hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

私は心が弱いです。どうすれば勇気を持てるでしょうか?

回答数回答 2
有り難し有り難し 17

こんにちは。私は自分の心の弱さについて悩んでいます。その中でも特に2つご相談したいことがあります。

まず1つ目は、父方の祖母が亡くなってからのことです。
祖母は末期癌で1ヵ月で急に亡くなってしまいました。
しかし、いざ葬儀をやると、会う回数が少なかったこともあったのかもしれませんが、お恥ずかしいことに「悲しい」という気持ちより「怖い」という気持ちの方が強かったのです。
そこから、異常に死を恐れ、自分や家族の体調を気にするようになり、一時期は皮膚がんを恐れて何度も皮膚科に通ってしまいました。それ以降も自分で自分を追い込み、未だに不安がよぎるときがあります。

2つ目は、アルバイトで商品に穴を開けてしまったとき、穴が開いているということはすぐ伝え、店で使う。ということになったのですが、結局自分が不注意で穴を開けてしまったということを伝えられませんでした。言う勇気が無かったのです。
そこから、「なぜ、自分が開けたことを言えなかったのだろうか。弁償すれば店は損にならなかったのに。」と罪悪感でいっぱいです。
そこから、「何か罰があたるかもしれない。」「恐れていた病気になるかもしれない。」と考えてしまいます。

1つ目も2つ目も悪いのは自分です。だというのに、結局「罰があるかもしれない」と思ったりして不謹慎だし、本当に心が弱いと思います。
この2つの悩みが今一番私の心に重くのっています。私はどうすれば、この2つの悩みと付き合っていけるのでしょうか?どうすれば勇気が持てますか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

こころの成長

恐れというのは誰にもあるものです。
それがなかったら、人間は成長をしません。

ですからあなたの「心は弱い」のではなく、
心がいま懸命に成長をしている真っ最中なのです。

わたしたちは将来を恐れます。
わたしだって、明日はわかりません。

でも、わたしはもう明日の予定も、明後日以降の予定も
すでに入れてあります。

明日が来ることを信じているからです。
加えて、明日という日が善き日になるように、と
祈りながら床に就きます。
それもまた、わたしにとってのこころの成長の一過程であると
思っています。だってその根底には、あなたと同じように
恐れがあるからです。
わたしは、その恐れを「信じる」という思いにのせ
あとは「おまかせ」にしています。
そうしないとわたしも、今の一歩を踏み出せないと思うからです。

そうやっていろんなことを恐れたり、悲しんだりして、
わたしたちはゆっくりと心を育んでいくのです。

そうすることで、同じように悲しんだり恐れたりしている
人たちのそばに寄り添える人間になるのではないでしょうか。

あなたは、いずれ沢山の方のそばに、優しい笑顔で寄り添えるような
素敵な人に成るための、いまは大事な時を、歩んでいるのだと
思うのです。

おじい様の悲しみに寄り添ったことで自分のいのちの姿を知りました。
これも尊いことです。
アルバイト先での失敗があったことで、自分のしてしまったあやまちを
かえりみることの大切さを知る事が出来ました。
これもあなたにしか出来ないことなのです。

すべてを糧に、あなたのこころとからだは成長しているのです。
だから歩いていきましょう。一歩一歩。その一歩一歩が
安らかで、さちおおからんことを、私は祈ります。
あなたにさちあれ。さちあれ。合掌。

{{count}}
有り難し
おきもち


弱さは強さです

まりもんさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈です。

まりもんさんは、祖母が急逝したことで死が怖くなりました。また、アルバイト先で自分の不注意を伝えられませんでした。自分が悪いのに隠してしまったから罰が当たるのではないかと心配しているのですね。

まりもんさんが本当に心配していることは何でしょうか。私には、「隠していること」ではないかと拝察いたします。
祖母の死は無かったことにしようと「隠して」しまった。アルバイト先の不注意を「隠して」しまった。それ故に隠したことがバレて罰が当たるのではないかと心配しておられるのではないでしょうか。

まりもんさんは、池を見たことがありますか?
水面には空も木も雲も全てを映し出します。木は苦手だから映すのをやめようということにはなりません。弘法大師空海は「池の水面には私情がないので、全てをそのまま映し出す」と言いました。

まりもんさんは、「私は心が弱いです。隠していたことがバレそうで怖いです。罰が当たるかもしれないとビクビクしています」と紙に書いてください。書いたら、ビリビリに破って捨ててしまいましょう。

弱さを出すことは、強さです。まりもんさんの弱さを出し切って、池の水面のような強さを身に付けてほしいものです。

{{count}}
有り難し
おきもち


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

心が弱いのではなく成長していると言う言葉をくださり、ありがとうございます。
一歩一歩ゆっくりと歩いて行きたいと思います。
本当にありがとうございました。

弱さを出して強くなる。勇気がいることですが、その勇気を出してみたいと思います。
ありがとうございました。

「弱い心・自分の弱さと向き合う」問答一覧

プライドとは何者か、どう接するべきか。

【導入】  現在、就活をしており内定は一つもありません。今のところ、人生のどん底状態です。  こんな状態の中、ふと「プライドって一体何者なんだ?」と考える機会がありました。 【やや脱線】  スポーツが苦手でイケメンでもなく高身長でもない私が、唯一勝負できる場所は『勉強』しかないと思い、勉強がいつかは役に立つと信じて勉強してきました。しかし、現在の私はどん底を這いつくばるような毎日です。勉強を頑張れたのも「今は辛くても就活の時にきっと何か役に立つはずだ」と希望を抱くことができたからです。とはいえ、世の中は甘くなく、私の努力は努力しても報われない努力だったのです。就活はボロボロです。その現状の責任は、能力不足の私自身にあります。失礼を承知で言いますが「楽に死ねたら今悩んでることも解決するのに」と何度思ったことか。 【本論】  さて、本題についてです。  プライドとは何者なのでしょうか?例えば「プライドを捨てれば楽になる」という場合、プライドはマイナス的な扱いです。しかし、私が中学からコツコツと勉強をし続けてこれたのは他ならぬプライドのおかげです。「せめて勉強だけは皆んなに負けるわけにはいかない」といった具合です。   私は、プライドとは自身が現在までに頑張ってきた物事を対象に作られる、いわばこれまでの自分の過去の価値を肯定する存在だと思うのです。私の場合は勉強ということになりますが、中高浪大と勉強というプライドがあったからこそ、辛い中でもなんとか頑張れたのかもしれません。「プライドを捨てる」ことができれば、確かに楽になるのだと思います。勉強(学歴)のプライドを捨てれば収入とかは低くても就職できる幅はグッと広がり、楽に生きていけるような気がします。しかし、プライドを捨てる行為は一方で「これまで自分の過去の価値を否定すること」なるのではないかと思います。つまり「今まで多くの投資をしてきて得た勉強や学歴は捨てなさい、価値のないものに執着してはならない」と言うことになりかねないのではないかとも思うのです。 【質問】 プライドとは一体何者なのでしょうか?そして私は、自身のプライドにどのように接していけばよいのでしょうか? 内定を勝ち取った方々は、本当に凄いと思います。心から尊敬します。私は弱虫です。それでも私も今の絶望を通じて、家族の有り難みを肌で知ることができました。

有り難し有り難し 13
回答数回答 2

自我

お世話になっております。久しぶりに質問します。 最近、人間の自我の悲しさに思うことがあります。僕が異常なのか、皆そうなのかは分かりません。 僕はよく毛嫌いされることがあります。これはあくまで例の一つですが、ここで二人の自分が出てきます。 一人は、「まあ、この見た目(ちょっと不健康な見た目をしています)だから仕方ないな」と許す自分。 二人目は、「は?なんやねん、こいつ。(酷い時だと殺意が湧く時もあります」と思う自分です。 悪い思考が原因で不幸になることは承知しているので、前向きな思考をするように意識していますが、おそらく本心は二人目の悪魔のような心だと思います。 親鸞は「表面上は賢人の仮面を被っているが、内面はおぞましい心にまみれている(超訳)」という言葉を残していますが、まさにこのような感じです。 優しいのは表面だけで深層では自分勝手な思考ばかりです。 人間はこのような存在なのでしょうか?僕だけですか? このような、人間の自我に対して苦しんでいるわけではありません。ただ、悲しいです。 それに、どう生きていけばいいのか分かりません。正直に生きるとおぞましい心で不幸になるのは目に見えています。賢人の仮面を被って生きると本来の自分を見失うことになると思います。 どのような心構えで生きていけばいいのか、ぜひアドバイスをいただきたいです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

自分の弱さと向き合うこと

今までなんとなく普通を装って生きてこられたので、身の回りの色んな問題から目を反らして生きてきました。 その結果が未婚での妊娠中絶(以前、こちらで相談させて頂きました)です。 私の考えの足りなさ、弱さ、情緒の不安定さ(11週での中絶だったため、妊娠による不安定さもあったかもしれません)によるもので、今までそれらと向き合って来なかったために、一つの命を奪いました。 父以外の身の回りの人もこちらでご相談を聞いて下さったお坊様も応援して下さったのに、です。 そこの理由に周囲への迷惑という言い訳、産まれた子が人生を悲観するという、自分勝手な被害妄想で行ったことです。 だというのに、また機会があれば同じことをしかねない自分がいます。 中絶する際は健康に気をつけ、献血と写経を趣味にしようと考えていたのに、です。 今後私がどういう人生を歩むにしろ、私の弱さ、不安定さ、依存心の強さ、自分も他人も大切に出来ないといった、今まで目を反らしてきたことは改善しないと私も周囲の人々も幸せになれません。 また、中絶へ至った理由が私の弱さであるため、そこを改善することが子の供養になるのではないかと考えています。 今現在、行政によるもの含めて様々な窓口で相談させて頂いており、精神科への受診を始めるところです。 先日も一ヶ所受診してみたのですが、他の病院へ行ってくれ、当院では対応できないと言われてしまい、それにもまたショックを受け、自死が頭を過りました。 来週にもまた別の病院へ行こうかと考えております。 しかし、生来の自分への甘さのため、何か理由をつけて行かない、安易に自死を選ぶということが考えられます。 また、妊娠中から仕事が手につかず、現在も仕事に集中出来ていません。 中絶へ至った理由の一つがまだ身体が軽いのに、仕事が頑張れなければこれから子とやっていけないと思ったのも一つだったというのに、やはり頑張れないのです。 子のため、私のために、どうすればいいか、上記で正しいと思うか、アドバイス頂けないでしょうか。 また、執着心、依存心が異常に強くそれも改善が必要です。 仏教的に、執着心、依存心から離れる考え方についてもお教え頂きたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

欲望や不安との付き合い方

私は現在、ウェブでイラストなどを投稿しています。 幸いなことに、最近たくさんの方から作品への反応をいただくようになりました。 今後は、人に楽しんでもらえるような作品制作に励みたいと思っております。 ただそれに当たって、精神的な面でいくつか不安な点があり、どのような心構えを持つと良いか、ご教示いただけないでしょうか。 ・いつか炎上してしまうのではないか 最近は些細なことでもネット上ですぐ拡散され、袋叩きにされるような事案が多発しており心が重くなります。明日は我が身と感じます。 なるべく絵を描く事に徹するようにして、トラブルを起こさないようには気を付けていますが、不安です。 それは自分自身に後悔や罪悪感を感じている過去がたくさんあるからでもあります。 いつかそれらを掘り起こされて炎上してしまうのではと思ってしまいます。 ・SNSはギャンブルのように感じる。欲に飲まれそうで怖い。 評価依存になるのが怖いです。 TwitterなどのSNSは、拡散力もあり、多くの方の目に留まります。 一方で誰が、何人ぐらいの人が、その絵にどのような反応をしているかなど、視覚的にすぐわかるため、つい絵に対する感想を探して長時間眺めてしまったり、嫌な気持ちになるコメントを見てしまうこともあります。(特に知名度が上がるほどそういったコメントは増えるだろうと不安) また、SNSでの評価はその時の旬や誰が拡散しているかなどで、大きく変わるため、こうした評価に捉われると、自分を見失ってしまいそうで怖い。でも、人の反応はどうしても気になってしまいます。 ・義務感に押しつぶされないか不安 昔精神的な理由で、絵が描けなくなった時期があります。 ふたたび、絵を描けない時期が来たとき、描けない自分はダメな人間だと思いつめてしまいそうで怖いです。 このようなは自分の欲望や不安をうまくコントロールして、活動を続けていくためのアドバイスいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺