hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

分骨したものの…

回答数回答 2
有り難し有り難し 9

昨年11月に8年連れ添った夫が病死しました。
葬儀は住まいと勤務先の有る自宅近くで行いました。(北日本)
当然、埋葬(納骨)もこちらのお寺にするものと考えていたのですが、葬儀の打ち合わせ時に、夫の実家の菩提寺(関東)に埋葬すると義両親より伝えられました。
何とかこちらの気持ちを組んで頂くよう話し合い分骨して貰ったのですが、張りきって(語弊はあるのですが)遺骨を持っていった割には、祭壇に御供膳やお団子などお供えするわけではなく、終いには、前日の残りご飯で良いかね〜などと言う状態。

息子を連れて帰りたい気持ちはよくよく分かるのですが、日々の供養に対して温度差がある様で私としては腑に落ちない気持ちでモヤモヤしています。
(陰膳として仏壇にご先祖様の位牌があり、長く供養をしています。)

地域差が有るのは重々承知しておりますが、私としては嫁に取られた息子を取り返したとしか見えなくて…残念です。

かと言って、私と息子で遺骨を抱えてしまっても、これから先の人生で何があるか分からないとも考え、義両親が健在のうちは供養をお願いしようと決めたのですが。

分骨したので、私と息子の思うように供養はしており、この先もしていくつもりです。

が、このモヤモヤした気持ちのまま、義両親と今後も付き合いを続けていく事にとても抵抗感を持ってしまいました。
しかし、義両親にしてみたら息子(孫)が一族の跡取りで(初孫で男の子、他に孫はいない)、かなりの期待が今から鼻息荒く見えています。

四十九日を前にして「母親が子供が居るのに女に成ってはいけない」と釘を刺される始末。
息子のことを思うと、父親の存在は避けて通れない事。亡くなった夫を忘れさせる必要は有りませんが、成長していく上で何かの形で父親としての存在が必要になるはずではないかと考えます。

私が踏ん張って母親と父親の二役をやれば良いのでしょうが、私も人間。心が折れることもあることでしょう。

この先、自分はどうあるべきなのか… 考えれば考えるほど思考が停止して、頭の中が白紙となってしまいます。
今後の義両親との付き合い、息子にとっての父親、自分の人生、、、
どれも重くて、簡単に答えを出してはいけないと思い、余計に自分が苦しくなってしまいます。

何か良いアドバイスを頂けると、この先の道標になるかと思います。宜しくお願い致します。

2015年1月12日 23:07

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

柔軟な姿勢を手に入れる。 グレーゾーンを生きる。

クマ嫁さん

今は、考えても思考が停止し、
頭が真っ白にならざる得ない状況に
いるのではないかと思います。

答えを出そうとすれば出そうとするほど
苦しくなってしまうのではないのでしょうか。

取りあえず、
考えて答えを出そうとするのはやめてみませんか。

今は日常生活を送る。

義両親との付き合いをどうするのか

義両親の言われた通りにする
もしくは義両親との関係は断つ

どちらも出来ないのではないでしょうか
出来ないことを決めようとするから
苦しくなるのだと思います。

このことは譲れる、このことは譲れない
このことは頼る、これは頼らない

私たちの眼は全てを見通すことは出来ません。
その時良かれと思った判断が
間違うことだって沢山あります。

息子さんに父親が必要か不要か

そういう人物が現れるのか、現れないのか
この人なら、という人に出会えた時考えましょう
その決断も息子さんにとっても
あなたにとっても良かったのか悪かったのか
それも分からないのです。
全ては縁に任せるしかありません。

白黒ハッキリ正解を
出そうとすれば苦しくなる
柔軟な姿勢を手に入れる
ちょっとの間グレーゾーンを生きてみませんか。

2015年1月13日 0:21
{{count}}
有り難し
おきもち

全ては仏様の教えを聞くご縁です。

大切なご主人様がお亡くなりになり、お悔やみ申し上げます。

わたくしのお寺のご門徒にも同じような境遇でらっしゃった方がおられます。
結論から申しますと、その方はご主人の実家とは縁を切り苗字も旧姓に戻されました。
お子様もおられますが、一緒に実家のある故郷へ帰られております。
お墓は当寺院にございます。
遠方ということもあり、お墓参りには来られません。
その代わりに、毎年ご命日に合わせお寺へお花を送ってこられます。
私はそのお花をお墓へお供えしています。

亡き人との付き合い方はそれぞれです。
しかし、どれも全て仏様の教えを私が聞く為のご縁だと受け止めてまいりましょう。
亡きご主人とのご縁を大切になさってください。

生きている人との付き合いは煩わしいことばかりです。
離れることも大切なのかもしれません。

2015年1月15日 15:56
{{count}}
有り難し
おきもち

始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

質問者からのお礼

ありがとうございます。
グレーゾーン…夫が亡くなってから、私の中になかった言葉です。
死亡を宣告されてから、全てが白か黒の判断を即座に要求される日々でした。
独断で全ての判断をするのは本当に苦しい事でした。
グレーゾーンで生きても良いのですね。
それが分かり、思わず涙が出て来ました。
少しは自分を労わり、流れに身をまかせる事にした方が良いのでしょうね。

有難いお言葉、ありがとうございました。

釈心誓 様
ご回答ありがとうございます。
「離れる」と言う選択は子供が居なかったら、きっとそうしていました。
今はまだ、離れると言う選択は自分の中に迷いが有るので出来ないと思います。
しかし、この先はその道を選ぶ日が来るかもしれません。

遠距離と言う現状を利用して、ほとぼりが冷めるまで今は距離を置こうと思います。
私の気持ちが落ち着き、夫が亡くなった現状を上手に消化できる様になったら、これまでのことを踏まえて今一度考えてみます。

ありがとうございました。

「納骨」問答一覧

納骨、供養について

13年前、私が再婚する際に実母を引き取り生活しておりました。 その母が先月亡くなりました。 身内がある宗教の会員のため、叔母が亡くなった際、友人葬をあげて頂いた事がきっかけで、母は叔母のご本尊様を引き取る形で入会しました。 ただ、母は友人葬に感動したとの事でそれ以外は信仰することも活動もなくお仏壇も押入れに片付けてある状態でした。 突然母が亡くなったことで私自身パニックになり、主人といとこ(学会員)を頼るばかり… 唯一、母が感動したという友人葬にする事にし、いとこが声を掛けて下さり無事に葬儀は終わりました。 主人は長男で自宅には、主人が幼い時に亡くなった父親のお仏壇があります。 私の母とは宗派も違うので、お隣にお仏壇を置かせて頂いてもいいのか分からないでいます。 納骨に関しましても、母の実家のお墓であれば両親兄弟揃っているから…と思うのですが、これもまた宗派の違いがあり、母は旧姓に戻ってはいるものの一旦は外に出た人間だから…それに母の実家は遠方なので私自身近くに居てほしいとの想いがあります。 学会の方々にお世話になったので、そこに納骨と考えているのですが、その場合、母は自分の両親と離れ離れになってしまうのではないかと不安になります。 納骨、今後の供養 宗派は違えど一緒にさせてもらっていいのでしょうか? どうすることが最善なのでしょうか? 近くのお寺で相談することも考えたのですが、やはり宗派の違いで問題が生じたり、自分の信仰する所を勧めたりされるとお聞きしたのでなかなか前に進まずにいます。 乱文で申し訳ありませんがアドバイスを頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

檀家でない場合、お経をあげていただくことは難しいでしょうか?

初めて質問いたします。何かアドバイスいただけたらありがたいです。 <背景> ・宗派:学会系(ただし熱心ではなく、父方祖母の代に親戚付き合いから宗旨変えしたと聞いています。どちらかというと宗教に関心の薄い家です)。 ・父方親戚は学会系の方が多く、これまでお葬式をあげる際は「友人葬」として親戚の方に題目?を読もらっていました。 ・父が一人っ子で祖父母も亡くなって時間がたっているため、父方親戚とは疎遠気味です。 ・祖父母のお墓は地域の共同墓地(宗派がないところ)です。 <相談内容> 先日弟が事故で無くなりました。少し普通ではない亡くなり方(犯罪等ではありません)だったため、疎遠気味だった父方親戚には知らせず、ごく身内だけで葬儀を行いました。 数か月たちそろそろ納骨を考えているのですが、納骨時にお経をあげていただく伝手がありません。父方親戚にお願いすればあげてもらえそうですが、事情により伝える予定はありません。 できたら宗派の近い日蓮宗系の方に、納骨の時だけ立ち会っていただきたいのですが、何か方法はないでしょうか? お墓近くの日蓮宗系寺院に相談したところ、檀家になることをすすめられました。ごくまっとうな意見だと思うのですが、すぐには踏ん切りがつけられず家族で悩んでいます。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

母親の納骨について

去年11月に病気で大切な母親が永眠しました。84歳でした。一周忌に墓に納骨をしようと準備していますが、母親の先祖代々のお墓のある寺に問い合わせたら、墓の管理者の許可が必要といわれました。母親は四姉妹の末っ子で長女と母親が先祖代々の名前です。長女と母親は生前あまり仲良くなかったらしいのですが、母親は代々のお墓に入るのを望んでいました。長女には何の遠慮もせんでいいよと常々言ってました。長女親族とはずっと連絡などしてこなかったのですが、墓の管理者となるとやはり長女の子供たちでしょうか。長女も生存してるのか不明です。今名古屋に住んで30年経ち、代々の墓は石川県で遠方で、数年に一度母親共々墓参りしていました。自分は40代独身で父親と姉の3人です。まだまだ一周忌経ってないので日々淋しさと悲しさは溢れた日々です。 代々の墓に普通に入れると思っていたので、今不安と一番最善はどうしたらいいか、そして、自分もおそらくこのまま独身で生きてくと自分が亡くなった後の不安、母親と同じ場所に絶対に入りたいのでどうすればいいか、、是非ともアドバイスいただけけたらと思います。 もし、先祖代々の墓に母親が入れないと母親との約束が果たせない辛さ、悲しさとか強く抱いてるので、不安です。 片足が不自由だった高齢の母親といつも一緒にいれたことが凄く幸せでした。側にいて当たり前と思ってた大切な存在だったので悲しみと淋しさもとてつもないです、、 今はまだ母親の遺影と遺骨をミニ仏壇に添えて日々お参りしています。涙が止まりません。 今後の残った自分、高齢の父親、姉の3人も絶対に母親と一緒に永遠にいたいのでその点も含めてアドバイスよろしくお願いします。。

有り難し有り難し 12
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る