hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

弟が交通事故で亡くなりました

回答数回答 3
有り難し有り難し 25

初めまして、
テレビで皆様の回答を拝見しわたしの悩みを聞いていただきたいと思い投稿しました

わたしは26才就活中です
去年1月、7歳年下の高校生の弟を交通事故で亡くしました
学校帰りの横断歩道上での事故です

わたしと弟は年が離れていることもありとても仲が良く
お互いの事を自慢の姉弟だと思っていました
わたしは幼い頃からモデルになる事が夢で養成所にも入りましたが挫折
弟は人の為になりたいと警察官になる事を夢見ていました

去年までは弟の死を受け入れられず泣くことも出来ませんでした
今年になりやっと受け入れ泣くことが出来たのですが、
毎月弟のお友達が数人月命日に家に集まり何時間も家へ居座り食事を当たり前の様にとります
その事がずっと嫌で嫌でたまりません
弟のために集まってくれたのなら喜べたのですが彼らの態度はいつも長々居座り食事を取ることが当たり前、弟の部屋を溜まり場のように思っているようにしか思えないのです
そしてそれが嫌でわたしが家を出ていくのも気にせず夜中になるまでいるのです
弟の為にと我慢し続けていたのですが最近、
あまりに辛く何故弟はいないのに彼らがいるのだろうと思う様になりました

そしてそんな自分が嫌になり
唐突に生きていることが嫌になります
父や母の為に生きねばと思うのですが、死んではいけないそれが重りとなり余計生きるのが辛くなります
何故事故にあったのは弟なのだろう
人の為にと警察官になりたがった弟が死に、何故生きているのかわからないわたしが生きているのだろうと

わたしは何故生きねばならないのでしょうか
生きることが辛くて仕方ありません


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

家族を失うのは辛いですね

私も父を自死で亡くしたばかりです。
家族を亡くす辛さ、伝わってきます。

弟さんの友人には、この質問に書いたことをそのままお伝え下さい。
あなた自身にとって負担ならば、この質問にあるとおり、素直に言ったほうがいいです。

なぜ、生きなければならないか?
これも難しい問題です。
答えのでない問いに答え続けることが大切なのだと私は思っています。

ヴィクトール・フランクルという精神科医が言っていることが、Wikipediaにうまくまとまってます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E6%84%8F%E7%BE%A9#.E3.83.B4.E3.82.A3.E3.82.AF.E3.83.88.E3.83.BC.E3.83.AB.E3.83.BB.E3.83.95.E3.83.A9.E3.83.B3.E3.82.AF.E3.83.AB.E3.81.AE.E8.A6.8B.E8.A7.A3

この「ヴィクトール・フランクルの見解」というところを読んでみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浄土真宗、真宗大谷派です。

共に生きること

最愛の弟さまを亡くされたことお悔やみ申し上げます。

素敵な姉弟関係だったのでしょう。また弟さまは友人から好かれる人気者だったのではないかと思いました。

毎月の月命日に友人が訪れてくれる。友人方の態度は察することができませんが、友人方にとっても弟さんは大切な存在だったのでしょう。そして、今も変わらず存在してるのだと思います。仲が良ければ何処でもたむろできるはずなのに、あえて弟さんのお部屋で。会えないことがわかっているからこそ、弟さんを少しでも身近に感じられる御実家のお部屋で、共に過ごした日々を思い返しながら過ごしているのかもしれません。

「人はいつ死ぬのか?それは人に忘れ去られた時だ。」こんな言葉を聴いたことがあります。

あなたが生きること。辛くても生きること。あなたの中で大切な弟さんを生き続けさせてあげること。弟さんを大切に想うなら、しっかりあなたが生きること。あなたには愛する弟さんがいつも一緒にいる。弟さんにもあなたの想いがずっと寄り添ってくれている。

あなたが生きている限り、弟さんはあなたの中で生き続けています。

また、お父さま、お母さま、友人方の中でも弟さんは生き続けています。

どんなあなたであれ、あなたが生きている。理由なんていらない。あなたが生きているのです。

生きることは、本当に苦しい。

それでも、生きて行きましょう。

弟さんもあなたに死んで欲しいなんて望んでないですよ。あなたが生きてくれることを心から望んでいます。

いのちは1つです。大切にしましょう。

南無妙法蓮華経

合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


人生は苦しみや悩みで満ちあふれています。その苦しみや悩みに明るい光を射して...

弟さんの分まで頑張って生きて下さいよ

ちいぷりさま、はじめまして文書読ませて頂きましたが弟様を事故で亡くされて心からお悔やみを申し上げます。弟様の命日に友達が集まって来られることは良いのですが、本当にお参りに来ているのか、遊びに来ているのかわからない状況ですねぇ。家のお仏壇でお参りする以外にもお寺の本堂で月参りされてはどうでしょうか。近所の方や多くの方もきっとお参りされると思います。ちいぷいさんは心の中に気持ちを貯めておられたのだと感じます。本当に弟さんの友達は迷惑を考えないと思います。「外儀のすがたはひとごとに賢善精進現ぜしむ貧瞋邪偽おほきゆへ奸詐もゝはし身にみてり」我々の心はこのような和讃です。ちいぷりさんも弟さんの為にも就職して下さい。弟さんの為にも社会に貢献する事を行って下さい。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


山寺の住職です。他の仕事と兼務してます。

質問者からのお礼

皆様お早い返信ありがとうございます
回答を拝見し、温かいお言葉に思わず涙しました

わたしの気持ちは間違っているのではないかと少し不安になりつつ投稿したのですが、
気持ちを理解してくださり慰めてくれてありがとうございました
皆様に聞いていただいて心が少し軽くなり
がんばろうと思えました

本当にありがとうございました

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

将来を約束した彼の死について

1月末に結婚を前提にお付き合いをしていた彼が亡くなりました。 心筋梗塞での突然死でした。 彼は数ヶ月前にも心筋梗塞をおこし、その時は私が一緒に居たので呼ばなくても良いと言われながらも救急車を呼び、即手術して一命を取り留めました。 心臓の3分の1が壊死してしまい機能不全になりましたが術後の経過もよく日常生活に戻りました。 私はシングルマザーで高校生の娘と暮らしており、病気した彼と生活を共にはなかなか出来ませんでした。 亡くなった日も2時間前まで会っており、何気ないふたりの時間を過ごし、娘の待つ家に帰りました。 その2時間後くらいに彼から電話が入り、なんかおかしい…と。 救急車呼ぼうか?との問に、まだ大丈夫やから○○すぐ来て!!と。 急いで用意して8分後に折り返し電話。 もう繋がらなかった。 かけながら彼の家に行き2階に上がると向こう向きに倒れてて血色も既に悪くて… 電話があって駆けつけたのが15分後くらいだと思います。 問いかけにも返事はなく119に電話。 動揺しており息をしてるのか心臓が動いて居るのかの質問もわからず言われるかまままに心臓マッサージを行いました。 すぐに救急車が来ましたが既に亡くなってた状態の様でした。 搬送先の病院で蘇生を続けてくれましたが心臓が戻ることはありませんでした。 亡くなって2ヶ月たちます。 だけど全く彼の居ない生活を受け入れられず、どんな気持ちで彼は亡くなったのだろう…と。一緒に暮らしていなかったことを後悔したり、子供と仕事と恋愛とで疲れ果てて喧嘩もしてたり…と彼の病気を悪化させてしまったのは私じゃないかと。 色々な気持ちがおこります。 助けられなかったこと悔やみます。 家族の同意もあり今でも家に行きたい時には行かせてもらい手を合わせています。 次は百ヶ日法要。 気持ちが落ち着いていくと思ってるましたが日に日に寂しさ悔しさ辛さ不安が大きくなってます。 彼は生前全力で私を愛してくれてました。 一緒に居る時は不満もあり喧嘩もしたりとこんなに四六時中彼の事を思うことは無かったのに… ひどいですよね〜 今になって彼からのたくさんの愛を改めて感じ守られてたなぁとつくづく感じる日々です。 なかなか死を受けいれられません。 私はこの先どの様に生きていけばよいでしょうか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

父の死から立ちなおる事ができません

1月末、コロナウイルス感染症により父が亡くなりました。75歳でした。私の家族は子連れ同士の再婚家庭で、私は長年継母からの虐待に耐え、父からの辛い言葉にも耐えながら「きっといつかは分かり合える、家族なんだから」といつか父とまた家族として関われる事を心の拠り所に生きてきました。 大人になり結婚し、漸く人並みの幸せを得て、父と親子として再出発する為始めは実家にこまめに足を運んでいましたが、継母や義妹との関係は変わらず顔を見せても冷たい言葉をかけられるので精神的に参ってしまい、実家に姿を見せるのは年に一度程度になっていました。 年老いた父が私に会えずに寂しそうにしているのは分かっていましたが、長年の虐待や孤立により「私は必要のない人間」という感覚が無意識下で刻み込まれていた為、猜疑心に苛まれていた為に父の寂しそうな顔も無意識に疑う状態になっていましたが、長年の溝を埋める為にもまず父と2人でゆっくり話せる時間を作ろうと模索している最中でのコロナ感染でした。 父の最後はLINE電話で義妹が看取り、喪主も継母の意向で義妹が務め、最後の最後まで私は蚊帳の外のまま、父に会えないまま私は一般席でひっそりと父を見送りましたが、父の死後に自分の中に刻まれていた「私は必要ない」という考えの癖が邪魔をして、父の想いが届かなくなっていた事に気づき、父にとてつもない寂しい思いをさせたまま、父の為に何ひとつできなかった事に苦しんでいます。 どんなに孤独で辛くても、父と分かり合える未来に希望を持ち強く生きてきましたが、寂しそうにしていた父の顔や「お前と話したい」と最後の電話で言っていた父の言葉が頭をよぎり、ここにきて心が折れかけています。笑う事も、幸せを感じる事も、拒む自分がいます。 寂しがり屋な癖に頑固で、どこか弱くて、支えてあげたいと思える、私にとってかけがえのない大事な父でした。 元はお母さん子だった私が父について行く事を選んだのは、家族と離れ1人ぼっちになる父を守ってあげたいと子供ながらに思ったからでした。 でも、私は父の為に結局何もしてあげられませんでした。寂しそうにしていた父の顔があまりに辛く毎日泣き暮らして、後を追いたいと考えてしまいます。 父に会いたい、会って話がしたいです、こんな気持ちを抱えて生きていく自信がありません。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

祖母が亡くなりました。

こんばんは。 実は先日、階を分けてですが、同じ家で暮らしていた大好きだった祖母が亡くなりました。 去年に入ってから体調不良が続いていた祖母が病院に行き検査を受けたところ、子宮癌だったそうで、9月に手術と入院をして癌を摘出する事はできました。けど11月に肺への転移が発覚し、抗がん剤治療の勧めを受けた祖母ですが、拒み私たちは祖母の意志を渋々でしたが受け入れました。 私の祖母の家系は癌家系で、祖母は祖母の姉弟や両親を癌で亡くしました。近くで看取ってきた分抗がん剤治療や病院に対する疑念などが拭いきれなかったようでした。 ここからが私の悩みです。 亡くなった祖母は肺への転移が見つかってからは呼吸が苦しそうだったり、最終的に骨に転移した時は痛がっていたりしました。 亡くなった今、祖母は痛みや苦しみから解放されたと思っています。 それを私は良かったね。もう苦しくないね。と思っているのですが、やはりこれは不謹慎なのでしょうか…? ここ2、3年前から私は気付かなかったけど祖母は認知症が始まっていたようで、癌が発覚した後には私も気付くほどでした。 きっと自分でも不安だったのではないかと、お医者様は抗がん剤治療をすれば余命は1年程延びると言っていて私も祖母と例え一年でも長くいれるのなら受けてほしいと最初は思っていました。 ただ日々過ごす中、苦しそうに呼吸したり痛いと蹲ったりする祖母を見ていたら、このまま認知症が進んで誰が誰かも忘れてしまうなら、いっそ楽になった方が誰も傷つかないのかな。と思いました。 祖母は生前自身の家族に早く迎えに来てくれと口癖のように言っていて、それは遺される側からしたらとても寂しい言葉でしたが、祖母は49日を過ぎたら会いたい人達に会えますか? 会えるなら、私が祖母に会えない寂しさなんてどうでもいいのです。もしかしたら、私が寿命を迎えた時にまた会えるかもしれないから。 祖母は検体登録をしていて、お葬式をあげることもできないし遺骨が納骨されるのは2、3年後になるらしいのですが、祖母はちゃんと家族の元へ帰れるのでしょうか… 天国へ行けるのでしょうか。 疑問ばかりで申し訳ありません…

有り難し有り難し 25
回答数回答 3

4ヶ月で近しい人が3人亡くなりました。

4ヶ月で近しい人が3人亡くなり、メンタルが持ちません。 2020.11に同居の祖父が突然亡くなりました。脳出血でした。 家族の中で一番大切で、私は初孫で初めてで、孫唯一の女であることから非常に可愛がられて育ちました。 祖父は立派な方でした。そんな祖父をとても尊敬し、愛していました。 苦労もした方で、たくさん色々な話をしてくれました。 一家の大きな柱であった人だったので、亡くなった現在、家族がちょっとすれ違いが起きていますが、なんとかやっていっています。 2021.2にもう1人の祖父が突然死しました。祖母が朝起きた時には亡くなっていたそうです。 両方とも祖父でやることがたくさんでバタバタしました。 そして今日、11月に亡くなった祖父と70年以上の付き合いがあり、私達家族もとてもお世話になり家族ぐるみで親しい父親の従兄弟にあたる方が突然死しました。1月に祖父の仏壇のことで電話をしたばかりでした。 3人とも年齢は80代、70代と若くはありませんが、それでもまだ生きていてほしかったと思います。 突然であったため、心の準備もなく、毎回辛いです。そういう年齢になってきたのかな、と思わなくもないのですが、それでも短期間に急にいなくなってしまって、どの方も悔やんでも悔やみきれません。 今回の方は遠方のため葬儀にも出席できません。11月の祖父の葬儀にコロナのため出席を断ったことも悔やまれます。 こんなに相次いで亡くなると、祖父が連れてってしまったのでは?とも考えてしまいます。そんなことはない、祖父は立派な人でそんなことはないと思いたいのですが、考えてしまいたくなります。 私はこれまで近しい人が亡くなる経験をしたことがありませんでした。祖父だけでも悲しくて悲しくて、未だに泣いたりしてしまいます。先日、ふと、「おじいちゃんに会いたい」と思ってしまい、涙が止まりませんでした。 これでまた祖父を思い出しては泣く日々が続きます。どうしたら心を強く持ち、これから日々生きていくことができますか? まとまっていなくてごめんなさい。 ただ、お坊さんに聞いてもらいたいです。 なにかアドバイスがあればお願いします。

有り難し有り難し 17
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る