hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

ペットの死についての深い後悔

回答数回答 2
有り難し有り難し 199

先週愛犬が亡くなりました。13歳でした。留守にしている間の出来事です。主人が看取りました。
私達が出掛けるとき、元気に鳴いてはいたのですが、数日前から体調を悪くしていたのも事実です。

ちょうど4年前に新しい家に引っ越してきて、旧宅時代は玄関で飼っていたですが、新しい家で室内で飼う選択を出来ず、ガレージの中のケージで飼っていました。
旧宅時代は玄関の中で誰かが帰ってくる毎に声をかけたり撫でたりしたのですが、引っ越してからは、ガレージで、自由もきかず、可愛がっていたお兄ちゃん達も独り暮らしを始めて、色々なストレスがあったのかなと。3年前から痩せ始めました。
でも、とても元気がよかったし、散歩も必ず毎日行ったし、食欲も旺盛だったし、高齢にもなっていたので、最近は動物病院にも相談していませんでした。

先々週から体調を崩していたのですが、動物病院にはかかりませんでした。

後悔です。誰からも愛される見た目もかわいい愛犬でした。
なぜもっと撫でたり遊んであげなかったのか、もっと自由にさせてあげなかったのか、私のことが大好きだったのに構ってあげなかったのか。動物病院に連れていかなかったのか。死ぬときも一人で行かせちゃったし。主人は愛犬を好きではありませんでした。
引っ越してからは、人間が快適な生活になったのに、広い家で愛犬は狭くつまらない自由もない生活をさせてしまい、後悔で一杯です。

何を見ても愛犬を思い出し、涙し、夜は眠れません。可哀想なことをしたな、寂しい思いも痛い思いも苦しい思いもさせたなと。
私に出来ることをしてあげてなかったなと。
そう思いながらも、この辛く苦しく深い悲しみからから抜け出したいと思ってしまいます。
子供にも冷たく当たってしまっています。いけないとはわかっていても。
時間が過ぎて解決してくれるまで待つしかないのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

動物は今のあり様をそのままに受け入れる

ふたばさま

愛犬が亡くなったとのこと。悲しいでしょう。
ペットも家族の一員として考えられるようになった時代です。とてもペットを大切に育てている方が多くいます。ペットは人と話すことができないために、人は、ペットの気持ちを想像して
「こうしたら喜ぶかな」
「こうしたらいけないかな」
「何でこんなことをするのだろう」
と思いを巡らせます。

ただ寝ている姿を見ているだけでも、
「ああ、今日は外を元気よく走ったから疲れたのね」なんて決めつけます。
本当の気持ちは犬にしか分かりませんが、犬は、過去を後悔して悩んだり、将来を心配して生きてはいないと思います。今を、そのままに生きています。

ですから、ふたばさまの愛犬も、「もっとかまってほしかった。」とか
「さみしかった」なんて思いはなかったと思いますよ。

いま、ふたばさんが思っている愛犬の気持ちは、すべてふたばさんの気持ちです。
ふたばさんの想像です。
大丈夫ですよ。ふたばさんの愛情をかけて撫でてあげた時は、そのように愛犬は喜んでいたでしょう。きちんと愛情を受けて後悔の無い人生を送っているはずです。

ふたばさんも安心してください。考えの世界は無限に広がります。しかしそれは、想像の世界。嘘の世界。本当のことではありません。大丈夫です。

すべて、あなたの考えの中の後悔であります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


ペットを仏様として拝む

ペットは家族と同等か、またはそれ以上の存在ですね。日本ではじめてホスピスをおつくりになった柏木哲夫先生の講演を拝聴していますと、家族はターミナル期の患者さんを苦しめることもあるが、ペットはもう掛け値なしに患者さんを救います、等とおっしゃっています。

私は以前、犬が息を引き取ったからお参りに来てほしい、と依頼を受け、なんで犬なんかのためにとお思ってしぶしぶお参りに伺ったことがありました。しかしただの一回で完全に自分の考えが間違っていることを知りました。ですから、お尋ねの文章を拝読していて、お気持ちが分かるような気がしますし、気に病んでおられるのが当然であるようにも思います。

拝読しているとき、同時に、「愛犬リー」という小学四年生(当時)の女の子が書いた作文のことを思い出していました。長崎の学校の先生で仏教信者だった竹下哲さんという方がNHKのラジオのなかで紹介された作品でした。著作権等がどうなのか分かりませんが、少し引用してみましょう。

「私は、リーが死んでからやっと気付いた。リーは私に、『お念仏をしなさい』と教えてくれた。本当は仏さまなんだ。リーは自分の体を犠牲にしてまで教えてくれた。そのためにも、リーの死を無駄にしないためにも、お念仏でリーを思い出し、リーに篤く感謝しなければならない。私は今になってこう思う。リーはきっと死ぬときに私を求めたに違いない。リー、本当に済まなかった。私はお念仏でリーとまた会いたい。リー、また親さまのもとで会おうね。さらば、リーよ」

ペットとの楽しい日々から、また老いて死んでいったなかから、この子はたくさんのものを教えられたのでしょう。そのことからペットを仏様として拝む気持ちが生まれてきたようです。

今まで、あなたと仏教など宗教との関わりがどのようなものであったか分かりませんが、大切なペットの死を機会に、仏様の教えに触れてみられては如何でしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

心優しいコメント本当にありがとうございました。新居での生活から亡くなるまで、悔いの残る過ごし方をしてしまいましたが、愛犬が今の有り様をそのままに生きているとのお言葉に救われました。大丈夫ですと言うお言葉も。

私の後悔は心から消えることはないのですが、今後は悔やんでばかりいないで、今自宅にあるお骨をきちんと納骨し、愛犬の冥福を祈り続けたいと思います。仏様の教えにも心を寄せていきたいと思います。
亡くなってから1週間ちょっと、悲しみ悩み悔やみ寂しさから眠れぬ夜を過ごしていますが、心配している家族のためにも頑張ります。そして、愛犬を子犬時代から可愛がっていたお兄ちゃん達のためにも、今後は家族に対して悔いの残らないような行動をしていくように努力します。

早々に思いやりに溢れたお言葉、心から感謝いたします。

「ペット・大切なものの死」問答一覧

愛犬の死について

愛犬の死の受け止め方を教えてください。 昨日10年7ヶ月一緒に暮らしていた愛犬のポメラニアンが旅立ちました。 数日前から元気が無く、食欲もない状態で心配になり動物病院へ行ったところ、血液検査はできず皮下点滴のみで帰りました。 帰ってからも脱力で横になっており、日付が変わる4日の2時頃腕の中で息を引き取りました。 1年前に血液検査で腎臓の数値が少し高いと言われ、その後経過観察でしたが、体重減少に気づかず、おそらく進行していたのだと思います。 どうして頻繁に病院へ連れて行かなかったのかと、自分を責めております。 それ以上に、愛犬との生活では私の出産、育児に追われている中で少なからずスキンシップが減ってしまい、寂しさからのストレスもあって、弱ってしまったのかなとも思います。 出産前は、国内旅行に連れて色んな景色を見せてあげたり、家で過ごす時には膝の上に置いてあげてました。環境の変化に戸惑いがあったと思います。 亡くなる少し前から、寂しそうにクッションに寝ていた姿が忘れられません。 闘病することもなく本当に飼い主孝行の愛犬で、最後看取ることができましたが、気遣いすぎる愛犬は本当に幸せだったのでしょうか。 教えてください。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

飼っていた猫への後悔の気持ち

はじめまして。 今、後悔してもしきれない、飼い猫に対して、本当に申し訳ないと思う、絶望的な気持ちの中にいます。 昨日飼い猫が亡くなりました。 夫と知り合った時から夫が飼っていた、元野良猫でした。 今まで猫は飼ったことがなかったのですが元々猫が好きで、夫と結婚してからも、主に私がお世話をし、とても可愛がっていました。 猫と出会って3年程経ち、子どもが産まれました。 産まれてから半年は猫と子どもを離した方がいい、と知って、衛生面や抜け毛など細かいことが気になり、強迫性障害を発症し、その当時は猫に対する罪悪感と産後の精神不安で随分悩みました。 とりあえず、赤ちゃんの部屋を作り、そこに入れないということで落ち着いたのですが、その後も衛生面の不安をどうしても打破することが出来ず、それから死んでしまうまで、子どもが産まれる以前のような、どのお部屋も自由に歩き回れたり、一緒に寝たりということが出来ませんでした。 死んでしまった恐らくの原因も、私がもっと猫のことをよく見て病院に連れていっていれば、その病気で死ぬことはなかったのではないか、と思えてなりません。 昨日の朝も、体調が急変してもう長くはないことが分かりながらも、夫に託して仕事にいきました。 今までの猫への仕打ちは勿論のこと、長くないことが分かっていながら、その最期の時でさえ、どうして抱っこしていてあげなかったのか。 到底許してもらえないことをして、今までごめんねと。せめて最期だけは、何も気にせず昔のように抱っこして、看取ってあげればよかった。 今までのことも、死ぬ瞬間の時のことも、死んでしまった後からでは何もかも遅すぎるし自業自得なのですが、死んでしまってから、昔の思い出や死の瞬間の対応の後悔で涙が止まりません。 いつもぴったりくっついて、後を付いてきて、自ら抱っこをせがむような、とてもいい子だったのに…本当にごめんなさい。 明後日火葬をします。それまで猫に出来ることはありますか?また見送った後も、この子がお空で幸せになれるために私に出来ることはありますか? 厳しいご意見でもお叱りでも頂ければ有難いです。どうぞ宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

猫の死

2ヶ月前にボロボロの猫を保護しました。毎朝同じ場所に現れこちらを見ていました。長くないかもしれないと思い、最後を看取るつもりで保護しました。 病院につれていったところ、かなり年寄りで栄養失調ではあるが特に重篤な病気はみつからなかったので、しばらく一緒に生きていけると嬉しくなり、病院に入院させ、退院後も検査と経過観察の為に通っていました。去勢済みだったので捨てられたんじゃないかと言われました。それなら余生はこれから私とゆっくり過ごしていけばいいと思っていました。しかし、つい昨日までは元気だったのに次の日亡くなってしまったんです。2ヶ月しか一緒にいられませんでした。体重も増えてこのままゆっくり良くなっていくと思っていたので言葉では表せない程のショックです。私が病院に通ってストレスを与えてしまったからなのか?あのまま外で過ごしていた方が幸せだったのか? 保護したのは私のエゴだったのか? 正解は無いと思いますが、あの子に申し訳ないのです。捨てられたのかもしれないのに人が好きな様でゴロゴロ懐いてくるかわいい子でした。 私が余計なことをしなければあの子はもっと生きていられたのかもしれないと罪悪感があります。自分のエゴであの子の命の期間を縮めてしまった気がして心の整理がつきません。何かお言葉を頂きたく相談しました。

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

ペットロスから抜け出せません。

14年を共に過ごした愛犬が1ヶ月半の闘病ののち天国へ渡りました。 あれから4ヶ月になろうとしていますが、未だ、悲しみと寂しさが消えません。 毎日泣いています。号泣してしまいます。 愛犬がいないことに絶望しています。 必要な外出以外は自宅に引きこもっています。外出しても泣いてしまう恐れから公共の場に出るのが怖いです。 自宅を出てからの景色に触れるのも、愛犬と過ごした日々が蘇り辛いです。 亡くなった当時より更に寂しさが増しています。 愛犬を看取れたことは良かった、今はもう苦しくない天国に居ること、大往生出来たこと、頭の中では理解しても感情が全く追いついて行きません。 うつ病になっていると思います。今日も体がだるく寝てばかりいました。 朝起きた時の絶望感、夜眠る時も隣に居ないことの絶望感、もう使ってもらえることのないあの子のあらゆる物や場所、人生で最大級の寂しさ、絶望感と共にかろうじて生きています。 私が引きこもりとうつ病から抜け出せる日は一体来るのでしょうか。 心療内科にも行きましたが薬が合わず、かえって症状が悪化したのでやめました。 この悲しみと寂しさを感じなくなる日は来るのでしょうか。 どうぞ、宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

猫につらい思いをさせ後悔が尽きません

猫につらい思いをさせたまま旅立たせてしまいました。 私が早く死なせてしまったと思っています。 子どもが生まれるまで大好きだった猫を、子どもが生まれてからは衛生面と子どものけがを心配し、邪魔者扱いしました。 子どもの世話で忙しいのを理由に、遊んでほしそうでも猫を無視しました。 あるとき、私が猫に噛まれ、病院へ通うことになりました。 それ以降、元々の猫の飼い主である夫にも怒りをぶつけ、 猫を一室に閉じ込め、私が猫と顔を合わせることはなくなりました。 それからちょうど1ヶ月後、以前から体調を崩していた猫は、 ご飯も水も取らなくなり、立てなくなり、死んでしまいました。 私は夫に、猫をどこかに引き取ってもらえないのならケージで飼ってくれと言い、 猫を入れるケージを買わせました。 夫は私に何も言わず、弱っていく猫の世話をずっとしていました。 夫が猫のことを話題にするのも嫌がりました。 私は休みの日でも子どもの世話をせず、猫のそばにいる夫に冷たくしました。 たった一度、猫を閉じ込めた部屋のドアを開けたら、猫が私に近づいてこようとし、私はすぐにドアを閉めました。その前後から猫は容体が悪くなり、3、4日後に亡くなったのです。 猫が亡くなった今も、夫は私を責めません。 猫は全部分かっていた、自分も猫の死を覚悟していたと言います。 私は猫を閉じこめ、夫にすべてを押しつけ、子どもだけをかわいがり、噛まれた傷が痛まなくなってからは同じ家にいるのに猫のことなど忘れていました。 弱っていく猫の部屋の隣で、笑って過ごしていました。 自分が鬼だったと思います。 けれど昔の写真を見ると、猫となかよくなりたくて、気を引きたくて、 猫が一番だった日々がありました。 最後に憎んだ猫を、今は影でもいいからどこかにいないかと探して涙が出ます。 もうどんなに悔いてもどうしようもないのだと、絶望的な気持ちでいます。 生きている間、噛んだことはもういいよ、私もひどいことをしてごめんなさいと 言ってあげたらよかった。 撫でてあげたらよかった。名前を呼んであげたらよかった。もう何も叶いません。 自分を責めて生きていくしかないと思っています。 どうしたらいいか分からずただ書いてしまいました。 厳しいことでも構いません、楽になりたいとも思いません。 ただ何か一言いただけたらと思います。

有り難し有り難し 48
回答数回答 3

猫の形の仏像

こんにちは、凡斎です。 以前少し話しましたが、私は部屋の一角に「お祈りコーナー」を作りそこに香炉や燭台等を置いて毎日祈願供養をしているのですが、仏像がないので、パッと見ると「壁に向かってお経を読んでいる」という状況です。 なにか落ち着かないなぁ、と今回仏像を買おうかと考えて、ネットで探し始めました。 しかし、仏壇もそうですが、中々に…高価であり、裕福ではない私では手が出ないか…と諦めかけていました。 そこであるサイトで「猫の形の仏像」という物がある事を知り、早速見にいき、かなり気に入った訳です。 もともと私が猫が好きと言う事が大きいのですが、何より昔飼っていた猫(オス。名前は『ボウズ』でした。親父殿命名。オスだったからという理由)に似ていたのもありますが、なんとか手が届きそうな価格という事もあり、購入を考えています。 さて、ここでお聞きしたいのは ①「猫の形の仏像」を祈願供養する為に使ってもいいのか? ②「開眼法要」というものがあると聞きましたが、「猫の形の仏像」もしてもらうことができるのか? と言うことです。 あいも変わらず、緊急性はありません。緊急性のある方がいますから、後回しにしてくださっても構いません。もしお時間がありましたら教えてくだされば幸いです。 宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る