hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

輪廻転生について。

回答数回答 3
有り難し有り難し 31

はじめまして。猫かぐらと申します。
さっそくご質問させていただきます。
お釈迦様は輪廻転生から解脱されたとのことですが、前世を覚えている子供たちが世界中にいて、実際に前世としてその個人が存在していたという確証までとれるケースがあると聞きます。
仏教の概念では、生まれ変わりという意味での輪廻転生はあるという姿勢なのでしょうか。
もしあるのだという姿勢なのであれば、輪廻転生から解脱されたというのはどのような意味があるのでしょうか。
また、生まれ変わりとは、未熟な者が成長するために人生を一からやりなおすということなのでしょうか。
そうだとすると、この世は学校や道場のようなものなのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

輪廻からの解脱

これは輪廻転生の解釈によって話が変わります。(^

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


無余依涅槃と無住処涅槃

仏教は基本的に輪廻を説かなかった、説かれているように見えるのはインドの別の思想が仏教に流入しただけである、といわれることもあります。しかし、私が知る限り、最近の仏教学者はそうは考えておらず、仏教は輪廻転生を説く教えであるとしています。

私たちの目のとどく範囲でも、あなたのおっしゃるとおり、前世を覚えている子供を取り上げたテレビ番組を見たことがあります。臨死体験によって前世を思い出したという報告を読んだようにも記憶しています。

だからこそ、神通力のなかにその人の過去世をみる宿命通というものがあるのでしょう。仏教は輪廻転生を肯定し、それを説く教えだといってよいと思いますし、前世を知っている人のお話から考えてもそれはあながち否定できないと思います。私には前世が分からないので、自分の体験からは何とも言えないのですが。

さて、輪廻を超越し涅槃を得るのですが、その涅槃の目指すところが大乗になり変わっているようです。初期仏教や部派仏教では輪廻の鎖から解き放たれてもはや再生しない(新しい生を受けない)のが涅槃です。これを無余依涅槃といいます。これに対し大乗では涅槃に達した後、仏となって衆生救済のために活動しつづけると考えます。涅槃とは最終ゴールではなく、涅槃の悟りによって自由自在に衆生を救う(悟りを開かせる)はたらきを得るのだと考えます。これを無住処涅槃といいます。ここで依とは活動の依りどころとなる身体の意味です。お釈迦さまが入滅された後、この世の命が尽きたのですから、身体も滅するようなことです。大乗の無住処涅槃の方は完全な涅槃に達しつつそこにとどまらず衆生を救う活動をし続けます。それぞれについて涅槃を得る意義についてお分かりいただけたでしょうか。

さて、生まれ変わりの意味ですが、そんなふうにもいえるのかもしれません。斉藤一人さんはよくそんな風におっしゃいますね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

生まれ変わりとは、成仏できない未練があること

仏教の経典を見るかぎり、仏教は輪廻を前提にした思想です。
で、なぜ私たちが輪廻してしまうかというと、「まだまだ生きたい、まだ滅びたくない」という執着心があるからです。
仏教の修行のメインテーマは、この執着心をなくすことです。
ですから、輪廻してしまうということは、たいていは、修行が足りない(執着にとらわれ成仏できない)からです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

藤岡様、ご回答をありがとうございました。

浅はかにも、お釈迦様は解脱されて人間の社会から遠く離れたどこかへ行かれたのかと思っていましたが、衆生を救う役割をされていたのですね。
最近の仏教では生まれ変わりを肯定しているのですね、それで納得しました。
涅槃に至るのは私には難しいですが、心穏やかに過ごせる時間ができるだけ長く続くように日々精進したいと思いました。
大変ご丁寧でわかりやすい回答をありがとうございました。

丹下様、ご回答ありがとうございました。
なるほど、日々輪廻転生しているという解釈ですと、今現在の心の有り様に気づいて成長していけますね。
では、どのように生活すれば輪廻転生から解脱できるのでしょうか。
やはり、気づいて改める、の繰り返しになるのでしょうか。

丹下様、ご回答ありがとうございました。
なるほど、日々輪廻転生しているという解釈ですと、今現在の心の有り様に気づいて成長していけますね。
では、どのように生活すれば輪廻転生から解脱できるのでしょうか。
やはり、気づいて改める、の繰り返しになるのでしょうか。

丹下様、ご回答ありがとうございました。
なるほど、日々輪廻転生しているという解釈ですと、今現在の心の有り様に気づいて成長していけますね。
では、どのように生活すれば輪廻転生から解脱できるのでしょうか。
やはり、気づいて改める、の繰り返しになるのでしょうか。

願誉様
執着にとらわれないので輪廻してしまうのですね。やはり他界するときには執着してしまうもなのでしょうか。
ご回答ありがとうございました。

「輪廻転生」問答一覧

輪廻転生なんて本当にあるの?

2日前に父がなくなりました。 父が生前心配していた、母のことを姉と支えたかったのですが、やることなすこと母も姉も気にいらないらしく実家にいたのですが帰ってきました。 姉は父の近くに住んでいたのにもかかわらず、自身がうつ病だうつ病だと言ってずっと父を心配させてきていました。 そんな姉をみていたので、父は私に近くに住んでほしいとずっと願っていましたが離婚などをしてたためお金がなくなかなかすぐにはとはいきませんでした。 結局心臓発作で倒れたときも母はパニック、姉は動揺してなにもできず、遠くにいる私が救急車をよびました。 葬儀の手続きも私が行い、葬儀のお金も私がすべて支払いました。 それにもかかわらず、母と姉は私の行動に批判をし、折り合いがつかず実家をでてきました。 父がいれば、間をとりもってくれるのにとおもいます。 会いたいのです。 父がいたから私の家族はなんとかまとまっていました いつ会えるのですか? 本当に輪廻転生なんてあるのですか? 科学的には人は死ぬと無になりますよね。 輪廻転生は生きてる人間がそんな考えをしないと、辛いから考えられたお話なんじゃないかとおもいます。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

死んだら輪廻転生しないですよね?

先程、寒いのに蚊が飛んでいたので殺してしまいました。菩薩心を持ちながら感謝の気持ちを持ちながら申し訳ない感情で、手を洗剤で洗い手に付いていた細菌を信じられない数で殺してしまいました。しかし人生上手くいっている人は細菌など意識すらしないでしょう。感謝や申し訳ない気持ちすらなく手を洗い成功しています悟りに近いのでしょうかね。 はてさて、これらの生き物は輪廻転生するのでしょうか?  私にはお婆ちゃんがいましたが、認知症になり自分すら認識できていませんでした。 お婆ちゃんが亡くなりましたがお婆ちゃんという根底の存在?アートマン?それってなんだったのでしょうか。自分すら認識できない彼女の根底の意思とはなんだったのでしょうか? ISISというテロ組織が色々ロケットランチャーで1人を殺害する動画を作っていました。 ロケットランチャーで跡形もなく粉のようになっていました。 死んだ彼はなんだったのでしょうか?原子が組み合わさった物としか思えませんでした。 私が輪廻転生して、また再び人に生まれたとします。それは私ではないのでは?私とは?今の私というのも曖昧です。記憶を喪失したら私? もしそれも私なら今IQが高い人のみ輪廻転生できて、自分すら認識できない人間は輪廻転生してまた人間になったら自分すら認識できない存在? 少子化とは言いますが70億人に人口が膨れています。 さて、それまでの輪廻転生があるとしたら60億人ほどの魂はみんな人間界に一斉に来れたの? 死というのは、ただ肉片になるだけではないでしょうか?そうとしか思えない感情が湧いてきます。 踊って唱えるだけで悟りを得れるのなら、知能の低い人や認知症もそれができないとおかしいでしょう。 やはり救いはなく、死という拷問に近い形の苦しみを受けて全てが抹消されて苦しい気持ちを得たという事実だけが残るのではないでしょうか。 もちろん人生楽しんだ恵まれた人は生まれつき遺伝子や環境に恵まれてるので、仏教も興味なくて人生に何の疑問も持たなくてただただこの世界は楽しみだったという感情に溢れてるんじゃないですか。(それこそもはや輪廻転生のせいというか生まれつきの条件を輪廻転生側が選ぶという暴挙) まあなんであれ死んでも輪廻転生なんてないし素粒子になるだけだよね。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

輪廻があるなら、私は天界も地獄も見て来たのでしょうか?

こんにちは。 前回質問で、輪廻思想がどうも腑に落ちない、と主張した者です。 ただ、輪廻に限らず、事物が「ある」とも「無い」とも断定するのは中道の教えに反すると感じるので、輪廻思想の側からも質問させてください。 輪廻転生があるなら、私は六道あらゆる世界を見て、生きて来た事になりますよね。何しろ仏教の宇宙観は無数劫の時間スケールで成り立ってるのですから。 また、私は、いわゆる地球外生命というものも、必ずどこかの惑星で誕生し生を営んでいると信じています。 そうなると、私の魂(?)は天上界のめくるめく壮麗な世界も体験して来たし、地獄の底の恐ろしい責め苦も受けて来た事になりますよね? また想像を絶するような異星の光景も目の当たりにしてきたのではないでしょうか? 輪廻転生が教えているものって、 「そういう一切合切の有情は、別個に生きているのでなく、過去、現在通して、物質から魂のレベルまで、密接に繋がって生きてるんや。天人も地獄の衆生も、あらゆる命も決して他人事じゃおまへんで。なにせアンタがそれ自身だったんだからな。」 と言っているようにも思えるんです。なぜか関西弁ですが。 そういう所から、いわゆる慈悲って生まれるのでは無いでしょうか? 生前や死後を無記とするのは「智慧」ですが、また輪廻をわが事として受け止めるのは「慈悲」の根源なのかな?とも思います。 この2つの考えは矛盾するものではないとも、私には思えます。 お坊様方は輪廻と言うものをどのように受け止めてるのか、気になったので再び質問させて頂きます。 お考えを聞かせて頂ければ嬉しいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る