hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

出産は難しいと言われました。

回答数回答 4
有り難し有り難し 30

私は先天性心臓病です。
母子家庭で育った為、昔から絶対幸せな家庭を持ち子どもを産み家族を作るんだと夢見てきました。
そして、やっと結婚が決まりました。
しかし、前から知っていた現実、心臓病はもちろん、服用している薬が出産にはかなりのリスクがあると主治医から話をされ、成功しても母子どちらかに障害が生じるか成功はたった1/3と言われました。

親族からは、今はこんなに健康でいて、ここまで、辛い手術や治療に耐えてきたんだから、自分を危険にさらしてまで無理して産まなくて良いと言われました。

彼や彼の家族も無理して産む必要はないからね。と言われてます。
家族からしたら私自身が一番大切と言われる意味も分かります。
ただ、女として生まれて子供を授かりたいと思うのは普通のことだと思うんです。
特に私は、仕事も保育士で大好きな子供と過ごす為
よりいっそう子供が欲しい気持ちが強まります。

挑戦はしたい気持ちは変わりません、
でも私が死んだら意味がない。
子どもは諦めて、他の幸せを見つけるべきか?
でも子どもがいる人への嫉妬心は消えない気がします。
子どもを虐待するくらいなら、私に育てさせてよ。
って思います。

里親は?と言われますが、調べたところ、
健康でない以上は難しいとの事でした。

複雑な気持ちと毎日戦ってます。
何かある度に、健康な人への嫉妬も止まりません。

2015年2月11日 22:46

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

復讐を遂げる

nanamiさん、こんにちは。
壮絶な人生。よくぞここまで生きていらっしゃいました。そしてご結婚、おめでとうございます。

nanamiさんは、昔から絶対幸せな家庭を持ち子どもを産み家族を作るんだと夢見てきたのですね。
でも心臓の病で、あなたが服用している薬には出産へのリスクがある。
それにより、親族からは無理をするなと言われる。あなたが生きていることの方が大事なのよと。子供は暗に諦めなさいと。夫や夫の家族も無理しなくていいと言ってくれている。

しかし!
「女として生まれて子供を授かりたいと思うのは普通のことだと思う」nanamiさん。
わたしは保育士だし、ぜったい幸せな家庭を作れる自信がある。

その力はどこから湧いていらっしゃるのかと考えました。
諦めないことは大事です。と同時に、明らかにすることも大事なようです。病との戦いで、nanamiさん自身よくよくご存知のことでしょう。
”この薬は使えない”と諦める・明らかにする、”ぜったい幸せになる”と諦めない。

悪いことではありません。健康な人への嫉妬、せっかく生まれた命を虐待する親への憎むことを力に変えることは。
いいことでもないようです。でも、尊重します。あなたの意見です。
ただ、それでも、私はお話ししたい。幸せのかたちは、私たちの目の前に、いくつもあります。ゆめゆめお忘れなきよう。どうかお元気でいらしてください。

2015年2月15日 11:54
{{count}}
有り難し
おきもち

「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

先天性心臓病の権威に意見を求めましょう

まだ諦めるのは早いと思います。
一生を左右することですから。
たとえば、日本には如何なるガンも治すことを誇りに思う人たちがいます。
名医中の名医と言われる方々です。
❝治る❞ものではないにせよ、そういう方々の元で検査をして、的確な最終意見を求める必要はあると思います。
自分の体は自分が一番分かるとはいえ、自分ではわからない部分もあるはずです。
それが為の医療機関です。
今飲んでいる薬が適切であるとはいえ、セカンドオピニオン、サードオピニオンを続け、日常服用するような薬を変えられる可能性もある❝かも❞しれません。それは私には分かりません。
検査に多少お金がかかるとはいえ、出産が帝王切開ならば可能、ということもあるやもしれません。
また、心身一如といいます。
一つではありませんが、ひとつのごとし、なのです。
精神的な部分も発作には影響すると思います。
心でもって、ある種、体の躍動を抑えられる部分もあります。ある種の生活の処し方によっては、心臓の発作的な事を抑える事が出来る部分もあると思います。
ですが、それでも体の力の方が勝るものです。
どうしてもだめなんだ!ということが分かればあなたもチャンと諦めがつくはずです。
そうなってしまったらきちんと諦めをつけるべきです。
でも万が一に可能性があるならば、その可能性を信じるべきです。
諦めるならば、これでもか!というまで、自分の体を快方に向かわせ、自分の限界を知ってから諦めましょう。応援しています。
私も昔、どうしてもあきらめなければいけないことがありました。
それでも、やり抜けば、ダメであっても諦めはちゃんとつくものなのです。
そこで見える世界は、自分畏れていたそれではなく、別のモノの見方が手にはいるものなんです。

2015年2月14日 6:52
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

いかなる決断も尊重したいと思います。 応援しています。

nanamiさん

文章読ませていただきました。

育った環境もあって、
幸せな家庭を持ち、子どもを産み家族を作りたい

しかし先天性心臓病と服用している薬には
出産するにあたって、かなりのリスクがある
母子どちらかに障害が生じるか
もしくは自分自身の命を落としてしまう。

nanamiさんは今、迷い苦しまざるえない状況に
いるのではないかと思います。

“複雑な気持ちと毎日戦ってます。”という
言葉にあなたの深い葛藤が伝わってきます。

外からのアドバイスとして
「自分の体を大事にしては」とも
「結果を引き受ける覚悟で挑戦してみては」とも
止める言葉も
すすめる言葉も発することは出来ません

答えを出せるのは他ならぬ
nanamiさんしかいないと思います。

複雑な気持ちと毎日戦うことを通して
あなたは答えを出そうとしているのではないでしょうか

いかなる決断も尊重したいと思います。
応援しています。

2015年2月13日 21:58
{{count}}
有り難し
おきもち

善き結果のためには、善き因縁が大切となります。

nanami様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

ご苦労なされて、色々な思いをお抱えの中、ここまで頑張られてこられたこと、誠にお察し申し上げます。

そして、この度はご結婚、誠におめでとうございます。そして、理解ある優しい周りの皆様にも誠に感謝でございますね。有り難いことでございます。

これまでにも「子どもに恵まれたい事」につきましては、下記の各問いに回答させて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_319589.html

上記における拙回答の一つの中で少し触れさせて頂いておりますが、野田聖子議員のお子様のことを扱わせて頂いております。批判も様々にあるでしょうが、本当に色々と考えさせられました。でも、それが女性として、子どもがほしいという大切な、切実な想いの一つの現れであるのだと存じました。

もちろん、あまり無責任なことを安易には言えませんが、可能性がある以上は、よりリスクの少ない方法を選択なされて、諦めずにトライされてみられても良いのではないかと存じます。とにかく医療技術、妊娠・出産医療も日進月歩、アメリカなどの先進医療現場における最新の方法であれば、低リスクでの妊娠出産も可能かもしれません。渡米せずともアメリカの最先端の医療技術を導入している病院が国内にあるかもしれませんので、情報収集なさられてみられてもどうかと存じております。

また、日本では正式に認められていませんが、どうしても子どもがほしいとなれば、体外受精・母胎提供を受けての代理母出産という方法もございます。

とにかく、この世では、何事も最初から完全、完璧に結果が決まっていることなどは何もなく、当然に色々とリスクは付き物です。ただ、善い因縁(原因・条件)の流れによって、善い結果が得られるというものとなります。

仏道もそうですが、善い結果へと向けて、できるだけ善い因縁を積む精進努力が必要であるということになります。

とにかく、お気持ちは十分に分かりますが、悪い煩悩の一つである「嫉妬」はまずいけません。嫉妬による行いは悪業となり、悪い因縁となりて、悪い結果をもたらしかねませんので、どうかお気を付けを賜りたくに存じております。

善処を心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2015年2月18日 13:07
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

「出産・子供を産むことの悩み」問答一覧

生んだけど育てられない

現在、生後1ヶ月の子供がいます。 とても後悔している事をお話させて下さい。 旦那とは結婚、付き合いを含めて20年共にしてきました。 結婚10年目にしてまさかの妊娠。 正直、絶望的でした。 私は子供を望んでいなかったし、今までの人生でほしいとすら思ったことがなかったからです。 子供ができないのは、私か旦那が不妊か もしくは相性が悪いせいだと思っていました。 お互い40歳付近だし、もうできないだろうと たかをくくっていました。 旦那は妊娠したことをとても喜んでいました。 私も生もうと思っていましたが、おろせる週数付近で『やはりおろしたい』と旦那に言いましたが、許してくれず、ズルズル引きずる形で 出産後期まできました。 後期になり私の切迫早産が発覚し、1ヶ月半以上入院、そこから即出産となりました。 子供を望んでいなかったうえに、長期入院までして、出産したはいいけど案の定、子育てなんて到底できませんでした。 入院中に旦那と話し合い、『育てられなかったら、一旦は乳児院に預けよう』の話まで進んでいましたが、いざ生まれてみると旦那は想像以上に子供への愛情が芽生えたせいか、乳児院へ預ける話はなくなり、義両親へ相談し、預ける方向へいきました。 私も早く赤ちゃんと離れたい一心で、義両親へ 預けてもらえるようにお願いし、承諾してもらえました。 義両親は遠方なのでなかなか会える距離ではないです。 赤ちゃんと離れて一週間ほどになりますが、 もう赤ちゃんを特別養子縁組に出すなどして 幸せになってもらいたいです。 中途半端に大きくなってから養子に出すより 小さいうちの方が、良い家庭に恵まれる気がします。 今回の件で、区役所、児童相談所、義両親たくさん相談し、励ましてもらえましたが、 赤ちゃんと離れても育てられる自信もなにもないです。 ただひたすら、旦那と二人きりの縛られない 自由きままな生活に戻りたいとばかり願ってしまいます。 後戻りできないのは分かってます。 私達の代わりに義両親が赤ちゃんの面倒みてくれてる今、養子縁組に出すなんて非情なことです。旦那も許してくれないと思います。 でも、私自身がだめなんです。 どうしたらいいでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 3

同居の義母と夫に4人目出産を反対されて

長男7才、次男4才、長女2才 義両親(今年66歳)と同居 義父は長生き家系で75歳まで働きたいと言いますが、義母は介護職で月2回程夜勤あり重労働、家系的に余り長生きではないようで、いつまで仕事を続けられるのか心配な点もあり、私も長女が幼稚園の満3歳児保育に入るタイミングで仕事をと考えている矢先、4人目の妊娠が発覚 検診では、まだ玉だと思っていた赤ちゃんは1.5cmあり8週目、心音も聞こえ 私は不安も多いですが、産む事も視野に入れました 夜、夫に相談 今居る家族を大切にしたい、子供達に無理や我慢をさせたくない、今回は諦めて欲しいと… 義母に初めて4人目を相談 自分達でやっていけると思えば産めば良いし、どちらでも自分達で決めればと言う感じでした その答えを受けて そう言われたら産む事しか考えられないんじゃないか?と私の気持ちを考えて、夫も頑張るか!という気持ちになり、長男にも赤ちゃんいる事を話していました 私はまだ複雑で、義母が気を遣っていると思いました 次の日、私がいない時に夫が正直な意見を聞きたいともう一度義母に聞いたところ、正直限界と言われ、義母自身が3人目を諦めた事も告白されたそうです 義母の言葉を受け 夫は自分だけが冷血じゃなかった、生活を考えて諦める選択もある、母にまだ死んでもらっては困るから、やはり今回は諦めて欲しいと言うのです 産んで良いと言われて前向きに考え始めていたのに、またどん底に落とされてしまい、昨日は1日中泣きました 私も、義母にまた迷惑をかける事が1番気がかりです 金銭面や、家の部屋数に限りがある事を理由に中絶する事は違うと思っていますが、家族への負担、自分の体力と努力、産後ヒステリーの不安、私の中で大変!という2文字は消えません ですが、長男が以前からもう1人女の子を希望しており、次男も赤ちゃんが欲しいというので、子供達が神様のところで兄弟を選んで来たのかなと思うのです 流産した子が帰って来てくれたのかもしれないし、一昨年亡くなった祖母の生まれ変わりかもしれないと考えると、簡単に諦められません しかし、私が産みたいのは分かった上で、考えた結論だと夫は考えを曲げる気がない様です 説得するならどんな話をしたら気持ちを動かす事ができるのか 又は、夫の意向を受け入れて自分を納得させるにはどの様に考えたら良いでしょうか

有り難し有り難し 34
回答数回答 2

赤ちゃんの父親がわからない

第一子が1歳になった頃から2人目が欲しいと思っていましたが、なかなか子供が出来ず(半年ほどですが)焦っておりました。周りで同じ時期に上の子を産んだ知人がどんどん2人目を出産して育てているのを見て、なんでうちはできないんだろう?と落ち込んだり、丁度私の仕事が来年一年間のみ落ち着くことになったため、この期間で産んで育休も取ってしまいたいとも思っていました。 また、最近家を買うことになり色々と決めることが沢山ある中で、夫と真剣な話し合いができないと分かり、夫にがっかりしてしまっておりました。(授かり婚だったため、2人で真剣な話し合いをして決めるということがそれまで無く、夫とは話し合いができないと知らなかった) そんな中で、久しぶりに仕事の打ち上げで夜外出をし、楽しくなってしまいその後友人の男性と飲みに行きました。彼は頭が良く、夫とは異なり色々なことを話すことができ、会話も弾み、私が話すことに対してしっかり返事をくれる、ということがとても嬉しく、酔いも相まって行為をしてしまいました。子供が欲しいのだから、とやけくそ気味に避妊をしないままでした。 夫とも子供が欲しいため週2,3回はしているという状況で、今回もどうせ生理が来るだろうと思っていたら、なかなか来ず、妊娠検査薬を試してみると陽性でした。 その時突然、もし旦那の子供では無かったらどうしよう、馬鹿なことをしてしまったと気づきました。上の子は本当に可愛いですが、今お腹にいる赤ちゃんのことを想うと同じような感情は湧きません。嘘だったらいいのに、流産したらいいのに、中絶するべきか、旦那の子供である可能性もあるしどうしよう、と自己中心的に考えてしまいます。同時に愛おしい、産んであげたい気持ちも最近少しだけ芽生えてきました。 ですが、友人に相談すると軽蔑すると言われ、やっぱり自分はとんでもないことをしてしまったんだ、と思いました。また、もし生まれてくる子に移植などの必要が出た際バレてしまう。その時に関係のない長男が巻き込まれて、義家族から突き放されてしまったり、父親と会えなくなってしまったら本当に申し訳ないです。 出生前親子鑑定が妊娠7週からできるそうでやろうと思いますが、もし夫の子でなかったら中絶するのか、、?答えが出せません。何か少しでもお言葉いただけたら嬉しいです。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

出産し子育てできる自信がありません

ちょっと特殊な状況なのですが、今年3月いっぱいで事務所の閉鎖により退職し次の職場も決まりました。次の職場がまとめて有給が取れなそうな雰囲気だったこともあり、気分転換も兼ねて外国人の彼に会いに3ヶ月間退職金を使ってイギリス旅行に来たのですが、帰国一ヶ月前くらいに妊娠が発覚しました。 彼とも数週間話し合い、次の職場の内定をお断りして、ビザ申請をしてとりあえずはイギリスで結婚して子育てすることにしました。彼の方がイギリスでなら私より数倍は稼げ、彼も私も日本で満足な収入の仕事を探すのは難しいだろうということ、日本とイギリスをまたいで子育ては無理がある事などを考えての決定でした。タイミングが最悪で中絶も考えたのですが、私が気持ち的にどうしても決心がつきませんでした。かと言って妊娠を隠して次の仕事を始め、入社早々に産休育休を取るのも迷惑をかける事になり不誠実だと思いお断りしました。 でも、それから数カ月経ってから本当にこれで良かったのだろうか、ビザがおりない可能性もある中で出産をすることも、内定辞退したことも無責任だったのではないか、と後悔しています。私の家族も彼の家族も応援してくれていますが迷惑をかけて申し訳ないです。日本に帰って仕事を始めていればもっと充実した生活だったかもしれないと考えてしまいます。私の母が専業主婦だった時期は色々な事を諦めてあまり幸せそうに見えなかったのを見て育ってきたので、やりがいのあった職種(イギリスではできません)を諦めた事を後悔して子供のせいにしてしまわないか不安です。ビザ申請の関係で帰国出来ず、数週間前になくなった愛犬の最期も見守ってあげられなかったのも後悔しています。もともと「人生で起こることに無駄なことはない」と思って生きてきましたが、それをかさに自己中を正当化しているような気もします。 本来なら赤ちゃんが生まれてくるための準備をするはずですが(買い物やバースプランを立てたり育児書を呼んだりはしています)どうしても気持ちの整理がつけられません。 何か前向きになれる考え方を教えてください。お願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

4人目を産む気にならない

初めまして。 現在、14歳、9歳、7歳の子を持つ母です。今年の3月に流産を経験しました。その後、育ての祖父が5月に自殺しました。私が第一発見者です。今でも心の中では辛く悲しく心の中でまだ消化できずにいるものの、主人は会社を経営しており、私が滅入ることは許してくれません。最初の数日は気遣ってはくれたものの続くと機嫌が悪くなったり。幸せなことに会社は人に恵まれ順調なのですが、そのせいか、主人の人格が変わってしまいました。お金に対する欲、物に対する欲が多く、少しでも不満や人として間違っているのでは?と指摘する事を言ったりすると逆上します。社会で成功している主人には殆どの人が注意する事はないので、腹ただしいようです。体調が悪くなり寝込むと怒ったり、深夜に帰宅するなど数ヶ月話もしないなどあります。 前回、流産した時はその数日後に飲み屋の女性とやり取りしていたり、会っていたり、人として許したくない事や発言がここ数年多々ありました。 その後に祖父の自殺。もう、私には主人のする事に戦う気力が残っていない事、本気で離婚の話もしました。主人は直すの一点張り。私1人では子ども達を今まで通りの生活をさせることもできないし、普段は楽しく良い人なのだから、2〜3ヶ月に来る傲慢で怖い人な嫌な時期を我慢すれば皆んな幸せなんだと、堪えていた矢先の妊娠。正直戸惑いしかありませんでした。主人には何度も悪くなると気持ちを伝え、時には離婚も切り出しました。気持ちが伝わるか、9歳の息子が夫婦仲が悪い時期には何故か熱や問題があり、自分を改めてくれます。が、それも長く続かないのです。そんな中の妊娠。主人は産んでほしいとの事ですが、私には4人目を産む決断が出来ません。かと言って中絶の決断もできず、人に委ねることではない事は十分わかってはいるものの、どうして良いのか整理も出来ず。理由は主人、もう一つは自身の今後の人生です。現在、看護師になる為、大学入試の勉強中です。将来的には国境なき医師団のような活動に参加もしたいと思ってます。子育ての為、10年以上伸ばしてきた事と年齢的にも焦りもあり、子どもの母親ということは置いて、私個人の人格だけを考えた時に何も手に残るものが無いのも虚しくもあり、夢であった看護師になるべく自身の人生も歩み始めたいのです。私はどのように考えれば後悔なくどちらかの決断を決める方ができるのでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

傷ついた言葉を浄化させるには

今年、初めての出産を経験しました。 娘が生まれた日の産院は、私が3人目のお産だったようでスタッフはバタバタと忙しかったようです。 入院中、産褥者の集団健診があり椅子に座って診察を待っている時のことです。 娘と同じ誕生日に出産した母親二人がいつの間にか仲良くなっていたようでした。 横一列に並んだ椅子に座り診察を待っていたので、その二人の会話が嫌でも耳に入ってくる状態でした。 その会話は、無痛分娩をひけらかすような内容でした。 一人の女が「それって感動あんのかな?」と言いました。 今でもその言葉が頭から消えません。 と言うのも、私は和痛分娩(無痛と同じ分類をされますが痛みがやや和らぐ分娩方法です)で娘を出産しました。この言葉を言い放った女は、まだ10代位の方でしかも二度目の出産。娘と数分差、パーテンション越しで同じ分娩室で出産となりました。 私が和痛分娩だったのを知っているかどうか分かりませんが、陣痛室から同室だったため、遠回しに私のことを言っているかのような気持ちになりました。 世間的には、不妊治療や帝王切開は負け組、機械的な妊娠、楽したお産というような言われをするのと同じような感覚を覚えました。(私の隣の椅子に座っていた方は帝王切開でした) その女はというと、自分の友達の子どもと同じ学年にしたいからという理由で36週であるにもかかわらず、無理矢理子宮口を開かせようと促進剤を入れていましたが、なかなか陣痛が来ない状態で苦しんでいる様子でした。 感動あんのかな?と言い放った本人は、子どもの誕生日をあえて計画にし親の身勝手な理由で操作した出産じゃない?それこそ感動はあるわけ?と腹の中では思っていましたがそれを直接本人に言い返せたわけではないので、ずっとモヤモヤしていました。 (言い返せていたなら幾分スッキリしていたのかもしれません) 私にとって出産は初めての経験で、とても感慨深い経験でしたので、それをぶちのめすかのような一言を言われたと認識してしまっていて、思い出すととても心が苦しくなります。 また、娘の誕生日が来る度にその言葉を思い出すのではないかと辛くなります。 心の持ち方、頭の切り替え方を教えてください。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

二人目をどうするかということ

初めまして。 私と主人は、8年の交際期間を経て3年前に結婚し、今春、娘が誕生しました。 長年交際しておりましたが、夫とは妥協して結婚したような感じです。 喧嘩が耐えず、離婚話も何度かあり夫との子供は全く欲しくありませんでした。 外に出れば「お子さんは?」と聞かれることが多々あり、家の間取りの打ち合わせをしている時にも「将来的なお子様のお部屋は」と毎回聞かれることにも嫌気がさしていました。いつしか子どもの有無の話に物凄くストレスを感じていました。 結婚して2年一度も子作りをすることはなく、喧嘩した際に一度「あなたのDNAが入った子供なんていらない」と暴言を吐き、夫からも子どもの話を切り出してくることはありませんでした。 しかし、ここ数年子どもの有無に対する嫌悪感や芸能人の妊娠出産の話を聞く度に自問自答するようになり、やはり私は子どもが欲しいのかもしれないという結論に至り、ある日「子どもどうする?」と夫に聞いたところ「欲しい」と答えましたが、もし子どもが障害を持って生まれたら...?と聞いたところ、「それは俺も君も負担になるんじゃないかな」と答え、予想外の返答でびっくりしたのとショックなのと何とも居た堪れない気持ちになっていた所、夫は「きれいごとじゃない!」と言い出したので『あぁやっぱり私はこの人の子どもは欲しくない』と思ったりの繰り返しでした。 結婚して2年目を迎えた頃、新居が完成、結婚式も挙げ、一段落しした頃、子作りを始めた月に、娘を授かりました。 妊娠中も、夫とは色々細かいことで何度か喧嘩をしましたが、お腹の中にいる娘のことは本当に愛おしく、その気持ちは生まれたあとも変わりませんでした。とてもとてもかわいい娘です。 出産を終えた今でも夫に対しては色々思うことがあり愛情はありませんが、この夫ではなければ出会えなかった娘だと思うとそれはそれで愛おしいのです。 私はあと数年で40歳を迎えるのですが、娘にきょうだいを作るべきかそれともこのまま娘だけを大切に育てていった方がよいのかとても悩んでおります。 二人目をつくるつくらないに関わらず、一応夫婦としてこのような話し合いをせずにいたら...と最近とてもモヤモヤして心が苦しくなります。 夫は、真剣な話をすればするほど言葉が鋭く私は傷つき話をどう切り出して良いのか分かりません。 お知恵をお借りできませんでしょうか。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

子供を作るかどうか迷っています。

私34歳、夫34歳、結婚して7年目の夫婦です。 今まで子供ができず、不妊治療も何度か考えましたが実際のところ私の方が子供を心から欲しいと思うことができず、ずるずるこの年まできてしまいました。 34歳になった頃、もうこんな年だし子供を作らなかったら後から後悔するのかなと思い、やっと婦人科へ行ったところ大きな子宮筋腫が見つかりました。 子供を作るにはまず筋腫を取る手術が必要なことと、必ず産む時帝王切開になることを聞き、手術までして子供が欲しいのかよくわからなくなってしまいました。 そんな私の状態を見てか夫は〝子供はいらない〟〝今(夫婦2人と犬1匹)のままで充分幸せ〟と言うようになりました。 しかし、子供を持たないという人生をなんで夫ひとりで決めてしまうんだろうと思ってしまい、その事について話し合うとなぜか私は子供が欲しいと言ってしまいます。 まさか自分に子供ができないとは思っていなかったので子供を作らない人生を簡単に選択できませんでした。 しかし夫とは逆に『早く手術して子供を産みなさい』と自分の親に言われると、なんで皆が皆結婚して子供を産まなきゃいけないんだと言ったりもしてしまいます。 それからまた夫と話し合い、なんとか手術して子供を作る方向で話しがまとまりましたが、やっぱり手術が怖すぎて病院に手術の予約を取ることもできません。 本当に手術までして子供が欲しいのかまたよくわからなくなってしまいました。 長文になってしまってすみませんがよろしくお願いします。 周りはみんな当たり前に子供がいるので誰にも相談できません。 どうかよろしくお願いします。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る