hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

愛犬の死を乗り越えたい

回答数回答 2
有り難し有り難し 15

よろしくおねがいします。

誤食で病院に連れていったところ、全身麻酔で内視鏡を使うしかないと言われ、軽い気持ちでお願いしました。
が、数時間後には麻酔から覚めることなく死んでしまいました。

病院の説明では、原因はわからないが心臓が弱かったのかも、だけでした。

死んでしまったのは運命だから仕方し、獣医さんもよかれと処置した結果だし、生き返る事はないので受け入れないといけないのはわかっています。

しかし人的ミスの可能性は言わない、麻酔リスク説明なし、こんな事は今までなかった等、言い訳ばかりで、謝罪のことばも口先だけのように思ってしまいます。
麻酔のミスとは決して言いませんでしたが、私はそれとしか思えません。

動揺していてうまくこちらの気持ちを話せなかった事に後悔し、10万近くの請求を払いなんで払ってしまったのかと。
火葬に数万円かかり、エサやペットシーツ等をちょうと大量に買い足したばかりでこちらも数万円の出費があり、お金に関して損したという卑しい自分もいます。

納得できない病院の対応、死んでしまった事実、訴えて世間に言いふらしたい本心、許さなくてはという建前の間でどう心に折り合いをつけたら良いのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

大悲~悲しむべきことを悲しめない悲しみに包まれて

突然の愛犬とのお別れに色んな事も重なり心も落ち着かないことでしょう。まずは愛犬のご命終に哀悼の意を表します。南無阿弥陀仏

さて、ミスを疑っているとのことですがそれはどうかわかりません。そこを争うならば本当に訴えるしかないでしょう。きちんとした謝罪がないのも謝罪をすると非を認めることになり、こんな時代ですからそれこそ裁判も警戒してそのような対応になっているかもしれませんがそれはわかりません。おそらくですが体の大きさ等で麻酔の量や強さも基準があるのでしょう。病院としてはそれは守ったのであとは愛犬の体力次第という主張なのかもしれません。

しかし、ひとつのいのちの終わりに関わったものとして謝罪なり悲しみなりあずきさんの心に寄り添う対応が望まれるところではあったと思います。それが感じられなかったのは残念なことだと私も思います。
ですが今一番の問題はあずき様がどう思うかというよりも愛犬の死です。愛犬はどう感じたのかということです。それも今となってはわからないことではありますが、飼い主としてそこに一番思いを馳せたいところではないでしょうか。
ミスの有無や対応について争ってほしいと愛犬は考えたでしょうか。どうでしょうねえ。そこはあずきさんが一番よくお分かりのことと思います。

気にされているお金についてですがお金は大事です。しかし手術が失敗しようが成功しようがお金はかかります。色々購入したことも正直手痛い出費ではあるのでしょう。
こんな時にお金のことを考えてしまうような人間のあり様を教えてくれるのもいのちの終わりを通して愛犬からいただいた説法です。
怒りや争いの心を優先するのか、死を悼む時間を大事にするのか、愛犬に思いを馳せて選択してください。

人間には悲しむべきことを悲しめない悲しみがあると教えてくれるのが仏様です。そんな私たちを悲しむのが大悲(だいひ)と呼ばれる仏様のお慈悲です。
どんな選択をしても仏様の大悲の中に私たちはあります。その中を愛犬とどう過ごしたいか、大事な愛犬の死にどう向き合っていきたいのか、あずきさんの選択が問われています。

南無阿弥陀仏

{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺で住職をしてお...
このお坊さんを応援する

手を合わせて供養する

あずきさん、はじめまして。質問を拝読いたしました。

あずきさんの愛犬は、誤食で動物病院に連れていったところ、獣医に全身麻酔で内視鏡を使って治療することになりましたが、数時間後にあずきさんの愛犬は麻酔から覚めることなく死んでしまったのですね。担当した獣医は人的ミスの可能性は言わず麻酔リスク説明もなかったのですね。あずきさんは愛犬の死に動揺して自らの気持ちを話すことができず、10万円近くの請求を払ったことに後悔しているのですね。また、その他費用がかかることがあり、お金に関して損したという卑しい自分もいるのですね。

あずきさんの愛犬は亡くなりました。あずきさんは愛犬が亡くなったという事実に対して納得がいかないように感じます。

あずきさんには、病院の対応に納得できない怒り、獣医の対応が悪かったことを訴えて世間に言いふらしたい本心(愚痴)、お金に関して損したという卑しい自分(貪り)があります。
仏教では、怒りと愚痴、貪りは人間が吐き出す3つの毒であると説きます。

あずきさんが怒りと愚痴、貪りの3つの毒を吐き続ける限り、愛犬の死は報われません。
3つの毒を吐くよりも、愛犬が亡くなったという事実に目を向けてただひたすら手を合わせ供養していくことが大事だと思います。

あずきさんが三毒を離れて愛犬の供養ができるよう祈念しております。

{{count}}
有り難し
おきもち


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...
このお坊さんを応援する

「ペット・大切なものの死」問答一覧

恋人の大切なペットを殺してしまいました

初めてこちら利用いたします。 カテゴリーが分からず、「後悔」が1番近いため、「後悔」で相談させていただきます。 3日前、恋人が14年間と10ヶ月大切にしてきた愛犬を殺してしまいました。 私はその子と6年間の付き合いでしたが、あまり犬が好きではなく、最後までずっと毛嫌し、最後はいつも使っている座布団で押さえ付けて殺してしまいました。 今回ばかりでなく1年前から、恋人がいない隙を狙い、愛犬に虐待をしてきました。 冷たい態度をしたり、無視したり、痛みつけたり、とても酷いことをしてきました。 なんて酷いことをしてしまったんだと後悔しており、殺してしまった日からずっと愛犬の名前を呼び心の中でたくさんごめんね、酷いことしてごめんね、と後悔し続けています。 恋人には私が帰ってきたときにはもう動かなかったと嘘をつきました。 2人でたくさんたくさん泣きました。 今日で愛犬が亡くなってから3日目になりますが、今でも悲しくなって2人とも大泣きします。 昨日夜、愛犬を火葬し供養しました。 毎日ごめんねごめんねと心の中で悔やみ、また会いたい、大好きだったと愛犬に伝え続けています。 愛犬はとても懐っこく、私が帰ってくるのを待ち続けたり、喧嘩している2人の間に入ってきたりと、大変心の優しい、賢い子でした。 なんであんな酷いことをしたんだと、なんでやめてあげなかったんだと、あの日から毎日毎日後悔し、今も心が張り裂けそうです。 恋人に事実は伝えず、このまま一生涯共に生きて行きたいと心から思っています。 私の命に替えても守りたい、最後まで愛したい大切な人です。 でも罪悪感で胸が押しつぶされそうです。 恋人には事実を告げたほうがよいのでしょうか? こんなに酷く惨い彼女と別れた方が良いでしょうか? でも、事実を告げ別れるのも勇気がなくて出来ません。 愛犬と恋人には生涯償って行きます。 愛犬を殺した罪を償いたいです。 正しい行いをしたいです。 私はどうすれば良いのでしょうか? どうか助言をお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

ペット オカメインコの死 戻せない時間

長年共に過ごしたオカメインコが亡くなりました。よく喋り遊ぶとても大切な家族でした。 今回、私のミスで病気になり亡くなりました。完全な知識不足でした。 本来なら後悔すべきところはここなんだと思います。 でも、このこと以上に愛情の注ぎ方に後悔しています。 私はこの一年以上家にいましたが、自分が嫌になるくらいだらけた生活を送っていました。 毎日「遊ぼう」と元気に鳴き呼んでくれていたこの子に「ちょっと待っててね」とこちらの用事ばかりを優先したりテレビを見ながらの ながら遊びをしたり。 可愛がり方も朝晩の掃除の時間も人間都合でした。  体調が悪くなり、最後の数日は朝から夜まで付きっきりでみていました。最期は私の手の上で息を引き取りました。頑張り抜いたこの子を看取れて幸せだったと思う反面、一緒に過ごそうと思えばこんなにも時間があったじゃないかという感情が湧きました。 家族は悲しみの中からも後悔が少なく楽しかったねと話します。その後もこれまで通り頑張っています。 いわゆる健全なペットロスのようです。 私は、罪悪感と自己嫌悪でなんとも言えない気持ちから抜け出せません。 一緒に過ごせる最高の時間を台無しにしてしまった。全身で愛情表現してくれるこの子に甘えていました。 後悔先に立たず。 ペットロスのことを調べれば調べるほど色んな情報が載っていて、どう捉えて良いものか分からなくなってしまいました。 酷いことをした私が泣くのは違うのではないか?と思ったり。 静かな部屋で水とご飯を替え写真に向かって話しかける。 私は今更何をしているんだろう。なぜ生きているこの子に合わせた生活を送らなかったんだろう。真っ直ぐな愛情を注がなかったんだろうと、戻らない時間を悔やみ続けています。 それなのに、お願いだから私を忘れないで。もしも生まれ変われるのなら、もう一度私の前に現れてほしいと、勝手なことを願ってしまいます。 今のこの気持ちをどのようにもっていけば良いのか。 この思いが後悔だけでなく執着になるのなら、この子が苦しんでいるのではないかということも心配になりました。 本当に素晴らしい子だったので、幸せになって欲しいと願っています。 そもそもこの子は幸せだったのか、私のことを残念に思い怒っているのか正直そこも気になっています。 どうかお言葉をいただけたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

ペットロスです

先日、私のせいで最愛のオカメインコを死なせてしまいました。 具合が悪そうかなと気が付いてたのですが、大丈夫だろうと安易に思ってしまい、そんな子に消化の悪いボレー粉(カルシウム)をあげてしまい病気になり、追い討ちをかけて死に追いやってしまいました… 具合がかなり悪くなった時に動物病院には行ったのですが、午後仕事に行ってしまい、帰ったらかなり苦しそうにしてて、その子を手に抱っこしててあげればよかったのに、診てくれそうな夜間病院に電話をかけまくってる最中に亡くなってました。 見取りも出来なかったです… 病気で子供もいなかったので娘として13年間毎日ずっと一緒にいて、離婚時など、あらゆる苦しみ悲しみを助けてくれました。 全身全霊で私を信頼してくれて、私にべったりで、幸せをたくさんくれた子をこんな形であっけなく失ってしまい、この先どう生きていけばいいか分かりません。 亡くなって2週間過ぎても毎日、 何で仕事してるのか 何でうちに帰るのか 何で私が生きてるのか と思い、普通に生活してると自分が嫌になり自分に吐き気がします。

私にはあの子しかいなかったのに、この先、何を糧に生きていけばいいのでしょうか… よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

ハムスターが亡くなり自分を責めてしまう

兄が飼っていた3歳のハムスターを入院を機に2ヶ月前から引き取ることになり飼っていて、元気だったのですが今月くらいから徐々に足が悪くなり 毛並みが悪くなり目も段々開かなくなり先週か今週くらいから目は完全に開かなくなり歩くのも起き上がるのも難しい状態になりました 今週はご飯もあまり食べなくなり昨日までは野菜をあげたら、ゆっくり食べてくれましたが水もあまりのめず 今日はほとんど起き上がれないままで野菜をあげても食べれない状態で もう最後になるかもしれないと思い動画を回して抱っこしました 弱々しくですが、動いてはいて お尻近辺にうんちがかなりガチガチに固まっているのをみつけ、詰まったら大変だと思いとってあげなくてはと思い 私が母に話して、うんちをウエットティッシュで一緒に拭いている時にに少しだけおしっこのようなものも出ました うんちが中々取れず、何回か拭きました ふいている最中に、ハムスター力が抜けて上を見上げました 少し動いたので、え?生きてるよねと思いゲージに戻してみたら亡くなっていました。 おそらくうんちを拭いている最中に上をみあげたあの時が亡くなった時だと思います。 もう容態は元々危ない状況でしたが、うんちをふく15分前動画をとった時は弱々しくですがまだ動いていました。 強くは拭いていないですがうんちを拭いたことで私が殺してしまったの?と思い自分を責め続けました。 ネットでハムスターに関する質問をしている方が『知人が高齢のハムスターが詰まっているうんちを抜いたら血行がよくなり心臓に負担がかかったことで容態が急変して亡くなったみたいです。元々危ない状態ではあったと思うけど、抜いたことによって早く亡くなってしまい飼い主さんは自分を責めていました』とゆう投稿をみて 後悔に苛まれています。 私と母は、うんちを抜いたとゆうより固まったうんちを拭き取ったとゆう感じではありましたが。 母に話したら『そもそもが最近ずっと容体が危ない状況だったから たまたまそのタイミングだったんだよ 手の中で天国にいけて幸せだったはず』 と言ってくれましたが、 自分を責め続けています。このハムスターの写真や動画を見返して苦しくてたまらないです。 私のせいでごめんなさいと、、 私がしてしまったこの悔やみ、悲しみ、後悔をどうしたら良いでしょうか? お言葉頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

自分の過失で大切なペットを失ってしまった

わたしが学生の頃、ある朝、オカメインコのピーちゃんが口呼吸してる事に気がつきましたが、家族皆んなおおごとには思ってなくて、仕事に行ってしまいました。 当時のわたしはお金もなく、対人恐怖もあったのでペットを一人で病院に連れていくことができませんでした。 わたしは休みだったので様子を見て、家族が帰ってきたら病院に連れて行っていくという話になっていたのですが、ずっと側で見守って「大丈夫?」「がんばれ」と声をかけていたのですが徐々にピーちゃんの口呼吸は激しく苦しそうになっていき、家族に帰ってきてもらいたくて何度もメールをして様子を伝えていました。 家族から「水をたっぷり与えてあげると元気になるとネットに書いてある」と連絡をもらったのですが、時間が経つにつれて息が苦しくなっていくピーちゃんを目の前にしてパニックを起こしてしまい、生き返って欲しくて何度も必死に水をあげてしまっていました。 ピーちゃんが飲みやすいようにストローを加工したり小さなスプーンでソッと口元に水を与えていました。本当にパニックでした。 今思えば鳥は水をたくさん飲めず、苦しんでいるのに無理矢理水をあげる形になってしまい水のせいでピーちゃんは亡くなってしまいました。苦しかったはずです。本当に申し訳ないです。 もう何年も前の話ですが、その事を今もずっと考えていて、後悔しかないです。なんでパニックになってしまったのか。自分が許せないし生きているのが辛いです。ピーちゃんに会いたいです。 過去にも同じような質問をさせていただき、 「今に不安があるから過去の後悔を引っ張り出してくるのではないか」と回答をいただきました。 わたしが何に不安を抱いているのかを考えたのですが、生き物は亡くなってしまってからどうなるのか分からないし死後の世界があるのかもわからないのでピーちゃんが今も苦しんでいたらどうしようと、考えても答えが出ないことを考えています。  また、ピーちゃんが亡くなる寸前両手で掬い上げて泣きました。わたしは「ありがとう」と泣き叫んでいて、ピーちゃんはゆっくりと目を閉じていきました。 目を閉じて亡くなるのは最期、安心していたからと聞いた事があります。それは本当なのでしょうか。 ピーちゃんは天国に行けているのでしょうか。安らかに眠っているのでしょうか。わたしを見守ってくれているでしょうか。辛いです。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

自分の過失でインコが亡くなってしまった

数年前、まだ学生の頃、ピーちゃんというとても可愛いオカメインコを飼っていました。 ある朝ピーちゃんが口呼吸をしていることに気づきました。 その日は両親は仕事で私は学校が休みでしたが自分一人で動物病院に連れて行くこともできませんでした。 そしてこの時はみんな口呼吸をおおごとには思っていなくて、両親が帰ってきてから一緒に病院に連れて行ってあげる予定でした。 その日ピーちゃんの呼吸は荒くなっていき、私は何度も「もう少しで帰ってくるからね」「がんばれ」と呼びかけながら両親の帰りを待ち、様子を両親にメールで伝えていました。 私は家にひとりぼっちで、目の前でどんどん息が苦しくなっていくピーちゃんを見てとても焦っていました。助けようとしたのに気が動転してしまっていました。 病院用に行くためのケースに入れてあげようとしましたが部屋の中に飛び立ってしまい、 ずっと口呼吸をしていて喉が渇いてそうで、ピーちゃんに水をあげなければ死んでしまうと思い、飲みやすいように工夫して細いストローに水を入れて少しずつ飲ませてあげようとしたけどうまくいかず、「少しでも入って!お願い」という思いでストローの少量の水を口元にビシャっとしてしまいました。 思い返すと私は焦って気が動転していました。誤飲になってしまっていました。 水を飲んだピーちゃんが一瞬元気になったような気がして「もっと飲んだら生き返る」と本気で思い込んで「もっと飲んで元気になって」と小さなスプーンで何度も必死に水をあげてしまっていました。今思えば鳥は少量しか水を飲まないし口呼吸で苦しんでいたのにです。 ピーちゃんはくしゃみをして苦しそうにもがき、私は泣き叫びピーちゃんを手のひらですくいました。私の手の中で目をゆっくりと瞑ってしまいました。その後父が帰宅して私はたくさん泣きました。 数年経ち当時の事を振り返って考えられるようになりましたが書いていて胸が締め付けられ涙がでます。助けたかったのに私がパニックを起こしたせいで大切な命が失われてしまったんです。 父は水をくれてありがとうと言っているよと言ってくれたのですが自分を許せません。 思い返せばピーちゃんは私のせいでとても苦しかったはずです。「苦しいよ」とピーちゃんは言ってたはずです。会いたいし悔やむ日々です。私のせいなんです。精神的に生きていくのが辛いです。どう償えば、、

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

大切な存在を失い、生きる糧をなくした

大切な存在とは、約13年間ともに生きてきた猫です。 たくさんペット関連の相談がありますが、愛猫が亡くなってから約一週間かけほぼ全ての投稿を読み、お坊さん方のご回答も閲覧した上で、意を決し投稿させていただきます。 愛猫が亡くなってからと書きましたが、未だに受け入れられず、そばにいてくれていた頃と同じように一緒に寝、遺骨を片時も離せず、一日なにもできないで空虚な時間を過ごし、主人に全てを任せ、ろくに食事も摂らず、心が堕ちていく日々です。 約13年前、保護された姉妹猫の片ほうだった愛猫を里親さんから譲り受け、それ以後、度重なる転居やモラハラだった元夫との荒んだ生活、離婚前後の不安定な私をずっとずっと支えてくれました。 猫は環境に住まうというのに、何度お部屋が変わっても同居する人間が変わっても、私を信用し、頼り、すぐに新しい環境に適応してくれる、本当に賢く優しい猫でした。 今年の二月に悪性腫瘍がみつかり、手術をしました。 もう遅いのに、亡くなってからも毎日病気や治療のことを調べ、手術が実はよくなかったこと、別な治療法を選択すべきだったこと、セカンドオピニオンや転院も考えるべきだったことがみえてきました。 先月再発が発覚し、今月3日に二回目の手術をしましたが、この手術後の麻酔から覚めず、亡くなりました。 病院から連絡を受けた時は頭が真っ白で、急いで駆けつけ手術台に目を見開いて横たわっている姿をみても、その現実が信じられませんでした。先生は心臓マッサージを、私は手を握り泣きながら名前をよび続け戻ってきてと懇願しましたが、だめでした。 あの時の光景、術中もそばにいてやれなかったこと、これまでの治療や病院へ連れて行くタイミング、病院の選択、若い頃与えていた安価なご飯…これまでの猫との人生で考えうる私の失態、誤った判断が次々と思い浮かび、後悔といった簡単な二文字では処理しきれない大きな喪失感と、謝っても謝りきれない謝罪の念に襲われています。 夫には「◯(猫)が私の一番大切なもので、◯(夫)は永遠に二位だからね」と冗談混りに伝えていましたが、それが冗談ではなかったことを夫は知っていて、それでも俺は永遠に二位でいいと言ってくれるほど、私と猫の関係は唯一無二で、誰も割って入ることのできないものでした。 そんな存在を失い、この先どう生きていけばいいかわかりません。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ