臨死体験から蘇生しました、私が生かされた意味とは?

随分と昔の話になりますが…

子供がまだ産まれて間もない頃、
笑われてしまうかも知れませんが、外出先で原因不明の心肺停止になり、ICUに運ばれ臨死体験をしました。

この時に単に復活した!というより、本当に生まれ変わったというか、リセットされた、一回しんだのに再び生かされた!という不思議な感覚で、心も体もスッ
キリ感が凄くて、『おまけでもう一度もらった人生、何かしなくては!』と、無性にかきたてられる様に、心理学を勉強しカウンセラーの資格をとったり、それをふまえてボランティア活動に精力的に参加したり、今は、犬の保護活動を手伝わせてもらったりしながら、我が家にも保護犬が里子として来てくれて一緒に生活してます。

臨死体験の時に、祖父が現れて救ってくれたのですが、祖父は、神仏をとても大切にする人で、生きてる時に私にも『誰も見てない時こそ真面目にやるんだよ!』と教えてくれました。

だから、日々まっすぐ生きよう!人には優しくいよう!先祖や周りの人に感謝しよう!と生きてきましたが、なかなか思う様に生きられず、お金を騙しとられたり、DV、浮気されたりなども経験し離婚して、いまだに、困難やトラブルに巻き込まれてしまい、どう生きるべきか?分からなくなります。

私は、至らない所ばかりだし、見返りを求めて何かをするべきではない!と思って生きてるつもりですが、何か意味があって、私にオマケの人生をくれたのでしょうか?

傷つく事で、相手の痛みも分かるから!と、ポジティブに考えよう!と思ってきたのですが、理不尽な事や傷つく言葉を浴びると心が折れてしまい、今は、へこんでます。

心が苦しいときは、どう考えたら良いでしょうか?

どうしたら、しあわせになれるのでしょうか?

生きる意味
有り難し 468
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

苦しくても不幸ではない

色んな苦しいことがありますね。
苦しいということは、何か対処しなくてはならない(やらなきゃならないことがある)状態でしょう。
DV受けたら身を守らなきゃならない、逃げなきゃならない。
でも、それがイコール不幸せ、ではないのです。
忙しい飲食店のシェフ、毎日やるべき仕事に追われる。でも、不幸ではない。
プロボクサー、試合で殴られる。でも、不幸ではない。
マラソンランナー、ぶっ倒れるくらい苦しい練習と試合。でも、不幸ではない。
苦しいから不幸とは限らないのです。
苦しみから、むやみやたらに目をそむけようとしたり、
苦しみがあることを覚悟していないときに突然苦みに襲われたら、
不幸だと思ってしまうだけです。
生きることは苦しいことだと認識し、
苦しみを受けるプロになりきって、ただ、今できることをすればよい、それが人生のプロだと思いましょう。
どうせできることしかできないんだから、できることをやればよいだけです。

2年5ヶ月前

おまけでしょうか

 こんばんは。実は、我が父も手術後、心配停止になりまして、その後復活しました。その時やはり、見たことない(そして、聞いたことのある)イメージが見えたそうです。そして、「まだ死なないで、やる事があるんだろう」と思ったそうです。
 息子から見れば、「お医者さん達ありがとう」なのですが、本人としては確かに、「ああ、命長らえた」という感じだったのでしょう。
 私たちは人生の中で、いくつかのできごとを原点と捉えるようです。もちろん人によってさまざまで、「結婚した」「子どもが生まれた」「就職した」「死別した」、それこそ周りの誰からでもなく自分で「ああ、あれが私の原点・私のターニングポイント」と信じている、プラスの出発点です。
 つまり言いたいのは、あなたの臨死体験は原点の一つであるけれど、だからといって、それ以降が「オマケ」ではないのだろうという事です。「何故そんな事を言うの?細かい言葉の言い換えじゃないの」と思われるかも知れません。しかし、今生きている自分を「おまけ」と見ることは、「あの時死んでいれば…あの時本当は死んでいたのに…」という妄想を産んでしまいそうだからです。
 前回のご質問の時、「呼吸を観察する」ということをご紹介しました。「心が折れているいま」であっても、身体は呼吸し、生き続けています。身体は生き続けたがっているはずです。あるいは、お子さんの胸に耳を当ててみて下さい。心臓の鼓動を聞いてあげて下さい。そこで感じることを、しっかりと感じてみて下さい。
 その命を守っているのは誰ですか。あなたでしょう。生きることは苦しい。苦しみとは、「思い通りにならないこと」を指します。でもその中で、あなたはなお、生きています。お子さんもそうです。誰もがみな、同じなのです。

2年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

願誉浄史 様。
苦しくても不幸ではない!立場や事情が変われば色んな捉え方があるのですね。
苦しみを受けるプロになる!ってまでは、まだまだ強くなれませんが、できることから考えてみますm(__)mありがとうございました。

佐藤良文 様。
再び、温かなお言葉いただきまして、ありがとうございます。『オマケの人生だから』もっと、何か世のため人の為にしなくてはならない、苦しい事があっても生きてるだけ有りがたい事だから、毎日、後悔のない様に!と、焦りもありましが、オマケではない!と、言っていただき救われました。
ありがとうございましたm(__)m

関連する問答
このページの先頭へ