hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

信仰と不安

回答数回答 2
有り難し有り難し 9

 妻は今まで信仰してきた人の教えもあり、何か自分の体調が悪かったり、子どもの様子が少しおかしいと、自分が間違ったことを神仏にしているのでないか、先祖の因縁ではないかと不安がります。
 また、電波にのって自宅に先祖の重い因縁や魂が入ってくると困るのでと、私や妻の両親からの電話を一切取らず、また電話もかけず、また物が届いても悪いものが憑いてくると困ると家の中にもいれず人にあげるか捨ててしまいます。また、私が妻を触ろうとすると、仕事をして外から持って帰る悪いものが憑いてしんどくなると言って拒否されます。家の中にもいたるところに塩を置いて何とか悪いものを祓い清めようとしています。妻の様子を見ているとある意味強迫的であり不安に包まれている状況であるのですが、私が言っても妻は「霊感もなく信仰していない人には分からない。」と返されてしまいます。信仰とは己の不安を少しでも解消するためにするものでないかと個人的に思っているのですが、妻を見ていると信仰しているのに不安に陥っている状況です。
 不安を解消するための信仰のあり方について教えていただけると幸いです。

2013年3月18日 15:06

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

祟る先祖などいません!

MKさま

奥さまの信仰について、深く悩んでおられ、数件ご質問を頂いていますね。

http://hasunoha.jp/questions/67
こちらで川口師が答えられていますが、今回のMKさんの書き込みをみる限り、奥さまの今の状況は「信仰が深い方」ではなく「カルトの被害者」だと私は思います。
一刻も早く、カルト対策や心療内科にかかるべきです。(以下川口師からの引用)

日本脱カルト協会
http://www.jscpr.org/advise.htm

「カルトからの脱会と回復のための手引き」
http://www.jscpr.org/book.htm

紀藤正樹弁護士のサイト
http://homepage1.nifty.com/kito/

「マインド・コントロール」紀藤正樹弁護士著・アスコム
http://t.co/ccP9zAjq

http://hasunoha.jp/questions/68
こちらでは密富師が「何れからの宗教者から其の様に言われた事なのでしょうか」と書かれていますが、奥さまが信仰しているのは残念ながら宗教者ではないように私は感じます。距離をとるべきです。

http://hasunoha.jp/questions/83
こちらでは赤澤師がお答えになっていますが、先祖が祟って不幸になるなど、荒唐無稽、何の根拠もない事です。気になさってはいけません。

破壊的カルトは大きく7種に分類されます。
1:悪霊憑依型(供養型)
2:悪霊憑依型(祈祷型)
3:極限修業型
4:反現代医学型
5:闘争的教説型
6:終末論型
7:再生観念型

奥さまが信仰しているのは1と2が合わさったもののように感じます。

もう一度申します。祟る先祖などおりません。
奥さまに必要なのは、カルト対策専門家と心療内科での適切な治療です。
恐れず、勇気をもって進めて下さい。
MKさんの家族が壊れてしまう前に。

2013年3月19日 1:16
{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

盲目的・妄信的・狂信的な信仰は危険と再認識

MK 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

MK様のこれまでの一連のご質問、御礼のメッセージの内容もお読みさせて頂きまして、盲目的・妄信的・狂信的な信仰は、やはり危険であると改めて再認識させて頂いております。

このことは仏教、宗教・信仰について少なからず携わらせて頂いている者と致しましても十分に気をつけなければならないと実感致しております。何事も批判的・合理的に検証していくことが必要であると存じております。

MK様の奥様のマインドコントロールを解かすことがなかなか容易ではないであろうことは、色々な事例からも想像できる次第ではあります。

浦上哲也様に再掲して頂いております中で紹介させて頂きました「カルトからの脱会と回復のための手引き」日本脱カルト協会編集・遠見書房と「マインド・コントロール」紀藤正樹弁護士著・アスコムをあれから実は拙生もすぐに購入して読み進めているところではあります。

もちろん、MK様の奥様のことについての解決へと繋がる手立てとなるかもしれない例もいくつかあるようには思われますので、MK様も是非ご参考頂きたいとも存じますが、とにかくそれぞれのケース・バイ・ケースもあり、具体的な方法については、やはり専門家、被害があれば弁護士に依頼なさられるのが良いのではないかとは存じます。もちろん、お忙しいお方ですが弁護士の中でもこの件に関して特に専門として取り組まれて、様々なノウハウも持っておられる紀藤正樹先生にご相談なさられるのが良いのではないかとは存じております。もしくは、お近くで頼りとなる弁護士をご紹介頂くようにお願いするのも良いかとも存じます。

まだまだ解決へ向けては時間が掛かるかとは存じますが、焦らずに、様々な協力も得ながら、善処へと向かうことを願っております。

とにかくMK様が、「これは何かおかしい」、「これは何か変だ」と気づかれて、その思いをこの「Hasunoha」ででも打ち明けることができたのは誠に不幸中の幸いであったのではないだろうかと存じております。

MK様のご家族が壊れずに、心穏やかに生活を送れる日が参りますことを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2013年3月21日 0:18
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
 妻が信仰していた神道の先生から「供養できていない先祖がいて訴えている、先祖が罪深いから因縁で不幸になる。このままだと先祖の罪や怒りから子どもが命を落とすか犯罪を犯す。それを回避するためには早く悟る必要がある」とずっと言われてきて、また妻の言動も信仰していた神道の先生の教えのことばかりになり、正直、自分を追い詰めていました。
 妻は今医学上はどこも問題ないのに寝込んでいる状態であり、こうなったのは自分の信仰が足りず指導者の言うことにそむいてきた罰からだと言っています。また、自分は正常であり、精神科等には行きたくないと言っています。
 私も妻の信仰に対して、否定もできず、かと言って肯定もできず、妻の言動にどう向き合うべきか悩んでいる状態でした。
 家族が壊れないように、妻が恐れや不安にみちた信仰の呪縛から解かれ心穏やかな生活を送れるように私も考え相談していきたいと思います。

 妻は現在身体上は検査しても何の問題もないのですが、寝込んでいる状態が数ヶ月続いており、何とか元気になろうと一人神社に参拝しています。
 育児や家事は私がほとんどしている状態で、子どもも私がしごとをしているときは保育園に預けています。妻としても子どもを自分で育てたい意思はあるのですが体調が治らない状態で、自分の信仰が足りないせいであり、指導者の指示にしたがわなかったせいだと言っています。ある病院で検査したときにストレスや心の問題ではと指摘されたのですが、妻は自分は正常であり、信仰もしており何も心に問題はないと言っています。
 実家や知人も心配して声をかけてくれるのですが、妻は私以外の援助を拒否をしている状態です。妻は今は距離を置かれている指導者を今も尊敬しており、いつも神棚でその指導者の名前で感謝の言葉を述べています。
 妻からするとその指導者は子どもの命を救った恩人であると思っています。その指導者から「子どもは悪い因縁から命が弱っていて20歳まで生きられない」といわれ、それを回避するために、とある神社で子どもに新たな命を吹き込んでもらう儀式を指導者にしてもらい、それで生きられるようになったと思っています。
 そのため、妻の指導者への思いは強く、なかなか周囲の違う意見が入らない状態です。
 どう妻を専門家や医療とつなげるのか、第3者の協力も得ていけないか考えています。

「宗教について」問答一覧

家族全員某宗教を信じていて息苦しいです。

(編集部より。規約により投稿の一部を変更しています。) 某宗教に対してマイナスな状態で入信状態にあります。 自分は生まれてすぐその宗教に入信しました。親が勝手にです。 教えもとても良いと思っています。勉強していてとても為になるなと思うこともしばしばです。 ですが、両親や祖父母が敬虔な信者で、地区ではある程度の地位があるようで自分も一緒に座談会や会館での働き?会合の手伝い?に行ってるのですが、お金をもらって働いてるわけではなく、自分のようなマイナスな思考をもっていて、楽しくもなく、やりがいもなく、なかば強制的に信仰させられている身からすると大変苦痛になっています。 さらにその宗教には支持政党があるため、選挙の時期になると宗教らしい話などなく、自分の選挙の自由がないようにも感じるときがあります。 信教の自由や選挙する権利が脅かされてるようにも感じています。 親にあまりその宗教が好きではないと相談したこともあります。そのときは話を聞くふりをして、地区の偉い人間を呼び、こんなことを乗り越えてああやって私達を指導してくれてるのだから!とか返事にならないことを言われさらに嫌気がさしてしまっています。 弊害といってはよくないですが、友達と初詣にも行けなくて付き合い悪いなと言われたりしたときも、他の宗教信者だなんて言えないですし、興味でお寺や神社に入らせてもらおうとしても、こんなことしてるの見られたらかなり叱られるなとか、後ろめたさを感じてしまうときがありました。 その宗教は評判がとても悪いうえ、自分の好きなことがしにくく、脱会しようとしたら家族全員と縁を切ることになってしまいます。学生の身でこの歳では脱会を実行に移すのはかなり厳しいかなと思っております。 明確な解決方法というよりも、今の状態でうまく過ごす方法を教えてほしいなと思っております。長文となってしまい、私情もおおく稚拙な文章でおこがましいですが、お返事いただけたらなと思っております。よろしくおねがいします。

有り難し有り難し 37
回答数回答 4

神様に関する領域の石を持ち帰ってしまい

仏教とは異なる宗教のお話をしてしまい申し訳ございません。 もう半年以上前に、自宅から遠くの、日本でもない、神様に関する領域(わざと遠回りな言い方をさせていただいております)を観光で訪れた際、つい地面の石を持ち帰ってしまいました。その後、そういったことはするべきではないと知りました。その日から今日まで、私は良いことも好ましくないことも経験しましたが、決してその石が私を悪いようにしているとは考えておりません。しかし、石を持ち帰ったことは咎められるべきことだと知った今、私はその石とお別れしたく、その石には別の場所へ行っていただきたく考えております。 一番良いのは同じ場所にお戻しすることですが、現状どうしてもそれはできません。そこで、本日流水と太陽光でその石を清め、明日(どうしても日が沈む頃の時間になってしまいますが)家から行ける距離の海にお返ししようと考えているのですが、このやり方は実行しても大丈夫なのでしょうか。「大丈夫なのでしょうか」とはその行いのせいで災いが齎されることはありませんかという意味です。 宗派が異なることは承知の上ですが、どうかご回答をいただきたく存じます。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

他の宗教を学ぶという事

私は…スピリチュアル的な物(パワーストーンとか占い)にハマった→流行りの御朱印集めにハマった→神社とお寺の参拝にハマった(その過程で神様や仏様と摩可不思議過ぎるご縁を頂きました!)→現在、神道と仏教の知識(書籍やネットが主)を学んでいるといったプロセスを踏んでいる者ですが… そんな私が「イスラム教」や「キリスト教」など世界の宗教を“なんとなく書籍やネットで学んで”良いのか…“仏教のお坊さんに”教えて欲しいです 何でそんな事聞くかと言うと…うまく説明出来ないのですが “神道の神様や仏教の仏様”に「こいつ異国の宗教に浮気しやがったな!?」って思われたり「こいつが我々に抱く信仰心はこんなものなのか…」って思われないか…どうか ちなみに何故私が日本にあまり馴染み無い宗教を学ぼうと発想したかと言うと単に他国の神の考え方捉え方を知りたくなった…それと 【高次元の存在は確かに存在するのだろうが、仏教神道といった宗教という人間の作った1つ2つの枠組みには捉えきれないものであろう、より多くの宗教(高次元の存在の考え方)を学べば、より高次元の存在と近しくなれるのではないか?詳しくそれらの存在を定義が出来るのではないか?そもそもその宗教に高次元の存在はいるのか】と発想がふと浮かんだからです こういったある種の実験(?)または知識欲の充実を図りたいのですが…どのような結果が付きまとうのか不安なんです “影響されやすい自分”が新たな知識や信仰を得てどのように仏教と神道を見直すか、場合によってはどのような報い(天罰とか仏罰)を受けるのかとか… あまりこんな事言うべきじゃないと思うのですが宗教は教義の違いからともすれば互いを否定しがちですもんね 私はそもそもお坊さんではないし在家信者の定義にも当てはまらない只の“神道仏教ファン”に分類されると思うので失礼は承知なのですが… 恐らくお坊さんの中には私と同じ事を発想された方がいらっしゃるのでないかな?と もしかしたら私のようにビビってまごついてる前に実践された方もいらっしゃるのでないかな?と思って質問させてもらいました どうか回答お願いします

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る