hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

49日中の新婚旅行について。

回答数回答 2
有り難し有り難し 8

半年以上前から新婚旅行を計画していて、休みも取り難い会社にお互い勤めてるため半年前に休みの希望をだし、今年7月5日から一週間を計画していたのですが
この度6月7日に嫁のおじいさんが亡くなり、新婚旅行の期間が49日中に当たるため義理父にはキャンセルしなさい。
と言われてしまいました。
旅行の手続きはすべて終えて後は行くだけです。

この機会を逃すと今後行けない可能性が高いので
どうしても行きたいのですが、どうにか行けるように義理父を説得するにはどうしたら良いでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お嫁さんから頼んでもらい、最後の最後に一度だけあなたが頼む

お父さんが反対している理由がよくわかりません。
お父さんご自身が反対なのか、親戚等から批判されるのを避けるため(いわば世間体)で反対なのか。
中陰だから反対だったのか、そもそも旅行に反対だったところにたまたま中陰という理由ができて反対を言い出したのか。
いずれにせよ、お嫁さん(娘さん)から何度か頼んでもらう(娘さんが行きたがっていると強調)ほうがいいでしょう。
そして、最後の最後にあなたから礼儀正しく頼む。
娘よりもあなたが行きたがってる、と思われるのは最悪です。娘さんが行きたがってるので叶えてあげたい、と頼むほうがいい。
お嫁さんは亡くなったおじいさんの身内で悲しみもある。それに対して他人であるあなたがチャラい感じで旅行に行きたがってはダメでしょうから。
一生に一度の旅行かもしれませんが、人間が1人亡くなった重みとまともに対決したら、負けます。
お父さんの許しがないなら行かないようにしたほうが、今後何十年の付き合いにはプラスです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

おすすめはできませんが・・・

マサフミさんはじめまして。
先ず以て奥さんのお爺さまのご冥福をお祈り申し上げます。

それは大変でしたね。
ですが、奥さんのお父さんの言うこともわかります。

日本には、昔から喪に服すための制度がありました。
これは「身内に不幸があったら喪に服しなさい」と国が決めたもので、明治初期には時の政府から「服忌令」というものまで出されているほどです。

忌(いむ)期間と、服(ふく)す期間があり、その期間は、続柄によって決められていて、
両親の場合49日(50日)まで忌み、13ヶ月喪に服すというように定められていました。
奥さんの場合は祖父母になりますから、
忌の期間が30日、喪の期間が父方の祖父なら150日、母方なら90日となります。

忌の期間は喪服を着て過ごし、外出することも、外で人に会うことすら禁じられていました。
喪の期間は普通に生活は出来ましたが、慶事(婚礼、祝い事)はすべて禁じられ、婚礼を伸ばすことも近年まで当たり前にありました。出産さえ、喪中に生まれた子を忌子といって嫌い、一度養子に出してまたもらい受けるというようなことまで行われてきました。
年賀状を遠慮したり、初詣に行かなかったりするのはそのためです。

現代ではそこまで厳重に言わなくなりましたが、まだまだその習慣はいたるところに残っています。

現代に合わせるには無理がありますし、お父さんもそこまで言っているわけではないでしょうが、一応の知識として知った上で、お父さんを説得するなり、予定を変更するなり、方法を考えた方が良いと思います。

世間体というのは想像以上に怖いもので、身内親戚の意見の食い違いほど、こじれれば他人よりも他人のような関係を生んでしまいます。

仕事の関係で難しいこともわかりますし、何よりも楽しみにしておられたことですから、頭が痛いとは思いますが、今後の奥さんのご家族やご親族との関係が悪くならないように細心の注意だけはしてあげて下さい。

旅行の日程が49日(または納骨)の法要に当たるのなら、素直に諦めた方が良いと思います。
ただ、法要の日程に当たらないのなら、それまで毎日のように通って仏前に手を合わせるとかして、供養に気持ちがあることをちゃんと見せた上で直前にお願いしてみるとか、いろいろ方法はあると思います。

坊主という立場上、あまりおすすめは出来ませんが…

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

「法事・法要・49日」問答一覧

四十九日法要を終えて

こんばんは🌃 数日前に、「霊感の強い息子について」 で相談させて頂いた者です🙇 先日、無事に四十九日法要を終えて、 毎日お仏壇に手を合わせております。 息子たちには、「おばあちゃんの心が この中にあるんだよ」と本位牌に向かって手を合わせるよう、今日始めて祖父の家に来たんですが、お仏壇の部屋に入った瞬間息子が、「あ、おばあちゃんが居る」と言いました。 「え?次の世界に行ったんじゃないの?」と聞いたら、「様子を見に来たんだって」と答えました。 ちょうど、四十九日か1日前に祖父宅へ行ったとき、息子は「おばあちゃんいない。何も感じない」と話したので、てっきり次の世界に旅立ったと思ってたので、今日お仏壇の前に居ると聞いてびっくりしたのと、何故か嬉しい気持ちになってしまいました。 息子(長男)は、祖母とコンタクトとる事が出来るので、今日私が次男を叱った事を祖母に話したみたいで、「あんまりしかりなさんな。○○(私の名前)の家の事はちゃんとみてますよ」と言われて、 身の引き締まる思いをしました。 祖父は、このような霊的なものを信じないので、「あんまり良くないから、やめなさい」と言われるのですが、長男が普通に見えてしまうのでどうしたら良いのか迷ってます。 私も母が亡くなってから四十九日間、 台所やリビング、息子達と寝ている和室等で、ふっとお線香の香りを感じてました。 そのたびに「あ、おばあちゃん今ここにいるんだな。様子を見に来てるんだな」と思って過ごしてました。 これから、どのように過ごして行けば良いのか?良きアドバイスがありましたら 教えて頂けますよう、よろしくお願いします🙇

有り難し有り難し 18
回答数回答 3

永代供養後の七回忌

病死した夫は、夫の遺言もありお寺さんとのご縁は結んでおりません。 簡易的な仏壇も自宅にはありますが、魂入れもしておらず、お墓は永代供養の合祀にしました。戒名はありますが、義実家が勝手につけたもので、夫の面影を偲べるようなものではありません。 , 三回忌までは、お墓の法要室をかりて法事をいたしました。戒名は浄土真宗のものですが、お墓の合同供養祭をしてくださるお寺さんが曹洞宗なので、曹洞宗で法事をしました。 , お恥ずかしい話しですが、自宅の修繕や娘の進学が重なり、家計が厳しく、法要室での七回忌の費用を捻出するのが難しいのです。 , 自宅にお坊さんを呼ぼうと思ったのですが、魂入れをしていない仏壇にお坊さんをよぶのはだめでしょうか?また、宗派はどちらを選べばいいでしょうか? , 七回忌はしないで、合同供養祭で塔婆をお願いしたり、参拝できるお寺でしている先祖供養の回向で七回忌の供養にしても問題ないでしょうか? , 義実家とは全く付き合っていないため、むこうの様子はわからないのですが、仏壇や法事か2ヶ所でされているかもしれません。そのことに不都合はないでしょうか? , 不躾な質問ばかりで申し訳ありません。 お知恵をかしてください。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る