hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

考え方の癖が抜けません。

回答数回答 3
有り難し有り難し 28

もう10年以上前のことです。父親のアルコール依存症と機能不全家庭の問題で、家庭が崩壊しました。
今は平和な生活をしてます。

悩んでいるのは考え方の癖が抜けないことです。
家庭崩壊して一人暮らしをしているとき、過去の記憶がよみがえり苦しくなった時、
父親が早く死ねばいい、アルコール依存症の平均寿命は52歳だから
もう死んでるはず。と考え、恨みと悲しみと悔しさと、自分にはなにもできないという、負の感情がないまぜになった状態でした。

寺社におまいりして思うことは、何もできず、逃げ出した私を赦してください。

ある時、願いが通じたのか
街中を自転車で走っている時、道の向こう側から呼び止められ
振り向くと父親がいました。
お酒がぬけた顔で、こざっぱりした服装で、両手を前に丁寧に組み
少し嬉しそうな顔をしながら会釈をしていました。

私は逃げました。罪悪感と無力感を抱いていたけれど、
父親はこれからの私の人生に必要ないと確信していますから、
それきりです。
変な話ですが、父親の姿をみた瞬間、私は神仏に赦された気がしました。
私がいようがいまいが、父親は立ち直っているよ、と
会わせていただけたのだと思います。

逃げていいんだ、大丈夫。
赦されたんだ、大丈夫。
しばらくそう思って、平穏な感覚を持てていたのですが、
長年の負の感情がまた出てくることがあります。
罪悪感と無力感。

単なる考え方の癖なんだと思ってはいるのですが、
どうにもうまくいきません。
どうすればいいのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

神仏の赦し 家族の呪縛からの解脱

人間には尊厳があります。
あなたは▢▢家に生まれた。
父〇〇さんの娘であり、
母△△さんの娘です。
ですが、あなたは◎◎さんであって、お父さん〇〇さんではありません。
〇〇さんとは、深いつながりがありますが、現時点においては、別々の生命体であり、別々の人格であり、今もこの時間にお二方ともまるで別々の行動をしており、別存在なのです。

あなたはお優しいから、家族への振り返りがある。
そういう気持ちが沸き起こる。
本当はお父さんを素直に愛したい。愛したかった。
だけど、あなたの守るもの、大切なもの、大切な人の幸せを壊してしまったから、それが赦せない。
ご安心ください。
赦すべきは、お父さんでなくていいのです。
自分の心をゆるめる事で解決です。
お父さんに対する、思いの執着をちょっとだけ緩めればよいのです。
それが、執着を手放す事、ゆるめ、赦しです。
許す許さないのは人間の為すことです。
許せなくて構いません。
ですが、❝許し❞とは異なり、神仏、無私の状態として、誰もみんな独立存在なんだと、自覚することが『赦し』なのです。

お父さんを許します、という事に抵抗があればそのままでよいのです。
ただ、お父さんを赦すために、お互いそれぞれの尊厳を認め合うために、
自分をゆるめてください。

父は父で不運だった。未完成だった。
私も私で不運だった。未完成だった。
お互いがみな、それぞれ向上中で、発展途上で、未完成なのです。
その未完成ながらを 肯定する 認める 容赦する だけでいいのです。
あなたは、あなたのように生きてイイ。
あなたの人生なのだから。
それに気づいた時あなたはお父さんと自分を責めることをやめ、自分が赦すのではなく、大きな存在によって全体が緩められる力を感じるはずです。
それが、人間の許しではなく、神仏の赦しです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

それが人生と認めること。

はるこ様

私も、家庭で同じような経験があるので
ふとした時にフラッシュバックして、苦しんでしまう感覚を理解しているつもりです。

そして、私も罪悪感と虚無感と戦って時間を過ごす日がありました。
ぶつけようのない感情の処理、思考の向けどころに困りました。
しかし、仏教の考え方で救われたことがあります。

それは
「人生は思い通りにならないことが当たり前」 ということです。

なにか呵責を覚えることがあると
どうしても、自責の念にかられ過去を思い出してしまいます。
そして、解決することが出来ないのはわかっているのにも関わらず
考え続けて、悩みます。

それは多分止められない、変えられない、仕方のないことなんだと思います。
それを無理に考えないようにしようとしたところで、絶対に蘇ります。

そうではなくて、
人生とはそういうことが当たり前に起こる と認めてしまうのです。
酒に溺れてしまった父。
逃げ出してしまった自分。
返事を出来なかった自分。

それは、その時に最大限に表現した等身大のはるこ様なのかと存じます。
どうしようもなかったはずです。

そんな風に、思い通りにならないのが人生であり生きることなのかもしれません。

私は、この思い通りにならないことが当たり前である、という考えに出会い
救われたように感じました。

はるこ様のみならず、人は皆、思い通りにならないことを抱えながら歩いている。
反省してもしきれないほどのことを抱えながら歩いている。

だからこそ、ちょっとでも嬉しいこと、幸せに感じることがあると
本当に生きていてよかった。
ありがとう。
と感じることが出来るのではないかと思っております。

人生は思い通りにいかない。
これはネガティブな考え方でも何でもなく、真理です。
今までの苦しいこと、お父さんのことは、
これからの幸せを感じるための布石だったのかもしれません。

すべてひっくるめて認められると
思考の癖も認められるかもしれませんね。

{{count}}
有り難し
おきもち


天台宗 高龍山明王院普賢寺 住職。 一般大学、アメリカ留学、一般企業を経...
このお坊さんを応援する

心理カウンセラーのお坊さん

あなたの悩みは、普通のお坊さんのなかにも適切な助言を与えてくださる方もあるでしょうが、専門の臨床心理士や心理カウンセラーをなさっているお坊さんの方がよりよく答えてくださると思います。

臨床心理学と仏教はかなり近い関係にあり、臨床心理学の研究者が仏教を学んだり、お坊さんが臨床倫理学を学んだり、といった話はたいへんよく聞きます。

したがってインターネット上で検索すれば、それこそいくらでもあなたの悩みによい助言を与えてくださるお坊さんを見つけることは可能です。あくまで一例として私と同じ浄土真宗本願寺派のお坊さんで心理カウンセラーさんをご紹介しますと、季平博昭さん(広島)、中神章生さん(滋賀)などがおいでになります。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お二方、ありがとうございます。今は感謝の言葉しか出ません。ありがとう。

小野様 同じような体験をし、共感いただけた上でのお言葉ありがとうございます。まだまだ混乱している心なので、いまはありがとうとしか言葉がでません。頑張る気はありませんが、みとめられるようになりたいなと思います。

「考えすぎる・行動できない」問答一覧

「楽しむ」ことが義務感に

好きなものを突き詰めて熱中したいのですが、「これを好きにならなきゃ」「これを楽しまなきゃ」という義務感が途中で湧いてきて、苦しくなってしまいます。 何かやってみて、辛いなと思ったときに色々調べてはみるのですが、「まずは楽しもう!」だとか、「技術より楽しむのが大事!」とたくさん出てきます。 それを見るたびに「ああ、楽しめない自分がいけないんだな」と自己嫌悪に陥ってしまうのです。 数年前、少し大変な公演の制作をしていて、プレッシャーを感じながらとても悩んでいた時に「せっかくだし楽しんでやってね!」「楽しくやるのが一番だよ」と何度も言われたことをきっかけに、この考えがこびりついて離れなくなってしまいました。 「楽しめないなら無理をするな」ということはよく言われますし、頭では何となくわかるのですが、誰かと楽しみを共有するために趣味のスキルアップをして楽しめるようになりたい、とも思います。 もっと本来の意味で趣味などを純粋に楽しめるように、この思考の壁を取り払いたいと思っています。 どのように考えを変えていけばいいのでしょうか、あるいはどういう姿勢で物事に向き合うよう心がけるのがよいのでしょうか。 どうかご教示いただきたいです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

くよくよ病

質問失礼します。 最近、ここぞという時に踏ん張れなくて やるべきことややりたいことがとん挫してしまったりして 踏ん切りがつかなくて物事のスタートが遅れてしまい やらなかったことで後悔することが多々あります。 また、こうやって悩む時間や、何もできずにいる時間だけで 人生の時間が使われてしまうと思うと不安で怖くて仕方がありません。 いったん落ち着いてその理由を考えたのですが その理由が、過去に失敗して怒られたことや、 失敗して今あるものを失うことへの怖さを 避けようとしてしまうからのように思えました。 それによって気持ちがよれてしまってやるべきことに 関心がいかなくなっていることもその原因なのかと思いました。 実際、人に話しかけようとして相手の心証を悪くするのが 怖くてもじもじしてしまって、変な人のように思われてしまい これまで友達が思うようにできないなど このくよくよしてしまう癖によってうまくいくことも 上手くいかなくなってしまっているように思えました。 この「くよくよ病」や意識や関心がそれてしまう癖 を直したくて質問させていただきました。 今までの失敗や失敗するかもしれないという 不安や意識をどうやって避けたり、向き合ったりすればいいでしょうか。 また、これによって失ってしまった人の 信頼はどう取り戻して、友達を作ればよいでしょうか。 どうか私に道を教えてください。 乱文失礼しました。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

心配性すぎて辛いです。

 私は心配性で、なんとかなるという考えが分からないです。  昔からなりたい自分を事細かく想像し、そこから逆算しながら生きてきました。 心配性ということもあり、毎日不安で押し潰されそうです。  現在お付き合いしている彼女はいい意味でとても楽観的で、その時になってみないとわからないよと言ってくれます。そのようなところを好きになって2年半お付き合いしていますが、悪い癖で私といてこれから先幸せになれるのだろうか、苦労させてしまったらどうしよう…など考えても無駄という事を分かっているのですが考えてしまいます。  周りの環境にもすごく恵まれていて、何不自由なく生活しているのですが、自分で自分のことを追い詰めて精神的にとても疲れている状態です。  先日彼女に 何をそんなに生き急いでるの?人生楽しい? と言われ今まで生きることに対して楽しい楽しくないで考えたことがなかったので戸惑いました。  人生いきなり楽しく生きれるとは思わないのですが、〇〇になったらどうしようなど将来の事を考えて不安にならず、今を一生懸命生きよう!何か起きた時にゆっくり考えればいいか!と考えることが出来るようになるにはどうすればよいでしょうか。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

引っ越しの不安で頭がいっぱいです。

お世話になっております。 来月に引っ越しを控えており、その不安で頭がいっぱいです。 もともと新しいことに対する不安を感じやすい性格なのもあり(だいたい杞憂に終わるのですが)、初めて自分でしなくてはいけないことが多すぎて頭がおかしくなりそうです。 不安のおかげで早め早めに準備に取り掛かれているのですが、進めても新しくやるべき事が見えてきて、キリがないです。毎日退去の日が近付いていることが怖くてたまりません。 退去時にクリーニング代が高額になってしまったらどうしよう、こんなに荷物を運べるだろうか、新しい家は決まるのか、無事に引っ越せてもちゃんとやっていけるのか、こんなんで退去日までに出ていけるのか…と1日中不安が浮かんでは少しでも解決せねばと調べ物ばかりしてぐったりしてしまいます。 新居は一度決めかけたのですが、真剣に考えるとやはり違うとなってしまって、優先順位などもよく分からなくなって、振り出しに戻ったり行ったり来たりで…… そんななので、実際は色々と進んではいるものの、何も進んでないような気がして、心身共に疲れ果ててしまい、実家に戻りたい…と考えてしまいます。 いまの仕事はとても楽しく、尊敬出来る人ともたくさん出逢え、ここでの生活が大好きなのにその気持ちを忘れそうになります。 せめて出勤すれば気が楽になるのですが、最近は在宅勤務のため、家にいると、この汚れはどうしよう…とか、これの処分はどうするんだろうとか、色んな物が目について全く仕事に集中出来ません。 また、気に入ってる家電を手放すことにもなりそうで、ショックを受けてしまったり、断捨離したつもりなのにまだ捨てられない物がたくさんあり、物が捨てられないことや、仕事に集中出来ないことで自己嫌悪に陥ったり、いま考えてもしょうがない将来への不安なども考えてしまい、気が滅入っています。 焦りは禁物だと思いますが、何もしていないのも不安でたまりません。食欲もない日が続き、しんどいです。どうしたら気が楽になるでしょうか。何か少しでも落ち着ける言葉をいただけると幸いです。乱文失礼いたしました。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

他人の問題なのに自分が抱え込む

夫と義母の問題を私が(嫁)抱え込んでしまっている様でモヤモヤします。 最近起きたことは、夫と義母の畑の木が大きくなり、葉が落ちて、近くの畑に迷惑かけるので義母が掃除をしているらしく、木を切ろうかと夫が言うので私が知人を紹介しました。 一年近く経つのにまだ進展が無く、その間も数回どうするか聞いてみたけど、畑の場所も知らない様な私が介入しても変かと思い、その後は聞いてません。 私は畑の人に迷惑だろうし、母も掃除は大変と思い知人を紹介したのに、当人達は問題視していないのか、それとも、元々大した問題では無いのか畑を知らない私には分かりません。。 畑仕事をやらない私がうるさく言うと悪影響しか無い気がして、なんだかモヤモヤする日々です。ちなみに当人達は畑作業を楽しくやってます。 これまでも似たような事があり、毎回、私だけ心配して疲れてしまいます。暇があると考える様になり、寝不足になる事もありました。これではダメになるかも、、、。と不安になりました。 私は心配すると考えこむタイプで、夫は楽天的な人です。二人で、心配してたら家が暗くなるからバランスの取れた夫婦だとは思います。私が色々気にしなければ、今のまま楽しく暮らせると思い、色々と自分なりに考えました。 私は、たとえ家族であっても、その人の問題に介入するのは、結局は自分の思い通りににしたいだけのわがままだったのかなと。 私の思う様に、他人が生きるワケはない。思い通りにいかなくて当然だなと。 今後も、他人主体の事で、私が気にする様なら少しのアドバイスくらいはしても、後の解決に向けての行動は当人に任せる。当人達が動かなくても後は諦めて、悩まない。天にお任せしようと思います。事が起きてしまったらその時に考えるしかない。 この考えはどう思いますか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺