hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

得度はたくさん病気を乗り越えるための修行でしょうか?

回答数回答 1
有り難し有り難し 7

高野山のお坊さん悩みを聞いてください。
回答は心の病気もあるので優しくお願いいたします。

私は12年前に宝亀院というお寺で得度をさせてもらいました。
そのとき京都の庵で線維筋痛症という激しいいたみのため知り合ったところで先祖供養をしていて、浄霊をして先祖供養をしているときお大師様から得度をさせてもらえると知り、亡くなった父の祖父が一年に一回高野山参りをしていたので喜んでいるとそのときの先生に教えてもらい得度をしました。

得度して3年は腰の神経がうずき寝たり起きたりの状態でそのときの正月酒に酔った父が「ぶたぶた寝てばっかり、お前の顔みたないから自分の部屋へ行け」と足蹴りに合い死を意識したことも数々の暴言が続いた日々を耐え抜きました。今は嫌味ぐらいになっています。

それからしばらくしてやっと病気も治ったら、卵巣脳腫になりそこで自分で乳がんを発見して検査すると全摘をよぎなくなったものでした。
女性ですから大事な胸がないことは泣き崩れました。
いまでも手術の傷や用事をするとリンパがないので腕がはれたり
しています。
手術前に抗がん剤が足にくるのであまりに辛く励ましてくれたり、助けてくれる家族もそばにいても怒るだけで、手術をして2年間抗がん剤を服用したときもものすごくしんどくそのときは栄養に良い物を食べたりアクエリアスや栄養剤も飲んでいて、自分の起こしたことと、
父の遺伝で糖尿病にもなり、震災の年に橋本病、軽いうつやパニック障害、不安障害は15年通院しています。
後緑内障にもなっています。
これは得度をして病気の辛さを知れとお大師様に修行させられているのでしょうか。
それともこの病気を学んだところに人の病気の辛さがわかりそれが役に立つときがくるからと私は信じて前を向いて歩んでいます。

それと96歳の祖母の世話も母と一緒にしています。
足がよわり編み物しか今は出来ませんが、徘徊や暴れることのない穏やかな優しい慈悲のある祖母に
私は教わることがあります。これはきっとこれから役にたつ宝だなと思って
一緒に祖母と話をしております。

2017年1月21日 20:15

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お父様の改悛を・・

もも様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

以前のご質問も読ませて頂きました・・誠におつらいことでございます。

お父様によるモラハラも・・ご病気のこともおつらいことであるのに、お父様にはもう少し優しさや配慮の心もほしいところでございましたね・・

とにかく、あまり試練だとか、何かの修行だとかと思われずに、ご自身の安心や幸せもお考えを頂けましたらと存じます。

今のままでは、体も心も誠に心配です。無理し過ぎずに、我慢し過ぎずにというのも、なかなか難しいでしょうか・・

拙生は、お父様に何とか改悛して頂いて、もっと家族がより良くに、穏やかに幸せに過ごせるように調えていって頂くことが必要であるのではないだろうかと思っています。

お父様、本当にどうにか頼みますよ・・本当に・・

川口英俊 合掌

2017年1月21日 21:06
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

川口英俊副住職様私の自宅から遠くないところのお寺で縁があるのでしょうね。
ありがたいお言葉ありがとうございます。
父は娘が病気なのが腹立たしいのでしょうね。父の思う娘ではなかったのでしょうね。
そういう娘にはなりたくありませんので私は私ですが、両親はもう少し年をとったら、穏やかになるのでしょうね。また高野山のお坊さんが読んでいたしたらコメント頂けましたらうれしく思います。
川口副住職様やさしい言葉ありがとうございました。

「出家・得度・僧侶になりたい」問答一覧

僧職を続けるかどうかについて

お世話になっております。 私は30代の会社員男性なのですが、 僧職を続けるべきかどうか悩んでおります。 元々仏道に御縁を頂いたのも 義父が地方の小さな寺院の住職を務めており 「棚経とか、休みをつかってやれば謝礼を出すから、得度しませんか?」と 副業感覚でお誘い頂いたので、深く考えず了承したという お恥ずかしい限りのものでございます。 (特に髪の毛に拘りも無かったもので(笑)) その後、棚経だけのつもりが… ・正月の会で、お経と儀式をやらされる(会前日の晩にやる事を聞く) ・本寺の副住職の「住職襲名の式」での役を勝手に受けてくる。  (その役が大変重要な役で、袈裟を3回しか着た事がない上、  お経を知らない者が出来るようなものでないものだった) ・「住職襲名の式」での内容に関しても、式の内容と問答が  書かれた本のコピーを頂くのみだった。  (その後、副住職のお寺での打ち合わせで、作法や動きの面で  知らないことが多い事が発覚、急遽義父に改めてお寺での  練習を依頼する) ・「襲名の式」当日にも知らなかった「やるべき事」がある事が  発覚。youtube等で検索して何とか乗り切る。 ・また私への確認無しに仕事を受けてくる。  (これに関しては「会社の仕事の都合があるから容易に受諾  出来ない」として保留にしています) というような事があり、会社の仕事もある中で 時間・体力の面と、何より義父の『報連相』の無さに 「これは続けるのは無理だ!」と考えているのが現状でございます。 その内、義父が勝手に「住職の修業の予約を入れてきた」などと言ってきそうで恐ろしいです… また、家内も家を空ける事に不満があるようで (お寺が地方の為、大体の場合は日帰りは不可能) 「やらないで欲しい」と言っております。 反面、文化的・歴史的な事が好きで、僧の儀式等に嫌な思いはありません。 「襲名の式」でお世話になった新命和尚様や 同年代の先輩の僧の方々には、大変感謝しており 他所者兼「にわか坊主」の私を仲間として受け入れてくれ、 大きな気持ちで導いて下さった事への恩も感じております。 (本来であれば師匠である義父が行う役割ですが(苦笑)) 「御恩や興味」と「現実」の間でどうするべきか悩んでおります。 また、厳しいご意見でも有難いので、ご助言頂ければ幸いでございます。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る