お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

曹洞宗・49日に納骨したくないと言う母

大動脈破裂にて、70歳で父が急死しました
ほんの10分程、母が父の側を離れた時に倒れ、帰らぬ人に…

でも、顔は穏やかで、納棺師の方からは「体が硬化せずに滑らかです!苦しまなかったと言う証拠ですよ〜」といって頂いたのが何よりの救いです

ですが、母には後悔がひどく自分ばかり責めて、どうにかなりそうです。

周りから呆れられるほど、一日中どこに行くのも一緒だったので、ショックも計り知れません。

しかもお店の1つもない田舎で、父にあちこち連れて行ってもらえていて暮らしていたため一人では厳しい…のに、私(娘)や孫と小さい家でも借りて、一緒に住もう!と提案しても、田舎にいるの一点張り!お骨もずっと手元に置きたいというし

現実、墓を買わないと行けませんが、すぐに買える余裕がなく49日には間に合いませんが、どのくらいまで手元に置いても良いものなのでしょうか?

そもそも父は、死んだ事に気付いているのでしょうか?(私は若い頃、心肺停止で臨死体験をした際に、暗闇の中から祖父が現れ、付いて行こうとしたら子供が居るんだから!と言われ、ハッ、として戻されました、あの世には、その続きの世界があるのかな?)

日々の生活の中で仏様とは、どう接したら良いのでしょうか?

とにかく、私が父と母に出来る事、言ってあげられる事がありましたら、ご指導よろしくお願い致しますm(__)m

初めての仏壇で、日々のルールさえ、あまりわかっていません。父に何をしてあげたら?
仏様が、喜ぶ事、悲しむ事などなんでも教えて頂ければさいわいです

お忙しい中恐れいりますが、よろしくお願い致しますm(__)m

心構え・生きる智慧
有り難し 26
回答 2

質問投稿日: 2016年7月18日 6:27

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

死は終わりではないという目覚めが死苦を療ずる

人は自らその死によってすべてを消滅させます。
誰の死であっても死はこの身心に映じられることの全ての生滅です。苦しみも痛みも悲しみも迷いもすべてを消滅させてくれます。よろこびも楽しみもすべてを滅するがゆえに大安楽、大安心、涅槃寂静。人間の是非善悪の無い法界に安住するのです。死ぬまでの間も師のことをいくら考えても死は実際にこの身の上に起こることはないですから死ぬ瞬間までも死はまさに死ぬ直前まで死なないですし、死と共に上記のようにやすらいの世界に入るのです。
お骨は本当は執着を離れ無くす為にも49日ぐらいを目安にもっと広い世界に目覚めるためにも手放すのがよいですが、どうしても長年連れ添った方への愛着が強いものでしょうから、そうもいかないものです。百ケ日を卒哭忌と申しますので、49日で手放せられない人は百日、もしくは一周忌をもって納骨されると良いでしょう。
愛する人、伴侶の死というものは親の死よりもつらいと言います。
ストレス度も数々の苦しみの中で最上位に挙げられます。
あなたにとってはさほどの事ではないとしてもお母さんにとっては❝実際に❞想像以上の苦しみなのです。
「まったく、もう、おかあさんったら…」と思われる所を、
「ああ、そうか、そうなんだ、お母さん、本当に苦しいんだ…」という同調、くみとりの気持ちに変えてあげてください。
一日で咲く花はありません。
悲しみも超特急でなくなるものはありません。
ですが、それでも悲しみをゆるめる方法があります。
終焉、終局、終わり、という思いを無くすことです。
お母さんにとってお父さんの死がおそらく今は「終局・終焉・おわり」と認識されておられると思います。
そういう考えの上に立脚しているために生じる苦しみであるならば、それは考え方によって苦しみを無くす事もできます。川が上流から下流になるにつれ名前が変わっていくように今置かれている状況が終わりではなく大いなる海、大空へ向かって進んでいるんだ、そして雲や雨と変わっていくように。やがて、終焉、永続、サイクルという人間の考えも離れて生死を超えたあるようとして互いに存在しているということに少しずつ目覚めていくと良いでしょう。
摘まれた花に死や生という言葉が飾られないように人の死に終わりという言葉を飾るべきではない

2年10ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

気持ちが落ち着くまで

 お父様のご逝去に謹んでお悔やみ申し上げます。
 急なことでびっくりしたでしょう。

 さて、お問い合わせの件ですが、お骨はお母様の気持ちが落ち着くまでご自宅に安置しておけば良いと思いますよ。お母様もいつかきっと心に区切りがつく時が来ると思いますので、その時まで待ってあげましょう。
 お母様とは離れてお住まいのようですので、時々様子を見に行ってあげましょう。でもあまり励ましたりせず、そっと寄り添うようにしましょう。

 仏壇のまつり方については、お葬式をしたお寺さんに聞いてみましょう。

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

鳳林寺 光禪 さま。

母の気持ちが落ち着くまで、自宅で…という方法もあるのですね

母の元に出来る限り通い、寄り添えたら…と思います

ありがたいお言葉に感謝いたします。
m(__)m

丹下 覚元 さま。

[一日で咲く花はありません。]
[悲しみも超特急で無くなるわけでもありません]
本当にその通りですね!

そして、終わりという思いをなくすこと、本当に素敵な言葉だし考え方ですね。

ぜひ母にも伝え、前を向いていきます

温かいお言葉本当にありがとうございましたm(__)m

「曹洞宗」問答一覧

「曹洞宗」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ