お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

親不孝

高校時代、進学校での勉強がつらかったのと、部活が忙しすぎて精神を病みました。部活がとにかく厳しくて、精神を病む者が続出し、私は何とかしなければと一人で抱え込んでしまいました。成績も下がり、親にとても心配されました。

3年になると余計ひどくなって受験ノイローゼみたいになり、3か月学校を休みました。大学には何とか受かりましたが鬱状態が続き、何かあるとすぐ親にあたってしまいます。

好きで始めたサークルさえ疎かにし、最近は授業もさぼりがちで、バイトも行きたくないなどと幼稚に大騒ぎしながら少し通っただけでやめました。弟の受験もあり、母はすごく痩せてしまいました。

最近まで自分が親不孝なことをしている自覚もなく、家ではやりたい放題言いたい放題でした。自己嫌悪に陥り、私があまりに後ろ向きなので友人関係も破綻しそうです。朝も起きられず毎日ぼうっと過ごしています。

周りにはもっとつらい人もいるんだよと親に言われてしまいました。こんな自分が情けないです。

有り難し 14
回答 2

質問投稿日: 2014年12月9日 10:37

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

親は迷惑をかけられているくらいが「孝行」

こんにちは、ざっきさん。
真宗大谷派の釋理薫と申します。

高校時代からの「辛さ」をかかえたまま大学生になり、大学生活にも影響なさっているのですね。
そのことでお母さまを悩ませてしまったことが「親不孝」なのではないかと。

そうですね。
人は一人で生きているのではないので、ざっきさんの辛さを受け止めているお母さまも大変だったのではないかと思います。

もしお母さまの負担を減らしながら、自分の辛さに向き合うためには、家族以外の人に相談されてはいかがでしょうか。

お医者さまでもいいですし、ご縁のあったお寺のお坊さんに話を聞いてもらってください。
ほんの二言三言聞いてもらうだけで、すこしは落ち着くかもしれません。

また、親は迷惑をかけられているくらいが「孝行」で、まったく頼ってもらえないのも辛いものです。
でも、ずっと頼られて疲れてしまったのかもしれませんね。

「辛さ」や「苦しさ」は、他人と比較できません。
ざっきさんの「辛さ」に向き合えるよう、お母さま以外にも話をされてはいかがでしょうか。

3年11ヶ月前

お姉ちゃん意識に疲れていませんか

❝立場❞を一度捨ててみると良いと思います。
あなたはお母さんにとっては娘です。それは一対一で対等であることを自覚しましょう。
兄弟の中では長女ですから、それを意識すると重圧を感じるかもしれませんね。
「長女あるある」を一度覗いてみてください。
自分の悩みが「あ」と思い当る事が書いてあります。
さて、病気や心の病み、闇、止み(停滞)は罪ではありません。
罪ではありませんが、病みから健全になるべきであり、闇から明るみにであるべきであり、停滞、とどまりである❝止み❞から1ミリでも進むべきです。今回のご相談が最初のペダルでした。一番力がいる所でした。でもそのペダルはこがれました。坂道もあるかもしれませんが、前進することを忘れなければ、もう停滞はありません。停滞したっていいんです。ブレーキかけたっていいんです。前に進んでいきましょう。

3年11ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ