hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

生きること

回答数回答 4
有り難し有り難し 87

私の過去の選択のせいで、たくさんの人に迷惑をかけてしまいました。
そして、一人の人からは恨まれる結果となってしまいました。
あのときの人生の選択のせいで、今でもずっと恨まれて生きるのは辛く、また過去に遡っては後悔の念が消えません。
罪悪感ばかりが年々増していきます。
どうしたらこころがかるくなるのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

徳を以って怨みに報ずる

みっきーさん、ご質問ありがとうございます。
お気持ち拝察いたします。
私も、過去に人に怨まれるようなことを行いました。
後悔もしましたし、反省もいたしました。そして、悶々とする日が続きました。

しかし、そういう日々を続けても意味がないことに気が付きました。
経本の中の言葉が、気づかせてくれました。

伝教大師最澄の言葉です。

「怨みを以って怨みに報ぜば、怨み止まず。徳を以って怨みに報ぜば、怨み即ち尽く」

「己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」

恨みとは決して消えないものなのか。
恨みとは恨みでしか重ねることは出来ないのか。
恨みとずっと付き合わなければいけないのか。
恨まれていることをしてしまった自分を恨み、負の連鎖になっていないか。

そんな忸怩たる思いの中の明解な言葉でした。
恨みを以って恨みに対峙していては、結局は恨みは止まない。
徳を以って恨みに対峙していけば、恨みは尽きる。

僧侶でよかったと思えた瞬間でした。
そして、その徳の積み方は慈悲の実践だということも同時に
「己を忘れて他を利する、という利他行」である。

ということで伝教大師の言葉が繋がりました。
中々実践に移すことは難しいですが、日々少しずつやっていくことによって
恨みが少しずつ無くなり、徳を積むことが出来るのではないかと思っております。

変えられない過去にしがみついたり
変えられない相手にしがみついたりするのではなく
変えられる恨みへの考え方と
変えられる日々の行動に焦点を当てることで人生も変わってくると思います。

恨みの連鎖ではなく、徳の連鎖を作れることが出来るのも人間だと信じています。
自宗派の宗祖のことばかりになってしまいまして恐縮ですが
みっきーさんだけではないということを感じて頂ければ幸いです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


比叡山延暦寺 行院にて満行。 天台宗 高龍山明王院普賢寺 僧侶。 一般...

生きているということは

みっきーさんへ

どんな人だって、一人では生きていけないから、
大なり小なり、周りに迷惑をかけながら生きているはず。
生きるということは、そういう事ではないでしょうか?

永六輔さんの詩に
『生きているということは
誰かに借りをつくること
生きていくということは
その借りを返してゆくこと
誰かに借りたら誰かに返そう
誰かにそうして貰ったように
誰かにそうしてあげよう

生きていくということは
誰かと手をつなぐこと
つないだ手のぬくもりを
忘れないでいること
めぐり逢い愛しあいやがて別れの日
その時に悔まないように
今日を明日を生きよう

人は一人では生きてゆけない
誰も一人では歩いてゆけない

生きているということは
誰かに借りをつくること
生きていくということは
その借りを返してゆくこと
誰かに借りたら誰かに返そう
誰かにそうして貰ったように
誰かにそうしてあげよう
誰かにそうしてあげよう
誰かにそうしてあげよう 』と、あります。

借りた恩は、誰かにそっと返してあげて下さい。
かけた迷惑は、みっきーさんが誰かに迷惑をかけられた時、すぐに赦してあげて下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


昭和43年、奈良県葛城市生まれ。子授け寺浄願寺の住職、鷲尾隆仁。 日...

繰り返さないこと

私にも考えると悔やまれる過去がたくさんあります。
私の意図とは反対に、人の心を傷つけ恨まれもしました。
私の意図がどうあれ、受け取る側からしてみれば一方通行ですから、言い訳をしても仕方がありません。たぶん今でも恨まれているかも知れません。
今の私の中にも、その念は消えてはいませんが、後悔はしていません。

なぜなら、同じことを二度と繰り返さないことこそが、私なりの償いだと思っているからです。
その過ちに関して、私が自分に対してやったことは、それまであった自分の過ちを反省し、同じような間違いを二度と繰り返さないと心に決めた、ただそれだけです。

その方たちには許してもらえないかも知れません。
でも、その方たちがいたから、私は過ちに気付くことが出来たのです。
恨まれていても、その方たちには感謝しています。

今も、その方たちと時に関わりがありますが、その方たちが常に目の前にいるわけではないのに、そのことばかりを考えていても仕方がありません。
そのことばかりを考えていては自分がいつまで経っても先へ進めません。
逆に、それを踏まえた上で自分が先に進まなければ、それを繰り返さない自分自身つくることも出来ません。

マイナスのイメージは、マイナスの要素を呼び、今以上にマイナスの方向へと引っ張られしまいます。
かといって、無理にプラスをイメージしようとしても無理がありますから、無理してプラスにも考えない。

その時にあったことを真摯に反省して「こうだったから次はこうしよう」「こうならないように気を付けよう」これで良いのだと思います。

目の前にあることを、ただ淡々とこなしていく中で、その時の反省の結果、自分が得られたものを役に立てていく。

これしか今の自分にはできません。
それどころか、今の私にとってその方たちは、私を気付かせてくれた恩人にさえ思えています。

過去を引きずるのではなく、過去を経験した自分が、今を懸命に生きていくことが、もしも誰かの役に立つならば、直接でなくてもあの時こうしてしまった自分自身への償いにはなると信じています。

過去の過ちは過去の自分が起こしたこと、今の自分はもう繰り返さない。

それで良いと思いますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

思い出している時だけ心が重く感じる

仏教では、心は無常(瞬間瞬間に変化する)と考えます。
「どうしたらこころがかるくなるのでしょうか?」
と質問されていますね。
ということは、あなたは、心が重いと感じており、しかも、ずっと重いままでちっとも軽くならない、と感じておられるのでしょうか。
しかし、そんなはずはありません。
心が重くなるのは、重くなるようなことを思い出している時だけです。
今から、酸っぱいレモンか梅干しの味を思い出してみてください。
どうぞ!………はい、ありがとうございます。
酸っぱい食べ物の味を考えている瞬間も、心が重かったでしょうか?
心は、同時にいくつものことをできませんから、別のことをしているときは重くないはずです。
しかし、あなたは、重くなった場面だけをつなげて編集して、重いシーンばかりだと思い込んでいるのです。
質問に対する私の回答は、「別のことを考えたりやってるときは、心が軽くなります」です。
余談ですが、心は、酸っぱい食べ物を念じただけで唾を分泌させるほど、肉体に影響力がありますね。
仏教は心を扱うスポーツみたいな面もあり、おもしろいです。
あなたの「こころ」さんにお伝えください。
「もうだまされないぞ!私はおまえを自在に変化させてみせるぞ!」

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

大変ありがたいお言葉ありがとうございます。

私は、毎日毎日罪悪感に苛まれていて、精神科にも通院していました。
でも、変えられるのは自分ですよね。
時間をかけてでも、少しずつ良くなるようにしたいです。
ちなみに、恨みは逆恨みです。

「生きること・生きるとは」問答一覧

真剣本気になるという感覚がわかりません。

ご相談させて頂きますハルソラと申します。 40才にして物事に対して真剣本気になるという感覚がわからなくなってしまい、どうしたら本気になれるのでしょうか?というご質問です。 本気になりたい対象は…禅の修行、趣味の格闘技、仕事に対してです。 このように書くとよっぽど自堕落で努力出来ない人なんだな~と思われがちですが、日々座禅をして、書籍で古今東西の思想を学び、格闘技の練習をして、仕事はミスなくきっちりこなしています。 しかしながらそれが「本気なのか?」と自分に問うてみると、どーも本気とは言い難いのです。 かつて20代の時に仕事とトレーニングのし過ぎで心身を病んでしまい復調するまでに3年以上を費やした事がありますが、お釈迦様の「中道を究めなさい(丁度よい加減でやる)」の教えを後に知り、ほどよい加減の努力を意識してきました。 しかし近年においては「適当な努力」を継続して、やった気になっているだけで目指すところに全く届かないのです。 本気になってやろうとしても、それをセーブする怠る気持ちが強く働いて、今のままでは到底話しにならない。という感じです。 何をどうしたら本気になれるのでしょう。お坊さま方は本気についてどのようにお考えでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

どう生きればいいのか

お世話になっております。コロナの影響でご相談が相次いでいる中、申し訳ありません。 僕は以前の相談でも書かせていただいたことがあるのですが、外見的な特徴(髪、肌、体型などいかにも不健康な容姿)をしています。おそらくhspでの過剰なストレスが原因です。これは非常に大切なことですが、「治そうと思っても治せません」。性質ですから。これらの理由から人から見下されたり、バカにされたりすることが毎日のようにあります。中2までは全く気になっていませんでした。中3になったある日、大人の女性からいかにも気持ち悪いものを見た時のような顔をされました。おそらく、ストレスによる酷い肌荒れです。それから人の視線を気にするようになり、やはり前述した女性のような顔をする人や目で追われたりしました。(ここでよく言われるのは、「お前が見ているから見返してくるのでは?」という疑問ですが、視線を感じた後で見ているので違います。) いずれ、これらの出来事によって人間不信になりました。大人からは鼻で笑われることもあり、とてもショックでした。大人の本性を見極めてしまったのです。人生を生きていく上では人間関係からは逃れられない。しかし、僕は人間不信です。僕の居場所など何処にあると言うのでしょうか?親さえも信じられない。たまたま縁によって僕という子供の親になったわけですから、愛情を注いでくれるのでしょうが、立場が変わればどうなります?きっと周りの大人達のように僕を見下すことでしょう。 友人も信じられませんし、いつ嫌われるかびくびくしながら毎日を過ごしています。普通は信頼関係を築けるのが本当の友人だと思いますが、人間不信だとそうはいきません。学校で安心して暮らせるために、友人関係を作ってしまっています。 もちろん本当の友人は欲しい。しかし、人間を信じるのがとても怖ろしい。おそらく、傷付きたくないのでしょう。これまで散々傷付けられ、なぜこれ以上傷付けられなければいけないのか...。「どうせまたバカにされる」と諦めムードです。 このような現実を引き受けた後、僕にはなにが出来ますか?どうかアドバイスをお願い致します。 あらかじめ書いておきますが、当然ですが僕の人生はお坊さんの人生とは違います。どうか上記の(hspの身で生まれ、不健康な人間に育ち、人間不信に陥った人生)を想像しながらアドバイスをお願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

働き、生きるということの考え方

元々会社員として働いていました。 その会社は人の悪口は日常茶飯事、ある事ない事噂をして、人が人の足を引っ張るという環境でした。 精神的に打たれ弱いのと、人の目を異常に気にしてしまう性格であったのでそのような環境に耐えきれず、1年前に退職をしました。 その後すぐに転職をしましたが、精神的に参っていた状況でしたので数ヶ月で退職するといった事を数回繰り返す結果になってしまいました。 そのような経歴で特にスキルも無く、年齢的にも若くないのでもう仕事には就けないのではないかと焦りを感じていました。 そして1年前に辞めた会社の良く世話をしてくれた先輩が私の状況を見かねて戻ってこいと言われ、入社試験を受け、合格をいただきました。 合格をもらった時は行くかどうかかなり悩みましたが、勤務開始まで期間が空くので心の休養にもなるし、仕事に就いて生きていかなければという藁にもすがる思いでしたので行くという返事をしました。 しかしながら私が戻るという事に対して非難が続出しているという話を聞きました。また私が辞めた事で迷惑をかけた人達もいるのでその恨みもかっているらしいです。 また妻もその職場で働いているので非難の対象となるかもしれないという話もされました。 良くしてくれた仲間がいる事は事実であり、戻ってきてほしいと言ってくれた人は1人や2人ではありません。非常にありがたいのですが、元いた会社に出戻るという判断が正しかったのか自問自答を繰り返し、夜も眠れず、何もやる気が出ない日々が続いております。 このまま消えてしまいたい、自分が居なくなれば良いのかとも常々考えてしまいます。 心療内科に通院して心の休まる薬を処方してもらいましたがそれでも不安が勝ってしまいます。 この様な状況になってしまった私にどうかご助言をいただけないでしょうか? 長文になり申し訳ございません。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1

働く、生きる姿勢について教えてください

先日、自他に厳しすぎると言われることについて相談させていただいた者です。 あれから、自分の振る舞いに気をつけようと意識しています。(冬休みで実践の機会がまだありませんが) その内容と少し関わることについて、ご相談させてください。 私はかつて、仕事を時給で計算し、給料分の仕事しかしないと、手を抜いて働いていた時期がありました。 そういう働き方が嫌になり、今の仕事をメインにしてから、小さくても自分に回ってきた仕事は断らず、丁寧にやるようにしてきました。 その頃に仏教の教えに出会って、今はこれを人生の指針にしていこうと思っています。 中には、名前が大きく出ない仕事は手を抜いたり他人に押し付けたりして、華やかに名を売り、出世している人もいます。 でも私の幸せはそういうことにはないんだと、たとえ出世しても中身が伴わなければ自分は納得できないんだと思って、気にしないようにしてきました。 幸い私の仕事ぶりが少しずつ評価していただけるようになり、同業者で最も活躍し、ずっと敬愛してきた方と、親しくお付き合いさせていただくようになりました。 その方からも、仕事ぶりが誠実で丁寧だと、とても褒めていただけています。 でも同時に、もっと手を抜いて良い、仕事を断らない人には仕事を回しづらいとも言われ、よく知るうちにその方もずるい面があると分かり、私のためを思って忠告してくれているのかも知れないのですが、どうすべきかわからなくなりました。 今でも多くの面で尊敬していますし、その方に評価していただけるのが嬉しくて、今日まで頑張ってきました。 でも、これは自燈明ということに反するのでは、とも思うようになりました。 今でも、上手に立ち回って良いポジションを手に入れている人を見ると、不器用で、世間では負け組と言われる境遇の自分と比べてしまい、心が揺らぐことがあります。 その度に禅の言葉を読んで気持ちを沈めています。 私がただ迷っているだけでしょうか。 もしそうなら、喝を入れていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 26
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る