hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お叱りください

回答数回答 3
有り難し有り難し 51

こんなことを質問させていただいて良いのかわからないのですが…

すべてもう遅いとりかえしがつかない、人生立て直すにももう無理だと思い、前まで一生懸命に頑張っていたことも頑張る気力がなくなってしまっています。

自分の今までの行いがただ悪かったから自業自得なのですが、悪に悪を塗り重ねもう自分が嫌になってしまいます。

そうすることでしか自分を守ることができず悪の環境から結局抜け出せれず、変わることが出来なかった、自分が弱く誘惑に打ち勝つことができなかった。
自分が情けないしもう何もかも嫌になってしまいます。

中絶の経験もあり、うつ病になり、気がつけば人生に相当の遅れをとってしまい、悪を重ねてしか生きれない、うそをついて進もうとする自分に本当に悲しいです。もう戻れません。
「人の道」をしっかりと歩みたかった。本当に悲しい人生です。上辺で偽りではなく心から人生を大切に生きたかったです。
中絶のこともあり明るく過ごすものの、すぐに心に重くのしかかりため息ばかりでます。

生きていても、何があるのか、悪に悪を塗り重ねることしかできない未来に希望がない、こんな人間生きていて良いのでしょうか。

お忙しい中このような投稿をし申し訳わけございません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分を慈しんでください

さつきさん

中絶を経験され
罪の意識に苛まされて
自分を責め続けてきた

なんとか罪を償おうと
一生懸命頑張ってきた

そして未だ
こんな人間が生きていていいのだろうか
自分を肯定できずにいる

本当にお辛かったと思います。

罪を償おうと
一生懸命頑張って
人のために何かをしても
罪から逃れようとしている限り
逃れることは出来ないでしょう

頑張れば頑張るほど
自分を疲弊させ、出口の見えない
苦しみを味わい続けるのではないでしょうか

罪は引き受けるしかありません
何をしても許されることはない

本当に許されないことをしてしまった
本当に申し訳なかったと
罪を引き受けて生きる覚悟が出来れば
罪は罪でなくなります。

以前のお悩みも拝見させていただきましたが
宗派等にこだわらずに
さつきさんが手を合わさる場所で
頭を下げていきましょう。

また
人間は縁がハタラケば
いかなる振る舞いもしてしまう弱い存在です。
罪を犯すこともあれば
徳を積むこともある

頑張らなくていい
変わらなくていい
弱い自分に勝たなくていい
叱られて自分を鼓舞しなくていい

自分を慈しんでください

「人の道」を歩みたかったという心が起きた時
あなたはもう「人の道」を歩んでいます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


叱りません 叱れません

さつき様
人生はそれぞれ。罪の無い人間などいません。誰が貴方を叱れますか?

私の知人にも同様の悩みをかかえている方が何人かおられます。 その方達も心の中でどこかわだかまりがありながらも、各々人生を歩まれています。

ご自身が、悪の道と言われるなら・・・まずは1日1つ善の道を行われてみてはどうでしょうか? ご両親に感謝の言葉を伝える。 食事をしたた栄養になった食べ物に感謝し頂く。
どのような事でも構いません。

まず1日1つご自身が善だと思う事を行ってみてください。

人生は人の出会い、ご自身の行動、出会いのご縁によりどんどん変化していきます。

所縁吉祥。さつき様の人生を明るく照らすご縁に恵まれますように 。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


小黒澤 和常
大本山總持寺安居ののち、松岩寺副住職となる。テレビ朝日系お坊さんバラエティ...

業(カルマ)は、ある種のポイント制度

さつき様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

まず最初に、今しばらくはまだ無理かもしれませんが、いくらでもそのお心次第においては挽回可能ではないだろうかと存じます。

仏教では、懺悔文という偈がございますが、とにかくこれまでに積んだ悪い行いについて、心から慚愧して、懺悔し、二度と同じような過ちをしないように誓い、努力することと併せて、できれば悪業を浄化させていくための善き行いに励みて、善業を積むことが望まれることになります。

少しわかりやすい例えとしましては、業(カルマ)は、ある種のポイント制度であると思ってみて下さい。

悪いことをすれば、負のポイントが貯まる。逆に、善いことをすれば、正のポイントが貯まる。そのように考えてみて下さい。

もしかしますと、今のさつき様は、負のポイントがやや貯まりすぎてしまっているのかもしれません。

それはこのままではいずれ返さないといけない借金のようなもので、いずれそのマイナス分、必ずどこかで苦しむことになってしまいます。

もちろん、生きていく中で完全に悪いことをせずに過ごせるという者などほとんどいませんので、何も対策を立てなければ、当然に、知らず知らずの内にでも無明(根本的な無知)や煩悩の働きにより、マイナスポイントが貯まっていってしまうものでございます。

問題は、そのことにまずは気づけているかどうかであります。でも、さつき様はご自身の行いについてよく理解されておられ、慚愧の思いをもっておられますので、十分に気づかれているのではないかと存じます。

ならば、そのマイナスポイントを今度はプラスのポイントで消して(浄化して)いってあげるようにできれば良いのであります。

もちろん、その間にもマイナスポイントもやむを得ずに貯めていってしまうでしょう。それでも、それを上回るようにプラスポイントを稼いであげていけば良いのであります。

そして、何とかプラスマイナスゼロか、できればプラスへともっていって頂ければ、その果報は、決して最終的には悪いものにならないかと存じます。

また、そのプラスポイントを稼ぐための方法が仏教の教えの中には実はたくさんございます。

是非、これを機会に仏教にもっと興味を持って頂いて、学びと修習に取り組んで頂けましたら有り難くに存じます。善処を祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

遠浦山 松岩寺 小黒澤 和常様
優しいお言葉をありがとうございます。
みなさん進んでいらっしゃるのに、立ち止まってしまい甘えが生じているのだと思います。
悔い改めることなく、忘れてそのまま忘れ…
本当にどうしようもない逃げてばかりですが、せめて一日一善言い聞かせてどうにか進んで行けるようにがんばります。
ありがとうございました。

明福寺 中根信雄様
前回の投稿まで目を通していただきありがとうございます。ほんとうにおっしゃる通りで、罪を引き受けずに逃げ回ってるのだと思いました。罪や悪を引き受けるのにはを遅すぎ人生の立て直しができるのか、わからず覚悟が決まらないのですが、罪を罪と認めることはほうりなげず行わないといけないと思いました。
ありがとうございました。

岩瀧山 往生院六萬寺 川口 英俊様
もし挽回可能であるなら本当に頑張りたいと嬉しく思いました。
プラスマイナスの業のポイント制度と聞くと頑張って生きてきたつもりではいましたが気がつけばいつの間にか悪をなしつづけマイナスのポイントだらけで恐ろしくなりました。
焦りから正しい判断ができず良いことをなすことよりどう生きていくかばかりを考えてしまっていましたが少しずつプラスを貯める意識をしていこうと思います。まだまだこの先怖いですががんばります。
ありがとうございました。

「中絶・堕胎からの救い」問答一覧

中絶しました

数ヶ月付き合っていた彼氏との子を妊娠し、産めないと言われ中絶しました。彼は、手術の日に付き添ってくれて、今までわたしのつらい思いもたくさん聞いてくれました。産めないと言われ、わたし自身も産む決心ができず産む手術をしました。 毎日全ての人、全てのことにごめんなさいと思いながら生きています。死にたいと思うことはないのですが、生きていることがつらいです。1人で苦しいです。つらいけど、誰にも言えないことが苦しくてたまりません。 唯一つらいと言えるのは、付き合ってていた彼だけです。彼は、中絶するまでたくさんいろんなことを考えてくれて、たくさん支えてくれました。中絶をきっかけに別れ、連絡をとっていませんが、頼りたいと思ってしまいます。誰かにつらいと言いたいです。1人で耐えられません。もう一度付き合いたいなどは思っていません。今はもう彼のことを好きではないのかもしれません。ただ、今の苦しすぎる時期を少しだけでも彼に頼らせてほしいと思ってしまいます。こんなにつらそうにしてるわたしと一緒にいることを、彼は望んでいないかもしれませんが、できるなら頼らせてほしいと思ってしまいます。わたしはおかしいでしょうか。誰かにつらいと言うことも許されないのでしょうか。1人で苦しみ続けることが、償いの1つでしょうか。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

中絶後の生き方について

数年前、夫との間の3番目の子を中絶しました。 最初は産みたいと夫や実母に伝えました。 実母は両親と兄一家で同居をしている実家近くまで引っ越してくるのであれば手伝うと言ってくれましたが、夫はローンの為に自宅売却を拒否、ふざけるなと言われてしまいました。 その後、夫も産もうと言ってきましたが、引っ越しも家事育児の協力も無理だと拒絶されてしまい、意見を変えてくれませんでした。 上の子供が3歳、1歳と小さく、まだ歩けなかった下の子を抱えて自宅内階段の登り降りが困難な事、つわりで下の子の食事を与える事が困難な事、上の子の育児で悩み各所に相談していた事、3人目を夫婦共に望んでいなかった事、保育園が決まり育休から復帰直前であった事、上の子の妊娠中から夫が無断で飲みに行くようになり、改善してくれない事、夫が障害者であり、いつまで働けるか分からない事、何よりも夫からの言葉に傷つき、不眠状態が続き精神的に参り、中絶してしまいました。 直前まで悩み、産みたいという気持ちはあったのですが、手術前日に夫が無断で飲みに行き、話も出来なかったのが決定打で、この人との間にこれ以上子供を設けられないと思ってしまいました。 避妊に協力してくれず、授乳中で自ら避妊が出来なかった為、妊娠をしました。 だらだらと上に書きましたが、全ては言い訳です。 我が子の命を母親である私が絶ってしまった事を毎日後悔しています。 後悔も覚悟の上で諦めたのですが、事実の大きさを受け止めきれずにいます。 きっと大変ですが、可愛いかっただろうと思います。 その後、どうしてももう1人と望んでしまい、新たに4番目の子がいます。あの子がいれば1歳差でした。 まだ幼い4番目の子の世話をしていると、この子は産めたのに何故あの子を産まなかったのかと辛い気持ちになります。 また、3番目の子を産みたいと伝えた時の夫の態度を思い出しては憎しみが湧きます。 先日夫が持病の手術をしましたが、心配する感情が湧かず、愛情が枯れ果てたのを感じました。 私はこれからどう生きていけば良いのでしょうか。 金銭的に夫と離婚する事は難しいです。 前向きに子供3人を育てなければいけない事は分かっていますが、気持ちが追いつきません。 夫の事も愛せません。 何もかも忘れて死んでしまいたくなります。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

昨日、中絶をしてきました

6人の子を育てている者です。 1番下の子を4月に出産したばかりで 末娘が5ヶ月なった頃に7人目を妊娠 毎年、妊娠出産をしている自分ですが 今回妊娠が分かった時は焦りと戸惑いが かなりありました。 1、経済面 2、旦那が出張ばかりで 現時点でワンオペ育児が可能なのか 3、前回の出産が凄まじく  出産に対しての恐怖心 旦那は、今回は無理だから 諦めよう…の一点張り 出来るなら上の子達の時みたいに 産んでいいよ と言って欲しかった 中絶手術を決めた最初の検診から 1人で泣いてばかり 手術当日も車から降りて向うのでさえ 嫌で嫌で仕方がありませんでした 旦那は何も言わずに泣いてる自分の 背中をさするだけ  病院に着いたら、お腹の子を失う辛さ 手術の怖さで沢山涙が出ました 手術も終わり お腹に手をあてて 謝る事しか出来なかった自分が憎いです 前までは少しでも栄養をとご飯を食べてましたが、あまり食欲がわきません。 食べても食べてもお腹の子はもういません 戻ってきません。 中絶した事を後悔してます 私はこのまま母を続けて いいのか? とまで思えてきました 1人の命すら守ってあげれなかった とても悔しくて仕方がありません

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

生き方がわかりません

1年半ほど前に中絶をしてから、自分とその子とうまく向きあえません。 もしかしたら私を恨んでいるかもしれない。 あの子の分も生きる、、、なんて都合のいい言葉にしか思えません。 何かがうまくいくと、嬉しい反面ほんとうに私はあの子を犠牲に充実した人生を過ごしていいのかと考えたり、自分がダメだったりうまくいかないと、私じゃ母親にはなれなかったんだと、安堵してしまうこともあります。 この先も後悔したり、自分を責めることは一生変わらないように思います。今でもその子を思い泣いてしまいます。 もともとは子供が大好きでしたが、今では赤ちゃんや妊婦さんを見かけると怖くなり目をそらしてしまい妊娠ができるとしても今後子供を持ちたいという思いも、その子への罪悪感から消えてしまいました。 また同じタイミングで自分が人と違う違和感や、できていると思っていたけど、できていなかったことなどがはっきりとしていき、さらに自分を責めていくようになりました。 自分がわかりません。 自分の考えや意思は全て口だけだったり、何かの言い訳に思えてしまいます。 仕事もお金も無い自立できない自分が情けなくてみっともなくて恥ずかしいです。 就活もうまくいかず、不採用の通知を見るたびに自分が必要とされていない気がしてしまいます。 1週間に1回ほどのペースでで死にたいと衝動的に思ってしまいます。 衝動的なもので本心ではないはずです。 自分は価値のない人間だ。いなくなればいい。そんな言葉が頭の中をぐるぐるまわります。私が死んだら身近な人たちが自分を責めてしまうと言い聞かせています。 身近な人に相談するか迷いますが、今後の私との付き合いが義務になってしまう気がしたり、もし自分が本当に死んでしまったら、その人は自分を責めて苦しめるのではないかと思い相談できません。 何を信念に生きればいいのでしょうか? 私の赤ちゃんはどうすれば幸せになれますか? どうすれば赤ちゃんや妊婦さんを今までのような温かい目で見てあげれるのでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

中絶したことに後悔しています

男に騙されて借金ができたので、本業とは別に風俗店で副業をはじめました。 そこで知り合った風俗店員とやってしまい、1回にして妊娠しました。借金もあり付き合ってもいない人の子供であり、今後1人でちゃんと育てていける自信がなかったので、中絶することを決めました。妊娠がわかって嬉しかったんですが、複雑な気持ちでした。中絶までに時間が空いちゃうと、赤ちゃんに愛着が湧いて、育てることもできないのに産んで、赤ちゃんを不幸にしてしまうと思い、誰にも相談できず、私自身で早々中絶を決めてしまいました。赤ちゃんに愛着が湧くと絶対中絶なんて選択できなかった。 中絶してから、4ヶ月経ちますが、まだ中絶した日のことは忘れずにいます。なぜ産む選択ができなかったのかを悩み続け、風俗店で働いていますが男性に体を触られるのが嫌になりましたが、今現在も風俗店員との関係をやめれない自分が1番嫌です。 自分が断れない性格のため、男性に誘われたら断れない。だから、中絶後は中絶前より自分を責めるようになり、毎日自分にがっかりして泣いていました。同じ過ちを繰り返したくないので、ピルも飲みはじめました。 ですが、まだ中絶したことを後悔して涙が出るときがあります。 自分勝手なことをした、なんでもっと赤ちゃんのことを考えられなかったのか、もしあの日に戻れるならあの日の私にちゃんともっと慎重に考えてと声をかけたいです。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

離婚による第二子中期中絶

はじめまして。カテゴリー違いだったらごめんなさい。 現在1年の不妊治療を経て妊娠5ヵ月で第二子を妊娠していますが来週中期中絶をすることになりました。 理由は性格の不一致による離婚で1人で仕事をしながら2人の子どもを育てられないと判断したからです。 最初は離婚しても出産する予定でした。しかし、シングルになりフルタイムで仕事をし小さな赤ちゃんと5歳の息子を今以上に厳しい状態で実母や息子に協力や我慢をさせながら私の産みたい気持ちだけで出産してもいいのだろうかと思い、実母と相談し今目の前にいる息子を大切に育てようという結論になりました。 旦那も1人じゃあ無理だと反対。出産まで待ってくれないかとお願いしたが拒否。出産して育てられないなら息子はこっちで育てると言われました。 それは嫌だと拒否しました。しかし、私はその時点で赤ちゃんの命より息子との生活を選んでしまった。未だに産んであげたいと思います。しかし、自分、息子、家族を考えるとあまりにも厳しくこれしかなかったと思うしかありません。せめて火葬まで出来ることは何でもしたいと思い色々調べましたがお腹の中で生きてる赤ちゃんを自分の都合で中絶することに決断しては悩みの毎日です。 明日夫婦で息子に離婚と中絶の話もしなければなりません。 息子は別居にも気づかずパパや赤ちゃんの話をしますが、赤ちゃんの話は今の私には後悔と決断の申し訳なさで受け止めきれていないと思います。 息子にはさみしい思いをさせることパパが一緒にいられなくなったこと申し訳ないと思いながら旦那には何故自分が子どもたちの為に何が出来るかと考える余裕がないのかと思ってしまいます。もちろん離婚を切り出されているので私にも悪いところがあるのはわかりますが、直すと言っても頑なで無理の一点張りでした。そもそもこんなタイミングの離婚で何も譲歩せず、残り少ない息子との時間も大切にせず一緒にいたくないからと実家に帰るのも理解出来ません。 それでも子どもたちのことは一緒に考えてほしいと思いますが旦那は違うようで足並みがそろいません。もう旦那に期待もしたくありませんが、中絶してしまった赤ちゃんのことも会わせるべきか一緒に供養してあげた方がいいのか悩んでます。

有り難し有り難し 41
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る