hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

これからの生き方

回答数回答 3
有り難し有り難し 12

現在勤めている職場では 道端で倒れ脳障害を患い健在の頃の一切を忘れ、名前さえも行政がつけた仮の名前。家族から見放され亡くなった後もお迎えもない方、まだ50、60代と若い年齢にもかかわらず回復が見込めず寝たきりでただ死を待つ方など そういった境遇の方々を日々お世話させて頂いています。
私は無宗教で霊感やスピリチュアル的な事には無頓着ですが 10年程前から夢枕?で不思議な事が度々あり(例えば仏壇の前に4人のお婆さんがいて物凄く怒られて゛妙゛の文字を見せてくる。横綱がつける化粧回しをした寿老人みたいな方が私の手に石を積むなど)最近では 「洞穴光明」といった言葉が眼前をチラチラ。後で調べると何かと仏教へと繋がっていきます。

今まで挫折の連続の人生でしたので自分自身に叱咤激励されてる感覚で捉えていました。しかしながら、今後 中長期的な目標や計画がなく 職業柄 将来の自分の姿が目に浮かび早めに゛他界゛したいと考えいて自制する日々です。

家庭を持てば 心境の変化があるかもしれませんが、悲観した未来を持ったまま 恋愛、婚活などをしようともおもいません。
ただ、まだやり残してる事があるような感覚、それがあるのは事実。
生き続ける上で普段からの心構え、意識の持ちようなどアドバイス頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

三つの 火 を 転じてください

以前私自信がマイナス思考、ネガティブ思考でそこから立ち直ったことからプラス思考、ポジティブ思考、前向き、陽転思考講座をひらいていました。
そこで常々申し上げていたのは、心の悪玉菌を減らすことで、人生は楽しいことしかなくなる、というものでした。
簡単に申し上げれば、心にとって悪い事を考えなくなりさえすれば、無理してプラス思考などしなくても、満たされた生活になるということです。
マイナス人間の反応は以下の三つが主です。
三つの火 と 名づけました。 
悲観的反応
批判的反応
否定的反応
だから 嫌なことがあった時など
・悲観しないほうがいい  そのままの状況で善し悪しつけずに そのままでいい
・批判しないほうがいい  ケチをつけず、イイトコ探しをして相手を認めよう
・否定しないほうがいい  確かに なるほど そうだね 受け止め 肯定しよう

丼ぶりな感じでイイです。丼ぶりな感じがイイです。これを覚えてください。
・悲観するな
・批判するな
・否定するな ではダメです。 語尾が打ち消しだからです。(笑)
「ダメよ~♡ダメダメ」のように、ポジティブにダメ出しするのはOKですが。」
マイナス思考の方は、24時間の中で❝NOT❞❝ダメ❞❝~ない❞❝しかし(反論)❞的な脳内エネルギーを大量生産しています。
物事のありのままの状況に対して、あらがうようなことばかりしている傾向があり、自分にも厳しいのです。
まさか自分が物事に対して否定的、悲観的であるとは思っていないかもしれませんが、今現在心が暗いということ自体、自分自身に対して❝打消し❞を行為している部分があるのです。
・ダメでイイじゃん。(笑)
・50点取れりゃ上等
・結果オーライ
・そういうもんだ
・わたくし(干渉)しない
・自分を責めない
こういう姿勢が心の善玉菌を増やしてくれます。
まずは、心の悪玉菌の生産をストップするだけでいいのです。
これは最終的には坐禅に導入して、プラスマイナスも無いすがすがしい心になっていけるのですが、まずは否定的、打消しのエネルギーになる情報を脳内で働かせない様に注意して生活しましょう。
かならず、変化があります。
現に、私が地獄のどん底から這い上がってこんなにピンピンしてるのですから。('ω')

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

未来はteichiさんの手の中

teichiさま

こんにちは。真宗大谷派の釋理薫と申します。
たいへん尊いお仕事をなさっているようですね。

夢に叱咤激励されているとのこと。
たいへんありがたいことかと思います。
ユング心理学でも夢は現実を無意識から補完すると言われているそうです。
また仏教では夢告(むこく)といい、親鸞聖人も夢告をうけてはじめてその後の人生の師となる法然上人のもとに向かわれたと伝えられています。
現実が大なり小なり危機に直面したときに、助けてくれるのかもしれません。

しかし、今後 中長期的な目標や計画がなく今後を悲観されているとのこと。
たしかに毎日をただ同じように過ごし変化がなく、なんとなく将来が見とおせる気になってくると辛いかもしれません。

けれども安心してください。
仏教では、過去はふりかえれても未来は自分の選択とまわりの条件しだいでいくらでも変わると考えています。
将来はもうすでに決まったように思ってしまう煩悩を「辺執見(へんじっけん)」といい、お釈迦さまも戒めておいでです。

命のあるかぎり「まだやり残してる事があるような感覚」は続いていきます。
そして、まさしくその通りなのです。
teichiさんの行動いかんで、世界は変わり、他人も影響をうけ、そしてteichiさん自身も変わっていかれるのだと思います。
ましてや現在とてもたいへんな境遇の方たちのお世話をするという尊いお仕事につかれ、その方たちのこの後の生涯を支えていらっしゃるのです。
そのことにより何人もの人たちがteichiさんの行動により救われているのでしょう。
素晴らしいことだと思います。

北海道を中心に活躍なさっているヒップホップグループ「THA BLUE HERB」の「未来は俺らの手の中」という曲にもありますように、teichiさんの未来はまさにいまteichiさんの手の中にあります。(参考: https://www.youtube.com/watch?v=mNQgrD8PGFI )
どうぞいままでなさってきたように、これからも素晴らしい人生を送っていただけたら幸いです。

teichiさまのこれからのご多幸を願っております。
南無阿弥陀仏

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

必ずしも目標は必要ないのでは?

尊いお仕事をされておられますね。

そういった辛い状況の方々をお世話をされておられるのは
あなたの人生にとって学ばれている事が多いのではと思います。

どんな人であれ、お世話されているその方々と同じ状況になる可能性があるわけです。
それに人間はどんな人であれ必ず死にます。
自分の命の長さだって解りません。

人は皆、限られた時間と空間の中で自分の人生を生きていると言えるのかもしれません。

これから先どんな事が自分の人生で起こるのかだって解らないですよね。

だからこそ、今生きていることが貴重な事になって来ると思うのです。

その貴重な「今」を充実させて生きるのも、不安や失望で生きるのも本人の自由選択なのだと思うのです。

過去を思い悩んでも今が苦しくなるだけだと思うのです。だったら過去からは学ぶだけで良いのではないでしょうか?
未来を不安に思っても、どんな事が起こるかわかりません。だったら起こる事を怖がらずに全てを受け入れる覚悟をするの方が心が楽に成るように思えます。

そして、自分が生きている「今」がどんな状況であれ、それをどう受けとめて行くかは本人の自由です。だったら少しでも幸せに楽しく受けとめられる方がいいのではと思うのです。

しかし、人間そうは簡単に思いを切り換える事ができないものだとも思います。

仏教を信じている私はこうしています。
心がすりつぶされそうな辛いことが起こったら…仏さまに祈ります。
仏さまに祈るとそれを どう受けとって生きて行ったら良いのかが じわっと心に響いて来ます。

そんな風に日々生きていると、
少しずつ世界の見え方が自分に取って変わって来るように思います。
そして 今、自分がこの世界に在る事の幸福を感謝を持って感じる事ができるのではないでしょうか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...

「これからの人生どうしたらいいか」問答一覧

この先どう生きればいいのかわからない。

私は仕事ができない。まず、物事を説明するのが下手。今は受付事務をしているが、客から何を言っているのかわからないとよく言われることが多い。長い言葉を話そうとすると助詞がおかしくなってしまい、まともな文章を話すことができない。かといって主語述語を意識して話そうとするとくどくなってしまい、話し方が不自然になってしまう。そのあたりのニュアンスをうまくつかむことができず、自然な会話ができない。 仕事そのものに関しても、自分でやるべき仕事と他人に任せるべき仕事の線引きができない。いつも遠慮がちで、できないのに自分ですべてやろうとしてしまう。右往左往するため効率的に動くことができない。 処理した仕事での漏れが多く、客に対する説明でも後から付け足し付け足しの会話になってしまう。あらかじめまとめておいてそれを見ながら対応することはできるが、いつもそうできるとは限らず、臨機応変な対応を求められると自分で解決ができない。 結果、私は自分に自信が持てない。勉強はできたほうでよい大学にも入ることができた。しかし大学在学中にも自分に自信をもつことができなかったため、就活でルーチンの仕事をする職を選択した。私の中ではまず「働く」ことに対するハードルが高かったため、臨機応変な対応が求められる職は避けたかった。 事務職でも不自然な行動をしてしまったり、ミスや遅刻をしてしまったりで、一般的な社会人をこなせてるとはいいがたい。「私は社会でやっていける自信がない」と親に相談したこともあったが、ああまり真剣に取り合ってもらえなかった。社会人になってみないとわからないこともある、いわれとりあえず仕事についた。 今の環境は残業もなく、人間関係もあまり悪くない。一方で、出世もなければ仕事にやりがいを感じるわけでもない。このままこの仕事を続けていこうと思っていたが、まわりをみていて、最近ずっとこの職でよいのかと思うこともしばしばあった。今年で私は25の年になるが、やりたいこともできた。 自分の仕事のできなさ、自信のなさがあるため行動ができず悩んでいます。とりあえず仕事をしないと生活できないため自分のできる仕事をすべきか、自分のやりたいことに目を向けてもいいのか…。今の状況ですら怒られてばかりで生きることに対して絶望を感じています。 誰にも相談することもできなかったのでアドバイスいただけると幸いです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

今からでも生き直して素敵な人生にしたい

初めまして。 鬱を越えていつの間にか37歳になり、この先の指針を持ちつつも、消したい過去があるせいか不安が付いてきてしまいます。 生い立ちをふまえ、ご相談をさせて下さい。 中学生の時に親が離婚し、母に引き取られ、その後は母方の祖父母の家で暮らしました。 明るい家でしたが勉強など躾は厳しいほうだったと思います。 大学進学で上京し、入った寮をはじめ学校もなかなか厳しく何とか卒業する事はできました。 しかし、当時していた恋愛が原因でとても傷つき鬱病になり、卒業後はとりあえず地元に戻ってきました。 新卒時代はその精神状態から就職がなかなか出来ず、情けなくて、でも身体が動かなくて、調子の良い時だけ派遣で働きながら壮絶な20代を過ごしました。 30代になり、鬱もようやく良くなり長期で働き始めました。仕事・職場はそれなりに大変でしたが没頭でき、人間関係においても成長させていただき良い経験が出来たと思います。 しかし当時、鬱時代から悩みを相談していた男性と数年間付き合っていたのですが、結婚願望自体がなくなったと言われ婚約を解消されました。 その夢が毎日を支えていたのもあって、また精神的に不安定になってしまい、その後職場を退職してからは正直あまり記憶がありません。 彼とももう連絡はとっていません。 現在では育った母方の実家に帰り、田舎で少しずつアルバイトをしながら自分の人生を生きています。 たまに、昔の同級生などはきちんと就職し結婚しもう家庭を築いているのに…私も望んでいたはずなのに、結局出来ていない。一体これまで何だったのだろうと落ち込む事があります。 愛しい人に支えられ毎日を頑張る彼女達と、同じ女性なのに華のない自分がかけ離れていて恥ずかしく、グループラインも退室してしまいたいし、今は誰とも話したくないと思ってしまいます。 今は、人にきちんと対応するのは、生きる為に必要なお金をいただいている職場でだけにしたいです。 つくづく要領が悪く、まだキャパシティが狭い自分が嫌になります。 でもこの先、また没頭できる仕事を一生懸命頑張りながら自分を立て直し、この歳からでも優しくて素敵な人と出逢って、いつかささやかでも幸せな家庭がほしいです。 けれど今さらもう…と思ってしまう自分も居ます。これからでも生き直しは可能なのでしょうか。乱文をすみません。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

自分が極悪人であることに気づきました

現在22歳の学生(男性)です。 22年間生きてきて、ようやく自分は極悪人である事に気づきました。何故今まで気づかなかったのでしよう。 具体例をお伝えするとキリがないので、思いつく限り簡単に挙げさせていただきます。 思いやりの心が一切無く他人に迷惑をかけても平然としている、平気で嘘をつく、人が見ていないとサボりがち・悪い事をする、常に優越感を得ていたい、心の中で悪態をつく・見下す、他人のせいにする、責任感が一切無い、明らかに他人よりも罪悪感を感じにくい、心から感謝できない、真面目系クズの典型例、と他にも数え切れないほどあります。 人に親切にしたり良い事をすることもありますが、それは善意からではなく、全て他人に嫌われたくない、賞賛されたいという醜い心から来ています。 そうやって多くの人の前でいい顔をして善人の振りをしてきました。 そもそも自分には善意や誠意といった人間らしい心が一切無い気がします。友達はいますが、やはり少ないですし、変人だと言われます。 当然恋人もいません。周囲は皆彼女を欲しいと言いますが(この年頃だと普通のはず)、僕は彼女が欲しいと思えません。 そういう意味でも自分は異常だと思います。 別に犯罪を犯しているわけではないですが、法的に裁かれない分犯罪者よりも相当タチが悪いと思います。おそらく世界中探しても自分ほどの極悪人はいないと思います。 何故僕はこんなに悪い人間なのでしょうか? 生まれながらの極悪人なのか、育った環境が悪かったのか、自分の自己教育が足りなかったのか、など思い当たる節はありますが、何が原因か分かりません。 世界には人間らしい綺麗な心を持ちながらも生きられない人が大勢いるのに、生きる価値も無い自分が生きてる事が許せません。世の中不条理です。 自分は死んだ方がいいのでしょうか? でも自殺する勇気は無い上に卑怯な気もしますし、死後地獄で裁きを受けるのも大変恐ろしいです。(どのみち地獄に落ちるとは思いますが) かといって生きて罪を償おうにもどこから手をつけていいか分かりませんし、自分には他の人みたいに人間らしく生きられる自信がありません。 私はこれからどうすることが最善なのでしょうか? こんな情けない質問で申し訳ありませんが、ご回答頂けると幸いです。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

これからすべきこと

閲覧ありがとうございます。聞きたいことが複数あり申し訳ありません、この3つだけが私の人生の悩みです。1つでもアドバイスを頂けたら助かります。 (1)来世があるならば引きこもりで自分に自信がなく人と接するのが怖い自分にもできる良い行いはなんでしょうか? (2)祖父の代でお狐様を祀っていたのですが疎かにしてしまい、知り合いの霊などが見える方に見てもらい「私達のこれからの人生を失敗するように、良い方向に向かわせない」と言っていたのですがどうすれば良いでしょうか? 両親が後始末をして謝って本殿にお帰りいただき毎年謝りに行っています。祖父と祖母は亡くなっています。 父方の方はこれまで色々な問題があり母親が言うには「私は滅多に助けを求めない、助けを求めるのは本当に本当に助けてほしい時、その時に助けてくれなかった」と言っていました。 母親から聞いた最低な話の1つは「子供1人をタクシーに乗せ自宅まで送って自分は酒を飲む」でした。 その話を聞いた時にもし誘拐されて殺されてたらどうするのと怒っていました。 相当なアルコール中毒でしたが、現在はやめていますが 辞めた理由が自分の体を心配してとの事です。 アルコール中毒を治す記事がありに自分が病気になると勝手にやめるとありました、まさか本当に自分の親がそうだったととても最悪な気分になりました。 (3)犬を飼っていてとても愛していましたがまさか死ぬとは思っておらず自分は全然散歩を経験しませんでした。 初めて愛するものの死を経験し乗り越えました。 お正月誕生日お盆等にはお参りに行くようにしていて幸せを祈っておりますが 愛犬が幸せになる為には他にするべきことはあるでしょうか? 以上の3点がとても不安です。 (2)で聞きたい事がはっきりしなくなってしまいましたが祟りなどがとても怖いのでお狐様にすべき自分にできる事はなんでしょうか? プロフィールに私のこれまでの事を書きましたが、辛く苦しくても絶対に自殺をしない理由は自殺したら今の人生をもう1度味わうという自分の中の謎の結論が出ていてなぜかそれが恐怖で来世で楽しみを考えて今を耐えて頑張っています。来世が不安で仕方がないです

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

これからどう生きていいかわからない

自業自得だとは思いますが、聞いてください。 コロナ禍であるにも関わらず、3年ほど居た接客業の仕事を辞めてしまいました。 理由は社内の仕組みの悪さ、安い賃金で長時間束縛、数多くの色々な癖を持つお客様相手にもう耐えられず、肉体的にも精神的にも疲弊し、好きな絵も描けず、まともに生活も出来ない。これからずっとここで働くと想像が出来なかったからでした。 また、親や友人から私の荒み様を見て、辞めた方がいいとも声をかけられたのもあって、辞める決意をしました。 その後、一旦親元に帰る予定があったのでそれまで仕事で触らなかった身の回りの整理をしながらこれからを考えて過ごしたのですが、これからどうしていいのか分からず、毎日毎日泣いてしまい、眠れず、ご飯も食べれず。 とりあえず今は親元に居て、衣食住が守られているので落ち着きましたが、考えても考えてもこの先どうしたいのか決められません。 絵を活かせる仕事、と思っても描かなかった間があるのでブランクがある。採用にはほぼ経験が必要。なら、これは趣味にして普通の仕事に就職をと思うと、自分に何が出来るのかわからない。 どうせ死ぬのだから本当に諦めて良いのかとも思いますが、もうすぐ30歳。今更足掻いてもう何もかも無理だとも思います。 また、やることが向こうにないなら、毎晩分からずに泣くくらいなら、コロナもあるし一旦こっちで暮らして、やりたいことが出来たら他県に出るのも良いと言ってくれる母や父も居ます。 ですが、これ以上頼り過ぎては駄目だし、ここに来てしまえばこれから先1人で生きていけない。でももう1人で居るのはもう嫌だ辛いとも思う。 どちらにも利点も欠点もある。けど、自分のやりたいことがこれから出来ない。もうないのであれば。この先1人になるのであればいっそみんなより先に死んでしまいたい。そうも思ってしまいます。 世の中自分よりももっと辛い人が居るのはわかります。自分はとても恵まれていて、こんな悩みはただのこれまで自分で決断して決めてこなかった甘えなのだともわかります。 早く何とかしなければいけないと焦りもあります。何もしなくても税金でお金が飛ぶのを見て恐怖もしました。 みなさんはどうやって決断して生きているのでしょうか?私はまだ生きて、やりたいことをやっても良いのでしょうか?支離滅裂な文章で申し訳ありません。光が欲しいです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る