hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

考え方の癖が抜けません。

回答数回答 3
有り難し有り難し 28

もう10年以上前のことです。父親のアルコール依存症と機能不全家庭の問題で、家庭が崩壊しました。
今は平和な生活をしてます。

悩んでいるのは考え方の癖が抜けないことです。
家庭崩壊して一人暮らしをしているとき、過去の記憶がよみがえり苦しくなった時、
父親が早く死ねばいい、アルコール依存症の平均寿命は52歳だから
もう死んでるはず。と考え、恨みと悲しみと悔しさと、自分にはなにもできないという、負の感情がないまぜになった状態でした。

寺社におまいりして思うことは、何もできず、逃げ出した私を赦してください。

ある時、願いが通じたのか
街中を自転車で走っている時、道の向こう側から呼び止められ
振り向くと父親がいました。
お酒がぬけた顔で、こざっぱりした服装で、両手を前に丁寧に組み
少し嬉しそうな顔をしながら会釈をしていました。

私は逃げました。罪悪感と無力感を抱いていたけれど、
父親はこれからの私の人生に必要ないと確信していますから、
それきりです。
変な話ですが、父親の姿をみた瞬間、私は神仏に赦された気がしました。
私がいようがいまいが、父親は立ち直っているよ、と
会わせていただけたのだと思います。

逃げていいんだ、大丈夫。
赦されたんだ、大丈夫。
しばらくそう思って、平穏な感覚を持てていたのですが、
長年の負の感情がまた出てくることがあります。
罪悪感と無力感。

単なる考え方の癖なんだと思ってはいるのですが、
どうにもうまくいきません。
どうすればいいのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

神仏の赦し 家族の呪縛からの解脱

人間には尊厳があります。
あなたは▢▢家に生まれた。
父〇〇さんの娘であり、
母△△さんの娘です。
ですが、あなたは◎◎さんであって、お父さん〇〇さんではありません。
〇〇さんとは、深いつながりがありますが、現時点においては、別々の生命体であり、別々の人格であり、今もこの時間にお二方ともまるで別々の行動をしており、別存在なのです。

あなたはお優しいから、家族への振り返りがある。
そういう気持ちが沸き起こる。
本当はお父さんを素直に愛したい。愛したかった。
だけど、あなたの守るもの、大切なもの、大切な人の幸せを壊してしまったから、それが赦せない。
ご安心ください。
赦すべきは、お父さんでなくていいのです。
自分の心をゆるめる事で解決です。
お父さんに対する、思いの執着をちょっとだけ緩めればよいのです。
それが、執着を手放す事、ゆるめ、赦しです。
許す許さないのは人間の為すことです。
許せなくて構いません。
ですが、❝許し❞とは異なり、神仏、無私の状態として、誰もみんな独立存在なんだと、自覚することが『赦し』なのです。

お父さんを許します、という事に抵抗があればそのままでよいのです。
ただ、お父さんを赦すために、お互いそれぞれの尊厳を認め合うために、
自分をゆるめてください。

父は父で不運だった。未完成だった。
私も私で不運だった。未完成だった。
お互いがみな、それぞれ向上中で、発展途上で、未完成なのです。
その未完成ながらを 肯定する 認める 容赦する だけでいいのです。
あなたは、あなたのように生きてイイ。
あなたの人生なのだから。
それに気づいた時あなたはお父さんと自分を責めることをやめ、自分が赦すのではなく、大きな存在によって全体が緩められる力を感じるはずです。
それが、人間の許しではなく、神仏の赦しです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

それが人生と認めること。

はるこ様

私も、家庭で同じような経験があるので
ふとした時にフラッシュバックして、苦しんでしまう感覚を理解しているつもりです。

そして、私も罪悪感と虚無感と戦って時間を過ごす日がありました。
ぶつけようのない感情の処理、思考の向けどころに困りました。
しかし、仏教の考え方で救われたことがあります。

それは
「人生は思い通りにならないことが当たり前」 ということです。

なにか呵責を覚えることがあると
どうしても、自責の念にかられ過去を思い出してしまいます。
そして、解決することが出来ないのはわかっているのにも関わらず
考え続けて、悩みます。

それは多分止められない、変えられない、仕方のないことなんだと思います。
それを無理に考えないようにしようとしたところで、絶対に蘇ります。

そうではなくて、
人生とはそういうことが当たり前に起こる と認めてしまうのです。
酒に溺れてしまった父。
逃げ出してしまった自分。
返事を出来なかった自分。

それは、その時に最大限に表現した等身大のはるこ様なのかと存じます。
どうしようもなかったはずです。

そんな風に、思い通りにならないのが人生であり生きることなのかもしれません。

私は、この思い通りにならないことが当たり前である、という考えに出会い
救われたように感じました。

はるこ様のみならず、人は皆、思い通りにならないことを抱えながら歩いている。
反省してもしきれないほどのことを抱えながら歩いている。

だからこそ、ちょっとでも嬉しいこと、幸せに感じることがあると
本当に生きていてよかった。
ありがとう。
と感じることが出来るのではないかと思っております。

人生は思い通りにいかない。
これはネガティブな考え方でも何でもなく、真理です。
今までの苦しいこと、お父さんのことは、
これからの幸せを感じるための布石だったのかもしれません。

すべてひっくるめて認められると
思考の癖も認められるかもしれませんね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


比叡山延暦寺 行院にて満行。 天台宗 高龍山明王院普賢寺 僧侶。 一般...

心理カウンセラーのお坊さん

あなたの悩みは、普通のお坊さんのなかにも適切な助言を与えてくださる方もあるでしょうが、専門の臨床心理士や心理カウンセラーをなさっているお坊さんの方がよりよく答えてくださると思います。

臨床心理学と仏教はかなり近い関係にあり、臨床心理学の研究者が仏教を学んだり、お坊さんが臨床倫理学を学んだり、といった話はたいへんよく聞きます。

したがってインターネット上で検索すれば、それこそいくらでもあなたの悩みによい助言を与えてくださるお坊さんを見つけることは可能です。あくまで一例として私と同じ浄土真宗本願寺派のお坊さんで心理カウンセラーさんをご紹介しますと、季平博昭さん(広島)、中神章生さん(滋賀)などがおいでになります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

質問者からのお礼

お二方、ありがとうございます。今は感謝の言葉しか出ません。ありがとう。

小野様 同じような体験をし、共感いただけた上でのお言葉ありがとうございます。まだまだ混乱している心なので、いまはありがとうとしか言葉がでません。頑張る気はありませんが、みとめられるようになりたいなと思います。

「考えすぎる・行動できない」問答一覧

考えすぎを直したいです。

たびたびお世話になっています。 20代半ばですが小児科に通院中です。昔から脳疾患による意識消失があり、手術しましたが反対の脳で再発、今は飲み薬での治療です。 自分では殆ど病状を予期できず、かつて自転車に乗ったまま倒れた経験があります。当然ながら運転免許も無く、現在通勤(片道1時間半)も親の送迎です。万一の場合に危険が大きいとの理由で、電車通勤はしていません。 自分が周りの手助け無くして生活できない身である事は重々承知です。だからこそ、「これ以上迷惑を掛けぬよう、周りの指示に従う事が最低限の務め」と常々言い聞かせています。一方、それと矛盾して「この状態が周りにとって最善なのか」と常に疑っている自分もいます。 先ほどの通勤を例に取ると、両親は共働きですが「身体の事情があって送り迎えしているだけだから深く気にする必要はない」と言われます。また、弟(無職)が母に代わって運転してくれる事があります。 しかし自分は「電車通勤ができれば弟は働けて、母は夜中に働かなくても済み、父は自由に休みを過ごせるかも」等と色々考えます。周りに迷惑を掛けたくなくて指示に従っているはずなのに、それが逆に周りの負担に繋がっているように思えてしまいます。自分の捉え方の問題でしょうか。「本当に現状で良いのか」と不安でなりません。 単純に職場を変える手もあると思いますが、「仕事上で問題がないなら慣れた職場で頑張れば良い」と言われます。私自身も続けたいのが本音ですが、上記の通りどこか引っかかるものがあります。 元々極度の心配性なせいもあると思いますが、「考えすぎ」からどうしても脱せません。周りの好意や手助けでさえ素直に「ありがとう」と受け取れず、「迷惑掛けてごめんなさい」が常に付いて回ります。 散々考え続けた挙げ句に「単に自分の無力さを【考え続ける】事で打ち消したいだけなのか」、「【考える努力はしている】って思いたいだけなのか」なんて事がふと浮かびます。 今こうしながらも、「【抱え込まない】を口実に、単に話を聞いてほしい甘えなのか、結局は弱すぎるだけなのか」と考えている自分がいます。ひねくれ者だと自分でも思います。 体調のためにも物事を考えすぎないようにしたいです。そのために意識すべき方法や発想転換の仕方を教えて頂きたいです。 どういう心掛けが必要でしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

どうしても考えてしまう

前回も回答ありがとうございました。 今では前回よりもだいぶ前向きになれました。 私は今でも死ぬのが怖いです。 人はいずれ死ぬ。わかってます。理解もしてます。 できれば、おばあさんになるまで生きて今世に悔いがないように生きたいと思っています。 ですが、最近頭から離れないのは、災害での死です。 私は、東京に住んでいます。 いつ来るかもわからない、そもそも私が生きているときに来るかもわからない首都直下型の地震に怯えています。 今は建物もだいぶ強化されていて、被害は予想よりも少ないかもしれない。実際被害は予想より少ないかもしれない。 被害にあわれる方も、考え方が悪いかもしれませんが、一握りだけです。 最近は、その一握りに入らないように精一杯生きていこうと思っています。 ですが、もし建物が倒れてきてつぶされてしまったら、火災に巻き込まれて死んでしまったら、水害に巻き込まれて死んでしまったら、予想よりも被害が大きかったら。 最悪なケースしか考えられません。自分が生きている未来が見えません。 死んでも、死後で昔一緒に暮らしていた愛犬や愛猫、おじいちゃんたちが迎えてくれるかもしれない、そう考えると悪くないかなと考えることもあります。 でもやっぱり怖いものは怖いです。死ぬときのことを考えすぎて日々しんどいです。 想像するだけでも火災は熱いし、水災は苦しいし、潰されるのは嫌だし。 死について両親に言うと「考えるからだよ」「身近な人がいなくなると怖くなくなるよ」と言います。友人は「その時にならないと分からなくない?」と言います。言っていることはわかりますが、怖いものは怖いです。 一か月ほど前までは、周りの人と同じように楽しく暮らしていたのに、コロナで暇になった今、こういうことしか考えられなくなりました。 少しでも心を落ち着けるにはどうしたらいいでしょうか。前向きに生きたいです。 相変わらず読みにくい文章ですみません。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

どうしても考えてしまう

以前にも別件で相談させてもらった者です。 今回は、2年前にあった出来事が今も悔しくて辛くて許せなくて苦しんでしまっています。その事を相談させて下さい。 実はその時に詐欺にあってしまい全財産を騙し取られ借金まで出来てしまいました。 借金は祖母がお金を用意してくれて返済は出来ましたが、そのせいで僕は職場に内緒で副業を始めて祖母への返済にあてています。 今、そのお金があればもっと余裕がある生活や貯金なんかもできるのにって犯人に対して怒りが治りません。 また、その時に母も騙されそうになってしまい、二人とも騙されていたらと思うと恐ろしくなります。 母を騙そうとした事にも怒りが治りませんし許せません。 あと、今僕には結婚を考えている彼女がいるのですが、そのお金があれば結婚式の事や新生活の事に不安を今よりは持たなくて良いと思えて考える度に怒りが湧いてきます。 それと同時に、騙された自分が悪いんだろう。あの時に周りに相談したら良かった。周りを頼らなかった自分がいけない。なんでも一人でやろうとしたのが悪いといった自分を責める思考や後悔してあの時にこうしていればといったたられば思考も湧いてきて最近頻繁に苦しくなってしまいます。 この思いはどうすればいいのでしょうか? この思考を持ち続けているから幸せにはなれないのでしょうか?

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

なにをしたらいいのか

私はいつも何かに不安や緊張をしながら生きていると思います。もっと気楽に生きればとか、考えすぎとか言われますが、どうしようもできません。考えてしまうから。 今年で社会人2年目なのですが、最近少しずつ考え方が変わってきました。でも、よくない考え方です。自分の人生なんて自分が良ければいいという考え方です。今の仕事は特に好きでもないし、昇進したいとも思いません。無理やり努力しても結果はついてこないし、なにより楽しくないんじゃないかと思います。高校までしていた野球もいつしか親に恥ずかしい思いをさせたくないというプレッシャーだけで努力しいました。 言い訳かもしれませんが、私は両親が大好きで、両親を喜んでもらうことが本当に嬉しかったです。今まで一生懸命頑張ってきました。今でも家族が大好きです。今の会社に入社が決まった時も喜んでくれました。もちろん私も嬉しかったです。でも働き始めてから、本当に自分がやりたかったことはこれなのかと思うようになりました。やってみたいことはいくつかあります。でも、それをすれば安定した収入もないですし、なにより今の仕事から逃げるという甘えなんじゃないかと思ってしまいます。周りは我慢して頑張って結果を出しています。ここで逃げたらこれからずっと一緒なのかなと思います。でもこれからこの仕事を続けてもこんな気持ちで嫌々働くのかなぁ、いつかメンタルブレイクするんだろうなぁと思います。  長くなってすみません。なにに悩んでいるかもたまにわからなくなります。自己嫌悪に陥るばかりです。自己嫌悪って多分甘えた言葉だと思います。だからまたそんな自分が嫌になります。ぼくの唯一の自慢は周りの人には本当に恵まれていることです。家族や友達は本当にできた人ばかりです。そういう人たちと、もしくはそういう人たちのために生きるような生き方をしたいです。でも具体的になにをしたらいいのかわかりません。やりがいのないもの、したくないことから逃げる事はやはり甘えですか?

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

気が済むまで悩んでしまうことについて

私は長年、いつも何かに悩んでいます。 世の中がそもそも私のような人間には都合が良いようにできていない(生きづらい、孤独になりやすい)と痛感し、本を読んで孤独や孤立に向き合った時期もありますが、気持ちが楽にはなりませんでした。 自分がこれはと思う本の著者は男性が多く、本を読んで共感するうちにまわりの女性とは違った価値観が身についてしまい、さらに孤独や孤立を感じて生きづらくなったこともあります。 (ここで相談に乗ってくださるお坊様も男性が多いので、私の方向性が矛盾しているのも原因かもしれないのですが...) だいたい悩むのはいつも人付き合いですが、いつもどんなことでも納得がいくまで、気がすむまで、何時間でも何日でも考え、悩んでしまいます。 悩みだすと止まりません。ほかにやらなくてはならないことがあっても、悩みが最優先になります。たまに、悩んで良い答えが見つかることもあるので、悩むことをきっぱりとはやめられないのです。 このままでは親の死に目でも私は自分のことで悩んでいるでしょう。 最終的には、悩む自分に悩んでしまうのですから... 悩み中毒のようなものです。 私はアルコールや薬物や買い物など、物に依存しているわけではなく、自分の中の悩みに依存しているだけです。 ただ、目の前の人間関係の課題を自力で良い方向に解決できたという達成感や成功体験を得たことがないので、結局、ずっと悩み続けることでしか、精神の安定が得られないようです。 自力で頑張っても空回りしてさらに事態が悪くなるだけなので、悩んで悩んで、そのあいだに運良く他力本願で物事がうまくいけばラッキーですし、いかなければまたただ悩むだけです。 悩みから離れて安らぎや気分転換をする場所も、今のところみつかりません。その事実にも焦ります。 もうこんな人生からは抜け出したいのです。 でも、自信が持てるような人間関係の達成感や成功体験はいまだに訪れません。 よい年をして悩みつづけることは他人から馬鹿にされ、ますます自己評価も下がり、悪循環です。 抜け出しかたは、有るでしょうか。 世の中は自分の都合の良いように変えられませんが、この年まで自分は努力しても変われない。まわりに合わせすぎたり反動で感情が溢れでたり、疲れました。 長くなりましたが、読んで頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る