お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

女性を傷つけてしまいました

私は女性を傷つけてしまいました。体目当てで近寄り、好きだと嘘をつき、付き合いました。彼女は私のことを好きだと言ってくれ、プレゼントをくれたりしました。

しかし、私は罪悪感を感じはじめ、別れを告げました。女性は涙を流して去っていきました。

私は最低の人間です。その女性を傷つけてしまいました。人一人傷つけてしまいました。しかも嘘にまみれた自分勝手な欲望で。

私は彼女に謝りましたが、自分の中で収まりがつきません。これからこの事をどう償っていけばよいでしょうか。どうぞご教示下さい。

後悔・自己嫌悪
有り難し 16
回答 2

質問投稿日: 2015年9月3日 0:20

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

謝り続ける、 そして二度と同じ事をしない

ハルヒさん

今後は二度と女性に体目当てで近寄り、
好きだと嘘をつき、付き合わないこと

そして
自身が思う償いを模索し、
償い続けることだと思います。

あなたが罪悪感を持ったのは
あなたが人間だからです。
その罪悪感があなたを人間にするのです。

「最低の人間です。」
という自覚を持った時から

最低の行為を離れはじめたのではないでしょうか。

謝り続ける、
そして二度と同じ事をしない
これが責任の取り方ではないでしょか。

以下
父王を殺して、悩む王子にかけられた
仏典の言葉を紹介します。

二つの白法あり、よく衆生を救く。一つには慙、二つには愧なり。「慙」は自ら罪を作らず、「愧」は他を教えて作さしめず。「慙」は内に自ら羞恥す、「愧」は発露して人に向かう。「慙」は人に羞ず、「愧」は天に羞ず。これを「慙愧」と名づく。「無慙愧」は名づけて「人」とせず、名づけて「畜生」とす。

私訳

二つの心が、人間を取り戻させる
一つは「慙」、二つに「愧」

「慙」は二度と同じ過ちをおこさないと心に誓う
「愧」は他者に同じ過ちをおこさせないと心に誓う

「慙」は自らを羞恥する
「愧」は他者に頭が下がる

「慙」は人に恥じる
「愧」は大いなるものに恥じる

これを慙愧という
慙愧しないものは人ではない

その罪悪感と向き合って下さい
それが謝罪につながるのではないでしょうか。

2年11ヶ月前
回答僧

願誉浄史

煩悩を強化しないように

悩み苦しみの原因は煩悩です。
あなたの煩悩が強化されるとあなた自身の苦悩が増えます。
煩悩を弱体化すると苦悩が減ります。
悪いことをすればするほど、煩悩が強化され苦悩が増えます。
嘘つけば嘘つくほど嘘つき癖がつく。
欲張れば欲張るほど欲張り癖がつく。
怒れば怒るほど怒り癖がつく。
殺せば殺すほど、盗めば盗むほど…。
すでに、たくさんの悪いことをして心に悪い癖がつき、その分だけ煩悩が強化されてしまいました。
償いというか、煩悩を弱体化するためには、悪いことをやったり言ったり思ったりせずに、
善いことをやったり言ったり思ったりするほうが効果的なのです。
欲・怒り・怠け・プライドなどの煩悩に気付き、それらと闘うしかないのです。
嘘をつくのは、怠けと関係がありますね。
嘘をついたほうが努力しなくてすむから。
嘘に頼らずに、努力で好い女性とお付き合いできればよいですね。

2年11ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ