hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

墓参りをしないのは罰あたりですか

回答数回答 3
有り難し有り難し 58

2年前に夫がこの世を去りました
間もなく命日です
命日が近づくとなんとも言えない気持ちになります

今まで私は1度も夫の墓参りに行っていません
夫は実家のお墓に入っています
夫の家族より、「墓参りには来るな」といわれました
小学生の娘がいるので、
「娘にお父さんのお墓を教えてあげたい」といっても
「あの子は私たちの孫でもなんでもない。関係ない」
といわれました

生前より夫家族との関係はよくなかったですが、
初めて両親が病院に来た時の言動に夫がとても傷つき、面会拒否を
し、その後一度も会うことはありませんでした
両親は息子に会えなかったのはすべて嫁が仕組んだことと思っていて、
全ての非難が私へと向かいましたので、私は今でも夫の地元の言葉を
聞くだけで当時のことがフラッシュバックして、頭が真っ白になり具合が悪くなります

ちなみに分骨はしていません
むこうより分骨の申し出がありましたが、
私は当然墓参りにいけるものと思っていたのと、私の家族が私と娘の
将来を心配して反対したため断りました
分骨をしなかったことは後悔していません
ただ、葬儀1か月後に遺骨を取りにきた父親がキャリーバックに入れて
持って帰ったので、こんなことをする人のもとでちゃんと供養してもらっているのか心配です

夫も心のどこかではこういう状況になることがわかっていたのではないかと思います
私の周りは、「墓参りに行かなくても、自分の心の中で供養していればいいんだよ」という人と、
「奥さんと子供が来ないことが何よりも寂しいことだから行ったほうがいい」という人がいます。
どんな事情があれ墓参りに行かないということは罪深きことでしょうか


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

大丈夫、罰あたりではありません。

そういう事情は、亡くなられたご主人も重々ご理解されていたでしょうし、愛する妻子に災いをなすことなど決してありません。

仏様になられたご主人はNana様に常に寄り添っていただいています。それをイメージしながら合掌念仏いただければ、もう充分です。

{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

貴方の出来る最大限のご供養を行ってください。

Nana様
最愛の旦那様と別れ。ご親族との関係・・相当悩まれているようですね。

結論からお伝えします。「罰などありません。貴方が亡き旦那様に出来る最大限のご供養を行ってください」

お仏壇・旦那様のご位牌があるなら毎日お線香をさし、手を合わせるのがよいでしょう。

年回忌のご供養を行い、お塔婆をつくってもらい、お墓にお供え出来ないならお仏壇・ご位牌に留め置き、後日お寺さんに塔婆をお炊き上げしてもらってもよいと思います。

無理の無い範囲でご自身が旦那様の為に出来る精一杯のご供養を行ってください。旦那様は御仏様の世界で、nana様、お子さん、ご家族を温かい目で見守っておられます。

{{count}}
有り難し
おきもち


小黒澤 和常
大本山總持寺安居ののち、松岩寺副住職となる。テレビ朝日系お坊さんバラエティ...
このお坊さんを応援する

お骨以上の分身(娘さん)がそばにいる

そのような事情ならぱ、お位牌か卒塔婆を拝めばよいと思います。
位牌や卒塔婆では遺骨が入っていませんが、要は、亡くなった方に思いを馳せる媒体があればよいと思います。
仏教では、お釈迦様の遺骨などは宝物扱いされますが、一般的には肉体や物に執着するのは悩みの種になるので、仏教的にはさほと遺骨にはこだわりません。
ただし、尊敬すべきりっぱな方(仏や大王や聖者)が亡くなった場合は、遺骨を埋めたところにストゥーパ(卒塔婆ルーツとなった塔)を建てて拝むと、拝んだ人の心が清くなると言われています。
ご主人の場合、遺骨は手元にありませんが、ご主人の分身である娘さんがいるのですから、遺骨よりも娘さんを宝物にされてはどうでしょうか。
なお、ご主人はいつか仏様・菩薩様に生まれ変わって人々を導く存在になるかもしれませんので、そう思ってご主人の位牌や卒塔婆、お墓を拝む場合は、拝んだ人の心も清くなる(悟りに一歩近づく)と思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

「お墓参り」問答一覧

六地蔵様について

初めまして。宜しくお願い致します。 毎週かかさず御先祖様のお墓参りに行っています。墓地の入り口に六地蔵様が置かれてる居るのですが、其処に湯呑みやお猪口?等が置かれていて、社務所の方が用意したものなのか、個人のものなのか分かりませんが、社務所の方はお賽銭は集めるのに、水が干上がっていようが花が枯れていようが知らん顔です。来た時は何時も汚いので、湯呑みやお猪口を洗って新しいお水に入れ換えたり、花の水や線香立ても綺麗にしていました。が、昨日そんな事はしない方が良いと母に叱られました。人のものに勝手に触ってはいけないし、お地蔵様にも嫌がられているに違い無いとまで言われ、只の自己満足で余計な事はするなと言うんです。そんな頻繁にお墓参りに行かなくても良いのに、とも言われました。 毎週の習慣になっているだけで、嫌々行ってる訳ではありません。 色々言われて落ち込んでしまい、今後お墓参りをどうしようかと悩んでいます。私のしている事は迷惑だったのでしょうか?余計な事をされた、とか思われてるんでしょうか。もし次に行ったら御参りだけで、掃除とかはしない方が良いでしょうか? どうか、ご回答宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

複雑な家庭環境下においてのお墓参り

はじめまして。 私の母は生まれてすぐに両親が離婚し(詳細を聞いてないのでそもそも結婚してないのかもしれません)養子として母方の実家に入りました。 母からは本当の両親がどんな人かは知らないと聞いています。 養子として入った家はとても貧乏で既に数人の兄弟がおり、母は末の娘として養子縁組を交わしたそうです。 ここからは私の想像も入ってしまうのですが、どうして貧乏なのに母と養子縁組を交わしたというと、どうやら長男の嫁として母と長男を結婚させようという話があったそうで、私は養父母は少なからず母と養子縁組をすることで長男の嫁候補を一人増やすという打算があったのではないかと思い、母方の実家自体をあまり好きになれません。 毎年お盆になると母は実家のお墓参りをしにいくのですが、どうしてももやもやとしてしまいます。 そこで質問なのですが、 ご先祖さまというのは、養子縁組した祖父母と本当の祖父母どちらのことを指すのでしょうか? 難しいことかもしれませんが、もし可能ならば本当の祖父母のお墓を調べてお墓参りをすべきなのでしょうか? 私の家は色々と問題を抱えていて こういったことも本当の祖父母を蔑ろにしているからなのではと思うようになってしまいました。 祖父母に会いたいと言う気持ちは全くありませんが、ご先祖さまを大事にするというのは本来どちらのことを指すのかご教示願いたいと思います。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

お墓参りの時の失礼な行動について

はじめまして。 早速ですが聞いていただきたいことがございます。 昨日、義祖父のお墓参りに行きました。 主人の気持ちの問題などの事情があり、結婚してから約4年ほど立ってからのお参りでした。あまり慣れていないお墓参りで、なるべく粗相のないように気をつけていたのですが、三点ほど気になる行動をしてしまいました。 一つめは、本堂のお参りをするという作法を知らずに、お墓参りをしてしまったこと。 二つめは、仏花を買い忘れてしまったこと。お墓に着いてすぐに気がつき、主人にお花を買いに行こうと言ったのですが、お墓から車で10~15分程かかるため今回はお花なしでお参りしようという主人の意見に負けてしまいました。 三つめは、これが特に気になるのですが、お墓の掃除をする際に主人がお隣の墓石の台座部分を踏んでしまったことです。隣のお墓とはほぼ隙間がなく、主人は悪気はなくやってしまったようなのです。 気がついたときに慌てて主人に指摘し、足を乗せてしまったところを布巾で払い(石がごつごつしていて布巾で拭くと繊維が引っ掛かってしまうため)、使いきれなかったお線香を一束お供えしお詫びしました。しかし、隣のお墓にしてしまった非礼の正しいお詫びの仕方がわからず、これで良かったのかと不安と申し訳なさでいっぱいです。 親類に相談すれば主人の立場が悪くなってしまうため、恥を承知でこちらに相談いたしました。 長い文章で申し訳ありません。 ご教示頂けましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

お墓参りで疎外感を感じてしまいます。

私は母方の祖父に会ったことがありません。兄は小さかったですが会ったことがあります。私が生まれる前に亡くなってしまったそうです。母方の祖母とはよく会います。なので、毎年お盆になると祖父のお墓に御墓参りにいきます。 昔は特に何も考えず、御墓参りに行って会ったことのない祖父を思い浮かべていました。 けれど、中学生くらいになってから、 御墓参りに行くたびに寂しい気持ちになるようになりました。 私以外全員、祖父と会っていて、どんな人か知っています。父と母と祖母は笑いながら思い出を語ります。 兄は小さいから覚えてないけどな〜と言いつつ会話に加わります。 私はその会話にどうしても加わることが出来ないでいます。 私にとっては祖父だけれど、もう亡くなってしまった祖父からしたら、私は知らない人間なんじゃないかという考えに辿り着いたとき、とても悲しくて、御墓参りに行ったあと、涙がでました。 高校生の頃、一度母にそのことを伝えると、母を泣かせてしまいました。 そんなことを考えながらあの場にいたのか、悲しいと言われました。 たしかに祖父は私を知らないけれど、私のためにお雛様を買ってくれたんだよと言われました。 それ以来母には祖父の事は話していません。また泣かせてしまうからです。 それ以降も、毎年御墓参りに行きました。 私だけが蚊帳の外のような、大きな壁を感じました。 自分でも素直に御墓参りすればいいと思います。 でもどうしても悲しく思います。 小さくても兄は会っています。 兄が覚えていなくても祖父はきっと覚えています。 私は会ったことがないし、祖父も私のことを知りません。 20歳を超えてもこの気持ちは消えず、ますます悲しくなりました。 けれど最近は気にしないようにしようと受け入れつつありました。 けれど、今年の御墓参りで母が私に向かってぽろっと言いました。 会ったことないもんね、と。 それを言われた瞬間、悲しい気持ちがまた一気に戻ってきてしまいました。 そうだった、私は会ったことないんだったと改めて悲しさと寂しさを感じました。 この悲しさは、どうしたらなくなるのでしょうか。 どういう考え方をすれば気にしなくなるのでしょうか。 長々と申し訳ありません。 こんな情けない話、誰にも相談できず、この場所を頼ってしまいました。 ご助言など頂けますと幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺