hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

開眼供養について。

回答数回答 3
有り難し有り難し 31

初めまして。

私の干支の守り本尊である虚空蔵菩薩様に魂を入れて頂きお祀りしようと考えております。

家には仏壇があり浄土真宗なのですが、他のお寺で魂を入れて頂く事は可能なのでしょうか?

また、魂を入れて頂く場合に虚空蔵菩薩様が祀られていないお寺で開眼供養して頂いても大丈夫なのでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。

2015年7月23日 8:45

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

阿弥陀如来だけでは不十分なのでしょうか

浄土真宗の立場で申し上げれば、質問者のたいちょさんにとっては、浄土真宗の御本尊である阿弥陀如来だけでは不十分ということなのでしょうか。浄土真宗は別名一向宗とも呼ばれた宗派です。一向とは阿弥陀如来という一仏だけに向かうということです。つまり、浄土真宗は基本的に多仏信仰ではありません。本当に阿弥陀如来以外の仏様も自分には必要かどうかを考えていただければと思います。

2015年7月23日 12:52
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

菩提寺さんがお勧めです。

いらぬトラブルを避けるためには、菩提寺さんにご相談なさった方が良いでしょう。

浄土真宗の中にも虚空蔵菩薩をお祀りするお寺があるようですから、菩提寺にご相談なされば、開眼供養は受けて下さるかもしれません。

宗派にもよりますが、虚空蔵菩薩でしたら、他宗はどこのお寺さんでも開眼供養はして下さると思います。

発起してお祀りなさるのですから、途中で粗末にならぬよう、くれぐれも大切にお祀りして差し上げて下さいね。

-おわび-

上記の答えに当初、

「菩提寺にご相談なされば、開眼供養は受けて下さるでしょう。」

と書かせていただきましたが、亀山和尚様が書かれているように、浄土真宗は一仏信仰ですから、虚空蔵菩薩自体を受け付けて下さらない可能性もあるのですよね。

よくよく考えず、安易な答え方をしてしまいました。
反省して訂正しお詫び申し上げます。

申し訳ありません。

都合、上記箇所と、若干の訂正をさせていただきましたので、重ねてお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

2015年7月23日 11:46
{{count}}
有り難し
おきもち

日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

たいちょうさん初めまして
四国の讃岐と申します。
開眼供養の件ですが、まずは菩提寺様に相談されるのがよいと思います。
しかし、相談しにくいようならば他のお寺でもいいと思います。
虚空蔵菩薩様を御奉安されてないお寺でも開眼供養を執り行ってもらうことは可能だと思います。
仏教の教義とは関係ないのですが、1つ気を付けた方が良いと思うことがあります。それは菩提寺様以外で開眼供養を受けた場合にはお仏壇に御安置するのではなくご自身の部屋等にお祀りすることをお勧めします。
菩提寺のお坊さんが仏壇を見た時に知らない仏さんがお祀りしてあると、要らぬトラブルの原因になることもありますので一言添えさせていただきます。
信仰を持って仏様に手を合わせて祈ることはとても大切なことです。
たいちょうさんの心の平穏とご多幸を祈念いたします。
回答が不十分なことお許しください。

2015年7月23日 11:18
{{count}}
有り難し
おきもち

私は日蓮宗 今治 寺町法華寺の住職をしております讃岐英昌(サヌキ エイショ...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

お祀りするのはもちろん仏壇ではなく、別の部屋になります。

色々問題がありそうですね。

浄土真宗について補足ですが。
私が小さい時に両親が亡くなって近くのお寺(浄土真宗)で供養して頂いての縁なので、
檀家ではありますが信心は浅い方です。
決して浄土真宗が合わないということではなく、仏教、神道と広く信仰していきたい為お祀りしようと考えたまでです。
神棚も飾ってますし、浄土真宗の本質から外れるかもしれませんが生涯掛けて大切にしようと思っている次第で御座いますので、何卒御理解頂きましたらと思います。

「供養全般」問答一覧

初盆の前にトラブル

父の逝去に際には、お坊様方に大変お世話になりました。 8月になり初盆を迎えることになりました。 ここで、ちょっとしたトラブルが起きましたのでまたご相談をさせていただきたく書き込ませていただきます。 実は父の逝去から通夜・告別式・49日の法要を通して妹夫婦との間に諍いが起きました。発端は父が逝去した日に断りを入れたとはいえ妹が父の元を離れ、家に帰宅した事に端を発します。通夜告別式でも自分は嫁いだ者であるからと弔問に来てくださった方々にろくな挨拶もしませんでした。私は喪主である母を支える役目に徹していたため気にはしませんでしたが、父の妹である叔母が49日の日に妹夫婦の対応に業を煮やし意見をしました。 その結果、自分たちと私たちの周りとでは価値観が絶対的に違うのだとの理由から、私たち親族とは一切かかわりあいたくないと言ってきました。母が病気になろうと死のうと一切連絡をしてくれるなとまで言うのです。 父の初盆を迎えるにあたり、お参りくださる方々に対する対応は私と母で行うと決めていたのですが、私が体調不良のため妹に対応を依頼するしかないと電話をしたところ、私たち家族はそれぞれに予定が詰まっている。それに縁を切ったのだから父の仏前にもお参りはしないと言われました。 価値観の違いと父の供養は違うだろうと言うと、私は父の仏前にお参りするという方法ではなく、自分の方法で父を供養する。あなた(私)が父を供養するよりも私の供養の方が何倍も父が喜ぶだろうと言うのです。 父の初盆会は自宅で行うのですが、私は私なりにひと月前からこつこつと準備をしお客様に失礼のないようにとの思いでいるのに、そのようなことを言われて本当に落ち込んでいます。 このままは初盆会事態を取りやめてしまおうか。 怒りのあまりにそんな思いがよぎったことも確かですが、お忙しい中を時間を割いていただく菩提寺の住職をはじめお参りした頂く皆様の気持ちを考えればそうもいきません。 ただ、心の中に芽生えた怒りや落胆、困惑をお盆を迎える前に収めるにはどうしたらよいのだろうかと思い、ここに書き込みをさせていただきました。やっぱり妹夫婦の意見が正しくて私の方がおかしいんですかね?

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る