皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

未来を透視してもらいましたが…

とある縁で未来を透視してもらいました。(お金は一切発生していません)
私の為にと、はっきりとは明言しませんでしたが、私は旦那と我が子を亡くしてしまうようです。
時期を聞きましたが、変えてはいけない未来(天命)もあるそうで、これ以上詳しくは言えない(伝えない方が良い)ようでした。
私が安易に聞いたのが悪かったのは十分分かっています。
ですが、毎日毎日(もしかして今日かな?)とビクビクしてしまっています。
まるで、死刑執行を待つ気分です。

透視の方に、毎日を後悔のないように生きるようアドバイスをいただきましたが、こう過ごすのは今の精神状態ではとても難しいのですが、どうすれば恐れず穏やかに暮らせるでしょうか?

どうか、愚かな私に穏やかに暮らせる知恵をいただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

運命・見えない力
有り難し 45
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

Kill time

なるほど透視ですか…まあ金銭云々はおいといて、内容によって精神的に負担を感じてしまうことはよくお分かりになったでしょうから、今後はそういったものは避けるべきではないでしょうか。

さて、「ある意味で」ですがその透視は当たっています。

私たちはもれなく皆、遅かれ早かれ手にしたものも、愛する人も全て失います。

それは「私の死」によってです。「私の死」は変えられない未来(天命)です。先立たれる場合も、先立つ場合も、順序の違いはあれ人は独りで死んでいくのです。

ところで、英語で「暇つぶし」は「Kill time」というそうです。私たちは生まれた瞬間から死にむかって時間を消費し続けています。
「暇つぶし」とまで言えなくとも、毎日をいつ来るかわからない未来に怯えオドオド・ビクビク過ごしてしまうのであればそれはある意味で「時間の大量殺人」です。

透視で言われた内容は、不安を駆られるような表現だったのかもしれませんが、ある意味では普遍的な内容です。
そもそも私が「私の死」という問題と向き合わなければならなかったのだと気づかされたご縁として、「生死」の問題に応える仏法との出会いへ繋げてはいかがでしょうか。

透視の内容は誰にでも言えることだとして問題を棚上げし、なかったことにするのでなく、いよいよ「死」と向き合い、目の前の愛する人と過ごす「今」という地にしっかりと足をつけて生きるご縁としましょう。

時間は刻々と進んでいきます。「今」を生きずしていつを生きるのでしょう。ご主人とお子様と共に生きることができる時は「いつ」でしょう。

どうぞ日暮らしを大切に

回答僧

鳳林寺

光禪

タダより高いものはない

こんにちは。

 わざわざタダで未来を見て、不安をあおる、なんて、ちょっとアヤシイです。洗脳かもしれません。悪徳商法の入り口にありがちなきっかけです。
 今回はタダでしたが、次に会ったとき、「未来を変えるにはこのグッズを」などと高額なものを勧められるかもしれません。

 未来は誰にもわかりません。有名な予言者ノストラダムスでさえ、予言を外しました。
 何かオカネが絡んでいるとみて良いでしょう。過剰に反応し不安にならないように。


質問者からの有り難し - お礼

こんな事誰にも言えず、みえないものに1人怯えていましたが、ここで話せて自分以外の意見が聞けて本当に良かったです。
「死」と向き合う努力、家族と今日を生きる努力をしてみます。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ