お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

信仰と不安

 妻は今まで信仰してきた人の教えもあり、何か自分の体調が悪かったり、子どもの様子が少しおかしいと、自分が間違ったことを神仏にしているのでないか、先祖の因縁ではないかと不安がります。
 また、電波にのって自宅に先祖の重い因縁や魂が入ってくると困るのでと、私や妻の両親からの電話を一切取らず、また電話もかけず、また物が届いても悪いものが憑いてくると困ると家の中にもいれず人にあげるか捨ててしまいます。また、私が妻を触ろうとすると、仕事をして外から持って帰る悪いものが憑いてしんどくなると言って拒否されます。家の中にもいたるところに塩を置いて何とか悪いものを祓い清めようとしています。妻の様子を見ているとある意味強迫的であり不安に包まれている状況であるのですが、私が言っても妻は「霊感もなく信仰していない人には分からない。」と返されてしまいます。信仰とは己の不安を少しでも解消するためにするものでないかと個人的に思っているのですが、妻を見ていると信仰しているのに不安に陥っている状況です。
 不安を解消するための信仰のあり方について教えていただけると幸いです。

有り難し 9
回答 2

質問投稿日: 2013年3月18日 15:06

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

祟る先祖などいません!

MKさま

奥さまの信仰について、深く悩んでおられ、数件ご質問を頂いていますね。

http://hasunoha.jp/questions/67
こちらで川口師が答えられていますが、今回のMKさんの書き込みをみる限り、奥さまの今の状況は「信仰が深い方」ではなく「カルトの被害者」だと私は思います。
一刻も早く、カルト対策や心療内科にかかるべきです。(以下川口師からの引用)

日本脱カルト協会
http://www.jscpr.org/advise.htm

「カルトからの脱会と回復のための手引き」
http://www.jscpr.org/book.htm

紀藤正樹弁護士のサイト
http://homepage1.nifty.com/kito/

「マインド・コントロール」紀藤正樹弁護士著・アスコム
http://t.co/ccP9zAjq

http://hasunoha.jp/questions/68
こちらでは密富師が「何れからの宗教者から其の様に言われた事なのでしょうか」と書かれていますが、奥さまが信仰しているのは残念ながら宗教者ではないように私は感じます。距離をとるべきです。

http://hasunoha.jp/questions/83
こちらでは赤澤師がお答えになっていますが、先祖が祟って不幸になるなど、荒唐無稽、何の根拠もない事です。気になさってはいけません。

破壊的カルトは大きく7種に分類されます。
1:悪霊憑依型(供養型)
2:悪霊憑依型(祈祷型)
3:極限修業型
4:反現代医学型
5:闘争的教説型
6:終末論型
7:再生観念型

奥さまが信仰しているのは1と2が合わさったもののように感じます。

もう一度申します。祟る先祖などおりません。
奥さまに必要なのは、カルト対策専門家と心療内科での適切な治療です。
恐れず、勇気をもって進めて下さい。
MKさんの家族が壊れてしまう前に。

5年8ヶ月前

盲目的・妄信的・狂信的な信仰は危険と再認識

MK 様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

MK様のこれまでの一連のご質問、御礼のメッセージの内容もお読みさせて頂きまして、盲目的・妄信的・狂信的な信仰は、やはり危険であると改めて再認識させて頂いております。

このことは仏教、宗教・信仰について少なからず携わらせて頂いている者と致しましても十分に気をつけなければならないと実感致しております。何事も批判的・合理的に検証していくことが必要であると存じております。

MK様の奥様のマインドコントロールを解かすことがなかなか容易ではないであろうことは、色々な事例からも想像できる次第ではあります。

浦上哲也様に再掲して頂いております中で紹介させて頂きました「カルトからの脱会と回復のための手引き」日本脱カルト協会編集・遠見書房と「マインド・コントロール」紀藤正樹弁護士著・アスコムをあれから実は拙生もすぐに購入して読み進めているところではあります。

もちろん、MK様の奥様のことについての解決へと繋がる手立てとなるかもしれない例もいくつかあるようには思われますので、MK様も是非ご参考頂きたいとも存じますが、とにかくそれぞれのケース・バイ・ケースもあり、具体的な方法については、やはり専門家、被害があれば弁護士に依頼なさられるのが良いのではないかとは存じます。もちろん、お忙しいお方ですが弁護士の中でもこの件に関して特に専門として取り組まれて、様々なノウハウも持っておられる紀藤正樹先生にご相談なさられるのが良いのではないかとは存じております。もしくは、お近くで頼りとなる弁護士をご紹介頂くようにお願いするのも良いかとも存じます。

まだまだ解決へ向けては時間が掛かるかとは存じますが、焦らずに、様々な協力も得ながら、善処へと向かうことを願っております。

とにかくMK様が、「これは何かおかしい」、「これは何か変だ」と気づかれて、その思いをこの「Hasunoha」ででも打ち明けることができたのは誠に不幸中の幸いであったのではないだろうかと存じております。

MK様のご家族が壊れずに、心穏やかに生活を送れる日が参りますことを心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

5年8ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答ありがとうございます。
 妻が信仰していた神道の先生から「供養できていない先祖がいて訴えている、先祖が罪深いから因縁で不幸になる。このままだと先祖の罪や怒りから子どもが命を落とすか犯罪を犯す。それを回避するためには早く悟る必要がある」とずっと言われてきて、また妻の言動も信仰していた神道の先生の教えのことばかりになり、正直、自分を追い詰めていました。
 妻は今医学上はどこも問題ないのに寝込んでいる状態であり、こうなったのは自分の信仰が足りず指導者の言うことにそむいてきた罰からだと言っています。また、自分は正常であり、精神科等には行きたくないと言っています。
 私も妻の信仰に対して、否定もできず、かと言って肯定もできず、妻の言動にどう向き合うべきか悩んでいる状態でした。
 家族が壊れないように、妻が恐れや不安にみちた信仰の呪縛から解かれ心穏やかな生活を送れるように私も考え相談していきたいと思います。

 妻は現在身体上は検査しても何の問題もないのですが、寝込んでいる状態が数ヶ月続いており、何とか元気になろうと一人神社に参拝しています。
 育児や家事は私がほとんどしている状態で、子どもも私がしごとをしているときは保育園に預けています。妻としても子どもを自分で育てたい意思はあるのですが体調が治らない状態で、自分の信仰が足りないせいであり、指導者の指示にしたがわなかったせいだと言っています。ある病院で検査したときにストレスや心の問題ではと指摘されたのですが、妻は自分は正常であり、信仰もしており何も心に問題はないと言っています。
 実家や知人も心配して声をかけてくれるのですが、妻は私以外の援助を拒否をしている状態です。妻は今は距離を置かれている指導者を今も尊敬しており、いつも神棚でその指導者の名前で感謝の言葉を述べています。
 妻からするとその指導者は子どもの命を救った恩人であると思っています。その指導者から「子どもは悪い因縁から命が弱っていて20歳まで生きられない」といわれ、それを回避するために、とある神社で子どもに新たな命を吹き込んでもらう儀式を指導者にしてもらい、それで生きられるようになったと思っています。
 そのため、妻の指導者への思いは強く、なかなか周囲の違う意見が入らない状態です。
 どう妻を専門家や医療とつなげるのか、第3者の協力も得ていけないか考えています。

関連する問答
このページの先頭へ