hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

戒名の意味

回答数回答 3
有り難し有り難し 32

こちらで戒名を載せていいものか悩みましたが、どなたかアドバイス頂けますでしょうか。

先日、最愛の実母が亡くなりました。長い長い闘病生活、長くはない命と分かっていながらも素直になれず困らせたり、もっと何かをしてあげればよかった、の後悔ばかりの日々を送っています。

私達(姉がいます)に父親はいません。母の葬儀が人生初の葬儀(幼少期に祖母がなくなりましたが記憶に薄いです)となり、姉が喪主となり2人で右も左も分からないまま、ただ母の旅立ちをしっかりととの思いで通夜告別式を執り行いました。

準備段階での事です。母に戒名を頂くために、母の両親を連れ、ご先祖様のお墓のあるお寺の住職さんに戒名のお願いしました。しかし、住職さんはお年を召してるのか全くこちらの話を聞いて下さらず、ただただ同じ事を繰り返し言うのみ。遠方だったので、一度戒名をつけて頂きたいと電話で伝えた際に姉がうまく伝わっていないと思う、と言うので心配になりいざ出向いてみるとすでに戒名が決まっていました。電話で伝えたのは名前と歳のみです。

私達はお恥ずかしながらあまり知識がなくネットなどで調べるのが精一杯です。戒名とは、俗名から一字、人柄から一字、というのは間違った情報でしょうか?

母の戒名は、瑞雲蓮花妙○○大姉霊位、です。○○の部分には母の俗名がそのまま入っています。意味を伺っても、読み方しか教えてくれず、母の両親に訴えても、もう決まったみたいだから、と。

もちろん、頂いた戒名に不満があるわけではありません。ただ、人柄なくして戒名がつくのか、どういった意味合いなのかが知りたくて投稿させて頂きました。

よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お戒名は、「子供の名を付けるが如し」

みつままさん、ご質問ありがとうございます。
私は、奈良県浄土宗のお坊さん、鷲尾隆仁と申します。
どうぞよろしくお願い致します。

勇気を振り絞って戒名のご質問ですが、
宗派によって異なりがあるので、
私(浄土宗)の意見だけもうさせて頂きます。

私自身は、
故人を良く知っている場合は、
当方で考え、お戒名を付けますが、
故人の生前中を存じ上げない場合は、
ご家族から、色々な情報を仕入れて付けるようにしております。

例えば、
故人のお仕事や趣味、優しかったか厳しかったか、
配偶者のお名前、お子様のお名前とか、
ご家族に、「故人を漢字で表すと」など質問しております。
それらの情報をまとめて、考えに考えて戒名を付けるようにしております。

以上のような手順で一生懸命考えても、
「ご家族に否定されたらどうしよう?」と、
お戒名を授けるのは、
僧侶としても、かなり緊張する場面です。

お戒名の付け方には、
人それぞれ、宗派それぞれの方法がございますが、
授けたお戒名への思い入れは同じだと思います。

「頂いた戒名に不満があるわけではありません。」
との事ですので、心配しておりませんが、
一度、授けられたお戒名についてご説明頂いても良いのかも知れません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


昭和43年、奈良県葛城市生まれ。子授け寺浄願寺の住職、鷲尾隆仁。 日...

素晴らしいお名前だと思います

戒名というものは、亡き方の徳を表すのみならず、遺族も、喪に服す【忌】…❝己の心に向き合う❞忌中にその名の通りに参ずれば、必ず遺族らも悲しみを乗り越え、故人さまと一体になり智慧と慈悲の心をそなえ悟りを開けるようにと、仏法にのっとって名づけるのが禅宗、禅門の慣わしです。

「瑞雲蓮花妙○○大姉霊位」

あなたがいついかなるところにあってもお母様の息吹を感じられるお名前であるように見受けられます。

お寺には過去帖もありますし、お母さまが生前お寺にお参りに来られる際の様子などからも、お人柄は十分ご住職さんには伝わっていたのであろうと思います。

【瑞】…瑞兆、瑞光、瑞穂などにあてられるように生死を超越しためでたいこと。
吉祥なる意味。この世の生滅流転、輪廻、苦楽の浮き沈みを離れた様子。
美しいさま。日本は瑞穂の国と呼ばれるように、小麦黄金の実りが一面に広がっている様子で、袈裟の色=仏法が実った様子、心が良く耕され、豊かなる実りを得た意味合いがあります。

【雲】…流転の様子。無(亡)くなったのではなく、縁によって随所に姿を現し、いつでも一家一族を覆ってくださり、また集まりては、法雲・法雨となって心の渇きをうるおしてくれる力を持った仏の慈しみの心の象徴。
「悲体の戒は雷の如くに振い、慈意妙大いなる雲の如し、甘露の法雨を注いで煩悩の炎を滅除す」(妙法蓮華経観世音菩薩普門品)

【蓮】…蓮の花は泥の沼にあっても泥の色に染まらぬように、常に執着を離れて、真新しい花を咲かせる。多くの人を救ってくれる心のはたらき。過去に染まらぬ常に真新しいありようで咲き続けている様。過去の様子を一所もとどめない無執着、不染汚(ふぜんな)悟りの境涯をあらわす。

【花】…万人を喜ばせ、安らかな気持ちにさせる。多くの人から愛されて、多くの人に芳香を放つような徳のある生き方をされた。

【妙】妙法、妙光、涅槃妙心、この上ない、素晴らしいありかた。

戒名には、ご遺族の方々にも、生前の故人様の徳、智慧、慈悲を慕い、そのようでありなさい、という示しがあります。
お母さまの徳を慕われ、多くの方々に慈悲を与えられるような生き方をなさることが、お母さまへの報恩の功徳となりましょう。
謹んで、ご母堂様の冥福をお祈り申し上げます。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

決まりではありません

お祖母さんの戒名がどうだったのか気になりますが。よくあるというだけです。必ず「名前1文字と人柄1文字」という決まりは ありません。

お母様の場合、むしろ、お名前の漢字が戒名向きだったと推測されます。戒名になると読み方が名前とは違う場合が多いですが。逆に、一文字くらい名前から使ってあげたいのだけど、使いにくい場合もありますよ。

さらに、書かれた戒名ですが、何の情報無くても、亡くなった時季と年齢のニュアンスが伝わってくる よいものだと思います。

最愛のお母様を亡くされ、大変お悲しみでしょう。初めての仏事で、いろいろ疑問に思いますよね。細かいルールがあったり、逆にキチッと理由や正解がなかったりの世界です。時間をかけてゆっくりと馴染んでもらえたら、理解が深まると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

浄願寺 鷲尾 隆仁 様
禅僧 むらた 様
安穏寺 丹下 覚元 様

皆様、お忙しい中ご回答頂きありがとうございます。初めてのことばかりで、疑問に思う事不安に思う事などがたくさんありどちらに相談していいのかわからない中で、こちらのサイトを通し御三方にご回答頂けどれだけ安心出来たことか、言葉でお伝えするのが難しいくらい感謝をしております。

まとめてのお礼になり申し訳ありません。本当にありがとうございました。

「戒名」問答一覧

師匠と、在家の弟子の関係について

先日、生前受戒について質問した者です。 その節は、多くのご回答を賜り、ありがとうございました。 その後、受戒はまだしないでおく方向に傾いています。 大きな理由としては、受戒するとご住職や他のお弟子さんたちとの関係が具体的にどうなるのかということがよくわかっておらず、こちらでアドバイス頂いたように、住職と直接お話をしたいと思ったのですが、それがなかなか叶わないということがあります。 住職はご多忙のため、弟子の方が対応してくださるのですが、先日の迷いについて相談したものの、お返事がないままです。(詳しく書けませんが、遠方なので、メールで相談しています。) このような状況で受戒して良いのかという迷いが大きいです。 この状態では、受戒してもしなくても住職との関係は変わらない気がします。 弟子の方とやりとりできるようになっても、先日こちらでご相談したように、弟子の方のおっしゃることに時々疑問を抱いてしまっていますので、かえって悩みが増えそうです。 そういう理由で、まずは自分で学びながら、自分に合ったお寺を探そうかと思っています。 そこで参考のためにお伺いしたいのですが、在家の場合、受戒して師匠と弟子の関係になったら、何か具体的に変わることがあるのですか? たとえば、相談したいことがあれば優先的に時間を割いていただけるようになったり、そのほかに、定期的にお会いする機会があったりということでしょうか。また、仕事の仕方や生活信条、お寺との関わり方について、兄弟子から厳しく言われたりするようになるのでしょうか。 それぞれお寺によって、人によって、状況は異なると思いますが、ご自身の場合やお知り合いのケースなど、ご教示いただければ幸いです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 3

戒名と法名について

父が亡くなり、戒名と法名についてのご相談です。 4年前に兄を亡くし、現在は父の故郷に父が購入した浄土真宗の納骨堂にお骨を納めております。 そして、そちらのお寺さんで法名をいただいております。 つい最近、父が亡くなりました。 父は我が家に近い納骨堂を私が購入し、納骨する予定です。 父が生前、娘の近くが良い…と言っていた為、つい最近、我が家に近い納骨堂を購入したばかりでした。 こちらの納骨堂は宗派問わずですが、管理をされているお寺さんが真言宗です。 葬儀の際は家族葬にした為、葬儀屋さんに手配していただいた真言宗のお坊さまに火葬場でお経を読んでいただき、戒名や法名はいただきませんでした。 やはり戒名や法名は今後、いただいた方がよろしいでしょうか? 四十九日法要の後、納骨する予定です。 その際に、納骨堂を管理しているお寺のお坊さまに四十九日開眼納骨法要をしていただこうと考えております。 そこで戒名をいただくか…。 俗名のままにするか迷っています。 いずれ兄のお骨も分骨して、こちらの納骨堂へも持ってきたいと考えています。 その場合、法名の入った過去帳を入れても良いものでしょうか? 過去帳には私の祖父母の名前も入っています。 それとも、兄も分骨の際に戒名をまたいただいた方がよろしいのでしょうか? 何が良い方法なのかご教示いただけると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 26
回答数回答 3

生前受戒について

生前受戒を考えています。 戒名をもらいさえすれば仏教の学びが深まるというものではなく、またもらっていないからといってきちんと学んでいないとは限らないと思いますが、そういった中でも、受戒するのとしないのとでは、自分にとって何かが変わるのでしょうか。 先日、生前受戒を申し込みました。しかし今になって、あることのため少し迷いが生じ、お坊様方のご意見をお伺いしたく、このような質問をさせていただきました。 すでに同じ宗派で受戒している在家の知り合いから、ある活動(仏教の普及に関わることで、半年間の継続的な学習と集会出席が必要)に誘われ、「仕事が忙しく、今は自分のことに集中したいから」と断ったところ、「熱心さがたりない」「視野が狭い」「忙しいというのは単なる言い訳」といった意味のことを言われました。 その時の状況は詳しく書けませんが、例えば美容院で髪を切ってもらっている最中のような身体を動かせない状況のまま、ずっとそのような言葉を聞かされ続け、少しトラウマになっています。 その方は私が戒名をつけていただこうと思っているご住職とは縁が深く、一番弟子を自認しています。そのお寺に関わる以上、その方とも少しは関わることになります。 その方とは、お店のオーナーと客(私が客)の関係ですが、受戒しようと思っていることをお話してから、その方の私に対する態度が変わり、会うたびに弟子に心得を教えるような長いお話をされます。 その内容はちょっと首をひねってしまうようなものが多いです。私の言葉の意味をわかってもらえず、うわべの表現だけを取って否定されることが多いです。 「これまでもずっと仏教の本を読んで自分なりに学んでいた」と言えば、「仏教というのは学ぶものではなくて実践するものだ」と言われ、「これからは仏教を心のよりどころにしたい」と言えば「仏教というのは自分をよりどころにするものだ」と言われます。それだけを取ってみればその通りだと思いますが… 他に知っているお寺もなく、受戒するならこのご住職に、と思っていました。が、周囲にこのような方がおられることを考えると、深く関わることが正しいことなのかどうか分からなくなり、そもそも受戒までする必要があるのだろうか、と疑問が生じました。 ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

有り難し有り難し 32
回答数回答 5

赤ちゃんの戒名(位牌)について※長文です

初めて質問させていただきます。 3週間前に愛娘が病気で亡くなりました。生後6ヶ月の赤ちゃんです。悲しみに浸るまもなく、あれよあれよと葬儀を終え、来月四十九日の法要をする予定です。 本位牌を手配するため戒名の意味など調べておりました。 義実家の菩提寺は天台宗で、普段よりお付き合いは全くなく、私はこの度初めてそのお寺の存在を知りました。そちらで書いていただいた仮のお位牌 では「満6ヶ月」と「数貮歳」の2つの表記があり、私に数え年の知識が無かったものですから、「なぜ2歳なのか?」ととても気になりました。電話をかけてご住職に伺いましたところ、数え年について説明もいただき、本位牌には両方入れてもどちらかだけでも良いとの回答をいただきました。自分でも数え年についていろいろ調べ、2つ書いていただいた意味も理解できましたが、本位牌には「満6ヶ月」だけにしたいと思いました。なぜなら私の感覚では娘は0歳の赤ちゃんで、病気のため身体も新生児ほどの大きさしかなかったのに、2歳という言葉(年齢)はあまりに違和感があるからです。 さらに戒名自体については、主に1歳くらいまでの赤ちゃんには「嬰女」、2~3歳くらいには「孩女」という位号をつけることが多いと言われているそうですが、うちの子は「孩女」とつけていただいていました。おそらく数え年で2歳だからなのかと思ったのですが、ここでも物凄く違和感を感じてしまい、なんだかモヤモヤしています。一瞬、「嬰女」に変えていただきたいとすら思いましたが、再度お電話差し上げる勇気もないですし、つけていただいた戒名に難癖つけたいわけでもないです。ただ、数え年を使う意味やメリットには、宗教的な考えもあるでしょうが、昔の時代背景による簡便化といったことばかりが出てきて、この戒名にちっとも納得出来ません。私は無宗教ですし。数え年で戒名をつくることに、少しでもプラスに考えられるようなお話があれば是非お聞かせ願いたいです。「昔は面倒臭かったから」なんてことではない理由が知りたくて調べているのに、調べれば調べるほど墓穴を掘ります。2歳の戒名でも良いんだと思えるようなお話をお願いします。可愛い可愛い愛してやまない娘です。モヤモヤしたまま位牌は作れないです。どうぞよろしくお願いします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る