております。

MK様のご家族が壊れずに、心穏やかに生活を送れる日が参りますことを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
 妻が信仰していた神道の先生から「供養できていない先祖がいて訴えている、先祖が罪深いから因縁で不幸になる。このままだと先祖の罪や怒りから子どもが命を落とすか犯罪を犯す。それを回避するためには早く悟る必要がある」とずっと言われてきて、また妻の言動も信仰していた神道の先生の教えのことばかりになり、正直、自分を追い詰めていました。
 妻は今医学上はどこも問題ないのに寝込んでいる状態であり、こうなったのは自分の信仰が足りず指導者の言うことにそむいてきた罰からだと言っています。また、自分は正常であり、精神科等には行きたくないと言っています。
 私も妻の信仰に対して、否定もできず、かと言って肯定もできず、妻の言動にどう向き合うべきか悩んでいる状態でした。
 家族が壊れないように、妻が恐れや不安にみちた信仰の呪縛から解かれ心穏やかな生活を送れるように私も考え相談していきたいと思います。

 妻は現在身体上は検査しても何の問題もないのですが、寝込んでいる状態が数ヶ月続いており、何とか元気になろうと一人神社に参拝しています。
 育児や家事は私がほとんどしている状態で、子どもも私がしごとをしているときは保育園に預けています。妻としても子どもを自分で育てたい意思はあるのですが体調が治らない状態で、自分の信仰が足りないせいであり、指導者の指示にしたがわなかったせいだと言っています。ある病院で検査したときにストレスや心の問題ではと指摘されたのですが、妻は自分は正常であり、信仰もしており何も心に問題はないと言っています。
 実家や知人も心配して声をかけてくれるのですが、妻は私以外の援助を拒否をしている状態です。妻は今は距離を置かれている指導者を今も尊敬しており、いつも神棚でその指導者の名前で感謝の言葉を述べています。
 妻からするとその指導者は子どもの命を救った恩人であると思っています。その指導者から「子どもは悪い因縁から命が弱っていて20歳まで生きられない」といわれ、それを回避するために、とある神社で子どもに新たな命を吹き込んでもらう儀式を指導者にしてもらい、それで生きられるようになったと思っています。
 そのため、妻の指導者への思いは強く、なかなか周囲の違う意見が入らない状態です。
 どう妻を専門家や医療とつなげるのか、第3者の協力も得ていけないか考えています。

「宗教について」問答一覧

我々だけが正しい?

へタな日本語はすみません。日本住んでいるアメリカ人です。 アブラハム系の信仰は「排他主義」だとよく言われます。例えば、多くのクリスチャンやイスラム教徒は、"自分たちだけが正しい。他の宗教の信者は永遠に地獄に落ちる" と考えています。これは公式の教義です。 中世キリスト教の十字軍、イスラム教のジハード、「異端者」の殺害、「魔女」の焼却、「異教徒」の強制改宗など : 西洋の歴史では宗教的暴力はよく見られます。このような暴力は、アジアの歴史に、欧米に比べてめずらしいだと思います。 アブラハムの「排他主義」のせいで、私は家族が信仰するキリスト教に嫌悪感を抱くようになりました。"道徳的な神は、不信者を永遠に地獄で焼かせるようなことはしない"と思った, 子供ときから。 仏教に興味を持ち始めたのは、仏教の方が洗練されていると感じたからです。仏教の方が洗練されていて、心が広く感じられたからです。慈悲深い感じがしたからです。仏教の「方便」という考え方は、真理への道がいくつもあるということですよね。 しかし、日本の仏教にも若干の「排他主義」があるのではないでしょうか?例えば、親鸞上人は「このひどい時代には念仏だけは適切です」と考えていたそうですね。 日蓮上人の「四箇格言」は、他の宗派に対して特に批判的なようです: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%AE%87%E6%A0%BC%E8%A8%80 私は親鸞聖人も日蓮上人も深く尊敬していますが、彼らの信者はお互いに尊敬し合えるのでしょうか? では、21世紀はどうだろう。日本の宗派は調和しているのか、それとも「排他主義」による緊張感があるのか。 親鸞聖人と日蓮上人の両方の書物を愛読することは許されるのでしょうか?どちらの説も、透き通った真実を見ているような気がします。私は、真言宗と天台宗の思想も大好。一方だけを選ぶことは必要でしょうか? 心がズタズタに引き裂かれるような感覚です。

有り難し有り難し 35
回答数回答 2

宗教の両立

実は僕、キリスト教の高校への進学が決まりました。志望校なのでそれはうれしい事間違いないです。 しかし、僕は仏教なだけにキリスト教系の高校に進学後、どうしてもキリスト様やマリア様がいると信じます。 でもそれは仏教の教えに違反しているっぽく、曖昧な気持ちになってしまい、まるで仏様や仏教関係の事を裏切ってしまったとみなされて、死後地獄行きかな?と思いました。 昔はキリスト教の禁止があったため、今もキリスト教を信じるのは厳禁なのですか?でもこれから崇拝も経験になりますし、賛美歌も合唱しますし、聖書も持つ事にもなりますので仏様やのの様、阿弥陀様、そしてその他の神仏様方には大変申し訳ない事ですがどうしても通る道になります。 でもそこで「宗教の両立」は可能なのか?と思うしかありませんでした(本当にあるのかな?と) もしそうだとしたら、僕は仏様とキリスト様はどっちもいると思います。 なぜなら、キリスト教は恐ろしい事に、神の存在を信じなければ恐ろしい事がまっているためです。それはそれで困るのでどっちも信じます。(つまり仏教とキリスト教はどっちも存在すると) でもそれでまた間違った考えを持った罪で地獄行き…(実際にそのような地獄は調べたら出てきました。) 「邪教を信じてはいけない」みたいな事が書かれていたのですが、キリスト教もその一つなのでしょうか? どっちみち「宗教の両立」も無意味なのでしょうか。 果たして、キリスト教を崇拝し、賛美歌も歌っただけでも大きな罪なのでしょうか? 改めまして、仏教とキリスト教は、宗教の自由だけどなるべく両立したほうがよいのでしょうか?ご回答お願いいたします。

有り難し有り難し 48
回答数回答 3

先祖からの因縁で不幸になるのか

13年前に子供が病気になったときある宗教に出会いました。先祖からの因縁を浄めるためおせがきやお護魔をすること、他の人を入信させて育てることで因縁が浄められる、得ずみのためにお布施をするというかんじでした。10年一生懸命信じてきました。でもその娘がまた乳癌になってしまいました。その前も今回も先祖の因縁といわれおせがきとお護魔とお布施をすすめられ入信させた人にもっと精進してもらえば娘が救われると言われました。癌のショック、高額な治療費を考えるとそんなお金でません。信じて信仰してきたのですが、なんについてもお金がかかることや、自分が助かるのに他の人が精進しなければならないのかと疑問が沸いてしまいました。でも先祖の因縁でこれ以上娘が辛いおもいをするのかと恐怖があり、この信仰をやめて何かあったらどうしようと怯えもあります。その信仰は霊能者がいてみてもらうのですが、内容は何でわかるのか?と思う内容なのでそれで信じてしまいました。教えの内容も他のために行動することや、真言宗の阿闍梨が教主なのでちゃんとした仏教で嫌な感じではありませんでした。信者のかたもみなさん優しい方ばかりです。 他の宗教は知らないので仏教はどうなのか解りませんが、本当に先祖からの因縁で不幸になるのでしょうか?

有り難し有り難し 64
回答数回答 3

生霊や神様仏様のお力について

よろしくお願い致します。初めての質問で兄の相談をさせて頂きました。 兄はアルコール依存で鬱の疑い、飲酒運転の果ての接触事故、そして兄に対する母の言動で私は精神的に不安定でした。 俳優さんの自死から私の中にもそのような感情が芽生えてしまったこともありました。 表では笑って人を励ましているのに、その感情と並行するように闇がありました。 しかし、これではいけない、楽しい事をしようと母と京都旅行をする事になり、お寺や仏様・神様などを調べているうちに、神様・仏様がどのような力を持っているのかを知りました。 ---- 頭がおかしいと思われるかもしれませんが、兄には生霊が憑いている気がしてお祓いについて真剣に調べました。 「突然背中を強く叩く」というものがあり、不意を突いて兄に実行しました。 兄は驚いていましたが、表情が変わった気がしました。 次の日に、不動明王様の事を知り、お力を借りようと兄が仕事に出かけた後、部屋の前で「これは兄の言葉としてお聞きください」と真言を何度も唱えました。 すると帰宅した兄が、珍しく「温泉いきたい」と出かけ「さっぱりした」と帰ってきました。 数年続いた鬱蒼とした雰囲気とは何か違うように感じ、不動明王様に感謝しました。 それから毎日私は、「全ての神様、仏様、一日宜しくお願いします」「本日も有難うございました」と挨拶をしています。 その中でも、とりわけ話を聞いてほしい神様や仏様の名前を呼ぶのですが、毎日変わる事もあります。 しかし、沢山の神様や仏様をその時の気分で信仰するのはいけないのでしょうか? 一番お慕いしている神様(または仏様)を信仰したほうが良いのでしょうか? 私は先祖のお墓があるお寺の宗派も知らないし、両親は新興宗教に所属しており、お仏壇にはその宗教のお経を唱えています。 私というと、3年前から安井金毘羅宮にお祀りされている崇徳天皇に惹かれ不思議なことが重なり、崇徳天皇がお傍にいるように感じお慕いしています。 怨霊として恐れられていますが、私にはそのような方には思えません。 また、生霊・悪霊は本当にいるのでしょうか?霊感がないので、除霊などできるはずがないですし、それでも、毎日兄や家族の為に神様に挨拶をすることや真言を唱える事を続けた方がいいでしょうか? 読みづらい文章で申し訳ありません。 宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

神社の境内に村のゴミ捨て場があります。

私はシニアで、以前は母子家庭の母でした。 フリーター暮らしが長く、転居も多かったです。自然が大好きなのと、健康のために田舎暮らしを志向し、今は自然の多い古い村の一角に住んでいます。 もとは大阪府の町で生まれ、東京の都会に長くいました。 社会的弱者でしたので、転居する度に、その地域の氏神様(神社)にご挨拶に行き、加護や導きをお願いしてきました。転出して去る時も、氏神様に報告やお礼は欠かしませんでした。 それが、今は過疎の村にいて、氏神の神主さんはもう不在で、村の人が形ばかりの掃除を受け持っています。(お寺ももう住職は不在です) 氏神はさびれています。 その神社は、集まる場所みたいにはなっていて、村全体でゴミ拾いなどをする場合は、その境内に集合します。神社に隣接して自治会の集会所が建てられていて、その集会所を利用する際も、神社の境内を使い、車も止めます。 で、神社の境内の端っこに、村の人の日常的なゴミステーションが設置されています。 私はふだん別のゴミ集積所を使用しますが、乾電池や電球、蛍光灯などの特殊ゴミに関しては、その神社のゴミステーションを利用しなければなりません。 最初は慣れることが先であまり深く考えなかったのですが、先日、車でその神社の境内に行き、乾電池などをコンテナに捨てて、また車で神社の境内を斜めに横切って裏の道に出るということをした時、「神様に対してすごく不遜な、失礼なことをしている」という思いがこみ上げてきて、何か、ドキドキひやひやしました。 そもそも禊祓いの神社に、「ゴミ」は、ダメだと思うのです。 友人や身内に意見を聞いてみたところ、関西の人は、「神社にごみすてばー? バチあたんで!すごいなあ・・」という反応ですが、関東の人は、「ゴミ出すスペースがそこしかなかったんじゃない?」「氏子って、神社から長い年月お金や労力を取られてきてるから、仕返ししてるんじゃない?」「所詮建物に過ぎないし、空き家でしょ?」等と言います。畏敬の念というのが、ぜんぜん無いです。 文化の違いみたいです。 どうしようもないのですが、心にもやもやが残って困ります。 神社を畏敬したら、畏敬の念のない村人に合わせられないし、村人をまねて神社に対する畏敬の念を捨てるということも、私にはできません。 私はどう解釈し、どう神社や村人と接すればいいでしょうか?

有り難し有り難し 21
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る