hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

どうしようもないクズな自分を殺したい

回答数回答 2
有り難し有り難し 64

よろしくお願い致します。

わたしは社会的能力的には下の方の人間です。
なのにプライドがすごく高いです。
子供の頃から物凄い負けず嫌いだったらしく、そのためちょっとした対人ゲーム(オセロなど)すら避ける子供だったそうです。

高校の頃、何となく個人競技の運動部に入りました。
苦手でした。同級生と同じ練習をしても1人だけ上手になれず、だからと言って居残って練習などといった努力もしませんでした。
結果「才能無いけど気にしてないキャラ」
上達も試合での勝利も目指さず、ダラダラと部活をしていました。引退試合までそんな感じでした。
真剣にやっても出来ないという悔しさが怖かったんだと思います。無能を思い知りたくなかったんです。

頑張っても届かないぶどうを、心のどこかで「本気で頑張ったら取れるんじゃないか」と希望を捨てきれずに、口では「酸っぱいぶどうに違いない」と言いながら、本気を出して取ろうとしませんでした。
「酸っぱいぶどうに違いない」と言い続けて、周囲にそんなポーズを取り続けてるうちに、本当にそう思ってしまう様になりました。
もう自分が何を好きなのか、何を欲してるのかわからないです。
何か欲しても次の瞬間にもう欲しくなくなってしまうのです。

自分は見下されて当然の癖して、他人から少しでも見下されたり、嘲笑されたり、利用されるのが堪らないんだと思います。
最近それが私の行動原理になってきてしまっています。

自意識過剰で保身主義、弱い癖に見栄っ張りで人の気持ちを思いやれません。何かを望む癖に頑張れません。
オンリーワンに憧れる癖に、主流から外れるのを避けます。流れから外れて1人になれば、意志の弱さに挫折して、二度と起き上がれなくなると思うんです。

これを書いてる今でも、どこまでが本心でどこからが自分を良く見せる言葉なのか解らないのです。

どうしたら変われますか?
どうしたら本当の自分と向き合えるんでしょうか?

いつも誰かに殺してほしいと願っています。
大袈裟に書きましたが肉体的でなく精神的な死です。
私はとてもしぶといのです。
前記の通り、失敗や自己否定をしても、瞬時に心の中で都合のいい様に言い訳を作ったり、又は自虐のポーズをとって同情を求めたりしてしまうのです。

今まで何度も生まれ変わろうと思ってきました。
それでも気付いたら前と同じ様な考えをするのです。

2016年6月2日 19:59

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分を育て変えるという試み、やってみて。(字数ギリギリ)

 負けず嫌いの故に対人ゲームを避けたというのは、つまり負けることを恐れていたということです。勝ち負けにこだわっていたんですね。ゲームに勝つか負けるかで人の優劣はつかないと思いますよ。ゲームしながら、そのやり取りを楽しむという思考がいいのではないでしょうか。勝ち負けにこだわるのであれば、勝ちをとりに行くことだけを考え、負けても、勝ちを目指して勝負をし続けるといいと思います。勝つための思考を身につけることです。
 真剣にやっても出来ないのが悔しいというのは、多分、結果を拙速に求めているからなのでしょう。真剣にやり続けることが結果に繋がると思います。それには、根気、根性がいると思います。努力をしなければ報われないと思います。スポーツも勉強も積み重ねで身につくものです。
 私は、スポーツも勉強も役に立つように身につけるのが一番と思います。自分の身体能力向上のため、社会生活の情報ツールとしての勉強。これらは、自分の能力を魅せるためではなく、自分自身の生き方向上のために身に付けるものだと思っています。
 自意識過剰で保身主義〜何かを望む癖に頑張れません。 と、まとめて書いてられるのは、自分のことを客観視できているのだと思います。あとは、消去法でそれらの問題を解決もしくは、緩和していくだけでいいのではないでしょうか。その努力を惜しめば多分そのままですよ。気づいた今がチャンスです。
 努力をしましょう。継続しましょう。それらはあなたにいい結果を招きます。そして、なによりもあなたの「恐れ」をなくしてくれると思います。あなたの勘定は、得られないのであればやるだけ無駄だという、チャレンジのない損得勘定です。ものごとを生み出さない思考です。チャンスもつかめません。努力と、継続で引き寄せる力を育んでみてください。そして、あなた自身を信じることです。そうすることをお薦めします。あなたはあなたにとってのオンリーワンです。そして、そのしぶとさ、執着は、あなたを「恐れ」から解き放つ力をつけるために実行する努力と継続に適用してみてくださいよ。きっと、よくなります。生まれ変わるのではなく、自分自身を育て変えてください。甘いぶどうを期待をするのではなく、無心にやってみてください。駄目もとでやってみることです。酸っぱかったら、また別の甘いぶどうを求めるんです。そこがあなたのしぶとさの使い道です。

2016年6月2日 20:36
{{count}}
有り難し
おきもち

相互礼拝 相互供養

はなこさま

くずな自分、下の方の自分と書かれたところから、自分に価値を見いだせない、
それを認めるのがつらい、人に価値のない人と知られたくない、思われたく
ない、そんな気持ちがもとにあるのかなと感じました。
「どうしたら変われますか?
どうしたら本当の自分と向き合えるんでしょうか?」
自分の奥に在る気持ちを明確にし、受け止めること、
そして、ご自分に価値を見出すことだと思います。
たとえばオリンピックで金メダルをとったということ、素晴らしい事だと
思います。でもその名誉は属性です。地位も学歴も美しい容姿も、
知能、身体的能力も。みんな属性でそのひとそのものではありません。
属性の価値は価値として在ります。それがその人の価値と思うのは
もちろん構いません。
でももっと本質的な価値があると思います。「ただ在る」「ただ存在する」
それだけで価値そのもの。その人が何を持っていようが、いまいが、
その人自身に初めから備わっている価値に気づくこと、それが仏教と
わたしは思っています。尊さと言う事です。
意味づけ、価値の序列、これはこうであるという固定感念、決めつけなど
そうしたことを一切離れて、ただただ目の前のことを勤めきって行くこと、
そうしていくなかで自分の価値、自分の本当の姿、いのちの質を感じ
取って行くという道があります。
そうゆう方向があるということ、お伝えしたいとおもいました。

「どうすれば心からの反省ができるのでしょうか」
失敗を失敗と認められれば、失敗と自分の価値を結びつけなければ、
失敗によって自分の価値が損なわれるものではないとわかれば、
或いは、失敗しようがしまいが、自分に価値があると思えるようになれば。
ではないかと思います。
自分が尊いということがわかると一緒に、周りの他の人も同じように
尊いということがわかります。そうすると自然に反省したり、謝ったり
することができるのではないかと思います。

2016年6月3日 20:32
{{count}}
有り難し
おきもち

地方の小さい町の小さいお寺の住職をしていました。

質問者からのお礼

お忙しい中、こんな愚痴まがいの質問に答えて下さりありがとうございます。
仰る通り、結果だけを求めて過程を蔑ろにしておりました。私はあんなに頑張ったのに駄目だった、元から意味なんてなかったという状況を心から恐れています。
これからは、今取り組むべきことに、粘り強く集中して努力し続けようと思います。
もっと頑張れよ!と言ってくださる方を求めておりました。本当に有難うございます。

更に図々しいお願いで申し訳無いのですが、以下、もしお目に止まって、お時間がございましたら教えてほしい事がございます。

子供の頃の負けず嫌いは、私が覚えてもいない様な幼少時からなのです。今は娯楽のゲームを避けるまでの事はしないものの、中身のないプライドや失敗を恐れる、という本質的にその傾向が残っているのではと思い、この例を挙げました。
母から話を聞いたときに、純粋であるべき幼児なのに、あまりの醜さに愕然としました。幼少時の性質というのは一生変えられないのでしょうか?

また、誤解を生む書き方をしてしまって申し訳ありません。「しぶとい」というのは、私の腐った中身の無いプライドが、しぶといのです。
私自身はこらえ性のない弱虫です。

プライドが高い人が失敗をすると、「プライドが傷付いた!」とショックを受けて、落ち込み、挽回しようとしますよね?
私の場合、失敗しても前記質問の通り、失敗を見て見ぬ振りしようとしてしまうのです。プライド、自分の傷つく事から守るために。
そしてそれはすべて無意識下で反射的にやってしまうのです。もう癖になっているんです。
どうすれば心からの反省ができるのでしょうか。

※前記お礼→卓阿様

法演様
お忙しい中、回答、またお礼コメントの方にまで目を通して下さり、有難うございます。

今まで、私の腐った自分や肥大したプライドは、誰かに罵って叱って破壊して頂くしかないと思っておりました。

「存在自体に価値がある」という言葉、法演様のくださった回答には強い衝撃を受けました。

「尊い」という概念を初めて知りました。
(確かに、私の周りの優しい人達を思い返してみると、彼等はこれを理解している様な言動をとっていた気がします。
皆んな自然にそう思えていくのでしょうか。)
この歳になってようやく気づかされ、また、私の長年の苦しみの原因をやっと垣間見る事が出来た気がします。

「何かにおいて周りより秀でた自分」という「属性」にしか自分の価値を認めず、相対的に周りに劣ることを価値の喪失と考えて恐れていたと同時に、
わたしは「何かにおいて自分より劣った他人」を見下していたんだと気付きました。
見返すと、質問の「私は…下の方の人間です。」からも、謙虚なフリをした、この醜い姿勢が表れていました。

私に指針を示してくださり、本当に有難うございます。
この言葉をいつも振り返り胸に留めながら、私の周りの全てに対して誠実に努力し勤めていきたいと思います。

「自分が嫌い・自己嫌悪・好きになれない」問答一覧

自分には,夫で有り続ける資格がない

3回目のご相談になります。決して今までいただいたご回答に納得がいかないということではないのです。どれもありがたいお言葉でした。でも,なぜか,毎日が苦しくてまた書き込みしてしまいます。申し訳ありません。 どうしても過去の2度の浮気という過ちが自分で許せないのです。許そうとも思っていないのですが,妻と楽しく会話する自分,何もしらない妻に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになり,楽しいこと,幸せなことを自分が感じそうになると途端に自分が許せなくなり,生きていていいのか?妻をだましているのでは無いか?「責任」ってどうとればよいのだろうか?と頭の中での論争がとまりません。妻は知らないまま15~6年が経とうとしています。いつも笑顔で優しくて。それが余計に辛いのです。 自業自得なのですが,変なプライド・言い訳?が自分の中にあり,「泊まるつもりも肉体関係をもつつもりもなかったということだけは正直に言える」という気持ちです。逆にこの事実がなかったら(浮気しようかなという思いが多少なりともあっての行動だったならば)謝罪して別れていたと思うのです。この一点だけで,今も夫婦でいさせてもらっていると自分の中では考えているような気がしています。 好き好きと言われるとすぐに喜んで妙に優しくしたりする自分,流されやすい自分,もしかすると異常な性欲があるのかもしれない自分,見たくない自分と向き合うことにおびえ続けているのかもしれないとも思います。 先日,妻から「あなたのことは嫌いにならない。なるとしたら,信用できないようなことをされたとき」と言われました。何も言えませんでした。ずっと信じてくれている妻のことを思うと自分はここにいてはいけないのだと感じました。 罪悪感は捨てずに生涯,家族のためになることを考えて生きていこうと思う反面,そんな風に前に進もうと思う自分が許せなくなるのです。 毎回まとまりの無い文になってしまい申し訳ありません。 妻に対しては申し訳ない,という気持ちと愛してますという気持ちです。 自分に対しては「?なんなの?何してるの?それでいいの?」という気持ちです。自分で自分のことをどう捉え,どう生き,どう考えることが,正しい人生なのか,今一度ご指導お願いしたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

嫌な事があるとすぐ投げ出す

仕事を覚えるのが遅く、作業も遅い、 記憶力を悪くメモを見ないと思い出せません 人の言ったことも理解できません 一生懸命やってもやはりミスをしてしまい やる気もなくなり一生懸命やらなくなります。 朝が来ると努力できない自分の絶望と 昨日の失敗、今日の失敗を考えて死にたくなります。 周りから悪口や無視、怒鳴られたりして 私が悪くないのに怒られたり、謝らなければなかったり、気分で怒る上司にキツイ言い方をする人や、わざと意地悪言ってくる人などどう対象を取ればいいのかわからず 2.3日中泣き明かしてそのまま辞めます。 また職場によっては優しく教えてくれるところもあったのですが、人と比べて劣等感を感じ惨めになり辞めてしまいます。 会社でも味方になってくれた人、指導してくれた人もいるのに申し訳ない気持ちです。 友人関係においても少しでも意地悪されたら連絡を断ちます。 何軒か精神科に行きましたが精神病ではありませんでした。 親にも金銭面で迷惑をかけてしまい、実家には帰れません。 毎日真面目に働いて自分のお金で生活し 精神的に強く、途中で投げ出さない努力のできる 普通の人のような暮らしがしたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

心のあり方

非常に読みづらい文章で申し訳ありません。 以前にも相談させて頂いたのですが、私は人生で躓き苦しんでいたある時、頭の中で光に包まれ同時にそれが「救い」であると信じ、以降常にその光が示すであろう方へ突き進んでしまいました。 結果、人生が滅茶苦茶になり今現在も逃げられないような状況を作り上げています。 その状況の内容は、父親が私の為に会社を立ち上げたのですが、勢い任せで立ち上げたため具体的な計画性がなく将来的な見通しがほとんど見えない点です。私の意思としては絶対に設立を反対した方が良いとわかっていましたが、当時の私は光の方向に従ってしまい設立を許してしまいました。父親が70歳越えた高齢であること、また、私がその仕事に対してほとんど素人である他不安な要素が多すぎて毎日恐怖と闘っています。また、親子であるため考え方の距離が近すぎるため、衝突しないよう常時神経を使っているため気が狂いそうです。 なんで光の方向なんてものに身を委ねてしまったのか怒りと悔しい思いで毎日頭がおかしくなりそうです。 また、自分が勝手に「救い」であると勘違いしたのが悪いのですが、仏また仏教というものに対し逆恨みで強い恨み憎しみが湧いてしまいます。 自分はどうしたら良いのでしょうか。 仏、仏教というものに憎しみを止め心を正し、毎日お題目を唱えていれば救われるのでしょうか? また、怒り憎しみを鎮めるためにもどのような心持ちをした方がよいでしょうか? 心が乱れてしまい無茶苦茶な文章になってしまい申し訳ありません。 返答お待ちしています。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

自己嫌悪や劣等感を克服したい

質問を見て下さりありがとうございます。 社会人2年目20代です。 最近仕事に慣れ、周りが見えるようになってから自己嫌悪、劣等感を強く感じるようになりました。 私の今の職場にいる方はみんな優秀です。 スキルアップのための勉強を欠かさず、気を使うのがうまく、尊敬できる方ばかりです。 それに比べて自分は思ったことをはっきりと言ってしまうところがあり、コミュニケーションが下手くそで、気が使えない自分が嫌になっています。 職場で意見をはっきり言いすぎてしまったのか、表情が硬いことが多いからか、変わった子だね、怖いね等言われ、それも自己嫌悪に繋がっているように思います。 特に自己嫌悪や劣等感を感じるのは、同期に対してです。 仕事熱心で明るくハキハキとしていて、周りを常に見て気配りをしている同期を見ていると、憧れと同時に、私も頑張ってはいるつもりだけど、自分は同期みたいにはなれないなと感じます。 同期は少し年上なので、あの子は人生経験の差があるからすごく見えるんだ、と自分に言い聞かせて、過剰に気にしないようにしていますが、ふとした瞬間に私は気が回らないダメなやつだと思ってしまいます。 自分がダメだと思っているせいか、仕事の出来を褒めてもらえることがあっても卑屈になってしまい、素直に受け取れません。 職場の方は、私が卑屈なことをポロっと言ってしまうと気を使ってフォローしてくれるのですが、あとから冷静になって、気を使わせてしまったと後悔し、辛くなっていきます。 自分にいいところがあるように思えません。周りに合わせられません。職場で自分が浮いているように感じ、さらに自己嫌悪が深まります。 ですがこのままだともっとダメになりそうな気がします。なんとか自己嫌悪、劣等感を乗り越えたいのですが、どのように考えていけば良いのでしょうか。 長文乱文を読んでいただきありがとうございます。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

自分の心の狭さについて

はじめまして。かずらと申します。 最近自分の余裕のなさ、心の狭さに自分自身が疲弊しております。 30代の今日まで、結婚・出産・離婚を経験し転職回数も人より多いです。たくさんの事を体験してきたなと思います。 自分自身、健康な体に生まれ楽しい家族の中で育てられ、今現在雨風を十分に凌げる家に娘と二人、食べたいものも買える、仕事もある、自分はとても幸せな人間だと思っております。 ただ、人間関係の点で言うとなかなかうまくいくことがありませんでした。自己評価ですが他人に本心を言うのが苦手です。理由は話を最後まで黙って聞く人が少ない事です。話をさえぎられる事が嫌いです。私にとってそれは「失礼」だからです。そして大抵否定されたり、共感を得られず、関心を持てない態度を示されます。 それがとても悲しいので初めから言いません。 また、私には多くの地雷のようなものがあります。 ひどく傷ついた言葉や、私が思う失礼な言動を取る人を強く拒絶してしまいます。それは他の人には地雷にはならないかもしれないようなことです。 そしてそれを消化するのがとても遅くおなかの奥でぐるぐると回っています。 特に「人は人、他人は他人」と強く思うが故に人から「なぜそんな風なの?」と問われる事に強く反応してしまいます。 自分と違う事が「理解できない」と嫌悪の顔をされる事に理不尽さを感じます。 しかしながらこの地雷が多く、拘りが強い自分の性格にとても疲れます。 どのような心持でいればこの自分の性格とうまく付き合えるのでしょうか?

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

本当に人生で無駄なことはありませんか?

人生に無駄なことはないという言葉をよく耳にします。多分、成功したり夢を叶えたりした人はそういう実感が湧くのだろうな、と思います。 今までそれを信じて生きてきましたが、最近本当にそうかな?と思います。 私は今まで失敗続きで、今あるものといったらその残骸と借金くらいです。 友人と連絡を取る気もおこらず、連絡が来てもルーズに返事をし、年々友人は減っていっています。 疲れやすい上に憂うつな日が多く、これからのことも何も進みません。 家族には散々迷惑をかけました。離れて暮らしている今も色々気にかけてくれ、それに甘えている自分がいます。 自分でなければ、家族はもっと幸せだったのにと思います。 動物を何匹か飼っています。彼らはいつも心を癒してくれます。でも、毎日疲れが取れず、彼らの世話を負担に感じる日もあります。そう感じた時、彼らが可哀想になり、自分はなんて価値がないのだろうと思います。 そして、私にとって大切なものとは、結局自分にとって都合のいいものなのかと自己嫌悪に陥ります。 私は傲慢で上から目線、自分本位で思いやりに欠けていました。そんな自分に価値があると思い込んでいました。 私の前半生、何もかも無駄だったのではないかと思います。 そう感じているいま、後半生、何を心の支えにして生きたらいいでしょうか?

有り難し有り難し 30
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る