お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

根無し草な生き方と結婚との葛藤

はじめまして。
私は、同じところに留まれない人生を送ってきました。

地元が好きではなく、実家も嫌いで学生時代から就職してしばらくは首都圏で暮らしました。
その頃は夢を追って過ごしていたのですが、にっちもさっちもいかない自分にだんだん嫌気がさし、英語も勉強していたので、海外に行ってみようと、お金を貯めるために実家に戻りました。

しかし、元々両親が苦手ということもあり、実家で言い争いをし、家を出ることになり、お金は貯まるどころかマイナスになりました。

アパートもどんどん安いところへ引越しをせねばならず、職も長続きせず転々とし、あげく体調も壊し、もう夢なんて良く分からなくなってしまいました。
そして、また元気だったころの首都圏に戻りたくなっています。もしくは、別のどこかに行きたい。

そんなガタガタな私を支えて、ずっとお付き合いしてくれた彼氏がいます。地元で出会いました。その人は本当に優しく愛情深く、守ってくれました。
この人とずっと過ごせたらどんなに幸せかと思うのですが、彼は地元にご実家がある長男なので、そこから離れることはない方です。
①地元が好きではないこと、今後も好きになれるか自信がないこと
②自分自身がふらふら何処かにまた行きたくなる気がする
ので、結婚することに覚悟がもてません。

別れを選ぶのも辛く、同時にあんなに優しい人を傷つけることになる勝手な自分にも失望しています。
また帰ってくればいいとしても、そうなる確証も持てず、どうしてこんなに何処かに行きたいと思ってしまうのか、自分の性質が嫌でしょうがありません。

地元に残り、彼氏と結婚するべきなのでしょうか。
それとも、一度離れてみてもいいのでしょうか。

長々とすみません。
自分ではもう決められず、相談させていただきました。どうぞ宜しくお願いします。

恋愛相談
有り難し 19
回答 1

質問投稿日: 2014年12月6日 13:06

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

聖なる求めもあることを知りましょう

人間、根無し草ではありません。畑を探して飛び回るタンポポの綿毛だと思えば良いでしょう。
生命の活動、エネルギーなのです。
全ての人が、同じところにとどまらない心の在り方をしています。とどまらなくていいのです。
ただしとどまっていないというのは心の状態のことです。
同じところ、同じ心でとどまっていないのが、心の本来の在り方である、と悟った人たちは口をそろえて言っています。そうでないと思いこむのは単なる自我、エゴ、自分の都合です。ですから自分の両親とも関係をきちんとより良い方向へ修復するべきでしょう。
地元も好きになれます。あなたがどうせ、好きになれないと思いこんでいるだけでしょう。そうでなければ何故そこに人が存在するというのでしょうか。彼氏さんや、地元ラブな人たちから意見を伺うのが良いでしょう。
あなたは自分を大事にするがあまり、自分のエゴ・自我を優先して地元の良い所に目が開いていないだけです。悪いことではありませんが、軌道修正放されるべきです。
生きる事の本質はたとえ船に乗って波に流されているにしても漂流、行き当たりばったりでは何処にもたどり着けません。ちょいときついこと申し上げます。それ以上は言いませんが、アナタいい恰好、イイトコロ、いい場所という条件をあなたがゼータクに持っていることが最大の原因なのではないでしょうか。
求めの心自体を見つめ直し機縁と致しましょう。
あなたの求めの心こそがあっちゃこっちゃふらついているだけです。
欲しがることがイケないのではありません。欲望というエネルギーを地に足をつけたエネルギーにする必要があります。生きたい、死にたい、も同じ原動力です。
その同じ原動力を自分の向上の為により良く使うべきです。
仏教では菩提心といいます。自分の我にエネルギーを注ぐのではなく、我を離れるためにエネルギーを注ぐのです。

3年4ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ