hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

出産は難しいと言われました。

回答数回答 4
有り難し有り難し 30

私は先天性心臓病です。
母子家庭で育った為、昔から絶対幸せな家庭を持ち子どもを産み家族を作るんだと夢見てきました。
そして、やっと結婚が決まりました。
しかし、前から知っていた現実、心臓病はもちろん、服用している薬が出産にはかなりのリスクがあると主治医から話をされ、成功しても母子どちらかに障害が生じるか成功はたった1/3と言われました。

親族からは、今はこんなに健康でいて、ここまで、辛い手術や治療に耐えてきたんだから、自分を危険にさらしてまで無理して産まなくて良いと言われました。

彼や彼の家族も無理して産む必要はないからね。と言われてます。
家族からしたら私自身が一番大切と言われる意味も分かります。
ただ、女として生まれて子供を授かりたいと思うのは普通のことだと思うんです。
特に私は、仕事も保育士で大好きな子供と過ごす為
よりいっそう子供が欲しい気持ちが強まります。

挑戦はしたい気持ちは変わりません、
でも私が死んだら意味がない。
子どもは諦めて、他の幸せを見つけるべきか?
でも子どもがいる人への嫉妬心は消えない気がします。
子どもを虐待するくらいなら、私に育てさせてよ。
って思います。

里親は?と言われますが、調べたところ、
健康でない以上は難しいとの事でした。

複雑な気持ちと毎日戦ってます。
何かある度に、健康な人への嫉妬も止まりません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

復讐を遂げる

nanamiさん、こんにちは。
壮絶な人生。よくぞここまで生きていらっしゃいました。そしてご結婚、おめでとうございます。

nanamiさんは、昔から絶対幸せな家庭を持ち子どもを産み家族を作るんだと夢見てきたのですね。
でも心臓の病で、あなたが服用している薬には出産へのリスクがある。
それにより、親族からは無理をするなと言われる。あなたが生きていることの方が大事なのよと。子供は暗に諦めなさいと。夫や夫の家族も無理しなくていいと言ってくれている。

しかし!
「女として生まれて子供を授かりたいと思うのは普通のことだと思う」nanamiさん。
わたしは保育士だし、ぜったい幸せな家庭を作れる自信がある。

その力はどこから湧いていらっしゃるのかと考えました。
諦めないことは大事です。と同時に、明らかにすることも大事なようです。病との戦いで、nanamiさん自身よくよくご存知のことでしょう。
”この薬は使えない”と諦める・明らかにする、”ぜったい幸せになる”と諦めない。

悪いことではありません。健康な人への嫉妬、せっかく生まれた命を虐待する親への憎むことを力に変えることは。
いいことでもないようです。でも、尊重します。あなたの意見です。
ただ、それでも、私はお話ししたい。幸せのかたちは、私たちの目の前に、いくつもあります。ゆめゆめお忘れなきよう。どうかお元気でいらしてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...
このお坊さんを応援する

先天性心臓病の権威に意見を求めましょう

まだ諦めるのは早いと思います。
一生を左右することですから。
たとえば、日本には如何なるガンも治すことを誇りに思う人たちがいます。
名医中の名医と言われる方々です。
❝治る❞ものではないにせよ、そういう方々の元で検査をして、的確な最終意見を求める必要はあると思います。
自分の体は自分が一番分かるとはいえ、自分ではわからない部分もあるはずです。
それが為の医療機関です。
今飲んでいる薬が適切であるとはいえ、セカンドオピニオン、サードオピニオンを続け、日常服用するような薬を変えられる可能性もある❝かも❞しれません。それは私には分かりません。
検査に多少お金がかかるとはいえ、出産が帝王切開ならば可能、ということもあるやもしれません。
また、心身一如といいます。
一つではありませんが、ひとつのごとし、なのです。
精神的な部分も発作には影響すると思います。
心でもって、ある種、体の躍動を抑えられる部分もあります。ある種の生活の処し方によっては、心臓の発作的な事を抑える事が出来る部分もあると思います。
ですが、それでも体の力の方が勝るものです。
どうしてもだめなんだ!ということが分かればあなたもチャンと諦めがつくはずです。
そうなってしまったらきちんと諦めをつけるべきです。
でも万が一に可能性があるならば、その可能性を信じるべきです。
諦めるならば、これでもか!というまで、自分の体を快方に向かわせ、自分の限界を知ってから諦めましょう。応援しています。
私も昔、どうしてもあきらめなければいけないことがありました。
それでも、やり抜けば、ダメであっても諦めはちゃんとつくものなのです。
そこで見える世界は、自分畏れていたそれではなく、別のモノの見方が手にはいるものなんです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

いかなる決断も尊重したいと思います。 応援しています。

nanamiさん

文章読ませていただきました。

育った環境もあって、
幸せな家庭を持ち、子どもを産み家族を作りたい

しかし先天性心臓病と服用している薬には
出産するにあたって、かなりのリスクがある
母子どちらかに障害が生じるか
もしくは自分自身の命を落としてしまう。

nanamiさんは今、迷い苦しまざるえない状況に
いるのではないかと思います。

“複雑な気持ちと毎日戦ってます。”という
言葉にあなたの深い葛藤が伝わってきます。

外からのアドバイスとして
「自分の体を大事にしては」とも
「結果を引き受ける覚悟で挑戦してみては」とも
止める言葉も
すすめる言葉も発することは出来ません

答えを出せるのは他ならぬ
nanamiさんしかいないと思います。

複雑な気持ちと毎日戦うことを通して
あなたは答えを出そうとしているのではないでしょうか

いかなる決断も尊重したいと思います。
応援しています。

{{count}}
有り難し
おきもち


善き結果のためには、善き因縁が大切となります。

nanami様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ご苦労なされて、色々な思いをお抱えの中、ここまで頑張られてこられたこと、誠にお察し申し上げます。

そして、この度はご結婚、誠におめでとうございます。そして、理解ある優しい周りの皆様にも誠に感謝でございますね。有り難いことでございます。

これまでにも「子どもに恵まれたい事」につきましては、下記の各問いに回答させて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_319589.html

上記における拙回答の一つの中で少し触れさせて頂いておりますが、野田聖子議員のお子様のことを扱わせて頂いております。批判も様々にあるでしょうが、本当に色々と考えさせられました。でも、それが女性として、子どもがほしいという大切な、切実な想いの一つの現れであるのだと存じました。

もちろん、あまり無責任なことを安易には言えませんが、可能性がある以上は、よりリスクの少ない方法を選択なされて、諦めずにトライされてみられても良いのではないかと存じます。とにかく医療技術、妊娠・出産医療も日進月歩、アメリカなどの先進医療現場における最新の方法であれば、低リスクでの妊娠出産も可能かもしれません。渡米せずともアメリカの最先端の医療技術を導入している病院が国内にあるかもしれませんので、情報収集なさられてみられてもどうかと存じております。

また、日本では正式に認められていませんが、どうしても子どもがほしいとなれば、体外受精・母胎提供を受けての代理母出産という方法もございます。

とにかく、この世では、何事も最初から完全、完璧に結果が決まっていることなどは何もなく、当然に色々とリスクは付き物です。ただ、善い因縁(原因・条件)の流れによって、善い結果が得られるというものとなります。

仏道もそうですが、善い結果へと向けて、できるだけ善い因縁を積む精進努力が必要であるということになります。

とにかく、お気持ちは十分に分かりますが、悪い煩悩の一つである「嫉妬」はまずいけません。嫉妬による行いは悪業となり、悪い因縁となりて、悪い結果をもたらしかねませんので、どうかお気を付けを賜りたくに存じております。

善処を心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


「出産・子供を産むことの悩み」問答一覧

子供を持つべきか迷っています

こちらの相談のおかげで、最近は夫婦仲も安定し心地よく過ごしています。二人の生活に満足しており、仕事でも十分な収入を得て、以前のように思い悩むことは少なくなりました。 ただ、一方で、子供を持った方がいいのかもしれないと思う機会が増えました。 理由は以下のようなものです。 ・両親亡き後、夫しか家族がいない。年上の夫が先に亡くなった時に一人になるのが寂しい。 ・未来を生きる子供がいれば、後世に希望が持てる。 ・子供のいる家庭を夫に経験させてあげたい。 ・友人たちが結婚して子供を次々にもうけている。 以前は、年齢のこともあり、子供はもういいかなと思っていたのですが、色々なことが満たされた今になって子供が欲しいと思うのは、貪欲であるような気がしてなりません。ただ、一方で後悔はしたくないという気持ちが、日によって強まったり弱まったりします。授かるかはわからないけど、一度チャレンジしてみてはと。。 以前、この年齢で子供ができたら障害を持って産まれる可能性もあるから怖い、と夫に話したことがあり、以来、子供について話ができていませんが、自分がとても身勝手であるような気がしてなかなか言い出せずにいます。 満たされたから、次は、という欲がある限り、子供を授かったとしても、別のものを欲しそうな自分にも不安を覚えています。 今の暮らしに満足し、つつましく暮らすで十分だと思うのですが、どのような心持ちで自分の欲求と向き合えば良いか、どうかアドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

心は次の未来に向かえますか?

   最近、自分の妊娠を発覚しました。体調の変化もあり、私の生活が180°変わりました。このライフイベントは喜ぶべきことですが、私には一つ大きな悩みがあります。    それは仕事についてで、非正規ですが、私にとっては人生最高の職務且つ職場です。職場で関わる人たちを家族のように大切に思い、サポートしています。    前回のこちらの質問で記したように、幼少の頃から引きずる劣等感から、これとは真逆で矛盾した気持ちもありましたが、本当は心底愛してます。    かの有名人のスピーチをかりれば、もし今日が人生最後の日であれば私は迷わず職場に向かい、命尽きるまで職務に徹するでしょう。    妊娠初期なので、色々まだ状況が分かりかねますが、安定期が入れば、仕事を辞めなければならないことを頭によぎります(職場状況、職務内容、契約期間等を踏まえて)。今までにない深い寂しさに襲われました。    今の仕事に就くまでの私は、正規から非正規まで、色々な仕事・職務形態を転々としてきた、渡り鳥のような存在でした。未熟さゆえに多くの人たちに迷惑をかけてきました。    今の職場で初めて、帰属意識が芽生え、未経験でも無我夢中で取り組み、心から楽しむことができました。    妊娠が発覚し、退職日が来るまで未練がないように、後悔しないように、毎日、毎日、丁寧に、丁寧に、最善を尽くして、大好きな仕事と職場の人たちと向き合うことを決断しました。    一方で、感情移入をし過ぎた分、日々増幅する寂しさに耐えられるのかが不安で、やり過ごせるのか自信がありません。上記の私の決断で、私の心は次の未来に向かってくれるでしょうか?

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

子供を授かることに不安があります

初めまして 私の夫の家族は新興宗教を信仰しています。結婚後に知ったのですが父方と母方の親戚も同じ宗教でそのほとんどの人が熱心に活動をしています。 夫も夫の姉二人も同様に産まれてすぐに入信したそうです。ちなみに夫は全く信仰もしていませんし活動もしていませんでした。 それなら問題ないかと思っていたのですが、義両親や親戚は私も入信して二人で活動することをとても期待していました。 私はどちらかというと新興宗教には否定的な考えだったので、きっぱりお断りしました。その後も何度も入信するように言われたので、入信をすることは絶対ないとわかってもらうため、夫には脱会してほしい、脱会しないのであればまだ新婚でしたが離婚したいと告げました。夫は脱会することに同意してくれたので脱会の手続きをしました。勝手に脱会したことで夫の家族は電話で泣き叫んでいたようです。 申し訳ない気持ちよりも、その熱心さがとても怖く感じていろいろなことが不安に感じました。もし、子供ができたら夫のように勝手に入信させられてしまうのでないかと思うと、子供を授かることに後ろ向きな気持ちになっています。 夫自身が子供の頃、その宗教で辛い思いをしてきて、婚約者した女性と破談になったこともあるそうです。自分のために脱会してほしいと説得しても拒否されたみたいです。私達の子供が同じ苦しみを味わうのはあまりに可哀想です。 子供はほしいけどこの環境で幸せな人生になるのでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

出産へのトラウマと悲しい気持ち

先月、2年間の不妊治療の末、第一子を出産しました。待望の我が子と対面して1ヶ月が経ちますが、未だに出産に対する思い出が辛いもので毎日悲しい気持ちを引きずりながら過ごしています。 気持ちの具体的な原因は ①計画分娩で決めた出産日に赤ちゃんが下りて来れず、予定日翌日に生まれたため、気が強くてがさつな妹(母の再婚相手の連れ子)と同じ誕生日になってしまったこと。 →計画だったため赤ちゃんが生まれてきたい日付で生んであげられず、苦労して授かった子が1/365の確率なのに身近にいる苦手な人と被ってしまってこの子だけの誕生日を作ってあげられなかった後悔でいっぱいです。 ②分娩時間が長くなってしまい、鉗子で引っ張り出して生まれたため、顔に傷がある状態で生まれてきたこと。 →出産への恐怖心から麻酔をして無痛分娩を選択したため、陣痛促進剤をいくら入れてもいきむ力が弱いため、医療行為により娘を傷つけてしまった。 ③分娩後、胎盤が正常に出てこなかったことによりすぐに痛くて恐ろしい処置を行ったため、赤ちゃんが生まれた喜びに浸ることができなかったこと。 →本来なら出産の喜びに浸れるところを、追加処置により幸せな気分から一気に恐怖へと変わった。 ④コロナウイルスの関係で夫の立ち会いができなかったこと。 →夫は前妻との間の子どもの出産には立ち会いを行っているのに、自分との子どもの出産には立ち会えなかった。 ⑤無痛分娩を選択したのに身体へのダメージは大きかったこと。 →普通分娩と違って痛みは無かったものの、出産時の裂傷がひどく手術を行って費用も通常の3倍かかってしまい、高いお金を払って痛くて怖い思いをした。 だらだらと辛い思いを述べてしまい、お恥ずかしい限りですが、まだ出産についての後悔から毎日がとても辛く、なかなか赤ちゃんに向き合うことができずに過ごしています。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

産むか中絶するか決断できません

現在2歳の娘がいます。私の方の実家の近くに住んでいるので、両親に娘を見てもらいながら、私は実家でリモート勤務をしています。 夫は片道1時間弱かけて通勤、出社しており、平日は7時半ごろに帰宅すると娘と遊んでおります。 土日は娘と遊んだりお風呂に入れたりしてくれはしますが、基本的に家事はせず、自身は外で働いているのだから、帰宅し靴を脱いだ後は何もしたくない、という考えの持ち主です。 娘を妊娠してから今日まで、何度も家事育児の分担について話し合いを持とうとしましたが、夫的にはやっているつもりらしく、話し合いを持ち掛けられることすら疑問のようで、少し強く言うと大声を出して威嚇してきます。一度は暴力を振るわれ、警察沙汰になりました。このようなことが3年弱続きましたので、夫には諦めに近いようなものがあります。 そんな中、先日2人目の妊娠が発覚しました。 この妊娠を継続するか、中絶するか決断できずにおります。 授かった命をこのように悩むのは間違っていると思いながらも、この数年で夫への信頼がなくなってしまった今、ほぼ私と私の実家のみで育てていけるのか、という不安があります。(両親は高齢です) 経済的な観点からいうと、共働きで給料はほぼ同じなので、心配はないほうではあるものの、夫は再婚なので、前の家庭の子供に養育費を二桁払っております。 わたしは実家に仕送り(というか娘の面倒を見てもらっているのでお礼)をしておりましたが、それも夫に反対され金額を減らし今は毎月片手ほど渡しております。 このあたりの価値観の相違からも何度も喧嘩になりました。 この妊娠がわかったとき、私は上の内容から、「手放しには喜べず、すぐに産むという決断はできない。もともと一人でいいという予定ではあったではないか」と伝えたところ、夫は「俺のせいだというのか」とまた大声をだし喧嘩になりました。 支離滅裂になってしまいましたが、一人目を必死に育ててきて、全力疾走から小走りくらいに落ち着いてきた今、二人目に踏み出せずにいます。 一時間おきくらいに「産みたい」と「産みたくない」と考えがコロコロ変わる状況です。 不謹慎であるとは自覚しております。 なにかお言葉をいただけますと嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

お腹の子が男の子で不安な自分に自己嫌悪

21週の妊婦です。 先週の検診でエコーで男の子と分かりました。 夫婦で漠然と女の子の様な気がしていて、ショックを受けています。 ショックを受けている自分にかなりショックです。 神様がこの二人なら大丈夫と授けてくれたんだ…と思うのですが、ここ1週間ずっと情緒不安定で涙が止まりません。 母は成人式に振袖を買ってくれて私に着せてくれたり、妊娠も既に兄嫁の子はいるのですが、娘なので凄く喜んでくれたり、悪阻が辛い時も話を聞いたり心の支えでした。 父・母にそれぞれ妹2人(私目線叔母)がいるのですが、子供は3人男兄弟です。 なので「(私)は女の子でいいな~」と子供の頃から言われていて、今では痛い程分かります。 その叔母の子達は嫁を尊重して遠い他県の嫁の実家近くへ引っ越したり、嫁姑の悩みも多そうでした。 中には不起訴の事件を起こした子もいました。 夫はどちらの性別でも喜んでくれています。 お腹の子も胎動で蹴って自分の存在するをアピールしてくれています。 もしかしたら一人っ子になるかもしれません。 それを考えると将来この子もお嫁さんの味方になり、どこか遠くへ行ってしまうのか、とか母と買った振袖は箪笥に眠ったまま終わるのかと暗い将来ばかり見えて怖くなります。 母方の叔母は男兄弟で大変そうでしたが、母(姉)がいたので、頻繁に連絡したり買い物して楽しそうでした。 私は姉もいないし、娘もいないとなると将来女性の身内いないんだ…と悲しくなります。 悩むと1番は旦那に相談しますが、母や友人等の女性に聞いてもらうと共感して貰え心が落ち着く自分がいます。 夫は人生最大の理解者です。 不倫の心配も無くて、家事も積極的で、育児休暇も取ってくれそうです。 「お母さん思いの良い子に育つよ」 と言ってくれます。 でも将来振袖やお買い物の憧れや女性の身内がいない事は叶わないかもしれないと思うと悲しくて仕方ありません。 ここまで夫もお腹の子も置いてきぼりで、頑張ろう→でも…を繰り返して、1日何度も急に涙が溢れてしまいます。 何度も旦那とお腹の子に対して勝手でごめんなさいと思います。 残りの妊婦生活もイメージ出来ず、出産と子育ても不安しか無くて、将来も怖くて、娘を持つ事を無いかもと思うと毎日涙が止まらず、不安で身体が震えて、食欲も無く辛いです。 どうすれば良いですか

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

お腹の子に対して申し訳ない気持ち

よろしくお願いいたします。 現在34歳で、9歳上の主人と0歳児の男の子とお腹の中に赤ちゃんがいます。 主人は、借金を隠していたり、第一子を妊娠中に暴力沙汰を起こしたり、結婚後も出会い系に登録したりする人でした。子育ても気が向いた時にしかしません。鬱病を過去患っていたこともあります。自分優先で周囲の空気を読まないせいか、出世も遅れています。 そんな主人との間に産まれた子ですが、本当に可愛いです。主人に授けてくれてありがとうと思えます。 ただ主人の家系も私の家系も、今いる一歳の子しか子供はいません。 そのため、最終的に主人の実家と主人のお義母様の実家分のお墓を引き継ぐことになると思います。私自身も実家のお墓を引き継ぐことになると思っています。(私の実家からは自分たちが亡くなったら永代供養にするように言われています) だから、将来助け合っていってほしいと思い、もう一人を妊娠しました。 他所様から見たら、主人は良い父親ではありません。子供が成長するにつれ、子供自身傷つくことがあるかもしれません。 また、上の子と支え合っていってほしい。そんな気持ちで妊娠してしまって、お腹の子に申し訳ないとモヤモヤしています。 お腹の子は、もう既に可愛いのです。私自身は幸せなのです。でもお腹の子は将来、自分ができた経緯や環境を知ってショックを受けるかもしれません。 私は、望みすぎたのでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺