お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

仕事が忙しく、先輩にも叱られ心にゆとりがなくなってきています

 私は入社したときから要領や段取りが悪く先輩から毎日のようにお叱りを受けています。

 入社したての頃は「次は間違わないようにしよう!」と前向きな姿勢で仕事に取り組んでいました。
 しかし、最近では「また叱られるんじゃないか。」「自分はだめな人間なんだ」とネガティブな思考にとらわれてしまい自分で自分を責める毎日となっています。

 そのせいか、最近では思考力・記憶力共に低下し、新しい物事が覚えられず注意力も散漫になっています。
 メモを取ったにもかかわらず忘れてしまう。
 理解しよう、教わったことを覚えようと思って聞いているにもかかわらず、数十秒後には言われたことが思い出せない。
 そしてまた自分はだめな人間なんだと責めてしまいます。

 そうなるのは私の真面目で気にしすぎな性格が原因です。

 気にしすぎるから心にゆとりが無くなってしまい、新しいことを受け入れる心のスペースもありません
 また、他人への思いやりや配慮といった感情も失ってきています。

 考え方を変えたいのですが解決策が見つかりません。
 どうしたら心にゆとりが持てるようになるのでしょうか。
 また、他人を思いやる心をどうしたら取り戻せるのでしょうか

 今が苦しくて仕方が無いです。

 ご回答よろしくお願いします。
 

学校・会社・働く
有り難し 3
回答 1

質問投稿日: 2017年4月30日 22:43

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あわてることはありません

拝読させて頂きました。社会人3年目でお忙しそうですね!慣れてきたとはいえお仕事を覚えてこなしていくことはやはり大変かと思います。
3年目であれば余計に戦力としてみなされて社内でもプレッシャーを受けていらっしゃるのではないでしょうか。
人それぞれに覚えるペースも違いますし、能力の差はあって当たり前です。また多少なりとも向き不向きはあるものです。ただプレッシャーを受けた状態でずっと仕事に向き合わなければならないなら記憶力は低下しますし、人とのコミュニケーション能力も低下してしまい余計にミスも増えてしまいます。
一生懸命に仕事に取り組むことはとても大切なことではありますが、逆に3年目であれば仕事と休みやプライベートとの気持ちの切り替えを身につけていくことが大切かと思いますね。
しっかりと睡眠をとることも大切ですし、休みの時にゆっくりと心と身体を休めること或いは旅行に出かけた時には仕事のことはすっきり忘れて気分転換をしっかりとなさって日頃にストレスをリセットすることもとても大切なことです。
ミスはだれでもがしてしまいますし、リカバリーするには気持ちを切り替えて向き合うことの方が大切です。
ミスしないようにと気持ちが張った状態では余計にミスを繰り返してしまうことはよくあることです。
あわてることはありません、心を落ち着けて気持ちの整理をしながら一つ一つの手順を確認なさりながら進めていくことです。またチームワークもありますからメンバー同士がカバーしあいながら共に確認していくことも必要なことです。
あわてることなく自分を決して追い込まずに取り組んでいってくださいね。
小さくても一つ一つの作業を積み重ねていくことで次の仕事につながりますし、それが自分の自信にもつながって参りますからね。
あなたがこれから心落ち着けて様々お仕事を経験なさり、その積み重ねによってより自信を持っていかれて毎日心も身体も充実なさっていかれますようにと心よりお祈り申し上げます。

2年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

確かに最近は自分を追い込みすぎていたように思います。
休日も仕事のことが忘れられずいてもたってもいられなくなり会社に向かっていました。

休むことも仕事のうちと言いますし、少し自分のペースで慌てることなく落ち着いて仕事をしようと思います。

回答ありがとうございました。

「心に余裕・ゆとり・広く大きな心」問答一覧

「心に余裕・ゆとり・広く大きな心」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ