皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

(急募)赤ちゃんのお葬式出席について

生後9ヶ月の息子がいます。
2日前に私の叔父が急逝しました。叔父は、私が産まれた時から運動会などの行事に参加してくれたり、私達の日頃の面倒もみてくれて、おじいちゃんに近い存在でした。私が出産してからも、自分達には孫がいないので、孫の様に息子を可愛がってくれました。
なので、お通夜にも息子を連れていきました。葬儀も連れていく予定ですが、義父から、火葬場、葬式には赤ちゃんは連れていかない方がいいと言われました。理由は、霊的なもので、亡くなった人が赤ちゃんを連れていってしまうから。と。
私も、親戚など、あまり関係が遠い人は遠慮するつもりでしたが、叔父でも、家族の様にしていて、息子を可愛がってくれたので、お別れを言いたいと思っていましたが、息子はまだ意思もないのに、私が勝手に私の気持ちで連れて行くのはエゴなのかと思い、悩んでいます。息子は預けて、私だけ参列した方がいいのでしょうか...

お葬式・法事
有り難し 27
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

どちらでも構いません

お悔やみ申し上げます。
南無阿弥陀仏

お子さんのことは、仏教的には関係ないのですが、地域やご家庭の風習もありますし、一概に良いとも悪いとも言えません。
その時の天気やお子さんの状態を見てご判断ください。

叔父さんはいつもお子さんを見守ってくれていますよ。

私は良いかと思います

拝読させて頂きました。あなたのお住まいのところではその様な言い伝えがあるのでしょうね。
私は聞いたことはありませんが、そうお考えなさることもあり得ますよね。
古い過去帳を見ると昔は幼いお子様がたくさん亡くなっていることがわかります。ですから本当に成人できるのは昭和初期や終戦後までは一握りだったのですね。ましてや成人しても兵隊にとられることが多かったですからやはり大変つらい時代だったのかと思います。
もしあなたが親しい叔父様の葬儀にお子様を参列させたいというご希望があるならば私は良いかと思います。心を込めてご供養なさることは何より大切です。年齢に関係ありませんからね。
一応皆さんに再度ご相談なさって宜しければご参列なさって良いはずですね。
大切な方をどうか皆さんでしっかりとご供養なさりしっかりと送り出してくださいね。
南無阿弥陀仏

火葬場に行かれても良いと思います。

 ゆきさん、はじめまして文書の内容を拝見させて頂きました。火葬場で最後のお別れに連れて行かれて良いと思います。いけないというのは、還骨の時にはものすごく熱くなっているので触られると火傷をされたら大変なのでいけないという事ではないでしょうか。火葬前には最後の別れは大事です。合掌


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
お別れをせずにいたら、後々後悔しそうです。
家族に相談して、気持ち良く叔父を送り出してあげたいと思います。

お忙しいところ、貴重なご意見ありがとうございました。

無事に叔父の葬儀を終える事ができました。
主人と話し合い、主人の両親の気持ちを聞き、別れの挨拶をする時は、子供には顔を見せない、火葬場は、中には入らないという約束で、子供も葬儀に参加できました。
義両親の知人からも、最後の別れの挨拶をする時、顔を見るのは子供が連れていかれるから、とか、子供に遺体を見せない方が良いとの事でしたので、そこはやめました。
昔からの風習らしく、主人も、そんな理由で子供が連れていかれたら、神も仏もないと言っていましたが、昔からの事で、年配者が言う事なので、子供に何かあったら(ないとは思いますが)と本気で心配されたので、その意向はくむ事にしました。
色々ありましたが、叔父と最後にお別れをできたので安心です。

ありがたいご意見、本当にありがとうございました。

無事に叔父の葬儀を終える事ができました。
主人と話し合い、主人の両親の気持ちを聞き、別れの挨拶をする時は、子供には顔を見せない、火葬場は、中には入らないという約束で、子供も葬儀に参加できました。
義両親の知人からも、最後の別れの挨拶をする時、顔を見るのは子供が連れていかれるから、とか、子供に遺体を見せない方が良いとの事でしたので、そこはやめました。
昔からの風習らしく、主人も、そんな理由で子供が連れていかれたら、神も仏もないと言っていましたが、昔からの事で、年配者が言う事なので、子供に何かあったら(ないとは思いますが)と本気で心配されたので、その意向はくむ事にしました。
色々ありましたが、叔父と最後にお別れをできたので安心です。

ありがたいご意見、本当にありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ