hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

報いについて

回答数回答 3
有り難し有り難し 29

ずっと心に気になっていることがあり、お伺いします。よろしくお願いします。28年前に結婚し、マンションに野良猫がよく来ていたので、餌を与えていました。離れているぶんには逃げないのですが、手を出すと逃げていくような関係でした。でもある日、とても雨がひどい日のことでしたが、その猫が具合が悪いのか濡れそぼってやって来て、部屋に入りたがりました。今まではいくらこちらから近寄っていってもさっと逃げて行っていたのに、猫のほうから部屋に入れてと言うように鳴きながらやって来ました。私は長女を妊娠中で、お腹の子への影響を気にして(猫が持っている菌による奇形)可哀想と思いながらも入れてあげませんでした。猫はしばらく鳴いていましたが、どこかへ行ってしまいました。いくらお腹の子への影響が心配とはいえ、ひどいことをしてしまったと、この時のことが心から離れません。思い出すと、心が痛く、自責の念から逃れられません。長女はトラブルメーカーで何かと心配事を次から次へと起こし、実家を離れて一人暮らしをしている妹も姉の愚痴を聞くの嫌だから帰って来たくないと言います。長女がこのようなのは、あの時助けを求めていた猫を見捨てた報いなのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

傘がなければ貸せない

ママさん、はじめまして。

野良猫に餌をあげていたのは28年前のことですね。

あなたは、野良猫がお腹をすかせているのを放っておけなかったのでしょう?
だから餌をあげていたのですよね。

その猫ちゃんからしたら、あなたに恩を感じていたかもしれません。

そんなあなたが、お子さんがお腹にいることを理由に家に入れてあげなかったことを気にしてあられる。

ちょっと考えてみて下さい。

その時の猫ちゃんは、雨の中あなたに、雨宿りという傘を借りに来たのではないですか?

余分な傘があればあなたは貸すでしょう。
でも、お腹にお子さんがいるという理由があった。

ということは、あなたがお子さんのためにさす傘はあっても、猫ちゃんに貸せる余分な傘を持っていなかった。
ということではないですか?

傘がなければ貸すことは出来ません。
それをとがめる人はいないでしょう。

その猫ちゃんも同じです。

決してあなたを恨んでなんかいないと思います。
まして、毎日餌をくれた恩人を恨むような猫ちゃんなら、あなたとご縁を結ばなかったでしょう。

あなたが、そのことを気にしているのは、お子さんのことについて、なにが原因かを探して探して見つからなかったから「もしかして」と思われたのではないですか?

お子さんにそんな因果は訪れません。

お子さんのことは、そのお子さんと、あなたやお子さんの周りの環境が生んだことです。

お子さんはお子さんの目で見て、聞いて、感じて育っていきます。

そこには、きっと他の原因があるはずです。

もう一度、しっかりとお子さんと向き合って見ることをお勧めします。

何かちょっとした行動や言葉で、人の意識は変わるものです。

もう一度注意深く見てあげてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


基本的には親の因果は子に報いません

田舎の男の子であったため、たくさんの小動物を殺すのが遊びの一つでした。だから、文面を拝読していて、正直、身につまされました。得度する決心をするまで魚釣りが楽しみの一つでしたので、たくさんの魚を殺していきました。その他、思い出すのも恐ろしいほどたくさん殺生をした少年時代でした。だから今でも思い出し後悔することが度々あります。私と同じことを痛みに感じておられるのですね。

あなたはとても優しいお人柄だとなのではないでしょうか。あのとき猫を助けてあげなかった、と悔いる気持ちがない人はこうしたお尋ねをなさらないでしょう。冷たい人ならはじめから餌をやることすらしないでしょう。餌をやったという自分に都合のいい面より、冷たい思いをしていたのに助けてやらなかったという自分に都合の悪い面を見るあなたは優しい方だと思います。報いということで申すなら、餌をやった善はよい報いをもたらすはずです。自分を責める方向にばかり目を向ける必要はありません。

それでも、とおっしゃるかもしれません。しかし、仏教は基本的に自業自得です。親の因果が子に報うとも、積善の家に余慶ありとも言いません。ご長女のことと猫のことは直接には関係しません。一人ひとり自業自得が原則です。ついご長女のことと関係づける気持ちになりますが、そうではありません。

そうすると、ご長女が「トラブルメーカー」であるのは、あなたの育て方が悪かったという方向にむかうのでしょうか。それも違うと思います。人には持って生まれた性質がありますし、親子の相性という大きな要素、そして社会環境も関係します。あなた一人が責めを負うのではありません。

最後に、お釈迦さまは過去の業という不可逆的なものに目を向けるのではなく、今をどう生きるかを大事にしなさいと教えられました。過去に過失があるとお考えでしたら、なおのこと今の生き方を大事にしてください。具体的には、まずあなたが近所においでになる信頼できるお坊さんから仏法のお話を聞い人になり、よいとお思いになった後、ご長女もお誘いになることです。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

猫は憑く。(愛着)だから「カワイイ越し」に贔屓してみない。

猫という動物は自然界48のセンターですからあなたの中で贔屓されただけです。
カラスやゴ〇ブリ、ダンゴムシなどのおブスちゃんでも同じように考えていたかどうか?
「ああ、ダンゴムシ可哀想に…雨に濡れて、丸くなっちゃって…オイオイ(泣)」という別視線で平等に考えれば呪縛は解けます。
死語ですが🐈ネコは❝憑く❞のです。姿形、甘い声、カワイイを武器にしているから人に憑りつくのです。あなたは強い意志ではねのけた。憑かれず中に入れずに済んでラッキーです。ツイてる、ツイてる。(^

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

ありがとうございました。なかなか長女とまっすぐに本音から向き合えていないことから、このように考えていたのかもしれません。「反省はしても後悔はするな」とよく言われるように、今を大切にすることが大事なのですね。後ろばかり振り向いてしまう私ですが、努力していきます。

丹下様、ありがとうございました。丹下様のお言葉を参考に娘と接するよう心がけていこうと思います。

「因果応報」問答一覧

因果応報とは本当にありますか?

いつもすみません。ありがとうございます。 好きな人の事でお話してました。散々振り回されて酷い仕打ちをされて嫌な思いをしました。 お坊さんに聞きたいです。 私が思ってる事と使い方が違うのかもしれませんが、因果応報とはあるのでしょうか? 教えて下さい。よろしくお願いします。 今も気持ちが辛くてもがきながら生活してます。普段も思い出すと涙が出るし仕事中も涙が出たりしますが、なんとか仕事は支障なくやれてます。私はなかなか体調良くならないので支援センターの精神福祉士のワーカーさんに話したら引きずる人も居るし人によるからと言われて病院とは言われてません。 趣味の卓球を夜、地域の活動で体育館にやりに行ってます。おじさん達に優しく教えてもらってます。辛さを忘れようとしたり、今年は原付を取ろうかと思い教習所や警察署にわからない事問い合わせしたりして自分なりにやってます。 私は彼の事とても許せなくて実際に因果応報とはあるのかとお坊さんに聞きたくて今回ここに聞いてみたいと思いました。 因果応報ある事を私は信じたいと思ってます。 私は彼やその彼の事を上手く操ってる彼女に対して何かしらバチが当たって欲しいとか辛い思いして欲しいと思ってしまうんです。 私みたいに彼もいつか辛い泣く目にあえばとか思ってしまい良くないんですがそう思ってしまうんです。 私は生きててこれからいい事あるのかと思ってしまいます。本当にまだまだ辛くて心が痛いです。 今居てくれてる、職場の人達、友達、保健師さんやワーカーさん達、卓球してくれてる人達やまわりの人達、大事な母親にとても支えてもらってます。 本当にありがたい、感謝です。 早く元気になりたいです。 聞いて頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

過去のいじめについて

10年程前、中学生の時に、部活の同級生と後輩をいじめてしまいました。 最近たまたま本人たちのSNSを見つけ、当時のことが蘇り、罪悪感に苛まれています。 また、SNSがきっかけで罪悪感を感じたことも、今までは何も感じて来なかったのか?と、自分がとても恥ずかしいです。 私は、大学生になってから因果応報を信じるようになり、自分がした悪い行いや人を傷つけたような出来事は、自分に返ってくると思っています。 その根拠に、私には現在持病があります。大学卒業後すぐに入院し、判明した病気は難病に指定されていて、死ぬまで完治することはなく、一生付き合っていきます。 私は、この病気になったのは、今までの自分の行いが悪かったからだと思っています。もちろんその中に10年前のいじめも含まれます。 因果応報を信じるようになってからは、嘘をつかない、悪口を言わない、と生きてきました。 しかし、当時のことを思い出し、自分はこの人達になんて事をしてしまったんだ、と、抱え切れない罪悪感を感じています。 10年経っていますが、同級生と後輩に手紙を出し、直接謝罪に伺おうかと考えました。 夫には、自分は人をいじめていた最低な過去があると打ち明け、どうすれば償うことができるか相談しました。 夫は、手紙を出すと、相手も当時を思い出して辛い思いをするかもしれないからやめたらどうか。自分が楽になりたいだけでは。と言いました。 これから、まだ過去のことで自分に何か返ってくるなら、それは自分の行いによるものなので、受け止めるつもりでいます。 しかし、現在自分には家族がおり、自分ならまだしも、夫や子供に返ってきたり、また、子供が学校でいじめられたらと思うと、不安でなりません。 人をいじめた自分が、自分の家族になると、いじめられないでくれ、何事もなく幸せに生きてくれ、なんて、虫が良すぎるとも思っています。 もし子供が誰かをいじめるようなことがあれば、必ず自分の経験を話し、いじめをしても得る物は何も無い。残る物は後悔だけ、それも一生、そして自分に返ってくる。と教えることは心に決めています。 これから子供や夫に何かあったら、過去の私の行いのせいだと、自分を責めると思います。 私は、これからどのように生きれば、償うことができるのでしょうか。 また、私の家族に因果応報が及ぶことはあるのでしょうか。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺