hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

49日中の新婚旅行について。

回答数回答 2
有り難し有り難し 9

半年以上前から新婚旅行を計画していて、休みも取り難い会社にお互い勤めてるため半年前に休みの希望をだし、今年7月5日から一週間を計画していたのですが
この度6月7日に嫁のおじいさんが亡くなり、新婚旅行の期間が49日中に当たるため義理父にはキャンセルしなさい。
と言われてしまいました。
旅行の手続きはすべて終えて後は行くだけです。

この機会を逃すと今後行けない可能性が高いので
どうしても行きたいのですが、どうにか行けるように義理父を説得するにはどうしたら良いでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

おすすめはできませんが・・・

マサフミさんはじめまして。
先ず以て奥さんのお爺さまのご冥福をお祈り申し上げます。

それは大変でしたね。
ですが、奥さんのお父さんの言うこともわかります。

日本には、昔から喪に服すための制度がありました。
これは「身内に不幸があったら喪に服しなさい」と国が決めたもので、明治初期には時の政府から「服忌令」というものまで出されているほどです。

忌(いむ)期間と、服(ふく)す期間があり、その期間は、続柄によって決められていて、
両親の場合49日(50日)まで忌み、13ヶ月喪に服すというように定められていました。
奥さんの場合は祖父母になりますから、
忌の期間が30日、喪の期間が父方の祖父なら150日、母方なら90日となります。

忌の期間は喪服を着て過ごし、外出することも、外で人に会うことすら禁じられていました。
喪の期間は普通に生活は出来ましたが、慶事(婚礼、祝い事)はすべて禁じられ、婚礼を伸ばすことも近年まで当たり前にありました。出産さえ、喪中に生まれた子を忌子といって嫌い、一度養子に出してまたもらい受けるというようなことまで行われてきました。
年賀状を遠慮したり、初詣に行かなかったりするのはそのためです。

現代ではそこまで厳重に言わなくなりましたが、まだまだその習慣はいたるところに残っています。

現代に合わせるには無理がありますし、お父さんもそこまで言っているわけではないでしょうが、一応の知識として知った上で、お父さんを説得するなり、予定を変更するなり、方法を考えた方が良いと思います。

世間体というのは想像以上に怖いもので、身内親戚の意見の食い違いほど、こじれれば他人よりも他人のような関係を生んでしまいます。

仕事の関係で難しいこともわかりますし、何よりも楽しみにしておられたことですから、頭が痛いとは思いますが、今後の奥さんのご家族やご親族との関係が悪くならないように細心の注意だけはしてあげて下さい。

旅行の日程が49日(または納骨)の法要に当たるのなら、素直に諦めた方が良いと思います。
ただ、法要の日程に当たらないのなら、それまで毎日のように通って仏前に手を合わせるとかして、供養に気持ちがあることをちゃんと見せた上で直前にお願いしてみるとか、いろいろ方法はあると思います。

坊主という立場上、あまりおすすめは出来ませんが…

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


お嫁さんから頼んでもらい、最後の最後に一度だけあなたが頼む

お父さんが反対している理由がよくわかりません。
お父さんご自身が反対なのか、親戚等から批判されるのを避けるため(いわば世間体)で反対なのか。
中陰だから反対だったのか、そもそも旅行に反対だったところにたまたま中陰という理由ができて反対を言い出したのか。
いずれにせよ、お嫁さん(娘さん)から何度か頼んでもらう(娘さんが行きたがっていると強調)ほうがいいでしょう。
そして、最後の最後にあなたから礼儀正しく頼む。
娘よりもあなたが行きたがってる、と思われるのは最悪です。娘さんが行きたがってるので叶えてあげたい、と頼むほうがいい。
お嫁さんは亡くなったおじいさんの身内で悲しみもある。それに対して他人であるあなたがチャラい感じで旅行に行きたがってはダメでしょうから。
一生に一度の旅行かもしれませんが、人間が1人亡くなった重みとまともに対決したら、負けます。
お父さんの許しがないなら行かないようにしたほうが、今後何十年の付き合いにはプラスです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

「法事・法要・49日」問答一覧

先延ばしになる母の海洋葬、一周忌

去年の春に大好きな母がガンで亡くなりました。数少ない母の遺言は死んだら海洋葬にして欲しいということです(母は海の近くの生まれでした)。 実家の近くに海はなく、コロナもあるためネットで海洋葬をしてくれる所を探しました。しかし父に提案しても「まだいいよ」「コロナが落ち着くまで待とう」の一点張り。一周忌にしても、今年から私が関西に転勤になり、コロナもあって帰れないが父と姉で一周忌をして欲しいと言っても父は「家族3人そろってやろう」「コロナがもう少し落ち着かないと、歳をとっている住職に頼むのは申し訳ない」と言って何も出来ませんでした。そして今度のゴールデンウィークは私が帰省できるので今度こそ一周忌をやろうと言ったのに、「お姉ちゃんの仕事が忙しくて唯一の休みの日も半日は仕事。休ませてやろう」「また次に3人揃った時にやろう」と。今度私が帰省できるのは早くても8月のお盆です。 葬送も一周忌も、所詮は私の自己満足だということは分かっているんです。何も出来なくても心から祈ればいいとは思います。でも母の遺言である海洋葬も出来ず、一周忌さえ先延ばし。このことに対して、というよりそれでよしとする父にどうしようもない憤りを感じてしまうんです。海洋葬に関しては、お骨を海に撒いてしまうという、母の形を成していたものをお墓として一つの場所に納めるのとは違うことに、躊躇いやどうしようもない寂しさを私も感じてはいるので、父もまだ踏ん切りがつかないのかなと思うところはあります。 しかしせめて一周忌はちゃんとやりたいと思うのです。私と父の2人でお寺に行ってお経をあげてもらうのはだめなのかと聞いても、やはり「3人揃ってやろう」と言うのです。 こんなことにこだわって父に怒りを覚えるのは、母が生きている時も亡くなった後も、私自身が母に対して母のためになるようなことをろくにしてこなかったから、今更後ろめたく思って躍起になっているのかなとも思います。 頭ではそう思っても、父に対する憤りがどうしようもなくわいてきてしまいます。この感情を静めたいです。どうしたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

一回忌について(一周忌)

父が亡くなってもうすぐ一周忌ですが多分呼ばれません。葬式にも呼ばれていないんです。死んでから一か月ぐらい経ってからの連絡でした。死に目にも会えていない。離婚した子はなかったことにしたいのですか。再婚家庭の考えが私にはわかりません。人間に見えません。日本の家意識とは何ですか。家を守るためならば実の我が子でさえも非情に切り捨てるようなそんなに冷たい人間たちが素晴らしい家を守ろうと言っているのでしょうか。人をないがしろにして守り上げていくその家に価値はありますか。海外の人の離婚再婚と日本人の離婚再婚は違うような気が致します。子供をないがしろにしてきた家は滅亡すると私は思います。 私が前妻の子だからですか。家族は離婚したら家族ではなくなりますか。 私も父の娘なのに仏壇も家にないし分骨もしてくれないし私は一体何なのかとさえ思います。父は四歳の私を捨てて女性と再婚をしています。離婚と再婚は確実に子供の心を殺します。大人たちはそれに気づきません。わかっています。何度も質問しましたし終わったことなのはもう、わかっています。でも四歳の私は泣いています。自分が悔しいです。再婚相手も憎いです。 日本には共同親権がないのです。私は共同親権をすることの本当の意味は男女に離婚しても子供の親であることをもう一度ちゃんと自覚させるための教えだと思っています。日本の男性の思考は離婚すれば独身に戻り新しい女とやり直せると言う思考が多いと思います。女性に比べればそれは明らかに顕著でした。何故ですか。何故なんですか。離婚しても幸せになれる権利はあります。私はこの言葉が嫌いです。一体どの口がそれを言うのかとさえ思います。子供のことをなかったことにしたい人と子供のことを見ない人がそれを言うのです。 離婚しても幸せになりたいから再婚をします。それは誰のために。自分のために。子供を見なかったことにして自分のために。激しく怒りを覚えました。私は一度家庭を壊した人間がもう一度家庭を作り直すことに疑問を持ちます。 再婚すれば子供の心が死にます。実際私の心は今も死んでいます。枯れています。花はもう、咲きません。枯れています。私は何のために生きているのか、私は何のために生まれてきたのか、わかりません。父と母の子で三人で仲良く暮らしたかった。ただただ、それだけなんです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る