hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

報いについて

回答数回答 3
有り難し有り難し 29

ずっと心に気になっていることがあり、お伺いします。よろしくお願いします。28年前に結婚し、マンションに野良猫がよく来ていたので、餌を与えていました。離れているぶんには逃げないのですが、手を出すと逃げていくような関係でした。でもある日、とても雨がひどい日のことでしたが、その猫が具合が悪いのか濡れそぼってやって来て、部屋に入りたがりました。今まではいくらこちらから近寄っていってもさっと逃げて行っていたのに、猫のほうから部屋に入れてと言うように鳴きながらやって来ました。私は長女を妊娠中で、お腹の子への影響を気にして(猫が持っている菌による奇形)可哀想と思いながらも入れてあげませんでした。猫はしばらく鳴いていましたが、どこかへ行ってしまいました。いくらお腹の子への影響が心配とはいえ、ひどいことをしてしまったと、この時のことが心から離れません。思い出すと、心が痛く、自責の念から逃れられません。長女はトラブルメーカーで何かと心配事を次から次へと起こし、実家を離れて一人暮らしをしている妹も姉の愚痴を聞くの嫌だから帰って来たくないと言います。長女がこのようなのは、あの時助けを求めていた猫を見捨てた報いなのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

傘がなければ貸せない

ママさん、はじめまして。

野良猫に餌をあげていたのは28年前のことですね。

あなたは、野良猫がお腹をすかせているのを放っておけなかったのでしょう?
だから餌をあげていたのですよね。

その猫ちゃんからしたら、あなたに恩を感じていたかもしれません。

そんなあなたが、お子さんがお腹にいることを理由に家に入れてあげなかったことを気にしてあられる。

ちょっと考えてみて下さい。

その時の猫ちゃんは、雨の中あなたに、雨宿りという傘を借りに来たのではないですか?

余分な傘があればあなたは貸すでしょう。
でも、お腹にお子さんがいるという理由があった。

ということは、あなたがお子さんのためにさす傘はあっても、猫ちゃんに貸せる余分な傘を持っていなかった。
ということではないですか?

傘がなければ貸すことは出来ません。
それをとがめる人はいないでしょう。

その猫ちゃんも同じです。

決してあなたを恨んでなんかいないと思います。
まして、毎日餌をくれた恩人を恨むような猫ちゃんなら、あなたとご縁を結ばなかったでしょう。

あなたが、そのことを気にしているのは、お子さんのことについて、なにが原因かを探して探して見つからなかったから「もしかして」と思われたのではないですか?

お子さんにそんな因果は訪れません。

お子さんのことは、そのお子さんと、あなたやお子さんの周りの環境が生んだことです。

お子さんはお子さんの目で見て、聞いて、感じて育っていきます。

そこには、きっと他の原因があるはずです。

もう一度、しっかりとお子さんと向き合って見ることをお勧めします。

何かちょっとした行動や言葉で、人の意識は変わるものです。

もう一度注意深く見てあげてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


基本的には親の因果は子に報いません

田舎の男の子であったため、たくさんの小動物を殺すのが遊びの一つでした。だから、文面を拝読していて、正直、身につまされました。得度する決心をするまで魚釣りが楽しみの一つでしたので、たくさんの魚を殺していきました。その他、思い出すのも恐ろしいほどたくさん殺生をした少年時代でした。だから今でも思い出し後悔することが度々あります。私と同じことを痛みに感じておられるのですね。

あなたはとても優しいお人柄だとなのではないでしょうか。あのとき猫を助けてあげなかった、と悔いる気持ちがない人はこうしたお尋ねをなさらないでしょう。冷たい人ならはじめから餌をやることすらしないでしょう。餌をやったという自分に都合のいい面より、冷たい思いをしていたのに助けてやらなかったという自分に都合の悪い面を見るあなたは優しい方だと思います。報いということで申すなら、餌をやった善はよい報いをもたらすはずです。自分を責める方向にばかり目を向ける必要はありません。

それでも、とおっしゃるかもしれません。しかし、仏教は基本的に自業自得です。親の因果が子に報うとも、積善の家に余慶ありとも言いません。ご長女のことと猫のことは直接には関係しません。一人ひとり自業自得が原則です。ついご長女のことと関係づける気持ちになりますが、そうではありません。

そうすると、ご長女が「トラブルメーカー」であるのは、あなたの育て方が悪かったという方向にむかうのでしょうか。それも違うと思います。人には持って生まれた性質がありますし、親子の相性という大きな要素、そして社会環境も関係します。あなた一人が責めを負うのではありません。

最後に、お釈迦さまは過去の業という不可逆的なものに目を向けるのではなく、今をどう生きるかを大事にしなさいと教えられました。過去に過失があるとお考えでしたら、なおのこと今の生き方を大事にしてください。具体的には、まずあなたが近所においでになる信頼できるお坊さんから仏法のお話を聞い人になり、よいとお思いになった後、ご長女もお誘いになることです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

猫は憑く。(愛着)だから「カワイイ越し」に贔屓してみない。

猫という動物は自然界48のセンターですからあなたの中で贔屓されただけです。
カラスやゴ〇ブリ、ダンゴムシなどのおブスちゃんでも同じように考えていたかどうか?
「ああ、ダンゴムシ可哀想に…雨に濡れて、丸くなっちゃって…オイオイ(泣)」という別視線で平等に考えれば呪縛は解けます。
死語ですが🐈ネコは❝憑く❞のです。姿形、甘い声、カワイイを武器にしているから人に憑りつくのです。あなたは強い意志ではねのけた。憑かれず中に入れずに済んでラッキーです。ツイてる、ツイてる。(^

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

ありがとうございました。なかなか長女とまっすぐに本音から向き合えていないことから、このように考えていたのかもしれません。「反省はしても後悔はするな」とよく言われるように、今を大切にすることが大事なのですね。後ろばかり振り向いてしまう私ですが、努力していきます。

丹下様、ありがとうございました。丹下様のお言葉を参考に娘と接するよう心がけていこうと思います。

「因果応報」問答一覧

因果応報とわかっているのに。

初めてご相談させていただきます。 タイトルの通り、因果応報、今まで自分が他人にしてきたことがそのまま自分に返ってきています。(急に手のひらを返したように敵意を向ける、向けられる。) 相手にきちんと謝罪できたこともありますが、できないままの人もいます。 仕方のないこと、いつか自分に返ってくることだと思っていましたが、実際自分がやられてみるとやはり辛いと思った反面、その人に対して何か嫌がらせができないかなど、妄想ではありますがそんなことばかりを考えてしまいます。 自分がされて辛いと感じたにも関わらず、これまでの行いをろくに反省もせず、相手の気持ちも思いやれないくせにこのようなことを考えてしまう自分に心底嫌気がさしています。本当は敵意を向ける行為を続けているのも辛くてたまりません。 今回の出来事を、ずっと改善しなくてはと思いながら見ない振りをしてきた、他人の気持ちを思いやり、深く自分を省みる機会を与えられたのだと思い真剣に向き合いたいと思っています。 本当は直接謝罪するところから始めるのが筋なのでしょうが、叶わない今、謝罪と反省のお祈り(?)をしようと思います。 その他、私の行為に対するお叱りや心の持ち方、行動に踏み出すための一歩など何かしらのお言葉をいただければと思います。 お忙しいところとは思いますが、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 36
回答数回答 2

これって私が悪い事になるんでしょうか?

私はどれくらい地獄に落ちますか?で前々回質問させていただいた内容に付け足しで質問させてください。 前世で私は人に憑りつかれて争おうとしていた神2柱を封印してその神の命令を受けて村人に生き埋めにされてそこでまた誰かに憑りつかれて自分を生き埋めにした村人全員に放火して殺めてしまいました。 まず質問一つ目です、↑この業って私に対する冤罪になるんですかね? もうひとつ、その業の応報という形で今生で以前封印した神のうちの一人である天照大神様の命令でAちゃんという女の子が私を地獄に落とそうとしてきたんですけど、私は前世で一度人を助けていてその糸を掴んだので地獄には堕ちなかったんですけど、別のSさんという子と同一体のまま長年生き地獄を経験しました。 おそらく体感時間にして400年程。 で、以前質問した時のAちゃんの地獄の被害につながるんですが、よくよく考えたらこれってAちゃん自身の自業自得までとはいかなくても因果応報による被害なのでは・・・?と思えてきたんです。 他人の言葉を鵜呑みにして無実の私とSさんを地獄に落とそうと実行して生き地獄に落としたんですから。そういえば黒縄地獄に落ちてた時のAちゃんの腹にSさんの名前が張り付けられてて、Aちゃんは黒縄で焼かれそうになるたびSさんの名前に被害を押し付けようとしては倍増した黒縄の痛みに焼かれていました。 私が全く悪く無いとは言わないかもしれませんが、Sさんは全く無関係の知らない子だったので、AちゃんはそのSさんを生き地獄に落とした罪によって焼かれたのでは・・・誰かに憑りつかれた私がAちゃんを罰の身代わりにして無くても、と思ってしまいます。 補足。私が人にすぐ取りつかれたり誰かの体で過ごしたりしてるのは生まれつき私に自分の体が無いからです。 私はギリシャ神話の神ゼウスと女神メティスの間の中間子です。神力は持ってませんが。 生れてくる直前日本人の一部の人がゼウスの神力を奪いに来て私もその巻き添えを食らう形で体を取られてしまい、意識しかありません。 紆余曲折を経て今に至りますが、誰かの体があてがわれてても、痛みや感覚も私自身ふつうに自分のモノとして感じています。 生き地獄は本当きつかったです。 それで、結局私は本当の地獄にも落ちるんでしょうか?これが2つ目の質問です。 お忙しい中ここまで読んでくださってありがとうございました。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

因果応報なのでしょうか

私は3年前に夫がいるにも関わらず、既婚者の男性と不倫をしておりました。私の妊娠を機にお互いの配偶者に知られる前に別れ、現在は別々の道を歩んでいるところでした。 少し前に人づてに聞いたのですが、彼が奥様と不妊治療の末待望のお子様を授かったようです。しかし、臨月にお腹の中でお子様の心臓が止まってしまい死産をされたというとても悲しいお話でした。 奥様も彼もとても傷ついていると思います。そして、これは私との不倫による因果応報なのでは、と思うようになり、過去の不貞により元々夫と子供に対して罪悪感はありましたが、その話を聞いてから毎日毎日私のせいだ、という罪悪感で頭を支配されています。親が行った悪行は子に返る、と聞いたことがあります。私と関係を持っていなければ彼の子は元気に生まれてきたのではないか、私はなんてことをしてしまったのかと、日々苦しくて仕方ありません。また、私の子供にも何か起きたらと恐怖心が付き纏います。私は今、幸せです。でも幸せになってはいけないのではないかと感じます。もう一生心から笑えることはないのではないかと感じます。こんな母親で、こんな妻でいいのか。奥様の気持ちを考えると死にたくなります。私はこれからどのように生きていけばよいのでしょうか。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

いじめた罪悪感と因果応報

長文失礼します。  私は小学生の頃、いじめをしてしまいました。掃除場所が一緒になった男子生徒で、その子は私と同じクラスでした。(A君と呼ぶことにします)  最初は普通に仲良く話していました。しかし、しばらくして同じ掃除場所の女の子たちがA君をゴミ呼ばわりするようになりました。  わたしはそれに便乗してゴミと呼ぶようになり、挙げ句の果てにA君に丸めた帽子を投げつけました。それも二回も。 A君は当然怒り、私に足払いをかけました。そのため私は転倒し、びっくりしたため、以来彼とは話していません。   その後、私はクラス内で人間関係がうまくいかなくなり、クラス中から露骨に嫌われた態度を取られるようになりました。( 私が配膳したお椀を受け取らなかったり、ふきん係で机を拭こうとしたら拭かれたくもないからいいと言われたり)  中学に入ってからも、特に何もしていないのに悪口を言われたり、気持ち悪いと机を離されたりしました。途中家の都合で転校しましたが、転校先でも悪口を言われました。  高校に入ってから、ようやく悪口と嫌がらせがなくなりました。が、最近過去のことを思い出すようになり、私があの時いじめてしまったから、因果応報で私もいじめを受けたのではないかと考え、後悔でいっぱいの気持ちになります。  受験ストレスもあるせいか、ずっと憂鬱な気分です。あの時謝ればよかったのですが、転校のためもう会う機会はありません。  正直辛いです。どうしたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 45
回答数回答 1

因果応報の手前勝手な解釈が蔓延った理由

結果には原因があり、それは等しく誰にでもあるものですが、巷にはあれだけ悪いことをしたのだから、因果応報であいつは不幸になるよと言う嘘がまかり通っています。 元々自分を高めるための思想であった、因果応報が相手に不幸が訪れることを望むような因果応報に何と言うか劣化しています。 物事すべては原因があって結果がある。 その程度の意味であるはずの因果応報が、いつの間にか善行や悪行と言った、その時代にあった、変化のある価値観に毒されるとこで本来の意味を失っている気がします。 絶対善や絶対悪が無い中、意味のない独りよがりの善行に縛られ、生きることに本来の因果応報はないのではないかと考えています。やったことの責任や、今の状態に対する責任は自分でとれよと言う程度だとの認識です。 悪行を重ねようとも、幸せな人間はたくさんいますし、善行を重ねようが不幸な人間はたくさんいます。結局のところそれが身の丈にあった選択であったかと言うことに尽きます。心の持ちよう一つです。 誰かを助けて食うに困りそれが不幸だと思えば不幸ですし、誰かを騙し、殺し、奪いしてもそれで幸せだと感じる気持ちがあれば、幸せです。 自分を気持ち的に制御するのは自分。 なので因果応報の意味がああ恣意的に解釈されるようになった理由が非常に不思議です。 因果応報で相手が不幸になる的な、本当になんの論理性もない風説が流布された理由をご存知の方がいたら教えてください。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る