hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

49日中の新婚旅行について。

回答数回答 2
有り難し有り難し 5

半年以上前から新婚旅行を計画していて、休みも取り難い会社にお互い勤めてるため半年前に休みの希望をだし、今年7月5日から一週間を計画していたのですが
この度6月7日に嫁のおじいさんが亡くなり、新婚旅行の期間が49日中に当たるため義理父にはキャンセルしなさい。
と言われてしまいました。
旅行の手続きはすべて終えて後は行くだけです。

この機会を逃すと今後行けない可能性が高いので
どうしても行きたいのですが、どうにか行けるように義理父を説得するにはどうしたら良いでしょうか?

2015年6月14日 16:24

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お嫁さんから頼んでもらい、最後の最後に一度だけあなたが頼む

お父さんが反対している理由がよくわかりません。
お父さんご自身が反対なのか、親戚等から批判されるのを避けるため(いわば世間体)で反対なのか。
中陰だから反対だったのか、そもそも旅行に反対だったところにたまたま中陰という理由ができて反対を言い出したのか。
いずれにせよ、お嫁さん(娘さん)から何度か頼んでもらう(娘さんが行きたがっていると強調)ほうがいいでしょう。
そして、最後の最後にあなたから礼儀正しく頼む。
娘よりもあなたが行きたがってる、と思われるのは最悪です。娘さんが行きたがってるので叶えてあげたい、と頼むほうがいい。
お嫁さんは亡くなったおじいさんの身内で悲しみもある。それに対して他人であるあなたがチャラい感じで旅行に行きたがってはダメでしょうから。
一生に一度の旅行かもしれませんが、人間が1人亡くなった重みとまともに対決したら、負けます。
お父さんの許しがないなら行かないようにしたほうが、今後何十年の付き合いにはプラスです。

2015年6月14日 21:26
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

おすすめはできませんが・・・

マサフミさんはじめまして。
先ず以て奥さんのお爺さまのご冥福をお祈り申し上げます。

それは大変でしたね。
ですが、奥さんのお父さんの言うこともわかります。

日本には、昔から喪に服すための制度がありました。
これは「身内に不幸があったら喪に服しなさい」と国が決めたもので、明治初期には時の政府から「服忌令」というものまで出されているほどです。

忌(いむ)期間と、服(ふく)す期間があり、その期間は、続柄によって決められていて、
両親の場合49日(50日)まで忌み、13ヶ月喪に服すというように定められていました。
奥さんの場合は祖父母になりますから、
忌の期間が30日、喪の期間が父方の祖父なら150日、母方なら90日となります。

忌の期間は喪服を着て過ごし、外出することも、外で人に会うことすら禁じられていました。
喪の期間は普通に生活は出来ましたが、慶事(婚礼、祝い事)はすべて禁じられ、婚礼を伸ばすことも近年まで当たり前にありました。出産さえ、喪中に生まれた子を忌子といって嫌い、一度養子に出してまたもらい受けるというようなことまで行われてきました。
年賀状を遠慮したり、初詣に行かなかったりするのはそのためです。

現代ではそこまで厳重に言わなくなりましたが、まだまだその習慣はいたるところに残っています。

現代に合わせるには無理がありますし、お父さんもそこまで言っているわけではないでしょうが、一応の知識として知った上で、お父さんを説得するなり、予定を変更するなり、方法を考えた方が良いと思います。

世間体というのは想像以上に怖いもので、身内親戚の意見の食い違いほど、こじれれば他人よりも他人のような関係を生んでしまいます。

仕事の関係で難しいこともわかりますし、何よりも楽しみにしておられたことですから、頭が痛いとは思いますが、今後の奥さんのご家族やご親族との関係が悪くならないように細心の注意だけはしてあげて下さい。

旅行の日程が49日(または納骨)の法要に当たるのなら、素直に諦めた方が良いと思います。
ただ、法要の日程に当たらないのなら、それまで毎日のように通って仏前に手を合わせるとかして、供養に気持ちがあることをちゃんと見せた上で直前にお願いしてみるとか、いろいろ方法はあると思います。

坊主という立場上、あまりおすすめは出来ませんが…

2015年6月15日 3:44
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

「法事・法要・49日」問答一覧

法要での失礼をお詫びしたい

お寺で失礼な振る舞いをしてしまい、どなたにどうお詫びしてよいか分からず投稿させていただきました。 本日、ご先祖様の供養のため回向を申し込みました。(夫婦ともに上京した身でお墓参りにめったに行けないので、両家の父方母方すべての供養を毎年お願いしております)大きなお寺で合同の法要なのですが、そこに1歳になったばかりの次女も連れていってしまったのです。 落ち着いて考えれば、歩きはじめの赤ちゃんで歩いたり声を出してしまう可能性があり、場にまったくふさわしくないのですが、長女が大人しいタイプで今まで問題がなかったため、深く考えず同席させてしまいました。 この時点で失礼なのですが、次女が歩きはじめてしまい、慌てて座らせるとイヤ!と声を出してしまいました。 気が動転してその場を離れたのですが、靴を席に置いていたためお堂から出られず、ひとまず誰もいない端に行きました。次女が畳にうつぶせになってしまいましたが、座らせたり抱っこすると声をあげそうで、そのままにしてしまい、横で手を合わせておりました。 見かねた若いお坊さんがいらして、とても丁寧な優しい口調で、お堂に寝転ばせるのは…とご注意くださりました。 おっしゃるとおりで、顔から火が出そうなほど恥ずかしく申し訳なく、ご先祖さまも供養になるどころか呆れていらっしゃるだろうと思うと情けなく、お詫びして靴だけとりに戻り、次女と外に出ました(主人と長女は最後までおりました) その間、自分の考えの至らなさ、母としての未熟さが頭をめぐり、こんなことなら来ない方がよほどご先祖さまも安心なさっただろうと後悔し、お恥ずかしいのですが涙が止まらなくなってしまいました。 人前で泣くことなど普段はもちろんありませんので、そんな自分にさらに慌ててしまい、長女と会うまでにはなんとか泣き止んだのですが、通常の参拝も心が乱れてきちんとできないまま帰ってきてしまいました。 長々と申し訳ございません。 このように、仏様やご先祖さまはもちろん、お寺の皆さまやご同席の方にもご迷惑をおかけしてしまった場合、どうすれば少しでも償えるのでしょうか。 早く切り替えて、笑顔の母親に戻ることが大事だと思うのですが、今までの人生における数々の失敗まで思い出されてどんどん気が滅入ってしまっております。 どんなお叱りでも結構ですので、どうかご助言をいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 32
回答数回答 3

無縁になってしまった49日法要

先日、叔母が他界し、菩提のお寺は曹洞宗でしたが、喪主の長男が、無知のため、真言宗の形式で葬儀を行ってしまいました。 来週49日が来るのですが、 その後、菩提寺に相談するどころか、葬儀社から紹介された、自宅の近所にある、曹洞宗の寺院に相談に行き、結果的に、他宗派で法事を執り行なってしまったこと、菩提寺がある、という当然な事より、49日、100日法要は断られ、故人は曹洞宗を信仰していましたが、お経を上げてくれる和尚様とはご縁がなく、49日法要は、喪主が一人で、心を込めて行うと言われました。 菩提寺に相談するという選択肢がなく、具体的な理由もないようでした。葬儀社に依頼しきりで、他人任せなのも垣間見えました。 墓地管理規則も無視した行為ですので、ご縁がなくなるのは当然です。 そして、この行為により、いずれ墓地そのものも撤去されると思うと、今までろくに墓参りもした事のない喪主に、故人に頼まれて、先祖代々の墓を守ってきた私としては、先祖を敬う心を抉られる様な、許せない気持ちで頭の中が混乱しています。 49日、100日、1周忌…と法要がありますが、呼べるお寺様もないため、喪主が一人で行うというのはいかがなものか、ご意見をいただきたく存じます。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る