hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生きること

回答数回答 4
有り難し有り難し 113

私の過去の選択のせいで、たくさんの人に迷惑をかけてしまいました。
そして、一人の人からは恨まれる結果となってしまいました。
あのときの人生の選択のせいで、今でもずっと恨まれて生きるのは辛く、また過去に遡っては後悔の念が消えません。
罪悪感ばかりが年々増していきます。
どうしたらこころがかるくなるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

徳を以って怨みに報ずる

みっきーさん、ご質問ありがとうございます。
お気持ち拝察いたします。
私も、過去に人に怨まれるようなことを行いました。
後悔もしましたし、反省もいたしました。そして、悶々とする日が続きました。

しかし、そういう日々を続けても意味がないことに気が付きました。
経本の中の言葉が、気づかせてくれました。

伝教大師最澄の言葉です。

「怨みを以って怨みに報ぜば、怨み止まず。徳を以って怨みに報ぜば、怨み即ち尽く」

「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」

恨みとは決して消えないものなのか。
恨みとは恨みでしか重ねることは出来ないのか。
恨みとずっと付き合わなければいけないのか。
恨まれていることをしてしまった自分を恨み、負の連鎖になっていないか。

そんな忸怩たる思いの中の明解な言葉でした。
恨みを以って恨みに対峙していては、結局は恨みは止まない。
徳を以って恨みに対峙していけば、恨みは尽きる。

僧侶でよかったと思えた瞬間でした。
そして、その徳の積み方は慈悲の実践だということも同時に
「己を忘れて他を利する、という利他行」である。

ということで伝教大師の言葉が繋がりました。
中々実践に移すことは難しいですが、日々少しずつやっていくことによって
恨みが少しずつ無くなり、徳を積むことが出来るのではないかと思っております。

変えられない過去にしがみついたり
変えられない相手にしがみついたりするのではなく
変えられる恨みへの考え方と
変えられる日々の行動に焦点を当てることで人生も変わってくると思います。

恨みの連鎖ではなく、徳の連鎖を作れることが出来るのも人間だと信じています。
自宗派の宗祖のことばかりになってしまいまして恐縮ですが
みっきーさんだけではないということを感じて頂ければ幸いです。

{{count}}
有り難し
おきもち


天台宗 高龍山明王院普賢寺 住職。 一般大学、アメリカ留学、一般企業を経...
このお坊さんを応援する

生きているということは

みっきーさんへ

どんな人だって、一人では生きていけないから、
大なり小なり、周りに迷惑をかけながら生きているはず。
生きるということは、そういう事ではないでしょうか?

永六輔さんの詩に
『生きているということは
誰かに借りをつくること
生きていくということは
その借りを返してゆくこと
誰かに借りたら誰かに返そう
誰かにそうして貰ったように
誰かにそうしてあげよう

生きていくということは
誰かと手をつなぐこと
つないだ手のぬくもりを
忘れないでいること
めぐり逢い愛しあいやがて別れの日
その時に悔まないように
今日を明日を生きよう

人は一人では生きてゆけない
誰も一人では歩いてゆけない

生きているということは
誰かに借りをつくること
生きていくということは
その借りを返してゆくこと
誰かに借りたら誰かに返そう
誰かにそうして貰ったように
誰かにそうしてあげよう
誰かにそうしてあげよう
誰かにそうしてあげよう 』と、あります。

借りた恩は、誰かにそっと返してあげて下さい。
かけた迷惑は、みっきーさんが誰かに迷惑をかけられた時、すぐに赦してあげて下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち


昭和43年、奈良県葛城市生まれ。子授け寺浄願寺の住職、鷲尾隆仁。 日...
このお坊さんを応援する

繰り返さないこと

私にも考えると悔やまれる過去がたくさんあります。
私の意図とは反対に、人の心を傷つけ恨まれもしました。
私の意図がどうあれ、受け取る側からしてみれば一方通行ですから、言い訳をしても仕方がありません。たぶん今でも恨まれているかも知れません。
今の私の中にも、その念は消えてはいませんが、後悔はしていません。

なぜなら、同じことを二度と繰り返さないことこそが、私なりの償いだと思っているからです。
その過ちに関して、私が自分に対してやったことは、それまであった自分の過ちを反省し、同じような間違いを二度と繰り返さないと心に決めた、ただそれだけです。

その方たちには許してもらえないかも知れません。
でも、その方たちがいたから、私は過ちに気付くことが出来たのです。
恨まれていても、その方たちには感謝しています。

今も、その方たちと時に関わりがありますが、その方たちが常に目の前にいるわけではないのに、そのことばかりを考えていても仕方がありません。
そのことばかりを考えていては自分がいつまで経っても先へ進めません。
逆に、それを踏まえた上で自分が先に進まなければ、それを繰り返さない自分自身つくることも出来ません。

マイナスのイメージは、マイナスの要素を呼び、今以上にマイナスの方向へと引っ張られしまいます。
かといって、無理にプラスをイメージしようとしても無理がありますから、無理してプラスにも考えない。

その時にあったことを真摯に反省して「こうだったから次はこうしよう」「こうならないように気を付けよう」これで良いのだと思います。

目の前にあることを、ただ淡々とこなしていく中で、その時の反省の結果、自分が得られたものを役に立てていく。

これしか今の自分にはできません。
それどころか、今の私にとってその方たちは、私を気付かせてくれた恩人にさえ思えています。

過去を引きずるのではなく、過去を経験した自分が、今を懸命に生きていくことが、もしも誰かの役に立つならば、直接でなくてもあの時こうしてしまった自分自身への償いにはなると信じています。

過去の過ちは過去の自分が起こしたこと、今の自分はもう繰り返さない。

それで良いと思いますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


思い出している時だけ心が重く感じる

仏教では、心は無常(瞬間瞬間に変化する)と考えます。
「どうしたらこころがかるくなるのでしょうか?」
と質問されていますね。
ということは、あなたは、心が重いと感じており、しかも、ずっと重いままでちっとも軽くならない、と感じておられるのでしょうか。
しかし、そんなはずはありません。
心が重くなるのは、重くなるようなことを思い出している時だけです。
今から、酸っぱいレモンか梅干しの味を思い出してみてください。
どうぞ!………はい、ありがとうございます。
酸っぱい食べ物の味を考えている瞬間も、心が重かったでしょうか?
心は、同時にいくつものことをできませんから、別のことをしているときは重くないはずです。
しかし、あなたは、重くなった場面だけをつなげて編集して、重いシーンばかりだと思い込んでいるのです。
質問に対する私の回答は、「別のことを考えたりやってるときは、心が軽くなります」です。
余談ですが、心は、酸っぱい食べ物を念じただけで唾を分泌させるほど、肉体に影響力がありますね。
仏教は心を扱うスポーツみたいな面もあり、おもしろいです。
あなたの「こころ」さんにお伝えください。
「もうだまされないぞ!私はおまえを自在に変化させてみせるぞ!」

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

大変ありがたいお言葉ありがとうございます。

私は、毎日毎日罪悪感に苛まれていて、精神科にも通院していました。
でも、変えられるのは自分ですよね。
時間をかけてでも、少しずつ良くなるようにしたいです。
ちなみに、恨みは逆恨みです。

「生きること・生きるとは」問答一覧

一番大切なものはなにか、生きるとは何か

夏に初産を控えてる者です。 何度か転職をしながら10年ちょっと、正社員で勤めてきました。 現職では3年ほど前から勤めてきましたが、1年前から徐々に上司の当たりが強くなり、パワーハラスメントに該当すること(無視、暴言)をされ続け、毎朝突然涙がでる、何も楽しくなり、難聴や吐気、生理不順等の体調変化もではじめ、 心療内科に通うようになっていました。 こんな思いをしながら働く意味はあるのか…と密かに転職活動を進める中で妊娠が判明しました。 上司へ妊娠したことを伝えると「体調を気づかうことはできない。周りに迷惑をかけることを謝罪と説明しろ」と言われて 精神的な糸が切れた感覚と身の危険、胎児の命に危険を及ぼされるのではないかと危機を覚え退職を決意しました。 退職を申し出てからというもの、上司の態度はなぜか軟化し優しくなりました。 きっと私を辞めさせたかったんだと思います。 本来貰えるはずだった出産に関する手当を棒に振ってまで退職を決意したのにあんまりだという思いが強くなる日々。 今はお金が惜しくて悔しくて、日々鬱々と過ごしています。 旦那の稼ぎも決して高くはありません。 あわせて毎月大きな税金をひかれ、怖くて怖くてしかたありません。 胎児の安全の為、と考えた結果なはずなのですが、私がもっと割り切って我慢して在職を続けることで金銭を受け取り続けたほうが胎児のためになったのかも…といまさら悶々と考え続ける日々です。 こんな思いをするなら消えたい、死にたいと考えることも増えてきました。 後悔なのか未練なのか怒りなのか。 お金への執着なのか。 自分自身での収入が途切れることも人生で初めての経験なので、申し訳なさと不甲斐なさ、恐怖心もあります。 そして胎児への喜びや夫婦生活のことより お金お金お金……自分への不当な扱い……のことばかり考え涙が出たりボロボロ毎日です。一体私は何をしたいのか。何が大切なのか。 気持ちの持っていき方、割り切り方がわかりません。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

生きることについて

はじめまして。 いつも有難いお言葉をたくさん拝見させていただいています。 私はずっと努力をしてきませんでした。 本当に典型的な弱い人間だと思います。 勉強も運動も何も出来ません。人間関係でも気を遣ったり努力することが出来ず、またとても影響を受けやすい部分もあり性格の悪い人が集まった場所で幼少期青春時代過ごしていたため無意識に自分がされて嫌だったことを平気で人にしてしまったり嫌と思うだろうなということをわざとしたり相手の気持ちを考え大切にするということがどういうことなのかわかりません。いつも自分に対して雑な人にばかり気を使い、優しくしてくれた人チャンスをくれた人には失礼な態度をとってしまいました。今は反省しているのですが、色々な人に迷惑をかけ気持ちを踏みにじり罪悪感でもう死んだ方がいいのではないかと思いました。心が酷く汚れてしまって取り返しもつきません。油断すれば常に周りの人に嫉妬し努力もしてないのに自分ばっかりこんな嫌な目に会うのかと不満でいっぱいになってイライラしてしまいます。まだそばにいてくれる人はいますがその人たちにも過去に自分の考えを押し付けたり陰口を言ったり嫌な気分にさせ傷つけました。もう関わらない方が相手のためになるでしょうか。もう何も楽しめる気がしません。楽しいと感じることがわかりません。自分の好きなことやりたいこともわかりません。口を開けば愚痴かネガティブなことしか話せないので申し訳なくて人に会うことももう辞めてしまいました。気力が湧きません。辞めたいと思っていることもなかなか辞められません。ずっと寂しくて仕方がありません。容量が悪く学歴も何の取り柄もない努力できない私はどうやったらダメな自分から変われるでしょうか?まとまらない文章で申し訳ありません。お手隙の際にご回答いただければ幸いです。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

毎日悲しみを感じて生きる人は沢山いますか

毎日悲しみを感じて生きる人は沢山いますか? 当たり前の事ですか? 私は障害者で学問の夢もスポーツの夢も恋愛の夢も叶いません。 経済的自立は奇跡が起こらないと難しく、努力不足というより同じ病気の人なら当たり前のようです。 もちろん家庭を持っても家事育児には体力が足りません。 だから大学受験も就活も婚活もできません。 特にパートナーがいないのが寂しくて悲しくて仕方なく、毎日泣いています。 私のように毎日悲しい人は珍しい事ですか、当たり前にいますか。 若い人は、そんな人はあまりいないのですが、お年寄りなどは、周りがどんどん死にますし、毎日悲しい人もいるでしょうか。 私は希望とは、都合のいい妄想を信じ込む事ではなく、悲しくても現実を生きる暮らしにあるのではないかとこの頃思います。 毎日悲しさを感じる事は異常ですか? 現実を変えようにも、私の努力では、今の医学では、普通は無理なのです。 毎日悲しくても、いいんでしょうか。 自立は無理でも、家でできる仕事があり、それで何か奇跡的にヒットしたら経済的には自立できるかもしれないので、その可能性にかけて仕事はできる範囲でやっています。 ただ、学問の夢、スポーツの夢、恋愛の夢、新しい家族を作る夢は、自分の努力ではコントロールできません。 自分の努力不足でもないのに自分を責めるのはやめようと心がけていますが、失った青春に対する悲しみ、同世代の友達が掴んでいく幸せと自分の違いは生まれつき健康だったかだけで、それを学校の先生からは努力不足と責められてきました。 大人になり、学校の先生は医学的知識が無いという事情があった事に気付きました。 私はずっと先生の言う通り努力不足かと思い、体に鞭打ってきましたが、どうにも治りませんし、医者が言うには当たり前で、精神論で治る訳が無いそうです。 ただ、今まで先生が言うように心さえ成長すれば治るという希望があったのに、それが現実を理解して打ち砕かれました。 だから悲しいのです。 ありえない事を信じるのではなく、現実を見た上で生きるには、毎日悲しい思いが湧いてきても仕方がないように思います。 医学的にあり得ないことを信じていた頃は幸せだったのです。 現実世界を生きるためには毎日の悲しみとどう向き合えばいいでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

真剣に生きるとは

真剣に生きるとはどういうことでしょうか。 私には2歳6ヶ月と1歳の娘2人がいます。子供たちにご飯を食べさせて、洗濯物を干して畳んで、子供たちと遊んで、買い物に行って、家族のお夕飯を作って、子供たちをお風呂に入れて、寝かしつける毎日です。 お掃除は苦手なので、お風呂掃除は夫が毎日していて、掃除機かけはお休みの日に夫がしてくれます。たまに私もやります。 ひとりになる時間はほとんどありません。日中は子育てサロンに行ったり、自分の実家に行ったり、お家の中で遊んだり公園に行ったりしています。 毎日同じように過ごしていて、自分が何のために生きているのかわからなくなりました。 というのも、昨日、夫から「真剣に生きてる?真面目に生きてる?」と聞かれたからです。 その瞬間、自分の存在を否定されたような気がして、涙が出て止まりませんでした。 たしかに、日々努力して何かを頑張ってやったり、目標というものはないです。ですが、毎日必死に子供のことやお家のことをやっているつもりでした。 子供たちにイライラしてしまうことがあって手が出そうになったりすることもあります。毎晩、反省しています。 しかし、やっているつもりで、本当はできていなかったのでしょうか。 私は、自分の時間を犠牲にして子供やお家のことをやっているとは思っていません。家事育児は当然だと思っています。 でも心のどこかで、自分は自分の時間を犠牲にしてるのにと思っているのかもしれません。 夫は仕事で夜21時過ぎに帰ってきて、好きなテレビを観て笑っています。 家庭のために遅くまで仕事をして、収入を得てくれているし、家事もやってくれています。 私は何をしたらいいのでしょうか。真剣に生きるとはどういうことなのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺