hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

根無し草な生き方と結婚との葛藤

回答数回答 1
有り難し有り難し 23

はじめまして。
私は、同じところに留まれない人生を送ってきました。

地元が好きではなく、実家も嫌いで学生時代から就職してしばらくは首都圏で暮らしました。
その頃は夢を追って過ごしていたのですが、にっちもさっちもいかない自分にだんだん嫌気がさし、英語も勉強していたので、海外に行ってみようと、お金を貯めるために実家に戻りました。

しかし、元々両親が苦手ということもあり、実家で言い争いをし、家を出ることになり、お金は貯まるどころかマイナスになりました。

アパートもどんどん安いところへ引越しをせねばならず、職も長続きせず転々とし、あげく体調も壊し、もう夢なんて良く分からなくなってしまいました。
そして、また元気だったころの首都圏に戻りたくなっています。もしくは、別のどこかに行きたい。

そんなガタガタな私を支えて、ずっとお付き合いしてくれた彼氏がいます。地元で出会いました。その人は本当に優しく愛情深く、守ってくれました。
この人とずっと過ごせたらどんなに幸せかと思うのですが、彼は地元にご実家がある長男なので、そこから離れることはない方です。
①地元が好きではないこと、今後も好きになれるか自信がないこと
②自分自身がふらふら何処かにまた行きたくなる気がする
ので、結婚することに覚悟がもてません。

別れを選ぶのも辛く、同時にあんなに優しい人を傷つけることになる勝手な自分にも失望しています。
また帰ってくればいいとしても、そうなる確証も持てず、どうしてこんなに何処かに行きたいと思ってしまうのか、自分の性質が嫌でしょうがありません。

地元に残り、彼氏と結婚するべきなのでしょうか。
それとも、一度離れてみてもいいのでしょうか。

長々とすみません。
自分ではもう決められず、相談させていただきました。どうぞ宜しくお願いします。

2014年12月6日 13:06

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

聖なる求めもあることを知りましょう

人間、根無し草ではありません。畑を探して飛び回るタンポポの綿毛だと思えば良いでしょう。
生命の活動、エネルギーなのです。
全ての人が、同じところにとどまらない心の在り方をしています。とどまらなくていいのです。
ただしとどまっていないというのは心の状態のことです。
同じところ、同じ心でとどまっていないのが、心の本来の在り方である、と悟った人たちは口をそろえて言っています。そうでないと思いこむのは単なる自我、エゴ、自分の都合です。ですから自分の両親とも関係をきちんとより良い方向へ修復するべきでしょう。
地元も好きになれます。あなたがどうせ、好きになれないと思いこんでいるだけでしょう。そうでなければ何故そこに人が存在するというのでしょうか。彼氏さんや、地元ラブな人たちから意見を伺うのが良いでしょう。
あなたは自分を大事にするがあまり、自分のエゴ・自我を優先して地元の良い所に目が開いていないだけです。悪いことではありませんが、軌道修正放されるべきです。
生きる事の本質はたとえ船に乗って波に流されているにしても漂流、行き当たりばったりでは何処にもたどり着けません。ちょいときついこと申し上げます。それ以上は言いませんが、アナタいい恰好、イイトコロ、いい場所という条件をあなたがゼータクに持っていることが最大の原因なのではないでしょうか。
求めの心自体を見つめ直し機縁と致しましょう。
あなたの求めの心こそがあっちゃこっちゃふらついているだけです。
欲しがることがイケないのではありません。欲望というエネルギーを地に足をつけたエネルギーにする必要があります。生きたい、死にたい、も同じ原動力です。
その同じ原動力を自分の向上の為により良く使うべきです。
仏教では菩提心といいます。自分の我にエネルギーを注ぐのではなく、我を離れるためにエネルギーを注ぐのです。

2014年12月15日 17:59
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

「結婚について」問答一覧

私の再婚を息子が反対

初めて相談させていただきます。 ご縁があったのか、今年の春頃から優しい方とお付き合いをさせていただき、来年春には再婚しようということになりました。 それを私の二人の息子に伝えたところ、始めは戸惑っていましたが徐々に受け入れてくれました。 私の元夫は別居中に浮気相手との間に子供が出来て、昨年末に離婚しています。 長男は27歳、お付き合いしている同い年の可愛らしい女性に父親のことを正直に伝えたそうです。それを承知の上で交際プラスその後の結婚を考えてもらわないと、不誠実と思ったらしいのです。 そこまでは、相手の女性もそのご両親もOKだったらしいのですが… 私の再婚を交際相手に伝えたところ、あちらのお母さんが「両親が別々の家庭を持ってる人との結婚は反対」とおっしゃっているとのことでした。 交際相手の女性も、お母さんの意見にはいつも賛成のタイプだそうです。 息子はそれを私に言い、キレ気味に「俺が結婚できなくなったら、あんたらのせいだよ」「あんたらっていうのは、親父とお母さんのことだから!」とも。 それを聞いた私は、「相手のお母さんがそう言うなら、私は再婚を諦めてこの先ずっと一人でいるしかない」と思い、私の交際相手にこの事を伝え、結婚は難しくなったと謝りました。 相手のかたは、そんなのはおかしいし、納得がいかないと悲しんでいます。 長男はもてるタイプでなく、女性との交際も現在の人が初めてで、「俺はモテないから、彼女と結婚できなければ、一生独身だな」とかねてから言っていました。 母親としては、息子の結婚の邪魔はしたくないし、離婚した負い目も感じます。 でも、これで自分の幸せを諦めていいものなのか。 やっと優しい人と穏やかな交際が出来て、再婚後はお互いをいたわり合いながら幸せな老後を過ごしたいと思っていたのですが。 私の交際相手は、数年前に奥様を病気で亡くされています。 お互い悲しい過去を優しい気持ちで暖め、癒し合って、明るい気持ちになってきたところでした。 長くなり申し訳ありません。 ご相談したいのは、自分の幸せだけを追い求める気持ちにもなれず、かといって息子や相手のお母さんの言葉でこの先ずっと彼と私が我慢の人生を送るのもなにか理不尽な気がします。 どのように考えて問題を解決したら、みんなが幸せになれるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

結婚はこの人でいいのか

結婚を前提に付き合ってきた年下のパートナーがいます。穏やかで優しくて頼りがいがあり、出会ってすぐに結婚を意識しました。 しかし、なかなか結婚の話題が出ないために、そのことについて話しをしたところ、借金があるという話しをされました。また、風俗に通っていたとも。 それでも結婚したいと言ってくれましたし、わたしも彼の人柄が好きでした。風俗に行っていたのは昔のことであること、もう行かないことと、借金の返済を約束し、結婚することを決めました。 両親へ借金の話はしていませんでしたが、挨拶をすませ、近々入籍予定です。 しかし、やはり些細なことで喧嘩が起きたときに、「借金があるくせに偉そうに」や「収入が少ないくせに偉そうに」と心の中で思ってしまう自分がいます。 お金がないので、婚約指輪もなく、彼は借金が返終わったら買ってあげるというのですが、随分先の話です。また、これから住む家や家具を購入する話などは積極的にするのに、婚約指輪の話は結婚後借金を返し終えてから考えようと適当に流します。 先日この件で、喧嘩が起き、結局婚約指輪は自分で購入に到りました。一人で店舗で購入しているのは自分のみで、こんなに悲しいことはなかったです。その件については、彼も謝罪していました。 借金についても、収入が多い私が一緒に返した方が早く返済できるので提案していますが、それは自分で返すと頑なです。これからお金がかかるのに本当に返済できるのか疑問です。 お金がないということは分かっていても、やはり憧れていた結婚への道のりが何一つ叶わないことや、期待しても無駄なのに、期待してしまう自分にも嫌気が差し、彼への不満も募るようになってきました。 本当にこの人と結婚して大丈夫なのか悩み始めています。

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

結婚することを母に謝れと言われました

閲覧ありがとうございます。 タイトルだけだと語弊を生むと思うのですが、補足すると、 結婚して実家から遠く離れる(飛行機で2時間くらい)ことを謝れと言われたのです。 これは親として普通のことなのでしょうか? 25歳女、大学卒業まで実家暮らしで、その後留学させてもらっています。手塩にかけて育ててもらい、ここだけの話お金も尋常じゃないくらいかけてもらいました。とても感謝しています。 そんな私ですが、留学先でいい人と出会い、留学後に結婚を考えています。住むのは日本です。 ただその場所が問題で、実家から遠く離れているのです。とはいえ交通の便は良いです。 母からすれば、ここまでお金をかけて育てたのに、留学から帰ってきたら恩も返さず遠くへ行ってしまうというやるせなさと寂しさがあるのだと思いますが、謝れというのはなんだかふに落ちません。 結婚相手はとてもいい人で、それは母もわかってくれています。経済面でも何も問題ありません。 とにかく離れるのが寂しい、お置いていかれる、という感覚なのだと思います。 あと、何のために育てたのかわからない、とも言われました。 母は留学先から帰ってきたらまた一緒に暮らすことを心待ちにしていたようですが、それが裏切られた形ですね。 私は渋々謝りましたし、結婚後もうちに遊びにおいで、とか、結婚前に旅行に行こう、とか、いろいろ手を尽くしているのですが、効き目がありません。 もうどうしていいかわからないです。 結婚がここまで喜ばれないことなのかと、とても悲しい気持ちです。 できれば母には祝福して送り出してほしいのです。喧嘩別れにはしたくありません。 そのためには私が我慢すればいいことなのでしょうが、だんだん限界になってきました。 たまにカーッとなって怒鳴りたくなりますがなんとか抑えています。 長くなりましたが、私の相談は、 「結婚することを謝れというのは親として普通のことなのか?」 そして「もし何か解決策や母と接する上でアドバイスがあれば教えていただきたいです」 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る