お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

他の宗派が羨ましいと思ったことありますか?

ぶっちゃけ寺というテレビ番組に5人のお坊さんが出てて、他の宗派が羨ましいと思ったことありますか?という質問があってお坊さん全員があると答えてて面白かったのですが、やっぱり羨ましいと思うときありますか?

有り難し 56
回答 3

質問投稿日: 2014年10月28日 23:54

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ぶっちゃけ、あります。

でも、それは「隣の芝生が青く見える」類なのだろうと思います。大抵は自分の宗門のやり方に対す不満であったりして、他の教義の方が良いとは思いません。本当に他の宗旨宗派が良いと思えば、改宗せずにはいられないでしょう。

私は寺の生まれ育ちではなく、御縁あって今のお寺に入りましたが、この宗派で良かったと心底思っています。

3年11ヶ月前

そこをいきる

最近感じる事ですが、他の宗派の教えを学んでいたとしても、きっとその中でも自分が納得する心の在り方を学んでいたのではないかと思います。
 その気持ち、底抜けな菩提心がありさえすれば、宗派とわず、自分の心を最高に安心させて幸せに導く原動力になるからです。菩提心が先であって、宗派云々はあとからのような気がいたします。(^

3年11ヶ月前

国籍と同じ感覚

私は生まれ育ちも寺だったので、主体的に選択して宗派を選んだわけではないですが、尊敬しても羨むことはあまりないです。

感覚は国籍と一緒で、日本人として生まれたことに誇りを持ち、他国の文化や意思を尊重しながら生きているイメージです。
もちろん、アメリカに行けば格好いいなぁ、すごいなぁ、と思うこともありますが、だからと言って日本ダメだ!
とはなりません。
他国に行けば日本の素晴らしさも悪いところも見えます。

勿論、他国に魅了されて国籍を変える方もいらっしゃいますし、それはそれで良いと思います。

僧侶としても、宗派としても、自分がそこに生まれたことに縁起と使命を感じ誇りを持ちながら全うしたいと思っています。

3年11ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ