hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

僧侶との過去に苦しんでいます

回答数回答 4
有り難し有り難し 105

精神的苦痛から、婚約していた僧侶と別れ、今も行き場の無い憤りに苦しんでいます。
深い傷に苦しんでいた私を救ってくれたのが出会いのきっかけです。出会った頃の彼は本当に優しく、仏様のような人だと思いました。在家の私は寺へ嫁ぐ不安もありましたが、そんな彼だからこそ迷いもなく、親も説得して決心を固めました。

その後、彼はまるで別人のように変わりました。変わったのではなく「ただ本質が露わになっただけ」と、彼自身言っていました。
プロポーズ時に彼が綴った誓いの言葉の数々は即放棄され、弱音も愚痴も全て求める雛形どおり受け止め労うことを強要し、強烈な人格否定されたり、過去を執拗に責め続けられたり、結婚という大きな決断も、二度も無かったことにされたり…。とにかく「俺のものさし」に合わせろと、私に変化を求め続けました。
でも彼にとっては、傷つけられて辛いのは自分、間違っているのも悪いのも常に私です。彼のものさしで見ることの出来ない私が、傲慢で狭量な人間。別れた後も「私に傷つけられた」と周囲に話していると知りました。
常に阿弥陀様を背にしていると言いながら、目の前の彼は自己愛と正当性の塊でした。

ですが僧侶の彼は僧侶的で、様々な活動をしているためメディアに出ることも多く、世間的評判も高く、人々から称賛されます。皆、彼の纏う誠実そうな雰囲気と容姿に、人格者に違いないと思うそうです。今も彼は何事も無かったかのように僧侶をして…。私が精神的な病と戦っていることは何も知りません。
一度は苦しみから救われたはずの信頼していた人に深く傷つけられ、もう何を信じればよいのかわかりません。これまで、毎日苦悩し、自分自身と向き合い、ありのままの彼を受け止め、彼の求める阿弥陀様のような人間に近づけるよう、私なりに必死で努力をしてきました。深い愛情があったから。彼には全く満たされなかったとしても。見えない努力も愛情も何一つ意味をなさなかったことが、ただ虚しくてやるせない。
今は、彼へのご恩や感謝の念が憎しみに変わってしまうことが怖いです。
僧侶も人間だというのは理解できますが、僧侶の時と本質に大きな乖離があっても、何の呵責も無いのでしょうか?
僧侶って何なのですか?
人を深く傷つけても、阿弥陀様はなんでも許してくれるのでしょうか?…
同じ僧侶の方はどう感じられるのかをお聞きしたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

DV加害者の典型がその僧侶です

結婚する前に、気づいてよかったですね。

彼は典型的なDV加害者タイプです。外面と内面が極点に違う人は、外面を取り繕うのに内心で疲れるので、自分が本質をさらけ出せる誰かにはとことん酷いことをします。被害者(奥さんなど)が耐え切れず訴え出ても、社会的な地位やプラス「仏様のような」外面と弁舌で上手に自己弁護するので、被害者が悪者にされてしまうことも多いです。

人間は仏様ではないのに、お坊さんは仏様のように行動することを要求され、期待されるので、外面を仏様のように繕うことになります。人格者っぽくふるまう方が都合がいいし、それらしい肩書を持っていると高僧っぽくみられることになります。メディアに取り上げられたり、肩書を持ったりするとますます都合がよくなります。そういう立場に「なりたい」とはいいませんが、こっそり裏で手をまわしてなってしまうので余計に「信じられて」しまいます。私の仲人夫婦もまさにそんな人間たち(ともにお寺生まれの住職夫妻)ですので、あなたのおっしゃっていることは、たいへんよく分かります。彼らも「仏様のような」外面を持っていますし、ボランティア活動に熱心で、そうした肩書を持ちたがります。

考えようによっては、早く気付かれて(早く相手が本性をあらわにして)よかったのかもしれませんね。過去はかえられないので、これを機会に外面と内面の違いついて学べてよかったと思ってください。過去を後悔の種とせず、明日を生きる参考資料にしてください。

お坊さんには、彼のような人がたくさんいます。しかし、一見するとダサいかもしらないけど真にお坊さんらしい、立派な宗教者も(少数ながら!)おいでになります。このことだけは信じていただき、教えそのものまで嫌悪なさることがないよう願ってやみません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

僧侶とは生き方そのもの

僧侶とは生き方だと思います。法衣を身にまとったときだけ僧侶というわけではありません。

その、彼とあなたはお互いに自分を押し付け合ってきたのでしょう。自分の所有物のように、自分の持っている型にはめたかったのでしょう。

しかし、人はそのようでは、うまくいきません。その彼は未熟な僧侶であったことは間違えないでしょう。あなたも未熟であった。それだけです。

お互いに協力し高め合い、愛し合うかんけいでなくてはなりません。

しかし、それも過去。昨日の彼もあなたももういません。過去に引きずられる事なく、思考に引きずられることなく、今を生きてください。良いご縁に巡り会えるといいですね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


愚者の自覚を(浄土宗21世紀劈頭宣言)

 ご質問、拝読いたしました。その方は恐らくお寺に生まれ、周囲からも期待され、それに応えようと(子どもっぽくも)一生懸命、そのような「あるべき」姿を追求してきたのでしょうね。しかし、「仏様に連なる者としての僧侶」であることは(今の)自分の本質ではない、と気づいた。そこまでは、イイコトだと思います。なぜかというと、あなたと出会うことで「”僧侶らしくあれ”という期待に応え続けている凡夫」に過ぎないと暴露されてしまったからです。
 この感覚、私にも分かります。多分、言葉にすれば「洗脳されながら」育ってきたのですから。「お寺の子らしく振る舞う」と、皆さん喜ばれるのです。親も、周りの方々も。
 昔は一人前になるために、「暖かい」住処を離れて修行に出て、コテンパンにされ、ダメだダメだと言われ、そこから改めて「僧侶になる」途があったのでしょう。しかし、現代それはありません。特に浄土系は「自分って、トコトン駄目な奴だ・無力だ」を思い知らないと、「阿弥陀様にお縋(すが)りする」などという浮き世離れした発想にはならないのに、その出発点を通りにくくなっているのです。
 なので、あなたとの挫折が、もしかすると彼の(真の)僧侶としての出発点になるかも知れないと考えることはできないでしょうか。「自分をあれだけ愛してくれた女性を、幸せにできなかった。苦しめてしまった。」彼の信仰の母親に、あなたがなる可能性はあると思うのです。
 また、あなたに阿弥陀様と同じ事を求めるのも無理があります。「あなたのお母さんじゃないのよ、ましてや仏様じゃないのよ!」ということです。
 真宗ではどうか分かりませんが、浄土宗では誦経の前に必ず「懺悔偈」が入ります。自分が駄目な奴だと思い知れ。その後でしか、お経を読めなくなっているのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

殺人鬼でも、お釈迦様は弟子にした

人格的に未熟だからこそ仏教を頼って修行する必要があるので、僧侶だから完璧な人格者というわけではありません。
欲・怒り・怠け・プライドは僧侶にもあります。

さて、あなたの平安のためには、あなた自身が怒り・恨みを手放すほうがよいのです。
別れた彼氏が僧侶かどうかに限らず、すでに別れたんだから忘れてしまったほうがよいのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

邦元様

ご回答ありがとうございます。

彼自身、「僧侶とは生き様」「行動のベースに慈悲の心があるのが僧侶」などと言っていました。その一方で、「僧侶の時は出来るが素の時は出来ない」「自分のこととなると別の話だ」と言っていました。そのたびに、その大きな乖離に苦しみました。
それを、人間らしくて微笑ましいと受け止めるには、私は傷つき過ぎました。
本質では、身近な人の苦しみに目を向けられない人が、真に人々の苦しみに寄り添えるのか、心を救えるのか、それはずっと疑問です。

私は仏教徒ではないので、一切関わらずにいれば済むのかもしれませんが、
でもこれまで長いこと、全力で、自分と、彼と向き合ってきたので、簡単に過去に出来ない感情との戦いです。
目覚めた時から眠りにつく直前まで、2人のことを考える毎日でした。無碍に他言出来ないぶん、ひたすら文字に綴ったり、内に込めて。それだけ、大切に思っていました。どうしようもない人だと思いながらも。

彼も私も未熟だった。確かにそのとおりだと思います。出会った時のご恩の深さから、気づかぬところで私は彼に、聖職者的な本質を期待していたのかもしれません。

今は、せめてほんの少しでも、彼の中で思うところがあればと願います。
全力で愛した人のことを、ただ酷い人間と思うのはとても悲しいので。
ありがとうございます。

藤岡様

ご回答ありがとうございます。
私の周囲は宗教とは無縁の人がほとんどで、同じような経験をした人がいたいため、よく分かりますと言って下さることが、本当に心救われます。

彼は僧侶と本質は違うと言いながら、暴力的な自分が表出してしまうのは私のせいだと常に言っていました。こうなってしまうのは私に原因があると。
そこまでにさせてすまなかった、という解釈はできないのか?と…。

私は藤岡様のおっしゃるように、外の世界で僧侶らしい振る舞いをしている分、私の前だけ本質を剥き出しにしているんだと思っていましたし、人間である以上、どこかでありのままの自分をさらけ出せる場は必要だと、そんな彼でも受け入れる努力はしていました。
彼の甘えや愚痴を、彼の求めるとおりの受け止め方で私が受け止めた時は、彼も「こんな部分をさらけ出せるのは私だけ」と言います。
でも、私も人間なので、何もかもを彼のものさしで見ることはできません。
私が彼の求めに反する反応をすると、とたんに、ありのままの自分を受け止めてくれない。理解してくれない人、となります。自分の思いどおりにならないことに、どこまでも満たされないのです。

ありのままの私を受け止め、愛するという当初の言葉は一瞬で消え去り、ありのままの自分を受け止めさせることへの執念は凄まじいものでした。

阿弥陀様は何でも受け止めてくれるのに、なぜ出来ないのか?と言われているような思いにかられるようになり、仏教(浄土真宗)の解釈を恨むこともありました。

世の中には、真に素晴らしい僧侶もいる。そのお言葉にも救われます。
そうであって欲しいと心から思います。
今はとにかく過去を振り返らず、一日一日を前を向いて過ごすのみですね。
ありがとうございました。

佐藤様

ご回答ありがとうございます。

おっしゃるとおり、育ってきた環境による部分は大きいと思います。長男ですし、お父様が立派な布教使なので、特殊な世界で育ってきた人特有のプレッシャーもプライドも大きいと思っていました。それに信仰心は強い僧侶だったので、彼の本質形成に、仏教が大きく関わってるであろうことも、十分理解していました。

私には理解し得ない、彼の本質のルーツを少しでも理解できればと浄土真宗の本もたくさん読みました。
でもどんな努力をしても、頑なな心に近づくことが出来なかったんだと思います。
最後まで、「私に傷つけられた」と言っていると聞いてショックでしたが、
時間がかかっても、この別れが彼にとって少しでも意味のあることであればと願います。
ありがとうございました。

「苦しい・苦しみからの解放」問答一覧

求めても得られない苦しみ

こんにちは、初めて相談します。 旦那の私や子ども達に対する態度の事です。若い時から、基本的に人を見下すタイプだとは思っていました。間違った事は言っていないとわかりますが、何かあると怒りモードや説教モードに入り怒鳴ります。子どもが何も言えなくなるので、仲裁すればお前の態度が悪い、口答えだと言われ神経を逆撫でして余計に怒らせる結果になります。 自分が絶対というタイプなので、怒ってばかりで家族から孤立しても、俺はいつも悪者だと卑下して自分を変える気は一切ありません。こうなるのは全てお前たちが原因というスタンスになります。 昔はまだ旦那の言っていることが正論に聞こえたのですが、ここ数年は指摘が細かすぎて、怖くて答えられなくなる事もあります。特に長女に対してはいじめているとしか思えないような態度です。あからさまに、ムカつく、クソガキ、お前には何もしてやらん、と一切関わりません。こんな態度が3年以上続いています。 兄達と、同じように接して欲しいと頼んでも、嫌だの一言。少しでも怒られないように声をかけて気をつけていても、娘も顔色ばかり気にして、何も出来なくなってしまいます。このままずっとこんな状態か続いていったら、将来的に子ども達を含めやっていけるか、不安で悲しくなります。最近は作ったご飯も一切食べず、私や子どもの行動や言動にイライラして舌打ちし、睨みつけます。以前は子どもの面倒もよく見て感謝することが多かったので、そのギャップも辛いです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

苦しい事からすぐに逃げてしまいます

私は嫌なこと、辛いことがあるとすぐに逃げ出してしまいます。 仕事、人間関係、それなりに上手くやれているはずなのに、ひとつ駄目になると全て投げだしたくなります。恐らく、周りから見れば大したことの無い失敗でも、とても不安になって、悪い方、悪い方へ考えてしまいます。考え込んでるうちに、大丈夫、何とかなる、逃げてしまおう、と急に楽観的になれたり、また不安になったり。情緒が不安定で、死にたい、どうして生きているのか?、いつも考えます。 死んでしまいたい、消えたいと思いつつ、死んだ後家族がどうなってしまうのか怖くて、ただだらだらと逃げながら生きています。家族のことが好きで、多分家族も私を大切に思ってくれていると思います。自分が死ぬことで、家族が苦しい、悲しい時間を過ごすことになってしまうのはとても苦しいです。でも、今のまま苦しい事から逃げながらだらだらと生きているのも苦しいのです。 結局はどうしたいのか、こんなことを書き込んで何を求めているのか自分でも分からず、稚拙な文章になってしまいすみません。 逃げることは、悪いことでしょうか。やはり恥ずかしい行為でしょうか。 情けないと思いつつずっと変われないのは、私が弱いからでしょうか。 長々とすみません。ご意見頂けますと幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

後悔や心配事が多く胸が苦しいです

仕事などで過去の失敗や過ちからくる未来の不確定要素に対してひどく心配し、不安や恐怖を覚えてしまいます。 「なぜあんなことをしてしまったのか。それがきっかけで多分ああなってしまうのではないか?」 「仮に解決したとしても、後でこのような問題が出てきてしまうのではないか?」など、深く考え込んだり不安になってしまいます。 最近は仕事だけではなく何事に対しても悪い方向に考えてしまい、自分自身に疑心暗鬼になってしまいます。 「今、この時は平穏に過ごせていても、近い将来必ず何かのきっかけでひどい目に合うのではないか?そうなったらどうしよう?」 「あのこと(過去の失敗などの出来事)は解決したが、そのことがきっかけで将来私にとって悪いことが絶対起こるかもしれない。そうなったらどうしよう?」などと考えてしまうことも多く、不安と恐怖で胸が苦しいです。 過ちや失敗があったとしてもその時や後に修正・解決し、自分の中で正しい方向へ歩み出したはずなのですが・・・。 全く心が晴れず、場合によってはそのことで周囲から非難を受けたり、そのほかにも何か悪いことが起こったりするのではないか?と考えてしまいます。 本来は心が軽くなって「私は失敗などを本来あるべき方向に修正した。たとえ周囲から過去のことで非難されたり辱めを受けても間違いや過ちを正したのだから何も心配いらない」と思えればよいのでしょうが・・・。 まだ何も起こっておらず、100%そうなると決まったわけではない不確定な未来の事に対し、悩み・不安に思い・恐怖に非常に苦しんでしまうこの心をどうしたら鎮めることができるでしょうか? このままでは仕事で失敗するたびに自信を無くし、不安と恐怖ばかりが募っていくばかりです。 どうか心を鎮めるためのアドバイスをいただけないでしょうか?

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

罪悪感で苦しく辛くて死にたいです

5年位前です。細い道を運転していました。カブの女性が脇道から来て停車。制服で業者さんかもしれません。私に気がついていると思える距離でしたが、カブを道の真ん中に近い所に女性は停めて玄関の方へと入って行きました。 カブと木の垣根の間を抜けて行こうと思いました。垣根は伸びておりはみ出していましたが、相手は葉っぱそちらに寄せて抜けようか?出てくる気配がなく戸惑い行こうと決意しました。玄関扉を開けたまま家主と話しており車を待たせている事はわかっていたとは思うのですが、お取り込み中。待てずに抜けようと葉っぱを傷つけぬようゆっくりゆっくり進むと、右側の生け垣がキィっと音をたて。ガサガサですむものと思い進んだのですが、キィとの音に反射的に少しだけ左にハンドルを切った途端、左の私のミラーが小さくコッと一瞬だけ音をたてました。取り込み中の目の前をコッと音を立てて通過。 音を聞き付けて出てきてくれないだろうか?ずっとバックミラーを見ながらゆっくりゆっくり止まれるスピードで進みながら後方から来てくれるか見ていました、女性は来ず。そのまま家に帰宅。自宅がすぐの所なので、追いかけて来てくれないかな?お願い!来て!と思ったのですが、女性と会えませんでした。細い道で停車は迷惑と思い。ミラーを見続け道を抜けました。 お互いプラスチックのミラーで相手は見塗装ミラー。私は塗装ありです。確認すると髪の毛くらいの筋が入っていました。コンパウンドで消えました。相手さんも傷があるかも!私の車も当てられ凹みや傷がある。ミラーにも当てられた傷があるので今のがこうなった!とは確実に言えませんが。コッと音がなった事実に、きちんと対応しなかった罪悪感。かと思えば母に似た状況で停めてある私の車のミラーに母のバイクのミラーが当たり、勢いで折り畳まれた事がありましたが、その時無傷だったので、きっと音も小さかったし大丈夫かな?と思いたい自分もいたり。女性で制服だったのでヤクルトさん?新聞屋さん?探し当てた方が私の心も苦しくない!と悩み、家族に相談しましたが、気にしなくていい!次から気をつけてと言われ。どうしたらいいかわからずずっと苦しみ、時がたち、時々思い出しては自分の正直でない所にイライラ不安、罪悪感で汗がザッと流れます。正直でない自分に嫌気がさして死にたくなります。本当に心から申し訳ないと思っています。反省しています。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

苦しくてたまらないです

今月はじめにもご相談させていただきました幸枝と申します。 4/15日に倒れ意識障害になった父親は今も意識が戻る事なく病院で眠っております。 一度も行ってあげる事ができなかった父が住んでいたマンションも、もう引き上げる事になり、整理をしています。 整理をしていますと写真や書き物が目に付き、私たち家族と疎遠になってからの父の生活を目の当たりにする事になり、大変辛い作業です。 2年前に私の家に訪問してくれた父に会ってあげられなかった想いがなぜかどんどんと大きくなっています。 「どうして出てあげられなかったのか。」という後悔で気がおかしくなりそうなのです。 20年前のギャンブルや浪費による自己破産の衝撃が余りに大きかったので、関わる事の恐怖が先に立ち、父に会う事をずっと避けていました。会う事ができなかったのです。 貯金も何も残していなかった父なので、2年前の訪問の時から関わっていたら、きっと、私にずっと依存してきただろうとは思います。 でもそれでも援助したら良かったと今思えるのは、父の訪問から今までは2年だった、という事実が今ここにあるからだとは思います。 母親は「あんたが援助なんかしてたら、全部カラオケに消えてたよ」 弟は「好きなように生きてきた人間の末路。全然かわいそうではない」 と言います。 今までは私も同じように思っていたのに、今では気持ちを分かち合う事も出来なくなりました。 涙が止まらない毎日を過ごしています。 罪悪感や後悔は自然にいつか心の整理が付くのでしょうか。 消える事がありますか。 乗り越える事はできますか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

全てが苦痛に回帰する

最近、物事を悲観的に見ることがとても多くなってきたことに悩みつづけています。 なんというか、万象が自身の苦痛に回帰するという感覚が続き、他人との会話や自分の趣味が無理な延命処置に過ぎないのではという思いが頭から離れません。 自身がそう思う理由として2つの事を考えてます。 一つは、大学で様々な考え方や価値観を学び様々な固定観念を粉砕しようとした結果、絶対視できるものがほとんど無くなってしまったこと。 もう一つは、幸福を求めるということを積極的にしてこなかったあまり、自身が苦痛や試練を耐えてまで生きる理由が思いつかなくなったことです。 自分は、今世間で言うところの就活生ではあるのですが、就労意欲が殆どありません。 一応、趣味で絵を描いているのですが、「これを理由に生という呪いを凌ぐにはあまりにも忍びない」と思いつめ。 両親からは、「生きる理由や幸福が見つかるまで生きればいいじゃん」というアドバイスをもらったのですが、その言葉すら、親心が故に自分を現世に引き留めようとする詭弁に聞こえてくるありさまです。 世間は、自分を怠惰だ落ちこぼれだと罵るでしょうが、そうした罵声すら、「オマエもこっちにきて今生の続く限り苦しめばいいんだ」という僻みと思いこむばかりです。 正直、何でここで悩みを打ち明けているかも自分でよく分かってないです。 おそらくは、まだ無意識で助かりたい、死にたくない、幸せになりたい、と思っているのかなと思います。 でも、そろそろ限界が来そうです。張り詰めた命の糸が、そろそろ切れそうです。 つらいです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

苦しいです

今までも沢山の病気を経験してきて、そのたびに周りに助けてもらいながら何とか生きてこれました。 しかし今は、コロナ以外の少しの体調不良でも具合悪い所を見せたらコロナだと疑われるのではないか?もしコロナ感染してしまったとしたら、職場で下っ端の自分が感染源とされてしまう(偉い人は下のせいにします)そしたら職を失う。。そして子供は学校で友達がいなくなるのでは、、親しくしてくれる人が居なくなるのでは、、と不安が尽きません。 違う病気にもなれない、なっても病院に行けない、助けてもらえない、と心細くなっています。 不安にさせたくないので子供の前では笑うようにしてます。周りからも疑われないように無理に元気にしてます。疲れました。 人との会話も良くないと言われてるので職場でも必要最低限の会話しかしません。親戚や友人とも会えず、皆自分の家族の事で精一杯だと思うから、不安な気持ちとか話す相手もいません。 家族に大人がいる人は、お互い相談し合ったり励ましあったりするのでしょうが…ひとり親のため誰にも相談できません。 甘ったれてると思うのですが、辛いです。 人一倍消毒などには気をつけてますが、完璧にはできません。この先もしも感染して、そして誰かに無自覚にうつしてしまったとして、、その時周りからどんな批判を受けるのか、想像すると恐怖です。 自分だけが病気になるなら割り切れても、感染するので 開き直ることもできません。。 休校が終わり学校が始まってからさらに不安感が高まってしまいました。。 コロナはいつか本当に収束するのでしょうか?その時まで、どう心を保っていけばいいのでしょうか?他の病気で病院に掛かってもいいのでしょうか?わからなくなっています。周りの人達はどうやって気を保ってるのか、、知りたいです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

誰にも話せず苦しいです

苦しみが心の中を大きく占めてずっと生きてきました。 今の状況も苦しいです。 独身です。 物心ついた時から、親の恋人に性的虐待を受けて育ちました。今でも忘れられないです。 毎日苦しい気持ちのまま大人になりました。 自己肯定感が子供の時から薄かったです。 親は大人になってもその方とお付き合いしていたので、ずっと顔を合わして生活をしていて、 それが理由で家族から離れて自分自身の力で生きていきたいと思い、資格を取り18歳から働いてきました。 体力だけが取り柄だったので男性社会の中で働いてきました。 大人になり、大好きだった親が病気で亡くなり、その遺産相続などで親戚家族に1対9のような状況で追い込まれ、縁がなくなりました。 汚いお金なんていらない!と受け渡し、遠く知らない土地に移り住んで今に至ります。 生活の為、仕事のスキル向上の為働いてきましたが、今は病気をして休職中です。 職場でパワハラやセクハラ(職種的に男尊女卑の社会でした)、ひがみ、いじめに合い、人に対する恐怖心もあります。 病気は完治しないもので、周囲の助けが必要だと医者に言われてますが、誰もいません。 弱気ですが、子供を産める体でないので結婚にも自信がありません。 金銭的にも余裕が無いです。 友達も地元にはいますが、育児で忙しく連絡も取るのが辛そうなので、そっとしています。 自分で言うのもおこがましいですが、 家族にも友達にも明るく優しい子だと言われて育ちました。 人を虐めた事もありません。 周りにも知らない人にも気を使い、真面目に働いてきたつもりです。 人付き合いに努力したので、会社の男性以外では割と人の中心にいたと思います。 でも今は一人です。 真面目に頑張っても報われないのか… なぜ家族がいて健康で普通な暮らしができないのかと空虚感で毎日苦しいです。 耐えられず自殺未遂をしましたが、助けてもらい今生きています。 生きたくても生きられない人を思うと、命を大切にしなくてはと思って反省してますが、キツくなってきました。 自分の話を誰かに聞いてもらいたいだけだと思います。 ここしか話せる場所がなかったです。 苦しいです。 長文失礼しました。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る